ここから本文です

私は韓国人です。

  • 504
  • 2
  • 2017/07/27 10:02
  • rss
  • 初めまして。私は日本での滞在経験のある韓国人の大学生です。今回は日本人の皆さんに日韓の歴史認識の違いや韓国に対する日本人の誤解について私の意見を書きたいと思います。あくまで私の意見なので、すべての韓国人の意見ではありません。下手な日本語ですが、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。
    まず、私がこのような文章を掲示しようと思った理由は最近の日韓関係があまりにもこじれていて、お互いが理性を失ったまま感情的に向き合っているからです。私は韓国人ですが、日本に対する韓国政府の振る舞いについては頻繁に批判しています。例えば、仏像を韓国人が盗んだ事件も僕はその盗んだ仏像を日本に返さなければならないと思います。その仏像が過去に本当に日本に略奪されたかもしれませんが、文化交流の一環として韓国側が日本に差し上げた可能性もありますし、持ち主が当時にお金を払って購入した可能性もあります。しかし、略奪したという証拠もないのにも関わらず、ただ韓国の文化財だという理由だけでものを盗んだ行為を合法化するのは正直、私もよく理解できません。これ以外にも、三菱などの日本企業に対する強制連行の賠償問題に対する司法の判決も少し納得できません。その理由は日本側が主張するものと大きく変わりません。
    このように私は日韓関係について中立的に考えようとしています。しかし、まだ多くの韓国人には反日感情が残っていて、それに基づいて日本を接する傾向が未だにあるのは事実です。けれでも、昔よりは反日感情はだいぶ解消されました。確かに大人の影響があるため、若干の反日感情は持っていますが、最近の韓国の若者の中には日本文化が大好きな人もたくさんいますし、日本政府を批判する人は多くても日本人や日本自体をけなす人は断言しますが、ほとんどいません。韓国人も日本人の先進国の国民性には頭が下がると言います。
    日本人の皆さんは韓国は何故未だに反日感情を持っているのかと思うでしょう。これは非常に説明し難い問題だと思います。私も一刻も早く韓国から反日感情が完全に無くなり、日本に冷静に向き合えるようになれたらと思ってはいますが、そうなるためにはかなりの時間がかかると思います。とにかく韓国内の反日感情の原因は過去の植民地のせいです。多くの日本人はすでに賠償問題は解決しているのに何故未だに韓国人は反日感情を持っているのかと言います。私はこのような日本人の意見を少しは理解できます。しかし、日本人の皆さん。韓国は被害者の立場です。韓国は36年間の植民地支配を受けました。未だに韓国には傷が残っています。だからと言って、今の皆さんが悪いとか、当時の一般国民に罪があるということではありません。ただ、36年間の植民地支配が残した傷はあまりにも深く、それが21世紀になった今も治っていません。私はその傷が結局反日感情を生んだと思います。私はこの傷が治るにはかなりの時間がかかると思います。どれぐらいの時間がかかるかは分かりませんが、確かなのは日本人の皆さんが韓国の傷を少しでも理解して、そのような姿勢を韓国に見せれば、傷を治癒する時間をかなり短縮できると思います。だからと言って、韓国の言動をすべて理解しろということではありません。韓国政府の非常識的な行為については批判すべきです。しかし、韓国の表面的な反日感情だけを見て韓国を一概に非難するのではなく、韓国の傷を少しでも理解するようにしていただければと思います。もちろん、韓国人も日本を理解しようとする努力が必要です。
    私は日本が大好きです。しかし、マスゴミに報道される記事だけを見て韓国を評価し、けなす人を見ると非常に悲しいです。皆さん、マスゴミはあたかも韓国人が皆そう思っているように報道しますが、9割がうそです。例えば、ある韓国の教授がすしは韓国のものだと言ったという記事を見ましたが、私が検索してみたらあるネトウヨが言ったことでした。このように日本のマスゴミも韓国のマスゴミもアクセス数を上げるために感情的に記事を書いています。本当に情けないです。皆さんは常に冷静なマインドで韓国に関する記事を読んでいただければと思います。
    話が長くなりました。言いたいことはもっとありますが、今回はここで締めさせていただきます。この文章に対する日本人の皆さんの正直なご意見が聞きたいです。非難もかまいせん。
    よろしくお願いします。

  • <<
  • 504 483
  • >>
  • <<
  • 504 483
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン