ここから本文です
  • 韓国ドラマ歴3~4年。本格的に見だしたのは昨年です。

    芸術・芸能というのは、非日常の世界へ魂を連れ去って何かを
    感じさせてくれ、生きる力を与えてくれるものだと思います。
    自分にとってはいろいろなストレスを忘れさせてくれる癒しの
    存在でしょうか。

    職場を変わって、韓国ドラマについてお話できる仲間や先輩が
    いなくなってしまったので、この場をお借りして自分の感じた
    こと・思いを述べさせて貰えたらと思います。
    独り言みたいになってしまうかもしれませんが、よろしくお願
    いいたします。

  • <<
  • 41 13
  • >>
  • 41(最新)

    wei***** 7月21日 10:33

    韓流俳優は皆朝鮮風の顔をしてる。皆揃って絶壁頭、エラ張り、ヒゲ無し、細目。
    阿部寛、三国連太郎、加山雄三、原節子、さとう玉緒、草笛みつ子、加賀まり子のような濃い顔系が全く居ないのでアクセントが無い。

  • わっちも韓ドラ大好きでヤンす。
    突然お邪魔して済みません、GYAO視聴歴3年の爺です。
    ヒロイン役の女優さんの美しさにはため息が出ます。
    今は「オ・ジャリョンが行く!」のオ・ヨンソさんに首ったけ。
    どうも財閥の子女と庶民の若者の恋物語が、トレンドのようですね。

  • 運命のように君を愛してる13話じれったいけどよかった(´∀`)
    つまり、丁寧に説明してくれているので、水・木曜日二話で1回分のお話になってる
    のかなと理解しました。

    第二幕の幕開け、1話分使って各々の姿を描き出し、最後にやっと再会。
    なんと1話のパロディーになっていてツッコミどころ満載でした。
    シャンプーとボディーソープ、2006と2009号室やラップなど。

    しかし、そのことはさておいて(なるほどと納得したので)それより
    ダニエルが敵役っぽくなってきてチェ・ジニョクssiペンとしてはちょっと
    辛いかも。。。

    なんかミヨンさんの本当の気持ちには目をつぶって、自分がここまで世話
    したんだから権利あるみたいな押しの強さで、ミヨンさんを強引に手に入れようと
    してるみたいで(14話の予告などの雰囲気も見ているとですが)、ちょっと
    イヤな人に感じられてしまって、、、

    まあ、考えてみれば、幼い時に兄妹が離れ離れとなり、なにか欠落を抱えて
    大人になっているのだから、仕方のないことかもしれません。
    だから、セラはゴンに、ダニエルはミヨンさんに執着するのかもしれません。
    相手の気持ちを本当に考えることができるなら、愛情だと思っているものが
    執着に過ぎないと分かりそうな気がするのですが。。。

    この心に傷を持つ4人が、幸せになれますように・・・それも納得のいく
    形でと願わざるをえません。きっと大丈夫でしょう!この制作陣なら!!!

  • いくつか記事でイ・ドンウク氏が、アイアンマンでシン・セギョンさんとの共演
    で、ドラマに出演するという記事を見ました。

    ついこの前までホテルキングで熱演してらしたばかりですのに、精力的に活動
    されていますね。ルームメイトも面白いですし。

    キム・ソナさんとの女の香りで除隊後の復帰に成功され、その後も活躍が続いて
    いらっしゃって素敵ですね。
    入隊前のパートナーというドラマも好きです。
    余談ですが、相手役の女優さんが花より男子でジュンピョのお姉さん役の人だった
    ので、そのイメージの違いにちょっとびっくり(゚o゚;;

    楽しみにしています。

  • スターニュースなどの記事を見ると、やはり、俳優の演技だけでなく、演出・編集
    など、どのように作品をまとめるのか悩まれるようですね。

    チャン・ヒョク氏のファンとしては、素晴らしい嗚咽のシーンを見たいと思いますが
    物語の流れの中で考えると、自分としては制作陣と似た考えです。

    言葉にならない、泣きもできないほどの悲しみを静かに心の中に秘めて絶望と戦う
    姿に、ゴンの苦しみ・悲しみの大きさがわかる気がするからです。
    すごく良かったです。12話。。。

  • 応急男女が終わったとき、何かの記事で見たのですが、チェ・ジニョク氏は
    オ・ジニ(元妻でインターン仲間)は自分の役のオ・チャンミンでなく
    グクチーフに行った方が良かったと思うと述べておられました。
    復縁してもかつて傷つけ合ったことは消えないと。現実はそうかもしれません。
    だけど、そんなことをさらりと言ってしまえるジュニョク氏は、率直な方だなあと
    ちょっと驚きでした。
    演技がお上手だから、復縁できて幸せそうなチャンミンに見えましたが。。。

    キム・サムスンでも一度は別れて、元カノとジノンが復縁しましたが、サムスンが
    心の中に入り込んでいて別れることになりましたね。それで、主人公に戻るわけ
    ですが、今度の運命のように君を愛してるはどうでしょう?

    ジニョク氏のように考えると、お互いに思いはあったとしても、表に出しにくいで
    しょうし、お互いのことを思えば思うほどギクシャクしてうまくいかないような
    気もするし、残り8話をどのように持っていくのか、見てスッキリの結末になる
    ことを期待します。でも、すんなりとはいかないのでしょうね。どんな紆余曲折が
    待ち構えているのかしら?

  • バレリーナとしてのお姿が本当に素晴らしいですが、ミヨンさんに肩入れして
    見てしまうと、恋敵ですものね。

    原作と同じ設定だと、ダニエルの妹ということになると思うのですが。。。
    どこかで見たことある女優さんだと思ったら、相続者たちでキム・ウォンの
    結婚相手となる人でした。

    チェ・ジニョク氏とはもう共演したことがあるのでずね。

    こんなふうについドラマの先行きについて考えてしまうなんて自分としては
    珍しいです。はまってます。今週も楽しみにしています。

  • ミヨンさんは善良で心優しき女性っていう設定ですが、いくらいい人だからって
    恋敵のセラさんが寄越した離婚合意書を、なんの疑いもなく受け取るなんて。。。

    私だったら、ゴンか弁護士に確かめるんだけどと思ってしまいます。
    本当に離婚したの?だって届けを出すときにほんものじゃないって、気がつきそう
    なものですが?遺産のこともどうなってるんだか気になります。

  • >>21

    見返してみましたが、セラ役の女優さんがよく見えません。ゴンが6年も待った人
    とは思えません。
    太い声とギョロ目がちょっと・・・。
    可愛く思えないようにわざと演技してるならすごいと思いますが。。。
    他にどんなドラマに出てらっしゃるのかしらね。

    ミヨンさんを追い払えば、何もかも以前に戻るなんてことは普通は考えないと
    思うけど、病的にそう考えて、ミヨンさんのいなくなったゴンに
    つきまとったりしてませんよね。

    自分が良かれとおもってした選択が、ミヨンさんにひどい苦痛と傷を与えた
    ことを、まさかゴンは忘れないでしょうし、いくらそばにセラが来ても、
    恋人には戻れない戻らないと思いたいですが、ミヨンさんのそばにはダニエルが
    いるでしょうし、どうなっているのでしょうね。

    3年後のすれ違いのとき、ミヨンさんは颯爽と前を見て歩き、ゴンの方が、
    振り返るという姿と二人のビジュアルの変化にびっくり!
    次はおとなしかったミヨンさんが、堂々とした女性になって活躍するので
    しょうか?
    ゴンの病気はどうなっているの?

    それにしても韓国ドラマは睡眠時間を削り、ギリギリの脚本で撮影している
    そうですが、前の演技と現時点の演技と終盤の演技と上手くつなげられるのが
    不思議です。俳優さんの力量?演出家の力?
    今回のチャン・ヒョク氏の演技が素晴らしくて、見入ってしまいました。

    最初の頃のオーバーな演技と、心の内を隠して物静かに、しかし冷たく本心では
    ないことを告げたり、苦しみを隠し、大げさに泣くのではなく静かに嗚咽する
    今回の演技の違いは、どうやって練られて完成するものなのでしょうか?もちろん、
    チャン・ヒョク氏の演技が上手いことは確かですが、チーム力の勝利なので
    しょうか?

    韓国ドラマの印象として、引きの場面が多くなく、バストショット以上のアップが
    多用されるイメージがなんとなくあるのですが、そのせいでじっと魅入ってしまう
    のでしょうか。とにかく見ながらこちらも静かに涙が出てきてしまうそんな12話
    でした。

    次週も待ちびっくりさせたり、納得させたり楽しませてくれるといいな。
    「運・君・愛」

  • 運ノルサを見ているといろいろ考えさせられてしまいませんか。

    人生には「選択と断念」がつきものだけれど、そこに後悔の念が起きると
    執着や元に戻そうとする気持ちにとらわれて破壊的になってしまったり、
    愛する人に迷惑をかけてみたり、あがいてしまうこと。

    セラさんは、ゴンとバレエではバレエを一旦は選択して、プロポーズされる
    とわかっていてもマカオには行かなかった。
    それが、ミヨンさんとの予期せぬ出来事が起こる原因の一つとなってしまった。

    セラさんにとってはゴンは、自分のためならなんでもしてくれる、許して
    くれるキープの人という安心感もあったかもしれない。
    でも、人間が生きていると、明日何が起こるかわからないし、それによって
    気持ちも揺れるし、変わることだってあるということを思ってもみなかった。

    だから、自分の知らないうちにゴンがミヨンさんの妊娠の為に結婚してしまった
    ことを受け入れることはできなくなってしまったのでしょうね。

    選択の裏には断念(選択しなかったことを諦める・捨てる)という面が隠されて
    いることを意識していないと、こんなはずでは・・・と諦めきれず、後悔し、執着が
    生まれてしまうのでしょう。嫌な人になってしまうのも当然なのかもしれないけど、
    ああはなりたくないなとも思います。失ったものを取り戻そうとあがくのは疲れる
    のではないかなと思ってしまいます。

    そういう役なんだから仕方がないのかもしれませんが、セラ役の女優さん、あまり
    パッとしない感じがしてしまいます。黙ってバレエを踊っている時と話すときの
    落差が大きすぎて。。。声なのか、顔の造作なのか、演技のレベルなのか、なにか
    違和感を感じてしまうんですよね。
    でも、ドラマのためには必要な恋敵役なので、仕方ないですね。
    でも、ダニエルの実の妹だとしてもちょっとかなあ。ジニョクssiにもチャン・ヒョク
    氏にももったいない気がするのは、ファンとしてのヤキモチ?

    12話のゴンの選択も痛い代償を払わされ、断念が伴いましたね。ミヨンさんも。
    やはり、今後の展開から目が離せません。

  • >>18

    待った甲斐がありました。
    チャン・ヒョクssiの演技がとても素敵!

    ミヨンさんと知り合う前の普通の悩みなき人から、
    静かで冷徹な社長、切なく涙する人まで
    ゴンのいろいろな面を、オーバーにならないように
    コミックシーンはタク室長や博士や異母弟君などに任せて
    上手に演じられて、目が離せませんでした。

    予想通りに記憶喪失でしたが、何話もズルズルと引っ張ることをせず、
    冒頭から記憶を取り戻したとわかるシーンを入れ、そこから
    倒れた後、初めて目覚めるゴンに戻っていった演出・脚本も
    いいなと思いました。

    これは自分の涙だろうか?
    泣いているのか俺は?
    というようなところもうまかったですね、チャン・ヒョクssi

    セラとゴンが抱き合っているのを見たときのミヨンさんの胸中は・・・
    と思うと、そばにダニエルがいてくれて良かったと思いますし
    主人公だから当たり前だけど、いいな羨ましいな/(^o^)\

    ベンチで話してたとき、チェ・ジニョクssiがかわいく笑うとこが
    ありましたが、ファンミのときの握手会で見せてくれた笑顔
    とソックリでした。あの背の高さをリアルに思い出してしまいました。

    そんなことより、予告映像の方が気がかりです。
    どうしてかはわからないけど、ミヨンさんが事故にあったみたいで
    台湾版の原作のように、母親の命か子供の命かという選択を
    迫られるのか気になります。赤ん坊を抱いているミヨンさんの姿は?
    と次も見たくなるように上手に作られていますね。

  • 韓国俳優さんといいながら、最近ずっとチャン・ヒョクssiのことばかり。。。

    そこで、今回はイ・スンギ君のこと。
    歌でデビューし、ドラマも好評な彼。

    いよいよ次は映画デビューとのことですね。恋愛ドラマらしいですけど、
    相手役が、華麗なる遺産でファンに片思いするスンミ役だったムン・チェウォン
    さんだそうです。

    可愛かった彼らが大人の男女として演技するのでしょうか。
    ちょっと気になります。

    国際フォーラムのコンサートで元気をもらったスンギ君。
    できれば少し大人になった姿を見せてもらいたいな。

  • 秋物スーツのゴン素敵ですね。きれいなお顔。見ているだけで眼福。
    あと1日待ち遠しいです。

  • 心が通じ合ったかなと思うと、何かの障害が起こるというのはお約束でしょうが、
    まさかゴニssiが倒れてしまうなんて、びっくり!
    お約束の記憶喪失?ってことはないでしょうね?
    ミヨンさんのこと忘れちゃうとか?ここら辺から、どう展開するのか、原作と
    全く同じなのか、20話に圧縮されている分少し変えてあるのか、今後が楽しみ。

  • ミヨンさん、そんなにあっさり別れるなんて言わないで。
    人間の気持ちは変わるものでしょう?
    最初にセラへのゴンのプロポーズ練習聞いちゃってるし、そのセラに愛の無い結婚
    と言われるし、これ以上一緒にいて自分の気持ちがどんどんゴンに向かっていくの
    も怖いし、ゴンの気持ちの変化を感じていたとしても、離婚合意書のこともあるか
    ら、そう言いたくなるのも無理はないですけれどね。
    今日はどう展開するのか楽しみです。

  • とっても素敵な青年という感じでした。去年の9月のファンミーティングのとき。
    来年入隊するつもりだと発表してらしたので、ドラマは応急男女で終わりかと
    思っていたら、運ノルサに素敵な役で出てきてくれて本当に嬉しいなと思います。

    いつも実年齢より上の役が多いという話でしたが、今回はどうなんですかね?
    チャン・ナラさんとどちらが年上なのでしょう?
    チャン・ヒョク氏と互角に渡り合っているように見えて素敵です。

    ウォルリョンでちょっといいなと重い、相続者も良かったのですが、応急男女で
    もっとファンになりました。握手の時はとても柔和な表情で優しい目をしていて
    心が温かくなりました。
    スタイルが良く画面で見るより、ずっと細く感じられました。だから、その体に
    隠れてしまうチャン・ナラさんの細さも想像がつきます。さすがスターですね。

  • 運ノルサでチェ・ジニョク氏のダニエルが、ミヨンの姿を自分の体で隠して、大きな
    椅子まで連れて行くシーンで、ほんの一瞬ですが、かのアル・パチーノの映画の曲が
    明るいアレンジで流れませんでしたか?
    シティーホールでキム・ソナさんとチャ・スンウォン氏がおどり、女の香りでカン・
    ジウク役のイ・ドンウク氏が一人で踊り、オム・ギジュン氏とがん患者の女の子が
    踊る時に流れた曲だったような気がするのですが、間違っていますかねえ?
    こういうのも、見ていて面白いなと思います。

  • 韓国ドラマに詳しくて、韓国語もわかる方から見たら楽しいツッコミどころが
    満載なのでしょうね。
    韓国ドラマ歴の少ない私ですが、運ノルサを見て気がついたことがあります。
    まず、カラオケシーン。これはサムスンの時のヒョンビン氏、トッコジンの
    チャ・スンウォン氏がノリノリハチャメチャで今回のチャン・ヒョク氏のシーン
    と重なりました。運ノルサが一番会場が大きくミヨンオンマのお客さんもいて
    大人数で楽しくなりました。歌手デビューのチャン・ナラさんのカワいい歌と
    踊りも楽しく、カラオケ画面の中にラッパーとしてのチャン・ヒョク氏の映像
    があったりとサービス満点だったような気がします。

  • <<
  • 41 13
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン