ここから本文です
  • >日本の市民団体が慰安婦強制連行の証拠を確認、「日本、もうやめにした方がよくないか?」「米国も日本も同類」―韓国ネット
    ・なにが「米国も日本も同類」なの。米国は慰安婦問題等で日本を悪く印象づける為に韓国人にすり込んだのだよ。つまり、韓国人はアメリカに洗脳されたのにね。馬鹿なこと言っていますね。また、米国が韓国にやった事のカモフラージュに日本問題を使っているのかもしれないのにね。

    >『韓国・聯合ニュースによると、日本の市民団体がつくる「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」が、法務省の文書から慰安婦の強制連行があったとする文書を発見した。

    報道によると、法務省は1993年の河野談話が作成される過程でインドネシア・ジャワ島に設置された慰安所にかかわった将校ら10人の裁判記録を検討した。その結果をまとめた「いわゆる従軍慰安婦問題の調査結果について」という報告書は内閣官房に報告された。

    報告書には、日本軍少佐がオランダ人慰安婦が売春に応じないことを知りながら、脅迫によって売春を強要した事実が認められて死刑を宣告された例や、陸軍中将が部下や民間人が女性を抑留所から慰安所へ連行して売春を強制していたことを知っていた、あるいは知ることができたにもかかわらず黙認していたという理由で懲役12年の判決を受けたことが記載されていたという。

    法務省は、これらの裁判記録が裁判を行った国の正式記録ではなく、被告人や遺族などから取得したものだとする但し書きを付けたうえで、報告書に「慰安所運営のために女性を連行して抑圧することがあったことが確認された」と記載、内閣官房に提出した。

    聯合ニュースはこの報告について、「政府が発見した資料には、軍、官憲による強制連行を直接示すような記述は発見されなかった」とした2007年3月の第1次安倍内閣時の結論と「矛盾するもの」と指摘している。』
    ・この問題は日本でも広く知られている。この件に関係した兵士は軍法会議で処罰されています。後に日本政府は謝罪をし、賠償を申し込んだが、オランダは国家間では解決積みと言う事で個人との補償に切り替えて補償をした。しかし、受け取らなかった人もいたらしい。韓国人様ネットで探せばこれらのことを知ることが出来ますよ。多分我が国の省のホームページで。

    (このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主な意見を紹介しよう。)

    > 「日本の右翼政治家も過去の歴史を知っているはず。ただ過ちを認める勇気、謝罪する良心が無いだけ…」
    ・謝罪も補償もしているみたいだよ。韓国人同士で複雑な事になっているらしいけれど。私としは、謝罪も補償も必要ないものと思います。

    文字数の関係で次につづく

  • <<
  • 12 1
  • >>
  • 「創氏改名」は自由だった。それは朝鮮総督府がはっきりと言っているし、当時の新聞にも出ている。
    ※参考「大阪朝日新聞1940年3月6日見出し「氏の創設は自由。強制と誤解するな。総督から注意促す」

    もし強制というなら、道庁の官吏から真っ先に改名しなくてはいけないが
    私のまわりでも改名しない朝鮮人同僚が半数以上はいた。だからといって
    別に何とも思われなかった。むしろ朝鮮人にとって、日本名を名乗る権利
    があるんだというくらいでした。

  • 慰安婦の水増し人員数。挺身隊と混同するなんて、無茶苦茶も過ぎる。
    特に新聞社が誤解する話か? 自分等の過去のp記事を検索するだけで前後が見える筈。
    それに、朝鮮半島から挺身隊に参加出来たのか? 出来たとしても少ない筈。
    当然ながら、朝鮮半島での防空壕などの製造には、参加出来た可能性があるが、、。
    国家総動員法は日本内地が主体であった事は、誰でもが知っているし、報道もされて
    周知の事実である。戦後の世代だって知っているんだからね。
    新聞社の人間が知りませんでしたは通らない。
    いうなれば、意識的な捏造と嘘の報道であり、死を以って謝罪すべき内容である。
    どうせ、切腹の作法も知らないだろうが、、。

  • 慰安婦の話で、賠償騒ぎの発端はどうあれ、彼女等が稼いだ金が、終戦で引き出せなくなり
    それが彼女等にとっては、大きな被害者意識を持った事は事実である。
    だが、日本国内でも同じ現象は起きていた。多くの日本人でも預金引き出し制限はあり
    後のインフレで被害を受けたのは同じ。海外からの引揚者も同じ憂き目を受けた。
    しかし、日本は1965年の日韓基本条約で、それらも含めた賠償を韓国(朝鮮として)
    を代表者として行った。既に済んだ話を何回も蒸し返すのは、基本条約を破棄する事を
    意味し、であれば、当時の金を現在の相当額にして返金してから云うべき話であるのは
    論をまたない。

  • 給与は、日本人も朝鮮人もまったく同じ1円35銭だった。
    差別はなかった。朝鮮総督府が差別を厳しく禁じていたからだ。
    私の上司の部長は朝鮮人だった。こんなことは当時はごく
    普通のことだった。地方行政の幹部は朝鮮人が多く務めて
    いた。民族の違いを知っていても、あまり意識しなかった。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>1

    戦後70年の今
    証拠調べは不可能でしょう
    歴史史観の違いからくる歴史評価の違いでしょう
    基金での見舞い金支払いでこの問題は解決済みです
    損害賠償請求してますが日本人財産の韓国への損害賠償請求もあり際限ないテーマ

  • (終戦直後は)当然のように無賃乗車する者(朝鮮人)もいたり、なかには白墨で車内に「朝鮮人専用」と書いて他人(日本人)が入るのを拒むことすらあった。傍若無人というほかなかった。これらは良識ある同胞の憂慮するところだった。

  • >>1

    白馬事件は事実である。当事者は裁判で死刑になっている。
    当時朝鮮半島の朝鮮総督府の8割が朝鮮人、警察官の9割が朝鮮人で
    あり、2万人以上の朝鮮人兵士、士官がいた。
    かつ当時日本は朝鮮に対して租税などかなり日本と比べて低くしていたのである。
    慰安婦募集の新聞は図書館にある縮尺新聞を読めばハングル・漢字、当然日本でも
    募集をしていた。当時日本も朝鮮も貧しかったのである。娘を売るしか生きる方法が
    なかったのである。現在の価値観ではおかしいが、当時は合法である。
    そんな朝鮮半島で少女20万人を強制連行していれば、移送の準備の書類、証言、
    目撃情報が残るわけであるがまったく証言以外残っていない。
    証言も、昭和23年までヘリコプターに乗せられて戦地を転戦したとか、クリスマスには
    ジープに乗った日本兵がやってきたとかの妄言は飛ばすとしていち平の巡査がわざわざ
    連行して下関を経由してマレーシアなどに連れていくわけはない。移送の手族が必要で
    ある。下関には遊郭はあったが慰安所はなかったのである。
    真実は朝鮮人幻化及び親に売り飛ばされてしまったのが本当のところ。
    同情はしますが、日本政府は日韓基本条約のとき個人に保障するといったが
    韓国政府の大統領のパクチョンヒ(高木正雄)が公共工事に使ってしまったので
    韓国政府に要求をするべきだとおもいます。
    女子挺身隊は工場労働者です。これは日本人、朝鮮人、台湾人などの女学生がいました。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!