ここから本文です
  • <<
  • 2907 2880
  • >>
  • >>2906

    わからないのが一つ。
    窓口に配当金を受け取りに行った時、
    税金を引いて手渡すと思っていたのですが
    もちろん、要請すれば、その証明は出してくれたはず。
    そこは、どうなのでしょうか。
    ならば、十分に起訴できる事になります。

  • >>2904

    考えてよろしいですか?
    一点目は、彼の場合、十分に賭けで生活しているようだが、それで良いのか、ということではないかと思いますが、本当に、文章内容通りだと、
    問題ないのかも知れません。でも、それだけ本当に稼いでいるのなら、何故
    その管理ができていないのでしょうか。そんなに稼いでなくても
    賭けで生活している人は多いとは言わないが、少なくとも数名は私自身が
    知っています。それに、それだけ、生活に困窮するというのが良くわかりません。稼いでいるのではないの。?
    だから、税金を払えと言われたって、‘へのかっぱ‘のはずですよね。
    でないなら、彼のいっている事は嘘であり、だから、税金を払えないと
    いうのなら、分かります。
    もうひとつの、おそらくは税法についてどう
    思うかということでしょうが、そういう場合は税金を取られると知って、
    ギャンブルを始めたのではないですか?
    なら、何を今更です。
    であるのに、弁護士も良くついたものだと思います。
    ま、謂わば弁護士も人の子、
    このことで名前を売って、一儲けしたいと思っているのでしょう。
    そう思います。

  • >>2902

    スリップ
    GA最初の夜“‘90日のプログラムを下さい。見たくないなら何時も悲惨へ逆戻り。
    ゲームと容認は未だ、ある‘かと尋ねる。ギャンブル無し90日達成。生涯GA復帰を宣誓。
    採用の主はギャンブルをしない。他に何も無いと宣告。人生の正常な道の基礎となるべきもの。
    強迫的疾患に打勝つ意味。夜賭け無しの90日を祝う。日付とミーティング出席者全員署名付きブルーブックを得た。
    一つの報酬でミーティング後当日最終レースを古くからの溜まり場で止める私自身褒美を与えた。
    余にレースを見ようとし過ぎた。ドアは鍵を下ろし糞レーススタートで集められた群集に取り残された。
    真偽は兎も角私自身を唆したり試したり想定されてないと分かる。
    内なる心はギャンブル無し原理や願望を葬る。多くの友人達は問題を知り警告しない。
    小人数の聴衆と飲んだり会話に注目。3時間後ドアを開け床を敷かないで夜更けまで歩く。
    血は昔の非難で煮えたぎる。次のGAミーティングのギャンブル活力の中生まれた感覚を失う。
    糞ゲームに故意に長居の一定時間毎夜始まったと知る事実を見落とす。治療は夕方偶然見つける。
    心配せず洒落を言う。強く警告。ある出来事が、この状況程でなくても次回非常に上手くギャンブルをするだろう。
    その時アドバイスを受けないだろうし手助けはしなかった。
    この時点で多くのGAミーティングへ出席するようになった。
    我々相互のグループを訪問し少し小さなグループを支援、公共の関係作業、
    達成を果たすというGAプログラムへ打ち込むようになる。
    最初夜の催しに訪れた時数日プログラムの剥き出しを得るため次の出席可能ミーティングに招かれただろう。
    一週間経って、ではなく電話を使う。その期間家族や仕事問題、私の体に流れる過去、
    現在のギャンブル問題、そんな問題で質問を浴びせた。ミーティングで強い癒しはなかった。
    言い訳の余地を残す。過去の中取り残される。啓発的な変わり現在の欠陥が気質を通し疾走しだす。
    プログラム成功の証とし新メンバーへ健康回復を企画しようとした。
    非常に真実そのもの、心の掻き乱しは心の中にあり続ける。
    GAが問題に打ち勝つ中行動関与の悪化感覚に注目。プログラム1部分の作業は保険政策と感じた。
    それは働かない。意気消沈するようになり問題は巨大化。そのプログラムで学ぶ。
    ギャンブル問題解決を数年回避。人生問題防壁は消え失せた。ギャンブルを止めてきた。
    今決心したり大目に見るのを手段としなかった問題に直面。神経質に。治癒は将来の大惨事の暗示。
    六連続ミーティング出席でギャンブルに舞い戻る。スリップ。GAへ戻りギャンブルし
    数年の間私の問題から逃げ出し人生の多くの問題に決着をつけるため真実の直面を頼る。
    この目覚めは内心の煩わしを作り出す。惨めな状況原因と結果に。私自身唆す。
    最初の機会丁度手元資金の様に根本方針を捧げる。病気で唆した。
    90日経過ある原理を内金払いで得たと信じる。ギャンブル無しの原理で手を出さなかった。
    行動の新形式を発見。GAで今日良き聞き手だ。スリップの痛手を癒し最初の賭けは心の中作られると知る。
    今日大惨事の信号や原因(、怒り、焦り、心構えを直ぐ変える企てを熟視。
    One Day At A Timeを修繕する瞬間。スリップを開放、生活する。
    Stan L.Teaneck,N.J.

  • >>2901

    それは必ずしも、私の欠点ではなかった。
    彼がギャンブルをしていた時何千回も別れようと思った。
    私自身実際うまく出来ると決して大胆に考えなかった。
    幾つか方法は役に立たない、罪を感じる、で恐れ支えられもした。
    18歳で結婚夫を尊敬。彼のギャンブルが初めてのものと注意しなかった。
    レース場へ私を連れて行き興奮した。最初結婚の時大金は賭けなかった。
    ずっと後。彼を変えれると思った。結婚が彼を強化、必要な全ては健全な堅い友情で落ち着くと思う。
    彼の父はかなり若い時亡くなった。ギャンブルの必要が全く無い彼を愛していると誰かに納得。
    結婚の最初の年、全て良い方向に向かってると思えた。夫は会社の合併関連資金を借りたと言い賭け借金を支払う。
    悪いものは現れなかった。彼は長時間働き少なくともギャンブルをしたとかを想定するものが見えなかった。
    決して家を出て賭けはなかったし何とか生活に十分な金が私達にあった。
    内心未だギャンブルをやっていると疑う。時に正す。‘No‘と非常に穏やかに言う。
    私自身とは認めたくない。ある夜長男が凡そ一歳、夜遅く疲れボロボロで‘仕事‘から帰る。
    ジャケットを脱ぎローンブックが落ちた。拾い上げ、幾ら金を借っているか分かった時殆ヒステリックになった。
    見つけられたがっていたかも知れない。ギャンブルを隠さなくなる。状況は益々悪化。
    夫や私達の状況が恥ずかしかった。羞恥心故、結局、全てから私を隔絶。友はなく始める仕事も無い。
    毎日毎日アパートで一人座る。神経は余に閉じ篭り過ぎ。子供が悪道へ動けば怒る。
    緊張で立てない。処理したり道を進めない世界で夫が私を見捨てるに違いない。強迫的になった。
    逃れるため買い物へ行き、決して払うことの出来ない莫大な勘定が急増。
    時々真夜中数時間を通し真空掃除機を走らせる程普段から身奇麗だった。
    この時期非常に体重が減り病院に行くが彼の手助けや精神安定剤さえ良くは無い。再び妊娠。
    性生活が殆無い。もう一人の子供に齎されるかもしれないと一緒に他に集中する手助けが
    あるかも知れないと思った。赤ん坊を運ぶにはどんな形でも良かった。ある夕方夫は病院へ急がせた。
    そこに紛糾の種が存在し殆死に掛けていた。ずっと夫は競馬場にいた。彼は私を病院に降し行った。
    私が生きようが死のうが知らなかったし気がかりで無いように見えた。全てを無くしたかと感じた。
    生き消沈したり引っ込みがちになる。家に帰った時疲れ、深く身を投じた。
    僅かの役目を果たせた。夫の問題を私自身に負わせた。真実、私の失敗と思う。
    良き妻でも、良き人でも無い。本当にギャンブルを操縦できると信じていた。
    それを手助けできるなら決して社交界に出てゆかなかった。単に毎日椅子に座りテレビを見ていた。
    大抵何かをするためエネルギーは無い単調な夢想をするよう座っている。
    夫は死ぬだろうし‘恥ずかしくない‘窓で解放されるに違いない。
    胸の痛みを抱いていた、その不満を何時も見つけ出しを心に描いた。
    克って、はっとしているようには見えなかった。精神異常になっている思いをもした。
    夫はギャンブルを止めた。何故だか知らなかった。GAミーティング出席していると言わなかった。
    本当に離れなければならない病気と分かったのではと思った。
    幾つか身の毛もよだつ決断の意識を回復したと思ったし恐れで気が狂いそうになった。
    最後に立ち向かい彼はGAにつき伝えた。
    その時ギャマノンメンバーから電話を受け幾つかのミーティングへ出始めた。
    彼のギャンブルは私の責任でないと分かった時怒り狂い辛辣になった。
    数年やって来た事と同じ苦しみを夫にもさせたかった。ずっと怒っていた。
    それを隠し始めて彼に感情をぶちまけ続けた。一方夫はGA、私はギャマノンを通し
    一緒に熱心にプログラムを勤めようとした。ゆっくり私達の結婚の仕事を始め人生を再構築しようとした。
    学校へ帰る事を決めた。私は大学教育を身に着けたかった。
    私は出来たしもっと申し分無い子供達がいた。
    今日全てを与えられ他の人が今、夫と伴に経験する素晴らしい関係の体験を望んでいる。
    勿論痛みなしに通り抜けられない。
    私たちは神に感謝し彼の方(神)は道を示される。
    Evelyn B.Cherry Hill N.J

  • >>2900

    妻は私とミーティングに出席GAが教えた途方も無いギャンブル問題の新理解を手助けした。
    容易く単純と暗示はしたくなかった。昔の駆り立てに強い抵抗を確立しなかったが完全に消えなかった。
    多くの試みの日がある。色々の債権者に金の支払い変化の無さは耐えられないと思えた。
    頻繁に退屈と熱の無いものを感じたが毎木曜夜のミーティングを通し煮えたぎるもので一杯だった。
    今8月木曜夜、一緒に止め始めた人、信じられない友情の結束が存在。
    更に時は進み愈々多くの人と私達と一緒にゴールに到達できると確信。
    他の起こり始めた事:ラジオやTVインタビューがあり新聞や雑誌の中承認を受け取る。
    最も重要な事は私自身回復プログラムの12ステップを実践すると分かる。
    傷つけた人へ直接穴埋めは莫大な手助けだが最大のインスピレーションを与えた事は
    未だ悩んでいる他の強迫的ギャンブラー達にメッセージを運ぶ処理の12番目のステップだ。
    全問いかけに答える新旧メンバーに電話。多分たった一人の強迫的ギャンブラーだけ他の人に理解を示せる。
    全て12ステップの成就を意味。そんな活動から引き出し満足したものは回復の戦いの中、
    もっと強いものや決断力を与えた。それから最終ギャンブルをし1年経過の意味の1961年8月24日が来た。
    Boston G.A.集会の最初の催しの祝賀会が実現。克っての人生と今の人生の間それ程違いが無いと確信。
    今金のかからぬ‘心の平和‘という有益品を持つ。、愛、妻と家族の尊敬、友人と仲間の尊敬を手にする。
    これらを危険に晒す事を心に抱くには余に代償が高価だ。
    私の悪い道へ再スタートしようとするのが完全転落原因となる。
    心の奥の自我を進んで認めた後、他の人々と違う個性の中多大な変化は起こった。
    何時の日かギャンブルコントロール可能性の妄想を粉砕。
    この真実はGAの中、再教育の全週や月の間心の底留まっていた。
    ギャンブルをし凡そ22年。101号室入室の奇跡を質問。
    誰とて奇跡は起こる筈がないと言っても構わなかった。生活に二つ存在する。
    一つ目ギャンブルを止める。二つ目ギャンブルが必要と感じない。
    時々欲望を持つ事は無いと言えなかった。強迫的ギャンブラーであるし何時もそうなるだろう。
    重要な事は強迫性のコントロールの仕方と学ぶ。最早古く執拗な駆り立てに無力だ。
    奇跡に対し神やGAのBoston集会に加入している。過去、現在の全GAメンバーの多くに感謝しなければ。
    血を分けた兄弟、ギャマノンメンバー達、GAの女性達、強迫的ギャンブラーの妻たち。
    彼らは常に励ましの言葉を持つ。ギャマノンメンバーの妻も、道の全ステップの多くの必要な手助けを与えた。
    物語の最終章を今まで書けたと思わない。生き続ける限りGAが必要であり続けたい。
    常に再び元気付けたら王国を実現する私に開花するだろう一寸の閃き、心の中存在するだろうと感じる。
    終わりに臨みGAは私自身のより接近、家族や友達へのより接近を齎したとだけ言える、
    最も需要なものは神への、より接近である。

  • >>2898

    新友人はどの程度‘接触‘を我慢できるか即座に評価。
    正常な見せ掛けを保つ多くのものを回避し思いは歪められる。
    夜レースが行われるレース場へ90マイル100マイルドライブする一日のレースの終りは何時もの事だ。
    度々国を横切り運転している間丘の裏側太陽の鎮座に気づく。驚く事に人生の日没だろうか。
    何時も猛進、何時も深く逆上、狡猾なものに無力で、引き続き、私を酷使し続けた。
    次の日‘最後の切札‘を再び失えば:借金の新計画を思いついたり借金取りに新ローンを作り出す:知識を伴い慰める。
    私が心配し過ぎと詐欺師が予想しないよう明確に期間の過ぎていく侭にした。
    それを‘冷静に‘弄ぶ事で危険と思わせた。
    他の折に触れ資金を増やす唯一の道は妻が狼狽したり何がしか危害が降りかかる2,3日間姿を消す。
    その時長距離電話や、その他の声で‘全て許してくれた。どうぞ心に留め。もう一度だけ手助けします。‘
    と言わせただろう。再び大借金しもう一度新物語が始まり依然より、もっと無謀なギャンブルへ舞い戻る。
    私は良心の呵責と自己憐憫で一杯に。次に何をすべきかに怯えた。
    恐喝という方法で家族から金の巻き上げをはっきり理解。不知の環境にうまく順応出来ない人で
    社会の普通の要求に何時も対処しないのを許さないと感じ始めた。
    誰より先ず、私や姉妹に接する全ての人々は、はっきりした理解が起こり始めた一人だった。
    彼女は私が‘病気‘であったと見えたし私自身の手助けができなかった。
    彼女は精神病治療法を提案、私は良く考え専門家の手助けを探した。
    しかし、何時も最後の瞬間、いくつかの抜け道を見つけた。
    ‘諦める準備や進んで諦める‘事がなかった。1960年4月初めてGAを聞いて知る。
    姉はボストンの新聞の情報で伝える記事を読んでいた。私は私自身を破壊しようと決心し姿を現した。
    カリフォルニアG.A.本部につき書いた。

  • >>2897

    競馬場への思いがけない訪問
    BostonのHotel Lenoxの毎木曜日夕方テーブルの周り人々のグループが
    集められた。一人ずつ其々始めると宣告が浮かび上がる。
    ‘名前はビルです。(ジョーかボブかジムでも可。強迫的ギャンブラーの、
    ある‘GAミーティングです。
    ミーティングは強迫的ギャンブルが知らぬ間進行する病気回復効果が必要な
    教師、法律家、セールスマン、タクシードライバー、ビジネスマン、そんな人達が強さ、
    体験、希望を取り戻すため魂を暴露。1960年8月24日夕方BostonHotel LenoxGA第一回ミーティングに出席。
    怯え当惑101号室の中歩くよう十分勇気づけられ身なりを整え数回ホテル周囲を回る。
    新しい別の人生へ導いて欲しいと願っている、自分自身の人生で荒れ狂う人々の心痛の絶望の色々な話を聞く。
    24歳結婚全国的組織体と知られる優れた地位を手の頃の20年前に引き戻す。
    家族、友人と雖、誰がギャンブルの強迫観念の攻撃を避ける様運命付けられた素晴しい仕事を想像しただろう。
    友人と伴に思いがけなく競馬場へ行く完全な純粋さが全ての始まりだ。
    友人が買うか止めるかできたとして正確に初めから‘病み付きだ。
    レース場の虚飾と色は悩殺、初期の忘れ物は少しも興味を鈍らせない。最初土曜日週一回行った。
    すぐ十分でないと判明。屡々レース場で得られる仕事で焦ると分かる。
    六ヶ月間仕事は一人のセールスマンとし悲しいほど怠慢。雇い主から激しい警告を受け。
    それは小さな効果でしかない。ギャンブルに駆り立てられ全て他は後回しの非常な妄想の中にあった。
    次の六ヵ月一寸、否全く仕事なし。ついに地位を降ろされた。夕方毎日自由という雇用を得。
    レース場は人生唯一重要なもの。この全期間金を借り続けた。初めは家族や
    友人次に銀行、金融会社、信用組合、結果興味津々の歩合の`高利貸し‘が
    唯一、私の生計の大きな部分を掴んだ。
    そんな膨大な借金を招いただろう収支が極限状態になった人々の想定だ。
    数年間家族は私の行動の動議付けが理解できない。正直と親切の雰囲気の中持ち出す。
    非常な謙遜を意味するが,家族は,絶えず機会が,最後になるかも,知れないと僅かな望みを持ち救出にくる。
    彼らの全入手資金を使い果たした後でさえ私のため金を借りるという軋轢を与え続けた。
    家族全員から、組織的に金を搾取。何時も約束は新ローンは、これが最後。泥棒や自殺を度々思いつく。
    時々幸運な一日や、もっともっと欲望の下折に奉仕の連続幸運を楽しむ。
    勝利敗北は最早問題でない。
    只単に賭け。ギャンブルのない日々の責め苦は疑いの余地なく堪えられないと思った。
    レース場は逃げ道となったが単なる電話ベルやドアノック音の全ての不備から逃れるものでない。
    レース場へ行く予想、計画、黙認、偽者の希望それは博打の全部分。
    否認の回転木馬乗馬を止めようとしない。凍てつく新鮮な毎日を、そりに乗り坂を、滑り降りる。
    麓へ乗って行くのは避けられなかったし配慮がないと見えた。友人達は借金していたら、その時だけ友人だ。

  • >>2896

    変わるのに年寄り過ぎる事は無い。
    私は太平洋戦争花嫁で1949年ニューヨークシティに来た。USに来る前父は輸入業で仕事がギャンブルから離れ
    母はプロの料理人が食材を料理したり8人の子供達に服を着せるよう働く、それでもギャンブルをしない約束をした。
    夫は寛大で優しく思いやりある人で自由に殆時間を割いてまで喜んで行うのを認めた。
    法律事務所夜シフトで働き昼の仕事をした。
    一、二年見事型に嵌った生活を送るが、ある日事務所へ行く代わりニューヨーク競馬場へ行く。
    単に退屈凌ぎと信じていた。騒音を楽しみクラブハウスで興奮、一人二人勝利者を選び、どうにかうまく処理。
    次の土曜日同じ競馬場に戻る。全以前勝利プラス完全な週給を失う。
    その時を過ぎ最早型にはまった生活が出来ない。
    自ら競馬場に行くのは結果Las Vegas訪れに継る。
    時に事務所で働く必要があるなら空港迄タクシーを捕まえVegasへ飛ぶ。
    数年間大体年4回Las Vegasを訪れる必要があった。
    カジノで優良小切手を設立、訪れるには普通預金から預金を降ろす為ニューヨークへ引き返す良き方法。
    1回当り5,000?約束手形を書く。
    3年間夫は決して小切手を切らなかったし西方浄土幻覚を起こすため私の必要なものを疑問としない。
    1966年夫死後一寸しLas Vegasへ引っ越し決定家を整備。
    金を勝ち稼いでいたVegasへの航空運賃往復代支払いなしにギャンブル稼ぎで生活できると思う。
    1972年純資産$36,000価値がある。21playが上手と思う。カジノ大通りでゲームをした。
    金がその呼び名を消し去るかの様に。未来や健康生活状況その他多くのものに何等の思考も割り当てない。
    ゲームは有形。数千ドル落そうとした時何時も銀行。
    ギャンブルが着実に進む凡そ5年の後ある日預金口座が500?に落ち込む恐怖を発見。
    週基本のモーテル生活をした1ヵ月頭を越える天井を持つアパートを見つけようと決意。仕事を探したいと思う。
    住む場所を見つけ腰をすえた。勝利の一つ‘決定的な‘炸裂で社交界の進出は克って何がしかの金の失いに舞い戻る。
    仕事を止め全資金を失う。アパートへ引越し動けなくなる。
    今私は救世軍ホステル3夜滞在を余儀なくさせられた。町中仕事を求め歩き回る。
    事務所の仕事を見つけられない。60歳台で家族と一緒に移動を余儀なくさせられ
    三人の子供達を世話し働く母とし家を維持し続けねば。
    料理するためや子供達を登校させる午前7時に起こし六つの部屋を綺麗にするのは容易くない。
    最後に年長者プロジェクト元住宅を与えられた。窓付きペンションは今や総計一月350?の社会的安全を受け取る。
    4ヶ月前迄ペンションの小切手で未だギャンブルをし食料を買うためバスに乗り時に
    軽微な勘定書きを支払ったり十分な資金無しで何時も終った。
    克って4ヶ月間カジノディーラーが、もう破産するよ!と話していた。
    それ迄テーブル上に60?位チップを持つ。彼女は右。全チップが無くなる迄席に座る。
    起き上がり吐き気を催す心でカジノを去る。突然ディーラーが言う、私が私自身に言った様に。‘
    あなたがやった事は何れ程愚かだったのか。その全資金で軽蔑。未だ笑っているギャンブルに耽って来た。
    ‘その時‘さあいよいよ‘と決心。電話に手が届きGAへ電話。録音再生メッセージがありhome numberを預けた。
    次の日電話し何箇所か摘出しミーティングへ出席。同じ問題の他の人がいると信じられなかった。
    この訪問以前一時期真剣に自殺を考えたがGAの考えで駄目だった。今4ヶ月身綺麗だ。
    個性はより良く変わりつつある。病後療養所で一日4時間年長者相談役で働く。
    小さなペンションで長生きの仕方を学ぶ。背中に過去を置いた。誰も振り返らない。
    GAの手助けとハイヤーパワーを伴い役に立つ人生、分別ある生活、一度に一日ギャンブルから離れ続ける、
    そんな人生を送りたい。今変わるのに年寄り過ぎないと知る。殆の個人的負債を返済してきた。
    そこに軽蔑が存在する、そこで愛を見つけ出した。

  • >>2893

    ギャマティーン
    ギャマティーンとは彼らの両親がGAやギャマノンメンバーであろうとなかろうと、
    強迫的ギャンブラーの子供達のための自助グループなのです。
    ギャマティーンは強迫的ギャンブラーの子供達が彼らの家庭生活の状態により
    不満や困窮を引き起こしているという事実を認めている。
    従ってギャマティーンの目的は彼ら家族の中でのギャンブルの問題を、どのように
    うまく処理するか若いメンバーが示す事にある。
    メンバー達は自身が正しくなっていく、そして心から平和を見つけ出す手助けをされます。
    ギャマティーンは強迫的ギャンブラーが遺伝的なものではないという事実をも主張している。
    そのグループは彼らの問題から、どんな道でもギャンブルを含み走り去るより真実に直面する、
    そんな勇気により逃れたいと望んでいる若者の手助けを要求している。
    そのグループは子供は両親について、愛や、尊敬、理解したりすべきだが
    ‘あなたのは、あなたがコントロールし、過ぎ去った人生だけだ‘と説明している。
    例え子供たちの家庭生活が、どう難しくあろうとも彼や彼女はギャマティーンプログラムに従う事で、
    よりよい生活を打ち立てる事ができる。
    そのグループは回復のプログラムと一致のプログラムの両方を持っている。
    ミーティングはグループ治療の原理に従って進行される。
    ギャマティーンは強迫的ギャンブラー達の子供達だけが他の強迫的ギャンブラーの
    子供たちの問題を本当に理解できるという事実の認識故にGAやギャマノンとは独立している。
    ギャマティーングループはメンバー自身で進行され自治性のものが。
    彼らはGAやギャマノンまたは、その両方からスポンサーを出す。
    スポンサーはミーティングに出席するが色んな方法でミーティング等や司会を進行をしたりをしない。
    彼らは立ち上がるため質問が必要だったり答える、そんな色んな状況の調停者の様に行動する。
    ギャマティーンのスポンサー達はミーティングの秘密性を維持する。
    概要
    ギャマノンの文献を通しての言及はフェローシップのプログラムは自助の精神で
    進行させられているという事実で作られているのです。
    色々な類の弾圧がフェローシップの根本的な主義を妨害するので、誰とて、そのプログラムの参加を強制はできない。
    にも関わらず、多くの経験の年月の集合的な言い回しの様にギャマノンはフェローシップのガイドラインに
    上手に従う回復プログラムの中、成功を望んでいると学んできた。
    新参加メンバー達には、ギャマノンプログラムに従う事は心の平和と良くなっていく方向への最良の道です。
    ギャマノンやGAで使う、多くの似通った言葉、概念、手順という、この章を読む事から明らかになる
    両方のフェローシップの、基本的回復プログラムである事も明白だ。
    行動主義者の洞察力については証拠も無く真実だと思ってしまう事に類似している。
    神や個人的信仰の他の現れの中にある信念の価値、それは、回復経過中にある
    グループの重要性、個人の無名性、等。これらの並行するものはゴール、会員である事または
    組織の中二つの連帯感を同じにする事はできない。
    夫々のフェローシップは、そのような強迫的ギャンブルの問題と伴に彼ら自身の比類の無い体験から、
    回復を得ようとする男達や女達の連合を、独立、任意、自主という支持を理解すべきなのだ。
    GA、ギャマノン、そしてギャマティーンは強迫的ギャンブルで苦しんでいる、
    彼らの生活を手助けするよう最良のプログラムが設計されている。
    手助けを得る最も効果的な方法は強迫的ギャンブルの問題と伴に生活してきた
    他の人との体験の分かち合いの治療経過の中にある。
    共通の目的の中にある共同の心のエネルギーは極端に力強く癒す。
    これはギャマノンやギャマティーンの霊的実在なのである。

  • >>2890

    ギャマノンの財政への接近
    ギャマノンへ多くの人々は強迫的ギャンブラーを伴った生活の結果の財政崩壊を通り過ぎて、やってくる。
    強迫的ギャンブラーと親族関係の一員又は、親族関係の生活体験は特別な欲求不満となる。
    何故なら家族の寛大さは、ギャンブラーの態度の色々な変化の帰着とはしない。
    間に合わせに、お金だけを奉仕していたり破壊的な病気の症状だとみなす、それにもかかわらず、
    殆どの両親が、気まぐれな息子や娘さえも援助することを拒絶することは困難である。
    何故なら、強迫的ギャンブラーと生活する働かない妻、その経済的圧力は、並外れて困窮化するでしょう。
    何故なら、彼女は家族の収入や支払いが制御不能となってしまうからです。
    事実お金は家族へ届く前浪費されてしまう。
    非常に強烈なものはギャンブルから独立した財源を彼の夫からお金を守ることが困難だと分かる妻達でさえ、
    そのギャンブルやギャンブル借金の金を手にいれる事が強迫的ギャンブラーの欲求となります。
    更に、彼らの夫の家族の財政の支配を許す事で妻たちは時々正しい事を潜在意識的に行わせようとする。
    多くの女性たちは社会的性格を打ち壊す事が出来ない。男が家族のトップにいるという位置づけや、
    勿論、多くの女性が、財政や感情の破壊を許すという事だ。
    何故なら、無条件支援の必要性故に、彼らが、彼らの夫を愛し信じてきた。
    もし彼らが応じなかったらかれらの夫を失う恐れさえ少なからずあった。
    ギャマノンメンバーとして理解するようになって、強迫的ギャンブラー達は、
    お金について信用がなくなったに違いない。
    メンバー達は彼らが財政を管理する責任を当然だと思わなければならないと確信している。
    フェローシップは彼らの責任をどのように扱うか、収支を追及することで、メンバー達が理解する手助けをする。
    ギャマノンは家族が最初に得るものが必要で強調する。
    ギャマノンは女性が彼女の夫のギャンブルでした借金の支払いの手助けのため仕事をする主張をしない。
    同様フェローシップは誰とてギャンブラーの義務としての財源やサイン又は負債などの合併整理はないと強く示唆する。
    働く事を選択したり準備の出来ている妻達は強迫的ギャンブラーが彼の借金から脱出するために
    稼いだ金を使わないと話をさせられる。

  • >>2889

    ギャマノン一致のプログラム
    一致を、維持するために、我々の体験が明らかにしてきた事に従えば
    1.我々の共通の幸せ)は最初にくるべきで個人の平安はギャマノンの一体性に委ねる。
    2.我々のリーダー達は単なる信頼の奉仕者であり、彼らは支配しない。
    3.単にギャマノンの会員であというだけで、家族の中にギャンブル問題がそこにある。
    4.各々のグループは他のグループやギャマノン全体に影響を及ぼす事柄を除いて自治性であるべきだ。
    5.ギャマノンは強迫的ギャンブラーの家族へメッセージを運ぶという、たった一つの初期の目的を持っている。
    6.ギャマノンは、お金や、威信の問題が、我々の初期の目的から、それさせないようにするため決して、
    切手の裏書、財政融資、ギャマノンの名前を、色々な関連会社や
    外部企業に貸す事をしてはならない。
    7.全てのギャマノングループは外部の寄付を辞退し完全に自活すべきである。
    8.ギャマノンは、我々のサービスセンターの特別の仕事をする人の雇用許可を除いて
    永久にノンプロである事を忘れてはならない。
    9.ギャマノンは、決して組織化されてはいけない、そのようなものであるけれどもそれらの、
    彼らが直接、責任を持って奉仕するサービスボードや委員会を創造する事ができる。
    10.ギャマノンは、外部から来る問題に、意見を持たない。それゆえ、ギャマノンの名前は
    決して公共の論争には無理に引き入れては、ならない。
    11.我々の公共関係の考え方は宣伝より、むしろ魅力に基づくものであり、私達は常に新聞、
    ラヂオ、映画、そしてテレビでは、同様に、個人の無名性を維持する必要がある。
    12.無名性は個性の前に、あるべき場所にある原理を、かって、我々に思い出させるという、
    ギャマノンプログラムの霊的基礎である。
    一致を保つために、という事に従うならギャマノンは、どのようなグループを認める事が出来るか、
    そしてそのグループを破壊できる‘致命的な三つの敵‘を回避できるか。
    という提案を申し出ている。これらの最初そこには宗教上の宗派と利益の討論がある。
    ギャマノンプログラムはメンバーの宗教上の利益を見直す手助けのため設計されている。
    二つ目の‘致命的な敵‘は、うわさ話である。ギャンブラーを含んでの他の人の個人的な出来事の討論は
    グループを分裂させ、ついには破壊するだろう。ギャマノンは三つ目の‘致命的な敵‘で独裁性として述べている。
    フェローシップの中に統治するリーダーを支配する権威が存在しなくなってから、
    メンバーは階級を押し付けるための色々な企ては、グループの生き残りを危うくするに違いないという事を
    思い出すべきなのです。‘人生のギャマノンの道‘という小冊子はフェローシップのミーティングの
    全てで使用します。多くのメンバーは、毎日、手助けや強さを見守るのです。
    そして苦悩の時を通して、それらの事を理解する英知に委ねるのです。

  • >>2888

    人生のギャマノンの道
    他の適切な要素に加えギャマノン一致のプログラムは‘人生ギャマノン道と
    表題をつけられ出版され提供されている。この小冊子のギャマノン公認目的は四つに位置づけされている。
    A)ギャマノンの12ステップによる、人生を通した霊性を成長していくこと。
    B)ギャンブルの問題と生活することを学ぶ。
    C)強迫的ギャンブラーに励ましと、理解を与える。
    D)強迫的ギャンブラーの家族への歓迎、そして、援助、慰めを与える。
    ギャマノンは,フェローシップに参加する、その人によって、経験するようになるだろう
    霊的成長や感情的成熟は限りがないと信じている。これは、回復の経過は、永久の時に、
    切れ目なく、そして、その中の経過は一回一日評価されている。
    (1回、目が覚めて、次に眠りにつく時に、今日一日ギャンブルをしなくて済んだという感謝の、
    評価の、切れ目の無い、経過の毎日という事かーーー訳者)フェローシップは、
    心理的な‘大掃除‘の経過になっていく、そのプログラムを熟考する。
    記録されているように、この成長の部分は、モラルの棚卸をすることを含み
    回復の第四ステップに記されているように‘人生のギャマノンの道‘は、
    この棚卸をやっていこうとするメンバーを手助けするチェックリストをも
    含むのです。プログラムのために、非常に重要な原理は‘人生のギャマノンの道‘の中にも説明されている。
    無名性はフェローシップの霊的基礎なのです。
    メンバー達は決して、誰一人として彼ら自身を含んで無名性を犯さない。
    公衆の面前でメンバー達は、フェローシップ全体について話す。
    従って、この、受け入れらるべき範囲の中で、メンバー達の行動は、彼らの討論すべき、
    プログラムの目的であるギャマノンのメッセージを流布する事である。
    彼ら自身のものではない。‘人生のギャマノンの道‘というパンフレットの上を覆う、
    一つの螺旋階段は、‘平安への道‘と標されたドアのトップに描かれている。
    各々の階段は、その到達点への道での成長の平坦域にも細かな点にも象徴化するのです。
    この隠喩の中で、第一は受け入れであり、第二は希望である。
    続いて、信仰、正直、勇気、進んでする謙遜、平安、行動、用心、霊性、そして、分かち合い。
    公式なギャマノンのシンボルは平安、英知、勇気というキーワードを焼付けられた一つの、
    人生の禁猟地管理人なのです。ロープはギャマノンから学んだ、夫々より良い生活へ
    向かっていく一つのステップを表している、象徴化された教訓という九つの絆を持っている、
    その禁猟地管理人を一括りにする。最初の絆は、ハイヤーパワーやフェローシップからの
    手助けを必要としているギャマノンメンバーの入場許可を象徴している。
    二番目の絆は、自分自身よりも偉大な何かの中にあるハイヤーパワーや信じるために
    必要なものを象徴している。三つ目それは、強迫的ギャンブラーや他のギャマノンメンバー建の
    ための慰めや手助けを表している。四つ目はギャマノンメンバーにとっての謙遜、
    彼らも失敗は在り得るという事を象徴している。五つ目は、ギャンブル問題からの分離を象徴している。
    六番目の件は暮らし方を象徴している。それはギャマノンメンバーにとって、それらの心配の種を、
    くどくどと考えるものではなく、投影、瞑想、そして家族の楽しみのために、
    そのような時間を与える事を思い起こさせるものである。
    七番目の件は彼らが受け取ってきた大きくなっていく恩恵について、感謝したり
    思い出したりする事を表している。八番目は、微笑みは伝染し得るという、幸せと事実である。
    九番目の件は、それは実現するだろう、そして、それが、変わろうとしないのは、
    勿論であるだろうが人生を掴むギャマノンメンバー達が思い起こす事を受け入れる事を象徴している。
    ‘人生のギャマノンの道‘小冊子は、フェローシップの12ステップ一致のプログラムをも紹介している。
    これらのステップは、個々のグループの共通の福祉と、フェローシップ全体のための案内に奉仕している。
    グループ単位を維持するよう働く事によりギャマノンメンバー達は、フェローシップの
    回復のプログラムに一貫して関与する、彼らが必要な手助けを得続ける事が出来る。
    ギャマノンメンバー達の集められた体験は一致のプログラムはグループの生き残りに限らず
    各々のメンバーが手に生き残るため極めて重大であると支持を見せてきた。

  • >>2887

    7、謙遜は、我々の欠点を捨て去ることを、神が( 我々が理解する)要求する。
    このステップは謙遜や私達に、その実践が可能の意味合いを持っているもの、
    それ自身に特別関連している。そこで謙遜疑念なしを伴う事で偉大なる彼に我々の欠点を取り除く様お願いする。
    私達はこのステップ日誌作業に従った勇気や実践の神へ求めを要する。
    日一日私達は新生活の欠点を発見する。それ故我々は彼の方に毎日の手助けの求めを要する。
    8.私達が傷つけた全ての人々のリストを作り全ての為進んで改めるようになった。
    私達は考えを攀曲げ我々の人生のギャンブル問題を許してきた。
    私達の多くは精神的にも道義的にも人の最低部分に食い付く。
    私達は惨めだったから他の人も惨めにしようとする。愛や理解を与えようとする義務を果たす事が
    出来なかった。ギャンブラーの病気の理解や受け入れの変わり小言を言ったり非難をした。
    我々は改めを要すと感じている。傷つけた人のリストを作り始められる。
    私自身正直さが増していき、このリストが増加を要すると感じる。
    9、返済が彼らや他の人を傷つける時を除き可能な限り何時でもその様な人に
    直接的な改心をさせた。
    ステップに生き仕事をすることを学ぶことで、愛や親切や我々の周りにある
    福祉や幸せな状態の中での普遍的な精神の中にある興味を見せる事により
    私たちは心を傷つけてきた彼らを改心させる事ができる。
    10、個人の棚卸を、し続け私たちが間違った時には。即座に、それを認めた。
    ステップの目的は我々に警戒を教えてくれる。第四ステップでリスト上
    性格の欠点は完全に消されない。殆ど我々は再発に防壁が必要である。
    性格の新欠点や私達が見渡してきた、ある事に目覚めた時、即座に処理できる。
    我々の霊的成長のステージで間違った時即座に認めるのが非常に困難と理解しない。
    神の手助けや謙遜と伴に、このステップ作業をする。
    11、我々が理解する彼の方の神との接触を我々の意識へ好転させる事で単に
    私達の為彼の方の知っている事で、それを成し遂げる力について祈りや瞑想を通し求めた。
    私達は心静かな瞑想と祈りの段階であった日々の間に小休止を取る事が出来る。
    私達が、より神に接するようになる行いの中、我々のための彼の方の意思を理解できるようになる
    祈りを求める。この強さを取り戻してきた時、日々真実への直面が、より簡単になる。
    私達は、彼の方の意思を成し遂げる信念と勇気を新しくする願いを毎朝、スタート出来るのです。
    12、全ての我々の仕事の中に、このメッセージを他の人に運ぼうとした、
    これらの原理を実践させる努力をさせてきた。
    他のステップの作業の中幾つかの成功評価を掴む事で私達は今や人が我慢する、
    その他の手助けをする準備をする。私達は人生の新しく素敵な道を他の人と分かち合いたい。
    そうギャンブラーが、なった事実に接して、いかに惨めだったか、いかに不幸だったか、
    私達は、それを知る。私達は幾つかの道路を旅する。私達はプログラムをもっと与える、
    もっと受け取りを了解する。回復のステップの中、私たちは色々な問題の答えの見つけ出しが出来る

  • >>2886

    回復のためのギャマノン12ステップ
    ギャマノンフェローシップは12ステップからなる回復プログラムを使っている。
    そのプログラムはギャマノンメンバーの個人的成長のため創出された。
    これら12ステップに従うとメンバーは能動的性格変化は勿論、ギャンブル問題の、
    よりしっかりした理解を成し遂げる。
    結局メンバーはフェローシップ(連帯感)のゴールである平安へ到達するだろう。
    1、我々は、私たちの家族の問題を克服するのに無力であることを認めた。
    その問題を克服する無力を認めるのは開放という素敵な感覚を私達に与えるのを直面するのです。
    ギャンブラーの問題に責任がないと学ぶのです。
    例え、どう試そうともギャンブルを止めさせられない。
    我々はギャンブルのせいにしないという事をも学んだ。この無力の理解故に私達自身の問題に専念した自由を感じ始めているのです。
    2、私達自身が正常に考えたり生活する道へ復活させることができる事より偉大な力である信じる意識を回復した。
    第一ステップを認め、後、多分人の力では私達を助けられないと思った。
    恐れ、不安、疑いで丁稚上げられた人生はその様なものだが正常な人生を呼び寄せる為
    私達自身の復活で偉大な力を必要とする。我々の殆どは神の力が一つ一つ彼の方のものであると理解する。
    3、我々の意思を変えたり、我々自身の理解の、この力の配慮により、
    我々の人生を克服することを決断した。
    ハイヤーパワーを信じたり認めるようなってくると私たちは、この力へ我々の人生を
    ひっくり返すよう決定する。この方法により神の手綱に操られ私たちは不安を減らせられる。
    私達が多くの孤独の時代を処理することで私たちは背中の重荷を除去する。
    4、私たち自身の徹底した、恐れの無いモラルの棚卸をした。
    私達が完全に正直になるべきだと分かる。私達はモラルの棚卸を掴み手助けが
    我々殆どは気づいてない性格の多くの欠点を持っていると発見。
    私達の失敗感、自己憐憫、不正直、焦り、憎しみ、失敗、虚栄心、ねたみ、そして否定的な物事を発見。
    勇気を失いたくないから出来るだけ我々の責任を資産として忘れない事が重要になる。
    5、私達自身や他の人達にとリ認めるという事が私たちの的確な本質へとなっていく。
    私達は色んな悪行に有罪な私たち自身の受け入れが非常に難しい。
    他人は尚更。克って我々自身の悪行を認められたし長い回復への道を掴み話しも出来た。
    自身を許させたり、何か他のものや、何か他の誰かのせいにし置き去りにするかもしれない。
    私達が他の人達と伴に我々の問題を克服する話を始めた途端、背中の重荷は、より軽くなり、
    その重量は我々の肩から取り除かれる。私達は私達自身が本当は何であるかの理解を学ぶ。
    6、これらの性格の欠点を捨て去る準備が完全に出来た。
    我々の殆どは、このステップが私に非常に難しいと分かる。平安は自分自身の心の中から、
    やってくる事実の受け入れで成長は進展する。
    道筋沿いに更に進み問題を探求するので洞察力を得る。自己憐憫、自己正当化、短気、
    そして、憤り、という性格の欠点と伴に決して見つけ出せないだろう心の平和と探し出す
    平安を理解する。我々の考えの中、遠くに存在したもの、進歩の中障害の壁を取り除く
    気持ちがあるようになれるのです。

  • >>2885

    ギャマノンはメンバー達に強迫的ギャンブラーを深く考えない様。
    代わりに彼ら自身の必要なものに、集中するようアドバイスする。
    ギャマノンメンバーは彼や彼女がギャンブル問題や制御効果がないと学ぶ。
    フェローシップはギャマノンメンバーがギャンブラーがGA回復プログラムを受け入れるようになる
    希望を諦めない事も勇気付ける。強迫的ギャンブラーの全ての動きや動機を
    調査する事は共通堕落にだけ結果が生じるという事をギャマノンメンバー達は見つけてきた。
    強迫的ギャンブラーの行動の詮索し続けは全ての関係者達への尊敬を損失する。
    強迫的ギャンブラーが変わるため言ったり、したり出来ることは何も無いという事実の受け入れは
    疑いも無く重要だ。その結果疑問だけが強迫的ギャンブラーに、もっと隠し立てさせたり、
    もっと不合理にさせたりするのに役立つ、それは取り消とはほど遠い所へと先導されてしまう。
    強迫的ギャンブラーの数年の行動変化の失敗の後多くはギャマノンプログラムへと入ってきた。
    病気の経過の様に人々の不安や不満を強迫的ギャンブラーと伴に難解にした。
    強迫的ギャンブラーの本性を理解しない。屡々病気の原因又、一因でもある深き罪の
    重荷を処理しないという事なのだろう。ギャマノンはメンバー達に罪は自己処罰を
    是認させられないという、その病気の本性を教える。
    ギャマノンメンバー達は多くの努力に関らず強迫的ギャンブラー達が
    未だ同じ強迫的行動パターンが付きまとうだろうと知っている。

  • >>2884

    ギャンブルの問題とともに生きる
    ‘ギャンブルの問題と伴に生きる‘更に進み定義される‘ギャマノンプログラム、
    人生の論点や強迫的ギャンブラーとの関係をはっきりさせること。
    この小冊子のアドレスは問題を‘ギャマノンガイド‘へ導く。
    討論される問いの内一つは‘個々の強迫的ギャンブラーに夢中になっている様な私の役目は何なのか?
    ‘ギャマノンへ導かれる人が人生の友情の道を生きて行ったり、
    ギャンブル問題の偉大な手助けを出来るようになった時、
    GAのメンバーになってさえ‘ギャンブル問題と伴に生きる‘は
    強迫的ギャンブラーを手助けする努力の中メンバーを導く多くの提案をする。
    メンバー達は強迫的ギャンブラーの為出来るだけ気持ち良い寛ぎ生活を整える事を奨励させられる。
    彼らは強迫的ギャンブラーの有利な効果を引き起こすためや、治療効果の両方のため、
    彼ら自身を惹きつけるものを駆り立てさせる。
    多くのギャマノンメンバー達は強迫的ギャンブラーの迅速な回復の期待と少なくともその希望でやってくる。
    ‘強迫的ギャンブラーと伴に生きる‘は、これらメンバー達の即時の回復を期待してはいけないと警告する。
    ギャンブラー達が、この病気の成長阻止のため行ってきた信仰を持つ事を助長される。
    経過が、ゆっくり見えるとしたら、友情関係はメンバー達が獲得は全てなされたという
    感謝になっていくと思い出させる。
    メンバー他友人達は時々立ち直りが思い浮かぶ事に対し心配し過ぎる様になる。
    そしてギャンブラーに対し彼自身すべき事を試みようとする。
    ギャマノンはメンバーは強迫的ギャンブラーのギャンブル問題を解決すべきでないと警告。
    強迫的ギャンブラーの容認の時だけ、それらの問題を彼らと討論するようになるに違いない。
    それらが噂話の主題になって来つつあることを発見してきた時強迫的ギャンブラーの回復に非常に有害になり得る。
    ‘ギャンブラーがギャンブルを続けると私はこの問題と伴に、どう人生を送るのかと言う事を知れる‘。
    ギャマノン連体感はギャンブル問題と伴に配偶者、親類、又友人のため殆ど超人的忍耐力を
    掴む人生を送る方法を学び事実と認める。
    ギャマノンのためこの知識は少し問題を生み易い。
    ギャマノンはメンバーが彼や彼女自身の霊的強さの内なる核ギャンブル問題と共に人生を送る最良の道の成熟、
    幸せの為彼らのギャンブル配偶者達に強く依存する。
    建て増しメンバーを勇気付ける、そんなものが、心から生じると確信を持てるから
    純粋に真の幸せといえる。フェローシップ(連帯感)は強迫的ギャンブラーとの生活の数年後
    そのギャマノンメンバーは常軌を逸した不思議な行動を啓発させたかのように見えると信じている。
    それ故変化への欲求が必要だ。メンバーは性格が数年を通し徐々に変わって行くのが重要です。
    一つはギャンブルを止めてさえ悩みの自動的な終了を期待すべきでない。
    ギャマノンはメンバー忍耐が無い又行動パターンで学んだ事を捨て去る限り破滅する。
    ギャンブルの問題と数年越しに生活すると習得し彼らの問題は人生の督促状のため存続するだろうと
    ハッキリと知るのです。かくして強迫的ギャンブラーの配偶者、親戚、そして友人達は、
    失敗しすぎたと気が付くべきなのです。メンバー達はギャマノンプログラムを通して
    手助け出来る前に、この事実を認めるべきです。
    フェローシッププログラムは、より良き人生の道へ導く、英知、平安、勇気を養育する。
    この理解を伴った成長を通し、個性は強さを伴った克っての状況に立ち戻ったり
    自信を伴った新しい何かに直面出来る。ギャマノンの新メンバー達はGAフェローシップ(連帯感)の中
    強迫的ギャンブラーの回復プログラムに関わる。

  • >>2882

    ギャマノン案内
    ‘ 何故ギャマノンに繋がったのだろう?‘の質問の答えを小冊子は答える。‘
    強迫的ギャンブラーの家族は破壊的な体験をしギャンブル問題で生活して行くと分った。
    我々一人一人があなたと同問題に直面。ギャマノンで集団という霊的原理の
    実践を通し共に問題を処理すると私達は学ぶ。
    ‘到達点を成し遂げるに従うならギャマノンは何時も大発生しているという
    板ばさみの解決策を見出そうと試みる。
    多くのギャマノンメンバー達は強迫的ギャンブラーの配偶者とし役割を定義する手助けが必要。
    多くの驚嘆すべきは、どれ程最大の手助けがGAへ&#32363;がった配偶者、親類、友人へ出来たか。
    他の問題はどの様にギャマノンメンバーが強迫的ギャンブラーと一緒に^、別に生活していくか学ぶ質問に関わる。
    ギャマノンメンバー回復の主要ステップはハイヤーパワーの信仰掴みを学ぶ事。
    ‘ギャマノンガイド‘は連帯感の中新参加者への冊子適合だ。
    新参加者に15の提案とし提供される。
    1.強迫的ギャンブルは一つの病気である事実と共に生活していることを受け入れ学ぶ。
    2.ギャンブラーは目的がなく質問したり尋問する。あなたはこの状況克服は無力。
    彼の隠れている何か望もうとするなら真実は彼から引き出されない。何故やって見ないのだろう。
    3.過去の失敗に夫をガミガミ言うことや、あなたの事の様に彼の立ち直りの有害になっていく
    信用を引き出す責任感なのです。彼からのこの責任感を掴まないように。 
    4.過去は通り過ぎてゆく。あなたが憤りなしの受入れがない限り心の平和を見出せない。          
    5.ギャンブラーは(彼の奥さんでなく)賠償させるべき彼の信用を呼び出す責任感です。
    6.夫がギャンブルをしていたり 彼がGAへ入っているときでさえ、お金を借ったり
    ギャンブルの借金を覆うため共通署名をする事は手助けにはならないと体験は我々に語る。
    7.妻が仕事に行く。取り分けギャンブルの借金を被い隠すものは薦められない。
    8.賢明さは私たちに告げる。強迫的ギャンブラーは,希にしか家族の財政を扱えない。
    多分この状況は彼が立ち直っていく状況次第なのでしょう。
    9.ギャンブルのお金を貸すことを友人や親戚に思い留まらせる。
    10.GA強迫的ギャンブラーのための、一つのプログラムです。妻は干渉すべきではない。
    11.最初の幾つかのミーティングへギャンブラーが出ることは非常に勇気が必要でしょう。
    この後そのようにし彼の行動は彼を離れていくのです。
    力強くギャンブラーがミーティングへ出席することは非常にうまく調和して、より良くやれるのです。
    12.彼のギャンブル借金は短時間の終わりによって招かれたものでは」ない。彼が広大な終局を乗り越えて少しの類のお金を返済する必要があると分かった時理性は離れていく。
    正常な家族は先ず支払いをしようとすべきなのだ。  
    13.ギャンブラーには立ち直りは非常に遅い経過となる。彼に励ましと健康を与えなさい。
    14.あなたの性格の欠点を棚卸し、その努力をする。
    15.あなたの夫がギャンブルを続けてもギャマノンへ来なさい。私達は、その問題を理解し
    正直に要望したら我々のプログラムを通し、あなたを手助けできるでしょう。
    ‘ギャマノンガイド‘ はギャンブル問題で影響を受けた間メンバーがどう感情的健康的に、維持していくか多くの案を提供する。
    それらは討論で勇気付けられる。
    メンバーの打明けでストレスは安堵感となり釣合いの取れた考えを取り戻す。

  • >>2881

    ギャマノンミーティング
    ギャマノン会議は強迫的ギャンブル問題で影響を受けた人々の間強く結束形作られる機会を供給。
    静かな瞑想で開催、平安の祈りで閉鎖。
    その間Gam-Anon International Service Office Inc.の文書の文節等を読む。冊子の幾つかは表題がある。
    ‘ギャンブルの問題と供に生きる‘‘人生のギャマノンの道‘‘ギャマノンガイド‘‘ギャマノン導入への案内便‘
    ‘第4ステップ棚卸への道案内‘‘否認という名の回転木馬‘。
    殆どの会議で問題進展を話す療法に専念。会員間のやり取り期間が存在、
    問題と供にある彼らは他の人から平常生活体験を通し提案が与えられる。
    会員達は心を開き聴き反応の中、他の人を落ち付かせる手助けを試みたり、
    人生を前向きで健康な方向へ立ち直せる。
    財政的問題は財政的困難が強迫的ギャンブル障害特有性を見せる時頻繁に討論される。
    家族財政的問題の将来展望を熟考の上取り戻し作業をする。
    他の人が計画収支の均衡を図る提案の手助けをする。
    ギャマノンへ来る人の多くはギャンブルの配偶者達、親戚達、友人達に幾つかの責任ある道に、あると感じている。
    ギャマノンメンバー達はこの問題に責任は無いと学ぶ。
    この理由で罪は無いと感じるべきだ。
    グループ討論は屡々ギャンブル依存症がギャンブラーの病気という重要なポイント強化に奉仕される。
    ギャマノンメンバーのコントロールの遙か遠くになる。
    グループ討論を通しメンバー其々の罪や良心呵責の不相応な重荷取り除き助ける。
    ギャマノングループ会議の意義深き機能は孤独でない確信を,妻達、親類達友人達に与える事。
    多くのメンバー達が他の人と体験の分ち合う目的が普遍価値の一部だ。
    メンバーはミーティングの間対話補修を促される。
    電話接触は苦悩メンバーや全ての新参加者に特に重要。
    連帯感は全ての価値ある文書を読む事で会議の間の彼ら自身の支えとしメンバーの他の道のように勇気付けられる。
    夫々の冊子以前に情報や英知を提供する事や様々な暮らし向きの手助けを引用。
    多分冊子に従った4番目に振り当てたセクションのセッティングによるものより
    人生の 現在のギャマノンの道でより良いものは無いだろう。

  • >>2879

    第六章
    家族と友人
    GAM−NONとGAM-A-TEEN
    ギャマノンは、強迫的ギャンブラー達の妻達、夫達、関係者達、それに親友達の自立フェローシップです。
    ギャマノンはGAと同盟を結んでいなく二つのグループは共通到達点を親密に、はっきり知る事で協力する。
    ギャマノンは1960年ニューヨーク市で強迫的ギャンブラーの4人の妻達が、共通の問題を話し合う親睦会から始まった。
    アラノンからの代表は、アルコール中毒者と供に生活しているグループの取り決めを話し合うために招聘され、
    強迫的ギャンブラーを伴った生活を同じ原理で適用できると決定された。
    1961年数箇所のロス・アンゼルスギャマノングループがスタートし、
    その時から、その仲間意識は世界中を通し即時に成長していった。
    ギャマノンの主要メンバーは強迫的ギャンブラーの妻達でありGAメンバーの多くのは既婚の男性だった。
    代表的にギャマノンミーティングはギャンブラーズミーティングと共に同じ箇所の別の部屋で、催される。
    ギャマノンメンバーの,そうなっていこうという事に従うなら単にGAの友人や関係者である
    又はギャンブル問題によって影響を受ける誰かになった。そんな人に必要です。
    ギャマノンの無数の人々は強迫的ギャンブラーがGAと繋がっていないと知っていても尚かつ繋がった。
    そんな人々は彼らが多くの助けを要すると確信している。
    家族会員や友人がギャンブル問題の理解を得たり通常のギャマノンに出席する時、
    強迫的ギャンブラーは結局GAミーティングへ出席するでしょう。
    しかしギャマノンメンバーはギャマノンの出席が彼ら自身の生活の新しい道を見出す理由だと
    期待しない事に注意しなければならない。
    ギャマノンプログラムの目的は彼ら自身の生活を変えて行く事で手助けを見つけ出し、
    強迫的ギャンブラーと共に各々の掛かり合いを持つ手助けをするのです。
    これはギャマノンプログラムの生活を通し、霊的成長を手に入れる強迫的ギャンブラーの理解、
    家族の寛ぎの進展、それらで成し遂げられるのです。
    強迫的ギャンブラーと生活する或は組織化するのは、それ自身地獄の類を生み出す。
    殆どの人々に破壊的な経験だ。:家族の連帯感は我慢できない程緊張、家は辛辣、不満、憤りで一杯に。
    感情的不満が捕らえるものはギャマノンメンバーの人生を砕いてしまい始末に困るように見え
    道具、緊張は人生個人を悩ませる不可欠な言葉は今にも壊れそうだ。
    どんな瞬間であろうと家は失われ家具は消え失せてしまうに違いない。
    テーブル上や子供たちのエプロンの上に食べ物を置く十分な金は無い。
    屡々そんな強迫的ギャンブラーと共の生活の症状を厳格で神経質な問題としてしまう。
    その時彼らは関連しているとは思えないで問題には打ち勝ちたい、
    そして理解は遙か彼方へ行ってしまう。

  • <<
  • 2907 2880
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン