ここから本文です

 ギャンブル問題は投資の警告サイン、
ギャンブルと投資を研究している、サンフランシスコの 臨床心理士の、ポールグッドは、問題あるギャンブルのためのDSM-Ⅳ基準を基本とした投資者が実は変装中のギャンブラーであろうとなかろうと明らかにするだろう、11の警告サインを開発した。明白な,5個や、もっと多くのサインは、ギャンブル問題を指し示すに違いない。

I. “行動”としての大量の商いは、商業目的より、もっと強制的になって来た。

II. その人の資産に没頭する。(例えば、ある株式仲買人のための自覚や一般的な呼び起こしを押し付ける
市場に、ついて良く考えた上で、投資新聞や、案内の極端な研究 )

III. 市場又は、その人の資産の`借入資本利用‘の中では、益々金が必要である、(例えばマージンを借りる事で選択権や、未来の手蔓を使う)興奮を掻き立てる。

IV. その人の市場活動の停止や制御が不成功に終わる努力を繰り返す。(例えば`立ち入り禁止‘を否定してきたり、他の損失や、立ち直りの極限を変更してきた取引を、前もって宣告するよう唆す。)


V. その人の、市場活動をやめたり、停止しようとする時、又は、現金が、ある人の口座の中に生じる時、落ち着かないか短気である。

VI. 苦痛感情から、問題を逃れたり、憂鬱を和らげたり、又は、それ自身をそらしたりする、市場活動に、抜き差しならなくなる。

VII. 得る方法さえ同様に、市場での損失を掴むこと、存在を掴み続ける事、その存在が増加する事、―――それは、その人の損失を探る、

VIII. 市場での広大な関わり合いを隠すため家族メンバーや、友人に嘘をつく。

IX. 財政市場活動のための、偽造、詐欺、盗み、又は、横領と言ったような、違法行動を委託する。

X. 重要な人と人との結びつき、仕事、又は、教育上、経歴上の機会を過度の市場の関わり合いのために、
危険に曝す。

XI. (保釈金としての)市場でのギャンブルにより、自暴自棄の財政状況が、原因となる金を供給するため他の人に頼る。




42
今日、投資の危険性、病みつきになる本質、そして単純に接近する、これらのため、数人の専門家は、問題あるギャンブラーは決して投資すべきでないと信じている。

“投資家”にとっての、ギャンブラーの賛否両論
今日、投資の危険性、病みつきになる本質、そして単純に接近する、これらのため、数人の専門家は、問題あるギャンブラーは決して投資すべきでないと信じている。彼らは問題あるギャンブルを引き起こす環境、そしてニューヨーク株式取引所そしてまるで世界の最も大きなカジノのようなナスダック、それら投資市場を展望する。

他のギャンブル専門家や、殆どの財政アドバイサーは同意していない。彼らは、彼らの金の、明確な焦点をギャンブラーに与える休暇や車のための貯金の様に、その投資を論じる。それは,それらに、もう一度‘価値ある‘金になると教えている。多分、もっと重要な事は、彼らが投資は今日殆どの家族にとって財政的に必要となって来たと論議していることだ。---ギャンブルをする家族を含んで。充実した定年生活、子供たちを大学へ送り出し、他の主な財政到達点の仕事や会合を始める、そんなゴールの達成、それらは常にもう一つの投資計画を通してのみ現実的に達成し得るだろう。

人は食事を止めない。単に彼らが食事障害になっていて、ギャンブラーが単に彼らが、賭けの依存症のため投資を止められないはずだ。ある程度ギャンブルを止めた、そして理想的な殆どの問題あるギャンブラーは、
回復のプログラムの中にいるが投資プログラムは、わきまえた道理を主張する支持者がいる場合だけ投資が
可能となる。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン