ここから本文です
  • 1

    *****

    みんなでマーくんを応援しよう!!

  • <<
  • 501 478
  • >>

  • ダルビッシュが警鐘=「中4日」に異議あり―米大リーグ

    時事通信 7月15日(火)15時29分配信



     【ミネアポリス時事】米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手は14日、各チームの先発投手が毎年のように肘を痛める現状に警鐘を鳴らした。大リーグのオールスター戦を翌日に控えたミネソタ州ミネアポリスで報道陣に「登板間隔が一番大事だ。(中4日は)絶対に短過ぎる」と述べ、中5日以上に延ばすべきだと訴えた。
     ダルビッシュは、肘の靱帯(じんたい)を修復する「トミー・ジョン手術」を余儀なくされる投手が続出する状況を憂慮。「こんなに出ているのだから、(球界首脳が)議論しなくてはいけない。自分たちに利益のあることはちゃんと話し合った方がいい」と語った。
     大リーグでは1試合ごとの投球数が厳しく管理されているが、「球数はほとんど関係ない。140球投げても、(中5日以上なら)靱帯(じんたい)などの炎症は全部クリーンに取れる」と話した。さらに、球自体が日本の物に比べて滑りやすく、形や重さもまちまちな点を指摘。腕への負担が重く、故障の要因になっていると主張した。
     ヤンキースの田中将が右肘内側側副靱帯の部分断裂と診断され、球宴を断念したばかり。田中将のケースついては、スプリットの多投が原因とする意見もあるが、ダルビッシュは「スプリットが肘に負担がかかるとは思わない。ツーシームと変わらない」とこれを否定した。
     普段はクールなダルビッシュだが、親しい田中将まで災難に遭い、一石を投じずにはいられなかった様子。再発防止への熱い思いが、大リーグ機構や球団首脳らにどう伝わるか。

  • >>499

    こういう事があるとすぐに星野が壊したとかノムラが壊したとか無責任な事を書く人がいる。
    何をどう思おうとそれは個人の自由だ、とは言え、個人の被害者だと断定するのはどうかと思う。

    No.496にあげた記事はメジャーにおけるメデイアの分析です。ESPNがエルボーキラーと言われるのはタダの噂だろうか?
    また日本球界での田中はあそこまでスプリットを多投していただろうか?
    中継を見ていて思ったのはマキャンのリードが変化球に偏りすぎてなかったか。
    日本における田中の投球はあそこまでスプリットを多投してなかったと思う。

    日本の投手が肩を酷使したせいで投手生命が短いとかアメリカの選手は余り投げないから投手生命が長いとかの比較はあるのでしょうか?
    以前松坂だったかダルだったかもが言っていたと思う。メジャーの投手はマウンドに上がるまでに余り投げ込みをしないと言う。地肩の強い欧米人はそれでも良いが体格の違う日本人には合わないと思います。
    やはり日本人はある程度球を投げ込んで肩を作らないとダメ何だと思う。
    それをまだ肩も出来ていないのにマウンドで全力投球すれば故障しやすい。
    メジャーの投手が肘を壊さないのかと言えばこの記事にもある様に立派に肘を壊してます。

    別にメジャーの練習が間違っているとは思いませんがNPBの練習が間違っているとも思いません。体格も違えば育った環境も違う。それぞれの体格に合った練習をすれば良いのであってメジャーの練習に合わせる必要はありません。

    田中が日本に居ても故障したと言われるが、たらればの話はやめましょう。
    議論するつもりはありません、考えが違うだけですからレスは不要です。









    No.496

  • >>497

    いつも甲子園球児の熱闘やドラマに感動だけして観ている・・
    投手経験、投手指導や監督経験の無い無責任な元プロ野手のコメント・・
    適当なデータを集めて結論付けようとするメデイア・・

    こうしたことから多くの方は田中はメジャーで壊されたと思うかもしれない。
    治すことの医療技術は進歩しているが、メデイカルチェックなどで消耗度など判りえない。
    ちなみにNPB投手故障者リストは先週末時点で30名(内手術リハビリ中は15名)
    直ぐ手術をするMLBとの違いはあるが、メジャー登録数500名以上の投手の数から見ると故障者の比率は比べ物にならない程日本は高い。
    スプリット多投が大きな原因かどうかは立証されたわけではなく、想像にすぎない。
    確実に言えることは、投手にとって肩、肘は消耗品であるということ。
    気合論、精神論を唱えるだけの指導者が減ってきたとは言え、勝利至上でケアが行き届かない指導者がまだまだ多いのも事実。たとえば「連投させたくなかったが本人が絶対投げさせてくれと言ったので」などと子供の意を優先する指導者がいかに多いことか。
    リトル時代から一度の球数を重要視する米国の考え方に準ずるのが妥当と思う。
    田中は桑田や松坂やハンカチなどと違い高校時代さほど酷使されていない。
    「完投」にこだわり160~200球を幾度も投げさせられた楽天時代の消耗が最大の原因と思う。日本に残留していても今時分こわれていたと考えるのが自然。
    肘痛で何年も苦しみ、とうとう野球人生を閉じざるを得なかった投手を身近で見てきたので酷使されている投手が気になってしょうがないのです。
    マー君は部分断裂程度なので手術はしないようだが、最近は医療技術も進歩しているのでさほど心配はしないが、何といっても空白期間がもったいない。あせらず治していただくことを切に願う。

  • >>497

    寅さんおはよう

    もともと酷使を非常に不安視されながら渡米して入念なメディカルチェックをパスしてるんだからな。
    アマチュア時代と昨年の投げすぎを決して肯定はしないが、今回のは渡米後の負担によるもんだろう。◇(^^;

  • 田中の故障について。
    今朝のハリさんとジャーマンの見方はメジャーの中四日の投球間隔と、グランドの堅さ、スプリットフィンガーファーストボールをあげていた。
    先に挙げた記事とこの二人のプロの見方がおおむね正解だろう。

    ゆっくり直せ、と言っても田中の事だからそうもしていないだろう。
    キミが再び元気な姿でマウンドに戻ってくる日をファンは待ってます。
    でも無理はしないでね。



  • 田中将大の右肘に負担をかけたのはスプリットの多投!? 米メディアは「エルボーキラー」の割合の多さを指摘
    フルカウント7月12日(土)12時37分

    今季、メジャーで最も多くのスプリットを投じた田中
     ヤンキースの田中将大投手が、右肘の靱帯部分断裂で復帰までに最低でも6週間のリハビリを要すると発表された。保存療法の効果が出なければ、靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)に踏み切るとも考えられており、1年以上の長期離脱となる可能性も残されている。

     瞬く間に名門球団のエースに上り詰めた田中の肘に負担をかけたものは、いったい何だったのか。日本時代からの登板過多、中4日での登板、日本よりも重いメジャー公式球など、様々な理由が考えられるが、複数の米メディアが大きな原因の1つとして取り上げているのが、スプリットの多投だ。

     ホームベースの手前で急激に落ちる田中の”宝刀”はメジャー屈指の決め球としてその名を知らしめたが、手首を固定しながら投げるために前腕部や肘に多くの負担がかかる球種としても有名。しかも、田中のスプリットは90マイル(約145キロ)付近まで達するほど高速だ。

     ESPNのスタッツ&インフォの報告によると、田中は今季メジャー最多となる477球のスプリットを投じていた。これは7月10日時点の数字だが、メジャーで2番目に多く投げている同僚の黒田博樹投手の396球よりも81球も多かったという。

     また、全米スポーツのデータ分析サイト「ファングラフ」によると、田中の全投球におけるスプリットの割合は実に25%で、これも1位。2位の黒田は22・9%。3位のドジャースのダン・ハーレンは16%で、田中のスプリットの多投は際立っていた。これが、肘の故障の一因となったという指摘も出ている。結果を残しているうちは絶賛を浴びていたはずの決め球が、悲劇を呼び起こしたとして一転して非難される形となってしまっているのだ。

    スプリッターは“エルボーキラー”
     ESPNの名物コラムニスト、バスター・オルニー記者は「ヤンキースは今、難しい決断に直面している」と題した特集記事の中で「スプリッターはエルボーキラー(肘殺し)と認識されており、タナカはメジャー初日から重度に依存していた」と記した。

     確かに、「ファングラフ」のデータによると、スプリットの割合が1位だった一方で、速球系(フォーシーム、ツーシーム)は41%とメジャーで7番目に少ない。田中より下には、ナックルボーラーのR・A・ディッキー(ブルージェイズ)、速球とほぼ同じ割合でカットボールを投げるジェシー・チャベス(アスレチックス)、ハーレン、ケビン・コレイア(ツインズ)が含まれることを考えると、速球系の少なさも目立つ。「スプリットへの依存」と表現されても、仕方のない部分はあるだろう。

     米メディアは、圧倒的な切れ味で三振の山を築いたスプリットが田中の肘を蝕んでいたと見ているが、それが事実ならば皮肉な話だ。

     田中は開幕から14試合の時点で11勝1敗、防御率1・99と圧倒的な数字を残したが、最近4試合は1勝3敗、防御率4・25と成績を落としていた。辛辣なニューヨークメディアは、8日のインディアンス戦で田中が7回途中5失点と乱れて4敗目を喫すると、一転して批判に転じた。そして、その直後に明らかになった突然のアクシデントを受け、さらに騒然となった。

    今季だけでも20人以上が肘の手術を受けているMLB
     これだけの騒ぎとなった理由は、患部が肘だからだろう。現在、米国メディアは投手の肘の故障に敏感になっている。復帰までに1年以上を要するトミー・ジョン手術を受ける若手選手が激増しているのだ。成功例が多く、症状が初期の段階でも手術に踏み切る選手が多くなったことも理由の1つとして考えられるが、それだけでは説明ができないほど、“患者”は増えている。

     今季だけでも、マーリンズのホセ・フェルナンデス、アスレチックスのA・J・グリフィン、ヤンキースのイバン・ノバら実に20人以上が同手術を受けた。

     5月上旬には、メジャーリーグ機構のコミッショナーを務めるバド・セリグ氏が「何度も何度も恒常的に(トミー・ジョン手術を受ける投手が)現れている事実を憂慮している」と現状への危機感を示した。同月下旬には、アメリカスポーツ医学研究所(ASMI)が、なぜこれほどまでにトミー・ジョン手術が頻発するかを調査し、複数の原因を発表したほどだ。

     ここに田中の名前が加われば、問題はさらに大きくなる。

     そして、その原因が本当に「エルボーキラー」だとしたら……。仮に最短の6週間で復帰できたとしても、ヤンキースが田中にスプリットの割合を減らすことを求めるかもしれない。

     7年1億5500万ドル(約158億円)の契約を結んだ黄金ルーキーには、万全の状態であってもらわなければいけないからだ。しかも、田中はすでにヤンキースの将来を照らす希望の光としてマウンドからあまりにも眩い光を放ち続けていた。名門にとっては絶対に失いたくない人材となった田中。この負傷が、ピッチングスタイルの見直しにつながる転機にもなるのだろうか。

  • 中4日が原因ではない

    投手は1日の投球過多が肩、肘を蝕んでゆくのを日本球界のバカどもはまだ解っていない

    それが続く高校野球、大学リーグなんて言語道断

  • 出来れば日本で100勝を達成して欲しかったけど、これからも自分の夢に向かって挑戦してくれ。
    序盤はマキャン捕手の認識不足か?リードが悪くて変化球主体。よそ行きの田中になっていたけど、3回からはストレート主体の本来の田中に戻ったね。
    複数の解説者も言ってるようにベンチで捕手と協議してた様だけど通訳挟んでだから大変だ(^_^)
    7回6安打3失点、無四球8奪三振。
    これなら先発投手としては上出来だよ。
    何とか責任は果たせたね。
    次は更に良い内容で頑張ってください。

    平成の鉄腕!!田中将大!! 出来れば日本で100勝を達成して欲しかったけど、これからも自分の夢に向かって挑戦してくれ。  序盤は


  • 田中からヤンキースへの移籍が決まったと言う報告の電話をもらったノムさん、
    『困ったら原点に戻れ』のアドバイスを送ったそうです。
    同じ様に電話をもらった星野さん。
    『寂しいけど、ガンバレ』とエールを送ったようです。
    金銭の事でテレビを賑わせてますが、プロである以上、その評価は金額で有り、能力が認められれば金額が上がるのは当たり前の事。
    これで多くの親達は子供に夢を抱くし、子供達の夢も一回り大きくなる。
    実力がつけば海外に行ってしまう。
    寂しい事だがNPBに器が無い以上、選手の流出はプロであれば、やむを得ないとオイラは考えます。

    そして、これを持って、トピ主の居ないこのトピへの投稿も終わります。

  • 田中が去る事が確実となった今、ここへのカキコミも後数回。
    メジャーへ行っても応援は続けるがね(^_^)

    平成の鉄腕!!田中将大!! 田中が去る事が確実となった今、ここへのカキコミも後数回。 メジャーへ行っても応援は続けるがね(^_^

  • MLBに耐えられるかなああ
    mlb球に完全にアジャスト出来るのかなあ

  • >>482

    そういうお前はどうなんだ?

    レストランの給仕やタクシー運転手にきっと万札やってるんだよな?
    その書きぶりじゃあ・・・(大笑)

  • 球団との裏契約(寄付と言う名目)についてはその不当性について私はいち早くmlb.comに投稿しておいたが、これまでのmlb.comの反応は報道されているようになり私はとっても嬉しく思っています
    その時私が投稿しておいたのはタナカの利き手右手の人差し指と中指の長さそしてその作用点のチャックをしておきなさいということでした
    これも通じているんではないかと期待しています
    メジャーに通じるかどうかは、mlb球に通用するかどうかはこの一点だと私は信じています

  • メジャーで稼いだ金はメジャー流に使え
    古巣JPBなんぞくそくらえだぞ
    税金だって米国で米国に払え
    チップだって松坂や松井みたいなどのようにドケチになるな
    Aロッドみたいに20ドル100ドル紙幣をいつも持ち歩いてボーイやドアマンに払いまくれ
    人気がいやが上にもでるぞ。 
    ラクテンもどんなにしんどくても二軍、野球場整備葉手前の金でやれ
    タナカ煮頼るなみっともないぞ

  • 多分もうメジャーに行くことは避けられないのでしょう。
    最終的に決まれば、私としても当然応援する予定です。

    今年、田中投手は楽天にそして東北に日本一をもたらしたということで、大きな恩返しをしたと思う。ただ、田中投手には日本のプロ野球界への恩返しも忘れて欲しくない。で、私の希望としては、できるだけ早い時期に日本に戻ってきて、一流打者の育成だけでなく日本のプロ野球のレベルの底上げに大きな貢献をして欲しい。現役バリバリのメジャーの超一流の投球をペナントレースで見せて欲しいです。

    ちなみに最近は、日本のプロ野球とメジャーの間で、選手のレンタル制度があれば良いと思い始めてます。そうすればもっと早い内から、メジャー行きも適うはずだし、日本に戻させるのも難しくなくなる。

  • タナカの年俸から不足分30億円を毎年タナカから取り上げることになってるらしい
    名目はタナカの寄贈ということになってるらしいが、これってなんだかおかしいね
    江戸時代の口きき屋より悪質だね
    悪しき全霊になるよね
    来年マエケンも広島に寄付を強要されるのかね
    三木谷よ、もっとまっとうな実業家になれ
    国税庁の査察も近いとのうわさもあるぞ。

  • >>478

    こんにちは。
    あなたが述べられてる事。
    一流選手が一流選手を作る(投手)と言うのも理解できます。
    ただアタクシの気持ちは
    残念だけど、田中が決めたのであれば仕方ないかな。応援はこれからも続けるし。でも、いつか帰国する事になったら、日本球界、東北、楽天球団に恩返しをしてくれる事を期待します。

  • 海外で活躍することが少年達の目標・夢となり野球の裾野を広げ、さらには日本野球の実力も向上する。これは一般論としてはその通りだと思います。

    ただ、私が問題にしているのは一流打者を育てるためには具体的には何が必要かということ。野球というのはご存知の通り投手が全力で投げ、打者が全力で打ちに行くことを大前提としたスポーツ。超一流の投手が投げた球を、実際に打席で打者が体感し、心に焼き付け己の未熟さを認識して初めて次のステップアップに繋がる。確かに今の日本のプロ野球にも一流と言われる投手はまだまだ多く存在するが、田中投手のレベルには到達してないのは明らか。ですから、今、田中投手に抜けられると、一流打者の育成という意味において、その影響は本当に大きい。ダルビッシュがメジャーに行った時はまだ田中投手が残っていたけど、その最後の超一流の砦(田中投手)も行ってしまうとなると、さすがにねえ・・・

  • <<
  • 501 478
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン