ここから本文です
  • 1937年秋、日本兵で軍医の麻生徹男は日本上海派遣軍に加わり、慰安所の設立に協力し、写真を撮影した。1990年代初め、彼は自費出版の形でこの事実を繰り返し日本で明らかにするとともに、戦時中の日記、写真などを『上海より上海へ』にまとめた。

     これらの写真には戦時中に日本軍が中国で直接設立または設立を管理した慰安所の軍事文書が含まれ、「慰安婦」徴集や衛生検診制度など重要な史実に関わる。このうち一部の写真はかつて重要な歴史的証拠として2000年の東京「慰安婦」制度民間法廷、2001年のハーグ裁判、日本軍「慰安婦」に関する国連の公聴会、各国「慰安婦」原告の日本での起訴などに用いられた。

     麻生氏が撮影した慰安所は現在の跡地の口述記憶と建築記憶と共に、日本軍による慰安婦制度実施の証拠を形作っている。2014年に中国は日本軍が残した日本語文献を国連教育科学文化機関に世界記憶遺産として申請した。麻生氏の撮影した戦時中の写真もこれに含まれた。

     現在、日本の政府と軍隊が「慰安婦」制度を推し進めた過程と詳細は大量の歴史資料によって裏付けられている。日本語資料には吉見義明『従軍慰安婦資料集』(大月書店1992年刊)、鈴木裕子、山下英愛、外村大『日軍慰安婦関係資料集成』(明石書店2006年刊)、日本女性平和国民基金『政府調査による『従軍慰安婦』関係資料集成』(龍渓書書店1998年刊)が含まれる。

     中国刊行の『侵華日軍「慰安婦」問題研究』(中共党史出版社2012年刊)は、中国各省の日本軍慰安助調査資料を明らかにしている。『鉄蹄下的血雨腥風――日軍侵瓊暴行実録』(海南出版社1995年刊)、陳祖梁『血霧迷茫――滇緬抗日及日軍罪悪掲秘』(雲南美術出版社2004年刊)などは中国各地での調査の進展を示している。2014年に吉林省公文書館は関東軍と日本人戦犯に関する資料を公開し、日本軍「慰安婦」制度の事実を人々に知らせた。

    文書資料以外に、歴史の証人、一部元日本兵を含む国内外の生存者多数の証言がこの野蛮な制度の存在を証明している。日本軍第117師団中将師団長鈴木啓久の1954年7月の供述「1941年10月から1942年10月までの間、天津唐山地区で経済封鎖を実施し……各駐屯地に慰安所を設立し、婦女60人を捕まえて慰安婦として姦淫を行った」。

     今年は世界反ファシズム戦争勝利70周年だ。かつての戦争の策源地である日本が過去の戦争の罪を真剣に省察せず、あれこれと言い逃れをし、詭弁を弄しているのは遺憾であり憤りを覚える。現在、日本の「慰安婦」制度の罪は日増しに世界の知るところとなっている。罪を完全に認め、深く反省するしか正しい道はないということを日本の一部の人々に忠告する。

  • <<
  • 37 1
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>1

     旧日本軍の中では「117」と言う師団名称は、永久欠番に成っていたことは、当時の日本国内の軍人社会では共通の認識でした。

     例えば、日本国民のほとんどは、硫黄島の戦いの歴史や場所を知らないのだけれども、アメリカ陸軍の士官の人々は、ウェストポイントの学校でしっかりと頭に叩き込まれているので、良く知っている事と同じです。

     そして私は東京で暮らしている時に、サウナで汗を流してからラウンジで休憩していると、やはり同じ様な常連客が自然と集う様に成り、その中には高齢の元軍人の人もいらっしゃいました。

     その方のお話の一つに、それが有ったのです。
     即ち、
    「時報と同じ、117は実在しない師団名称だからな。」
    「鈴木は馬の○○。馬賊に娘を人質に取られて書かされた偽の証言。」
    「忘れるなよぉ。」

     具体的には、内地で終戦を迎えた鈴木師団長の自宅にいた娘さんに、わざわざ海を渡って訪問し、
    「鈴木師団長本人が、大怪我をしていて、会いたがっています。」
    「医者の話では、娘さんが会って元気づけてくれれば回復する。」
     この様に言っています。
     この様に誘い出し、人質にして拷問を加え始めたらしいのです。
     鈴木師団長は、屈せざるを得なかったと伝えられています。

     つまり、その様にして、
    「婦女60人を捕まえて慰安婦として姦淫を行った。」
     これは、日本側が行ったのでは無く、中国側が強姦の形で行っていたのです。

     そもそも、戦時中と戦争直後の日本語の中に、奴婢(ぬひ)制度の奴婢の中の性的接待を行う存在で有る、現地の言葉でキーセンの存在性の意味を込めて、「慰安婦」と言う言葉を使う日本人は、いませんでした。
     即ちヤクザでも警察官でも軍人でも、使った事も聞いた事も無いのです。
     だから、日本語としての整合性を図って姦淫に成っているのです。

     ラジオの中では人気でも、韓国籍のままではテレビのアナウンサーには成れないと判断して日本国籍を取得した久米宏さんが、1985年に成って日本のアナウンサーとして初めて使ったのが、その始まりです。

     1985年に成ってその意味を解説しながら、その意味を込めて「慰安婦」と言う言葉を使ったので、少しずつ日本人社会の中に浸透したのです。

     その意味で、その文中の言葉は韓国人と中国人の言葉の用法に過ぎません。

     識者各氏の検証を得られれば幸いです。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>26

    70年以上の年月が過ぎても反省しないからもういい加減反省しなさいという意図に気づけよという事だろう。加害者も被害者も全部なくなったら誰も話題にあげないとでも思ってる訳?

  • 各駐屯地に慰安所を設立し、婦女60人を雇用して慰安婦として売春を行った。の間違いでしょう、そしてこの話は上海の話であり韓国の話では有りません。私の実家の隣や近所にはその春を売っていた朝鮮の方が居られましたが、2家族は朝鮮に帰られましたが、残りの1家族は生保での生活をしていられました。北の国に帰った人達は今では捕虜同然の生活をしているのではないのでしょうか?そういえば文とか金とか名前を言っていましたね。

  • 70年以上前のことを持ち出して、何がいいたいの?
    そもそも当時の責任者はもういないだろう。
    それから、あんたはこの件にどういう関係があんの?

  • >>20

    あなた方民族といつまでも憎みあうのはもう致し方がないと思っていますが、もう蒸し返さないとあなた方が約束して、一応の決着がついた後は、もう、ののしりあいはやめましょうね。

    約束は守りましょうよ。

    うんざり呆れ返っているのは、新しい世代の日本人たちであり、あなた方民族に不信感をますます募らせている現状を考えてくださいね。
    後ろ向きなあなた方民族に、うんざり、呆れ、うんざり、呆れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    約束を守らない人間を軽蔑する→日本人すべてが持つ意識です。

  • >>17

    安倍総理自民党は虐殺レイプをしたいから旧日本軍による虐殺レイプを隠蔽してるのだろう。

  • 一部では有ったことは事実ですが お金が今の金額にして100万円位と聞いてます 多くの女性は貧困からの回避で志願して行ったと聞いてます 違うか?

  • >>13

    安倍総理自民党は虐殺レイプをしたいから旧日本軍による虐殺レイプを隠蔽してるのだろう。

  • >>13

    また安倍総理自民党によるデマか。これも安倍総理自民党の指令による捏造か。

    日本の「慰安婦」強制連行には動かぬ証拠がある! また安倍総理自民党によるデマか。これも安倍総理自民党の指令による捏造か。

  • >>1

    中国とは、全て解決済みであり、それは
    中国の話で中国は日本からたんまり金をもらっているので、おおぴっらに申したてしていない。鄧小平は、解決済みと、確認している。それより、文化革命が立ち行かなく成り経済発展を優先した。周恩来の強い意見で有る。韓国も同じだが日本からの経済援助を今の財閥で分けたため、民間に金が回らなかった。それが今の韓国の主張で有る。中国と韓国をごっちゃにしている
    何方も解決済み。

  • 例えばこれは慰安婦問題の基本であるが、この募集広告には慰安婦の月収300円で、前借3000円可能とある。当時の300円が現在の150万円程度にあたり、戦前の大卒の平均月収は40円ぐらいと知られている。

    日本の「慰安婦」強制連行には動かぬ証拠がある! 例えばこれは慰安婦問題の基本であるが、この募集広告には慰安婦の月収300円で、前借3000円可能とあ

  • >>8

    従軍慰安婦に高い給料が払われていたというのは、嘘だと確定しています。

  • 安倍首相・日本政府は慰安婦問題の日韓合意の誤解を解け!

    安倍首相が「日本軍が関与し・・日本政府として謝罪する」としたことは、強制連行とか性奴隷を意味しない。日本軍兵士が慰安婦と性交渉を持ち、そのため、業者を通して慰安所を開設したり、人数割り当てや衛生などの管理をしたことは事実。そのことを認めて謝罪した。
     しかし、その部分の説明がなく曖昧にしたゆえに、日本軍が強制連行、性奴隷化としたという誤解を招き、日本国民は大ウソに屈したと憤慨し、中国や世界は、日本が強制連行し、性奴隷化と誤解している。
     もちろん、強制連行した証拠はなく、慰安婦には家やダイヤを買えるような多額の報酬が与えられ、相手を選ぶ権利も与えられていた(米軍記録や業者の日記)・・これは性奴隷ではなく、単なる売春。
     女性を強制連行し、性交渉を強要するのは、今も昔も立派な犯罪。しかし、相手を証拠もなく訴えても、法的には犯罪は成立しない。韓国慰安婦は「自分が証拠だ」と十分な証拠もなく日本を<裁判所ではなく>世論に訴えて、日本を冤罪、誣告罪(他人を罪に陥れる罪)の犠牲者にしてきた。そのような罪に政府・国民ごと同調する韓国はもはや、モラル・人格崩壊国家。そのような国はいずれ衰亡する。
     安部首相、日本政府は今からでも、上記の「関与・謝罪」は、強制連行や性奴隷化を意味しないことを明確にすべきだ。これは問題の蒸し返しではなく、誤解を解くこと。もし、この点で韓国ともめて、わざと玉虫色にしたのならば、日本側から蒸し返す価値はある。

  • >>1

    この問題の一番の論点は「軍による強制連行」と「30万人」という事実認定にある。そこが事実なら、一業者の戦時売春業務問題ではなく公権力の関与による売春制度創設問題としてその意味は全く異なってくるのだ。そのほかの点は枝葉末節であり、その点をしっかり認識せずこの問題を論じても意味は無い。まずこの点をはっきり認識することだ。

    そもそも、ここで戦時売春問題など論ずるべきものではないと思うが、戦場での売春婦問題を取り上げる以上避けて通れないがゆえに敢えて言う。本来性欲から発生する下半身問題を公の場で仮にも一国の政府が外交上のテーマとして取り上げ論ずること自体があり得ないことだということだ。まさに国家の品格の問題だ。それを当時の韓国政府がこともあろうに、日本を攻撃する材料がほかにないので嘘、改ざんを堂々と行いながら嘘の物語まで創作し取り上げた。狙いは日本政府の謝罪とその謝罪に伴う当然の見返りとなるはずの莫大な補償金狙いだ。日韓条約締結で一切の戦前の補償問題はこれで終了となっていたにも関わらずだ。(そ辺の詳細についてはここでは述べないが。)

     だから、日本国政府も無視すればよかったものを国内の左翼勢力を中心とするする、マスコミ、文化人、政治家、日教組等の組合などが格好の日本国政府への攻撃材料として取り上げ嘘を支援後押しし今日まで政治問題として拡大化してしまった。まったく利敵行為・売国奴行為を行ったそれら集団は万死に値する輩だ。次元の低い国家の品格に係わる議論として野党の認識不足としか言い。政府攻撃に有効なら将来の両国の友好関係が永遠に損なわれるかもしれないという危険のある下賤な問題を野党はテーマとして取り上げてしまったのだ。その結果が現在の日韓関係だ。改ざん創作、お告げ口、仲良くしたいなら、永遠に金おくれ、的、呆れかえる韓国政府・国民の姿勢は日々激化してきている。

     半島の業者の売春事業に旧軍が衛生管理などで関与したという指摘があるがこれは事実だろう。なぜなら零細売春業者にいくら行政が指導しても性病等の感染防止対策など必要な対策を講ずることは極めて難しいはずだ、そこで巨大な軍組織へのに性病感染を防ぐため軍医が検査関係等で協力をしたことは当然あるだろう。しかしそのことと「30万人の強制連行」という一番の問題点とは関係がないという認識をあやふやにしてはならない。

  • >これらの写真には戦時中に日本軍が中国で直接設立または設立を管理した慰安所の軍事文書が含まれ、「慰安婦」徴集や衛生検診制度など重要な史実に関わる。

    麻生徹男軍医は上海の慰安所と日本人慰安婦の写真10点を残していて、このうち慰安婦の写真は、婦女暴行の対策として北九州地区で支度金1000円を支払って急遽集められて上海に行った日本人女性の写真である。支度金1000円は当時としては大金で(現在の500万円相当)中流家庭の平均年収にあたる。朝鮮人慰安婦も平均300円の前金で慰安婦として徴集されていた。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!