ここから本文です
  • 呉善花氏の以下の予測は、日・韓・朝・米の力関係と
    現実的な国際関係を沈着冷静に見渡した妥当なものだ。
    文在寅の日・米を裏切って朝鮮統一を目論む姿勢も、
    ますます明白になってきた。
    ただ、日本としては常に朝鮮の暴走を考慮し、防衛力
    増強と政治的対応を怠ってはいけない。
    戦争に負けて、ショックのあまり兜を捨ててしまった
    異常な日本。
    早く事態を察知し、団結して対処しないと、また悲劇
    を繰り返しかねない。
    日本のマスメディアの無国籍性、親韓・親中派がいま
    だ強力な勢力を保っているような事態を、急いで糺さ
    なければならない。



    >>(呉善花氏、ニュースからの転写)

    国連制裁は厳しさを増しています。制裁の抜け穴も、しだいに塞がれています。核放棄がない限り、国連制裁はどこまでも延々と続きます。では北朝鮮はこれに音を上げるか、あるいは打って出るか。アメリカが北朝鮮攻撃を敢行するか。あるいは偶発的衝突から本格的な戦争へと拡大していくか。いずれも可能性の問題ですが私はいずれにもならない可能性もあると思うのです。北朝鮮が核放棄をせず、米朝戦争にもならない。それは日本には最悪のシナリオがもたらされることを意味します。私は、この可能性が最も高いと思う。その場合に近未来に起きるであろうことへの対処を考えなければならない。戦争が起きることも最悪ですが、そうならない展開もまた日本には最悪なのです。<<

  • <<
  • 2 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ