ここから本文です
  • 中国・韓国はこれまでも日本の下請け工場として常に日本に
    従属的であったが、両国はその屈辱感を払拭するために、
    さまざまな日本批判の歴史事実を作り出し、国民に日本憎悪
    と復讐心を植えつけてきた。
    この従属性は、実は戦前からそうなのであり、満州国や日韓
    併合は、両国の歴史上まれに見る公正な秩序と繁栄の時代で
    あった。
    日本の援助と模倣で国が豊かになるにつれ、両国の傲慢な日
    本非難は滑稽なほど強まったが、しかし、その欺瞞が持ちこ
    たえられなくなる時が、目の前に近づいた。
    彼らは、崩壊の恐怖に包まれている。
    反日憎悪で真実を覆い隠してきた中国・韓国も、実質が独裁
    国では経済がうまくゆくわけがなく、国家規模の大崩壊が目
    の前に近づいているのだ。
    今度こそ、両国は、太平洋戦争の真の意味がなんであったか
    を、苦痛と共に知ることになろう。
    人口と労働力で栄える時代は過ぎた。
    数百年間もさまざまな良き技術を尊重し、保守・発展させて
    きた国家に、それを怠った国家が勝てるわけはないのである。
    彼らの物乞い外交が始まるであろう。

  • <<
  • 11 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン