ここから本文です

  •  多くの国々が、「対立の哲学」に根ざす「覇道」を是とし、「覇権外交」に熱心です。
    だが覇権外交の産み出す成果は、たいていの場合は索漠として寒々しいものです。
    一方で、日本は「和の歴史」と「和の文化」を持つ国であり、われわれは、生まれ落ちたときから「和の哲学」を具現できる環境で生きているのです。
    これは、我々が国際社会の先頭に立って、「和の哲学」に根ざすウィン・ウィンの国際関係、豊かで輝かしい共存共栄の国際社会を作り上げて行くための、恵まれた環境にあるということを意味すると思います。そうであるなら、我が国は、「和」を外交戦略の基底に置き、自国及び世界の繁栄と安寧のために貢献して行く、そのことが自然の流れ、すなわち日本の宿命であり使命なのではないでしょうか。それゆえに、日本外交は、「対立の覇道」を唾棄し、「和の王道」を進むべきであると思うのです。
    とは云え、世界には、和の外交を阻み、貶めようとする勢力や国々が、一方にあることも事実です。我々は、和の王道を実現するために、彼らのフエイントや非理や不正義に対しては、毅然として対処し、一方で啓蒙のためのドアを開いておく必要があります。これらを危な気なく遂行して行くには、自らの自虐的な歴史観や価値観を脱却し、安全保障、経済、科学技術、文化など、各方面に亘って一流の実力を養う必要があるでしょう。
    そして、われに味方する国であろうとなかろうと、どの国からも一目も二目も置かれる、そんな国家の実現に向かって邁進することです。
    そのためには、結局、われわれ自身が、日本人であることに誇りと自信を持ち、賢く、勁くなる。そして「和の王道」の実現に向かって力を合わせる。そのことが強く求められるのではないでしょうか。

  • <<
  • 2462 2442
  • >>
  • 2462(最新)

    mukaikaze** 6月23日 13:49

    >>2460

    昨日も話したばかりですが、EUに対してもEUの対米報復措置に対して
    トランプ大統領は本日再報復としてEU製乗用車にも20%の輸入関税を
    課すと発表しました。
    関税として取った輸入税はそれによって被害を蒙る米国民に対して何らかの
    損害補填に充てる事と思われ、まさか取りっ放しには出来ないでしょう。
    取り敢えず被害を蒙る米国民に新たに人員を増やして対応する無駄遣いが起きる
    事は必然でしょう。
    何よりも、今までNATO諸国の一員でもある米国とEU関係の破綻に直結する
    問題に時を置かずに突き進む事を意味している。
    もし、トランプ大統領がそうはならないなどとの言葉を吐けば、それは詭弁だと
    決めつける国々が多く出る事は当たり前だと思ってよいでしょう。
    米国政権内部においても全て勝手に事を進め、また新規側近になったスタッフの
    トランプ大統領が追加的に発生する事も不可思議ではない!

    そうです、ここまで我慢の様子も窺えるマティス国防大臣、戦う修道士、哲学者
    として敬意を感じている彼の限界が近づきつつある気がしてならない。
    その事を、今の内に感じるがままに私の意見として口にして置きます。

    つくづく残念なのは、中国の覇権主義に勢いを付けている米大統領の今日の姿です。

  • >「どうでもいい」 トランプ夫人、移民訪問時のジャケットが波紋
     6/22(金) 6:34配信 【AFP=時事】
     オリーブグリーンのジャケットには、白文字で大きく「I REALLY DON'T CARE, DO U?
     (私はどうでもいい。あなたは?)」とプリントされていた。米政府は移民の子どもを
     保護者から引き離す措置をめぐる国際社会からの批判の火消しに努めている最中であり、
     この服装を捉えた画像はインターネットで瞬く間に拡散した。

    ☆メラニア夫人は、彼女自身も苦労した移民の児だった話を聞いた事がある。
     今回の親子を切り離したトランプ大統領のやり方にも反対意見を大統領にぶつけていた話
     も聞いている。 そして大統領に母娘の切り離しを撤回を発表させる事に繋がったとの
     話も流れていた。

     ジャケットの話も多分騒ぐほどの意味合いはなかったのではないか、または別の彼女なりの
     表現をジャケットに託した可能性があるかも知れないが真意は悪いものではないと信じたい。

  • トランプ政権になってからどうも世界が不安定になってきて、諸々の国際ルールや経済システムが
    機能しなくなりつつある気がしてならない。 今までに有ったひずみが表に出始めたという
    表現だけでは、それもあるかも知れないがどうも追いつかない気配が出ているのではないだろうか。

    崩壊という言葉は大袈裟だと信じたい。 しかし自由主義経済件においてもG7,G20、に対抗する
    かの如き上海でのSCO、アジアでのASEANなどTPP,FTA,までをトランプ大統領一人が搔き回して
    終っている気がしてならない。
    この事は米国政権内部においても全員が混乱に陥っていてどうして良いか分からないのではとさえ
    も思える混乱ぶり、輪を掛けて米国全土にも米国がどうなるか見当も付かなくなってきている事が
    あちこちに見られる。
    同盟、友好国と言った関係に有る筈のEU全体もこの混乱に巻き込まれているようだし、先に述べた
    SCO会議にても中国がどうとち狂ったのか自由経済の法主が中国などと信じられない嘘八百を口に
    し始めたおかしな世界になって来てしまっていると感じさせる状況だと思う。

    我が日本はこれまでの信頼を基盤とした国際交流を更に地味になって行ったとしても、真の国際交流
    を追い求めながら誠実に進んで行かなければならない端境期に掛かっているのかも知れない。
    日本には今は安倍首相しかいないのが気になるが、河野太郎外務大臣がどうご政道を進むかなどを
    気にしてその将来性を見てみたい気がしている。
    また、防衛省の存在感も増々大きくならなくてはならないのかも知れないと感じたりもしています。

  • >スマホ4年縛り「違法の恐れ」…利用者囲い込み
     6/22(金) 7:30配信  読売新聞

    ☆私のスマホもしっかりがんじがらめに縛られています。 気が弱いので徹底的に
     縛られています。 ず~っと同じ系列を利用し続けています。
     一社の籠の中に囲われて乗換など恐怖でとても出来るものでは有りませんね。
     イヤミたらたらでした。<`ヘ´>

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 金正恩委員長、3度目の中国訪問だそうです。
    すっかり手懐けられている様子が見えます。
    「習近平さん、ハイ判りました!」て声が聞こえてきそうです。

    少し文在寅大統領が置き去りの感もあるが、金正恩委員長に用韓利用が
    本音なのかも知れませんね。

  • >国会延長はロスタイム 麻生太郎副総理「失点ないようお願いしたい」
     6/21(木) 13:53配信  サンケイニュース

    ☆財務大臣、相変わらずだな。 分からんでもないのだが、危なっかしい、そして
     余計な発言はいつもの通り続いています。(^_^;)
     ロスタイムに追加点もそうだけど、オウンゴールなんて事になったら、とても
     じゃないが眼も当てられないヨ。
     あっ、これこそ余計な事でした。^_^;

  • JALとANAが中国に言われるがままに台湾を「台湾中国」と表記した。
    正々堂々と主張を繰り返し続ける台湾に対して姑息な守銭奴振りを発揮
    してまで中国に媚びへつらう日本の2大航空会社が同時に同じ方向を
    示した様だ。
    本当に情けなく恥ずかしい気持ちになる私の感覚は間違っているのだろうか。

    米国が台湾に設置した実務関係処理のための窓口機関がある。形式的には非政府
    機関であるが、実質的には米国の大使館にあたる。
    台湾での呼称にならい「米国在台協会」と和訳されることもある。

    かの米国でさえ台湾政府の実態に沿った呼称に習った表示方法を取る事が知られて
    いる状況なのだが、JALとANAの感覚には金の匂いだけを追う守銭奴となって
    いるその姿は本当に恥ずかしい限りだ!

    台湾はだからと言って、この日本の航空会社を排除するなど小汚い事をやらないのを
    見抜いた対応ぶりはなんとした事だろう。 
    では、反対に中国ならどうするかも想像すれば、そこには自ずと仁徳など徳の無い排除
    へと簡単に結びつける可能性が高いと想像できるが、何とも情けない日本人の姿を
    さらけ出したのだろうか。(-_-;)
    台湾よ、許したまえと詫びる心で一杯です。

  • >韓国軍による竹島防御訓練に対する抗議
     外務省 平成30年6月17日
     本17日,韓国軍が明日から2日間の日程で竹島防御訓練を実施する旨を公表したことを受け,
     金杉憲治アジア大洋州局長から李煕燮(イ・ヒソプ)在京韓国大使館次席公使に対し,また,
     水嶋光一在韓国日本国大使館総括公使から金容吉(キム・ヨンギル)韓国外交部東北アジア
     局長に対し,強く抗議を行いました。
     本件は,竹島の領有権に関する我が国の立場に照らし到底受け入れることはできず,極めて
     遺憾であり,当該訓練の中止を強く求める旨申し入れました。

    ☆やったー♪ 外務省、遺憾砲発射! いつもの通りに・・・。(-_-;)
     遺憾砲だけの撃ちっぱなしは、たいがいで効果的な他の方法に変更出来ないものだろうか。(-"-)
     国民向けには「ハイ、抗議をちゃんとしましたヨ」と言ってます。<`ヘ´>



  • 議員の6増案が可決するらしい。
    政治・行政・マスコミ・国民の痴呆化で、ますます最悪シナリオへ進みそうだ。
    求道・情熱・真摯(これはスピードスケートの小平さんがインタビューで答えた人生観・・すっかりフアンになってしまったので使わせていただきました。)・・企業経営者にも多く居た資質でしょう。
    人間社会なので、政治だけでなく普段の生活、環境、利便性の追求等多くのことが存在します。

    日本は、戦後それはもう多くの人がこの3原則に取り組んだのです。
    デミング博士・ジュラン博士等が持ち込んだ経営手段・・(ほとんど夢学問的話に求道心を持って取り組んだ。)
    それは、QC活動・現場改善・トヨタ方式などとして発展していったのです。

    欧米各国も見習おうとしたが、無理だと気がつくのです。
    それは、パラダイムシフト・イノベーションのジレンマとして現れます。
    まじめで勉強熱心な現場・自らを評価し自ら問題点を抽出し改善する。
    これは日本人としてのアイデンテーなのです。

    日本には勝てない。
    別の手法で対抗する戦略を編み出していく。
    それに日本の政治・行政・人格欠如の経営者が冗長していくことになるのです。

    ②へ続く

  • 久し振りに小池百合子都知事の話ですがその前に・・・。
    今回、船戸結愛ちゃんが十分な食事を与えられずに衰弱して死亡した事件で、
    両親が逮捕されました。
    結愛ちゃんが暮らしていた部屋から見つかったノートには「きょうよりももっともっと
    あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」などと
    ひらがなで書かれていたそうです。

    可愛い結愛ちゃんの写真とこのひらがなのノートに、日本人全体がやり切れない思いと
    同時に深い悔悟の気持ちを持ったことでしょう。

    「結愛ちゃん、ごめんなさい、私達大人がこんなにも何も出来なかったとは・・・、
    本当にごめんなさい。」と遠くに住む私でさえも涙をこらえて詫びる事しか出来ません。

    >都知事は政府に対して、自治体同士が共有すべき事柄として、政府に対して
     東京都が国に緊急要望「虐待の情報共有を」 目黒の虐待死受け。
     6/13(水) 21:48配信  tokyoMX

     東京都の小池知事は虐待に関する情報共有を円滑に行うためのルール作りを国に要望
     しました。
     
    ☆政府もこの児童虐待が急激に増加していると、そして都知事も同じように急激な増加
     の歯止めは今迄の児童相談などを含めた抜本的な対策の必要性を感じている様だ。
     
     全自治体で問題を共有し、プライバシー問題を超える大きな事態に遭遇していると
     いう意識を持って対処すべきだという事で動こうとしていると信じたい。

     虐待の情報を掴んだ場合の対処はこれまでにない思い切り踏み込んだ一人での対処は
     絶対に辞めて複数名で相談を受けるというよりも踏み込んだ対応を取れる政策を織り
     込んで見るべきでしょう。
     人権は子供を中心にしたものであってプライバシーは追随として準じる存在に置く事。
     子供の虐待死などは絶対に許さない最優先政策を早急に講じて欲しいと願っております。

  • 安倍総理、日朝会談への布石工作を両国関係機関と幾度か行って来たようです。
    そして、米朝会談後の記者会見などでは金正恩書記長と会談を行う用意が
    あると発表した。 勿論、トランプ大統領から日朝会談の報告を受けた際に
    この事は伝えたようだ。
    安倍総理の並々ならぬ決意が引き続き示されたと言えます。

    トランプ大統領の米韓軍事演習の突然の中止は先に行動を起こす事によって
    金書記長の身勝手な行動を封じて、北の積極的アクションを促す意味と見る。
    ただ、トランプ大統領の独自の「ディール」感覚の発表に当っては、我が国の
    防衛省、韓国軍部もそして米軍幹部達にも驚きを感じているとの事だが、全く
    やり方としては禍根を同盟国内に残しかねないでしょう。

    何はともあれ、拉致被害者家族の高齢化が進み、安倍総理としても不退転の決意
    を持って臨もうとしている事はヒシヒシと私達に伝わっています。
    今回は最大で最後の機会と捉えて動く安倍総理を国民はこぞって支援の声を大に
    して結束した姿を北朝鮮の金正恩に見せねばならないし、世界にも積極的にその姿
    を報道もすべきだと思っています。

    安倍総理に心理的負担を掛ける事も承知!、総理自身も覚悟を持って事に当ろうと
    している姿も承知!是非頑張って下さい、お願いします。<(_ _)>

  • >>2444

    米朝会談の「包括的合意」について早くも結果を即求める人々には不満と
    非難の言葉がトランプ大統領、ついでに日本国内においては安倍首相にまで
    その対象を広げて非難の嵐です。

    逆に「包括的合意」として発表された事はこれからに期待し、次々とステップアップ
    した合意事項が早急にもたらされる事に期待するとした論調で期待感を示す人々とに
    分かれているようです。

    私は夕方の記者会見でのトランプ大統領の記者会見までが今回の成果、出発点に立ったと
    いう成果だと感じましたし、それこそ「包括的合意」の意味を感じ取っています。

    ただ、頂けないのは相変わらず口を滑らせたかの如き米韓軍事演習の中止を早々と発表
    してしまった事です。 
    一呼吸おいて米軍軍部や韓国政府、軍部との調整を先に終えてから言葉にすべきだったと
    思われますが、時すでに遅しで、私としては事後にこんな話はしたくありませんが残念です。
    米軍の軍部では多少慌てたような様子のニュースも有りました。 信じられないと言った風
    に思われているようです。

    いづれにしてもこれからです。 しかし、時間を掛けずに事前に段階を決めて置いて素早く
    動いて欲しい、日本側の拉致被害者のご家族には朗報を待つ時間が段々限られて来ています!

  • >>2446

    bad***** 様、
    南海地震被害想定額が先日発表されていました。
    日本が世界の最貧国に陥った場合、今の日本人が日本再興に立ち上がれるでしょうか、
    日本再復興に立ち向かえるにしても、小野寺寛郎氏が比国のジャングルから生還して
    眼にした日本の様変わりに落胆されてのブラジル移住には身につまされるものが有り
    ました。

    日本再興に立ち向かうには今の日本人には相当厳しくて難しいでしょう。仮に復興が有り
    得るとしても小野寺さん当りの眼から見ても悲観的なものが強い日本人の姿が見えていた
    のかも知れませんね。 それなりに要する時間に今の日本人は耐えられないかも知れま
    せんね。

    「行政改革」の最終目的は国民皆と一体感を持ちうることが最終目的の筈ですね。
    「行政改革」が叫ばれる程に国民との一体感の乖離が大きくなってしまっているという
    事を本田宗一郎翁は指摘され、憂いえていたという事でしょう。
    しかも現状は更に大きく財政悪化が進んでいるにも拘らず笛吹けど踊らずの状況のまま
    という事はおおいに気になるところです。

  • 南海沖地震・予想は1000兆円以上の損害が出て、戦後以上の期間、日本は最貧国に落ちると予想されている。
    本田宗一郎氏が「行政改革」の講演したことがある。借金が100兆円未満の時である。
    直近で起こることは、誰でも分かる。このまま行けば国民は働いて税金を納めるだけのものになるというような話だった。
    先見者は見えているのでしょう。

    最後の日本帝国兵士
    私は戦場での30年生きる意味を真剣に考えた。
    戦前人々は命を惜しむなと教えら死を覚悟して生きた。
    死を覚悟して生きた戦後、日本人は何かを命がけでやることを否定してしまった。
    覚悟しないで生きられる時代はいい時代である。
    だが死を意識しないことで、日本人は生きることをおろそかにしてしまっていないだろうか?

    彼は、発展した日本を見て、感嘆し日本人を観察してあきれブラジルの荒野へと飛び立った。

    今の日本人に外交は無理でしょう。
    もうそんな日本人は残っていない。
    ひょっとしたら最貧国に落ちたら、そういう人物が現れるかも・・・

  • G7で際立った安倍総理の凄さ!
    日本のマスコミは絶対報道しない事実!

    カナダで開催されたG7で、北朝鮮に対し、
    「完全かつ検証可能で不可逆的な方法による非核化」
    求めることで各国首脳が合意した。
    北の核廃棄に対して、G7が結束するという姿勢を強調した形だ。
    大量破壊兵器のみならず、
    短・中距離を含むあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄を
    実現させることが必要との認識でも一致した。
    加えて、安倍総理が拉致問題解決への協力を求め、各国首脳は賛同した。
    対北朝鮮外交としては、日本の要求がすべて受け入れられた。

  • ><米朝首脳会談>合意文書署名 トランプ氏「包括的な文書」
     トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談で、両首脳は
     12日午後(日本時間同)、会談の成果をまとめた合意文書に署名した。
     米朝首脳会談は史上初めて。 6/12(火) 14:46配信  毎日新聞

    >金正恩氏をホワイトハウス招待へ トランプ氏、合意文書は「非常に包括的」
     2018.6.12 15:01更新 サンケイニュース

    >署名の場でトランプ氏は「非常に包括的な」合意文書だとし、「非常に大きく、
     そして非常に危険な世界の問題に対処する」と述べた。ただ、今のところ具体的な
     内容は不明だ。  2018 年 6 月 12 日 15:27 JST  WSJ

    ☆各紙で共通している事は「包括的な合意」文書だというトランプ大統領の言葉を
     取り上げていた。 いづれも詳細は不明だそうで、今夕までにその包括的な文書には
     どの程度の内容が記載されていたのだろうかという疑問が少しづつ出て来るだろう。

     毎日新聞では拉致問題も会談では取り上げられたようだと報じている。
     私達日本人が最も気にしている拉致問題までが含まれた3点セット、幸い多くの国に
     少しづつ伝わってきたとはいえまだまだ3点セットの感覚よりも2点セットとしての
     意識が強いと思われる。

     今日12日のシンガポールの米朝会談は世紀のイベントであると世界が認識している
     のがしっかりと感じられます。
     我が日本の野党にもどんな認識を持っているか、国民と共有できる事として意識を
     各報道機関は与党に対してもそうだが調査して発表して欲しい。
     
     内政でのモリカケを無視しろとは言わないが、目まぐるしく変化している国際情勢に
     対する動きなどが微塵も見る事が出来ないのはどういう事かと常々疑問に感じています。
     私も今の自民党には不満は多々有ります。 しかし、不満ながらも今の安倍政権に代って
     野党を支持する自信は持てません。

     拉致問題の解決には国際的な協力を得なければならない事がつくづく知らされている現状
     です。 私は野党政治家の皆様にどう感じているのかと是非問いたい。
     今夕は帰宅後、米朝会談の行方の報道を追い掛ける事になるでしょう。

  • シナによる“日本侵攻”は着実に行われている。
    尖閣などの領海侵犯など軍事面だけではなく、
    内にはマスコミや政治にまで工作が浸透し、
    経済面では森林や農地や水源地や観光地などの不動産の買収が盛んにされている。
    すでに北海道では学校ごと”侵攻“されて、シナ人教師によるシナ語教育、
    シナ文化やシナの歴史を子供達に教えて、
    学校内の表記もシナ語で掲示されている(白糠町)。

  • >>2439

    カナダで行われたG6+1、瞬間的には上手く分裂だけは避けて終了したかの如き
    安倍首相の記者会見と会議での采配振りでした。 しかし、憤懣やるかたないと
    ばかりのカナダのトルドー首相の一言に、トランプ大統領が「騙された」と怒り
    狂って米国への輸入関税を当初の言葉通りに掛ける事を米国内に発信して機中の
    人となりシンガポールへ向かいました。

    機中でもツイッターでG6に対してボロクソに言ってました。 しかし、彼自身、
    「本人の責任」などとの意識が全く見られないのはどういう事でしょうか。

    しかし、安倍首相は大した外交官振りを発揮していたのをまたもや日本国民は
    眼にする事になりました。 ただし、G7内での事でしかないのです。 

    G7以外においては軍事力こそが力といわんばかりの国があり、日本を脅すかの如き
    発言を何度も手を変え品を変えて衣の下の鎧を隠そうともせずに事に当る国が有り
    ます。 ハッキリ申し上げて、信用や平和などよりも嘘と脅しとそして挑発と力を
    誇示し続けている国があり、これらには目下日本のやり方を逆利用しているとしか
    見られない事が多過ぎます。

    日本は米国の傘の下の安保体制の庇護を受けながら、同時に同盟国としての活躍も
    期待されています。 特に安倍首相の代になってそう思われる傾向は強くなりました。

    トランプ大統領に助言が出来る安倍首相の活躍は、日本の為でありG7加盟国の為で
    ありそして米国の為にもなる活躍ぶりだと思われます。 勿論、G20などにおいても
    同じ意味合いで活躍しています。

  • <<
  • 2462 2442
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ