ここから本文です
  • <<
  • 11 1
  • >>
  • >>10

    「お星さまのレール」は
    小林千登勢さんが、ご自身の体験を書かれた本です。
    「ある夜の出来事」
    戦争が終わった後もわたしたち一家は平壌に残っていました。
    ある晩の事です。
    玄関の戸をはげしく叩く音がしました。
    父が出てみると、進駐してきたソ連兵2人を後ろに従えて、
    朝鮮人が立っていました。
    「この家には女の子がいるはずた、連れてこい」
    朝鮮人はいきなり怒鳴りつけました。
    「うちには女の子はいません」
    父は嘘をつきましたが、とっくに調べはついていました。
    「差し出さないのなら家族全員の安全はないぞ」
    「ゆるしてください、あの子はまだ子供です」
    父の哀願も朝鮮人には全く通じませんでした。
    「日本人も戦争中我々の子供達を犯し尽くしたのだ。
    戦争に負けた今、お前たちが同じ思いをするのだ!」
    父はうなだれて、朝鮮人を家に入れると、
    わたしを奥の部屋に連れて行って、こういいました。
    「これからあの人とお布団に入って寝るんだよ」
    「なんで?知らないおじさんと寝るの?」
    私は嫌で仕方ありませんでしたが、父のつらそうな顔を見て、
    嫌とは言えませんでした。
    「痛い事をされてもじっと我慢するんだよ、すぐにおわるから」
    私は意味が分かりませんでした。
    私はお布団の中で朝鮮人のおじさんに、
    とても痛くて気持ちの悪いことを色々と繰り返しされました。
    おじさんはその間中、
    「この日本人め!日本人め!」
    と言いながら腰を突いてきました。何回か続けるうちに、
    私のお大事の辺りはあまり痛みを感じなくなっていきました。
    後はもう、おじさんが体や口の中を嘗め回すのが気味が悪くて、
    早く終わって欲しいと願うだけでした。
    翌日、お大事の所から血が止まらず、お医者に連れていかれました。
    お医者さまは、私の足をいっぱいに開いて、とても痛い麻酔の注射をして、
    色々と手当をしてくれました。
    父と母に、
    「陰部及び肛門に裂傷、治るまでは同じ事はさせないように」
    と言いました。
    治ったらまた同じことをされる、
    一度だけだと思っていた私は恐ろしさのあまり涙が出ました。

  • >>9

    韓国朝鮮人は、日本の歴史認識を非難する前に、
    歴史の捏造をやめろと言いたい。自分たちの先祖の無為・無策・無能を
    隠すために、韓国併合を「悪」だとでっち上げた。
    韓国併合は悪どころか、世界史上の「善政」だった。
    日本は「内鮮一体」の「朝鮮統治」をしたのであって、
    「植民地支配」をしたわけてはない。
    絶滅の危機に瀕していた朝鮮民族をすくったのは日本である。
    日本は朝鮮半島の救世主である。ほめられこそすれ非難されるいわれはない。
    それにも拘わらず
    終戦後、朝鮮からの脱出者が最も悲惨であった。
    朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘2人を連れ、
    辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。
    そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、
    ついで朝鮮人の保安隊に引き渡されてさらに散々に辱められたうえ、
    虐殺されている光景であった。   
    吉州や端川の海岸線にでた人たちに対する
    朝鮮保安隊の略奪と暴行は、残酷をきわめた。
    夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、
    17才になる娘を父親からひったくるように連行。
    娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。
    みな日本を裏切った朝鮮人がソ連兵を案内した。
    部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、
    金や着物や米などが取り上げられた。
    靴の底や、女の髪のなかから金を探し出すのはふつう。
    一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。
    城津での惨状は言語に絶した。
    朝鮮人の男女が数十人の団体でおしかけ、
    干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、
    あげくは婦人の提供を要求された。
    レ,イプの加害者は朝鮮人が最も多い。
    次いでソ連人、中国人、アメリカ人だった。

  • -間違いであった日韓併合-
    日韓併合前の朝鮮では日本と全く異なり女性は
    奴隷同然で何の権利も与えられていなかった。
    結婚すれば家屋内奴隷として扱われ、それは余りに過酷だった。
    それ以下だったのは、奴婢・白丁と言われた本物の奴隷たちである。
    1871~2年の大飢饉では、人口の半分を占めた奴婢らの多くが、
    餓死したが朝鮮を支配していた両班(ヤンバン)たちは、
    奴婢たちの死に行くのを全く歯牙にもかけなかった。
    この様な非人道的制度を一気に改善し、
    想像を絶した朝鮮の近代化を行なったのが、
    日韓合邦の歴史的事実である。
    その真の姿は、巨額の予算を投じ、首都京城(ソウル)を東京よりも
    近代化させてしまった日本人の器の大きさで証明されている。
    インフラ面だけでなく、衛生面での改善も著しく、
    感染病の多くが激減した事など枚挙に暇がない。
    他の一切の西欧列強が成し得なかった
    信じ難いこの偉業を日本人は誇るべきであり、
    当時朝鮮人と台湾人の大半が喜んでいたことであった。
    しかし、朝鮮では全権力を奪われた両班たちが第二次世界大戦後
    この事実を覆い隠し、虚偽の歴史を捏造し、再びと権力の座に就いて、
    言論弾圧と私刑(リンチ)とによって真実の声を封殺し、
    現在の韓国に到らしている。
    蒙古襲来時に蒙古の手先となって日本人を虐殺したように、
    19世紀末当時は、ロシアの手先となって、
    日本を侵略することが目に見えていた朝鮮に対して取った
    大日本帝国の日韓併合政策は、
    結果として韓国に決定的な文明の開化をもとらしたのである。

  • >>6

    明治期の朝鮮は驚くほど遅れた貧しい国家で、針一本作れない。
    木を丸くする技術もないので樽もクルマの車輪も作れない。
    染料がないので、衣服はすべて白衣でした。
    近世でも中世でもなく、古代に近かった。
    清国(中国)は大国ではあったが、古代王朝の世界に沈潜していた。
    ウソ、ごまかし、裏切り、汚職が横行する。
    それが東洋であり、実は日本は東洋ではなかった。
    それなのに、東アジアの現実を何も知らず、
    「日本は東洋の国々と連携して西洋列強に対抗しなければならない」と
    考えるアジア主義が広がっていました。それは今でも続いていますが。
    戦後は、GHQに洗脳された贖罪意識もあって友好第一ということになった。
    でも、援助しても教えても、反日運動は強まるばかり。
    プライドが高く、根拠のない小中華思想によって日本を見下しているからです。
    だから朝鮮(韓国)とは関わらないことが日本にとって一番なんです。

  • >>6

     中華思想に骨の髄まで犯されている韓国朝鮮人に、日本人の誠意や、日本的善意というものはまったく通用しない。そのことは、1910年いらい、100年にわたる、天文学的なヒト・モノ・カネ・ソフトの援助に対して、何の恩義も感じない民族であることが証明している。彼らには、感謝のカの字、恩義のオの字、ありがとうのアの字もない。まさに忘恩の民である。朝鮮半島に注ぎ込んだ100年間の日本人のエネルギーは、算定が不可能なほどの超超超…巨額である。今日の韓国の発展はすべて日本の援助のたまものである。本来ならば、朝鮮人は日本に足をむけて寝られないはずである。
     しかし、彼らの思考には、恨みはあっても恩義はなし、非難はあっても感謝なし。中華思想にもとづく日本への差別思想や敵対思想が、韓国人の全人格を支配し、冷静な議論ができない。頭に血がのぼると、半狂乱になり、我が身を傷つけたり、放火したりする。いわゆる朝鮮民族に固有の病気といわれる「火病」である。
     中華思想は、自分が小であるときは恨みを全面に出して相手に媚びる自分が大になり、相手が組みしやすしとみると、居丈高になって威圧する。まさに戦後韓国の日本に対する態度の変遷そのものである。韓国が貧乏な時代は、日本に恨みを言い、同情させ、援助をもらった。豊かになると、居丈高になり、傲慢無礼な振る舞いをする。この民族には、恨みごとを言うか、傲慢無礼に振る舞うか、この二つしかない。
     よって、何のメリットもない日韓関係を未来永劫に断ち切るべし。

  • -日本人の罪は朝鮮半島の朝鮮人を救ったこと-
    36年間に及ぶ日本の朝鮮統治の誤り
    ・ 朝鮮半島の人口が2倍に増えて
    ・ 人口の30%を占めていた奴隷が解放されて
    ・ 幼児売春や幼児売買が禁止されて
    ・ 家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになって
    ・ 度量衡が統一されて
    ・ 忘れられていたハングル文字が整備され、標準朝鮮語が定められ
    ・ 朝鮮語教育のための教科書、教材が大量に作成され、持ち込まれて
    ・ 5200校以上の小学校がつくられて
    ・ 師範学校や高等学校があわせて1000校以上つくられて
    ・ 239万人が就学して、識字率が4%から61%に上がって
    ・ 大学がつくられて、病院がつくられて
    ・ カルト呪術医療が禁止されて
    ・ 上下水道が整備されて
    ・ 泥水すすって下水垂れ流しの生活ができなくなって
    ・ 日本人はずっと徴兵されていて戦場で大量に死んだのに
    ・ 朝鮮人は終戦間際の1年しか徴兵されず、内地の勤労動員だけで済まされていて
    ・ 志願兵の朝鮮人が死亡したら、日本人と同じく英霊として祀られてしまって
    ・ 100キロだった鉄道が6000キロも引かれて
    ・ どこでも港がつくられて、どこまでも電気が引かれて
    ・ 会社がつくられるようになって、物々交換から貨幣経済に転換して
    ・ 二階建て以上の家屋がつくられるようになって
    ・ 入浴するよう指導され
    ・ 禿げ山に6億本もの樹木が植林され、ため池がつくられて
    ・ 今あるため池の半分もいまだに日本製で
    ・ 道路や川や橋が整備されて
    ・ 耕作地を2倍にされて
    ・ 近代的な農業を教えられたせいで、1反当リの収穫量が3倍になってしまって
    ・ 風習とはいえ、乳を出したリして生活するのがとても恥ずかしくなった

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ