ここから本文です
  • 慰安婦の聞き取り調査をした時に、慰慰安婦訴訟の原告側の弁護士として、福島瑞穂が(金 福善)の隣に座り聞き取り調査に同席していた。 何故福島が関与したのか、多分福島も在日帰化人なので韓国側に付いたのだと思う。今朝の産経新聞を読むと、如何に聞き取り調査時に韓国側が卑劣な事を行ったかが良く分かります。当時の原告団の背後には、反日団体の代表は朝日新聞記者の植村隆の嫁の母親で有ります。 これらの関係から植村は日本を貶める為に動いたのでしょう。現在は北星学園の講師となっているが、北星学園はこの様な国賊を解雇すべきでは無いでしょうか。福島瑞穂が土井たか子の後釜になったのは、同じ在日と言う関係からなったのでしょう。共に反日思想を共有していたのでしょう。それにしても聞き取り調査を担当した者達の無能さには呆れます。 宮沢首相も責任の一端が有ります。首相の任期中に河野談話を発表して、後世に自分の名前を残しかったのだと思います。皆さん、産経新聞は国内で唯一真実を報道する会社だと思います。 購読を奨めます、それと正論も奨めます。

  • <<
  • 10 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン