ここから本文です
  • 2014年7月4日、BWCHINESE中国語サイトによると、韓国メディアは中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪韓について、中韓は手を組んで日本を批判すべきではないと伝えている。
    韓国・中央日報は専門家の見解を紹介し、「日本は歴史をねじ曲げた挑発を中韓に繰り返し、中韓は日本を批判しているが、同じ批判でも日本に対しては別々に対応しており、協力することはできない。なぜなら、日中の問題と日韓の問題は本質が違うからだ。日韓の問題は歴史問題であり、韓国にとって日本は関係を改善すべき対象で、排斥すべき存在ではない。歴史問題を解決できれば、日韓はどの国よりも密接な関係を築けるはずだ。一方、日中の主要な問題は北東アジアにおける覇権争いだ」と指摘した。
    このほか、駐中国大使を務めた経験がある韓国の政府関係者は、「北東アジアの将来的な平和や統一を考慮するなら、韓国は日本のけん制において、中国に合わせて外交のレッドラインを超えるべきではない」と語っている。

    ・・日韓どちらの主張する歴史が大きく歪曲されているかはあまりにも明らか。歪曲された韓国の歴史教育でもいちゃもんをつけるのはやめようというのが日本政府の基本方針。その度量も理解できず、歴史観の相違を問題にしている韓国の姿勢が関係改善の障害になっていることがわからないんだね・・『韓国が歴史観の違いを問題にすることをやめられなければ日韓関係は疎遠のままで結構です』というのが大多数の日本人の本心です。

  • <<
  • 30 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン