ここから本文です
  •  そもそもテロリストを英雄にする民度も理解できないが、根本的に不可解なのは、安重根は日韓併合反対派の最長老で、韓国独立主張派のリーダーであった伊藤博文を・・・いわば韓国の擁護者を・・・殺害したテロリストであるという点だ。

    1909年10月30日の訊問調書によれば、安重根は溝渕孝雄検察官に、伊藤博文を射撃した理由として「15の大罪」を述べている。
     その中で、「伊藤が孝明天皇を毒殺した」という俗説を主張する一方で、安重根は「明治天皇は『東洋の平和』を訴えた」と、天皇崇拝に似た発言をしている。
     おそらく、翻訳の都合上だろうが、安の天皇に対する発言のほとんどは敬語表現となっている。
     現代の感覚で、そんな彼の口述を読めば「安重根は天皇崇拝者だったのでは?」と思われるかもしれない。
      しかし、当時の環境を知れば、それほど単純なものではないことがわかるはずだ。
      安重根において、明治天皇は「偉大なる名君」であった。彼が伊藤博文を狙撃した五年前、日本はロシアに勝利した。その事実は安重根を興奮させた。白人の列強国家相手に、黄人の日本人国家が勝利したのだ。この知らせを聞き、安重根は「これで、聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」ことを確信したという。

  • <<
  • 11 1
  • >>
  • 伊藤博文はわが故郷の偉人で私はフアンで彼が暗殺されず、長生きして日本をもっといい国にして欲しかったと、思います。

    彼は当時半島は独立国のステータスを保ち日本は保護国として指導教化していくと日本のためになるというのが持論でしたが、他の日本の指導者の併合論に押されてこれを受け入れました、

    若い時にソウルの南山公園に登ると安重根記念館というのがありました、浅学菲才で
    わが尊敬する伊藤博文を暗殺した馬鹿野郎の記念館だふざけんなという感じでしたが、入館しました、彼がカトリックの信者で、教養が高く、日本の歴史にも詳しく、日本の皇室にも崇敬の念を持っているような事も知りました、

    2010年のハルビン駅頭の暗殺のあと、一年位で死刑が実施されますが、独房にいる短い間に彼の担当の日本憲兵の看守が始めは問題にもしていないが、この安の人柄に感心して交流が深まります、そしてこの憲兵は除隊してまで安の冥福を祈るような文書を書き残しているようで、その日本文の展示もあったと思います。

    この二人の共通点は若い時といっても、安は若くて死刑になりますが、それぞれの祖国の植民地化反対の愛国者だったということが私に感じられるのです、

    伊藤は高杉晋作、桂小五郎、久坂玄随と一緒で長州藩の下士出身、松下村塾の同門、三人とも開国の時代の日本で危うく英国や欧州の植民地にされそうな時代で、この四人はそろって品川の英国公使館の襲撃に参加した志士です。

    安も時代がちょっと後だが、祖国が日本に併合され植民地にされそうな時期で、
    日本人は自国の皇室を崇敬し守るが、隣国の当時の李王朝の高宗の皇后の閔妃の
    暗殺を行ったのが日本人、つまり日本人や日本国はダブルスタンダードである、自国の皇室は大事、隣の王朝はどうでもよいといって併合を進めていくのだ,これをどうしても阻止したい、その時に目の前に現れて半島と関係が深い日本の指導者の伊藤をハルビンの駅頭で射殺したわけですね、

    こちらから見ればとんでもない暗殺者でも向こうでは愛国者であるはずです、

    夢見る年よりの私は、歴史が違った展開で、伊藤が進めた独立国の半島を日本が保護するという事になって、安が半島側の指導者になっていたら、今の日本と台湾の関係のような親密で建設的な関係になっていたのではないかとも思うのです。

  • 安重根の父安泰勲は、金玉均とともに親日派の巨魁だった。
    安重根も、父の影響を受けて親日派だった。彼は、日露戦争時
    明治天皇が発した「アジアの平和」「韓国の保全」に感銘を受け
    明治天皇を尊敬していた。今もし、安重根が生きていたならば
    親日罪で財産没収となるほどであろう。一方、伊藤博文は、
    大韓帝国の幼帝に常日頃から「あなたは将来、皇位を継ぐのです
    から、普段から身を清らかにしていなくてはいけません」と説い
    ていた。朝鮮人は、そのことを知っていたから、伊藤のファンは
    多く、創氏改名では、「伊藤」姓が一気に増えたほどであったという。
    そんな伊藤は、日韓併合反対派であり、当時、併合推進派の寺内正毅と
    対立していた。そんな伊藤を安重根が何を思ったか殺害したため
    併合派が勢いづき、日韓併合が実現してしまった。つまり、日韓
    併合の一番の功労者は安重根と言えるだろう。
    そんなことは、韓国の歴史家達も知っているであろう。が、安重根を
    親日派といえば、自分の首を絞めることになるから黙っているのであろう。
    ただ、半島の支配者伊藤を殺害したという一事実だけを取り上げて、
    安重根をヒーロ-に仕立てているだけである。

  • 安重根をたたえる人は、韓国や北朝鮮のみならず日本にも多いですね。

    映画『安重根、伊藤博文を撃つ』を見てみましょう!
    http://magradacatalunya.com/photo_gallery/picture.php?/426/category/10

  •  そもそもテロリストを英雄にする民度も理解できないが、根本的に不可解なのは、安重根は日韓併合反対派の最長老で、韓国独立主張派のリーダーであった伊藤博文を・・・いわば韓国の擁護者を・・・殺害したテロリストであるという点だ。

    1909年10月30日の訊問調書によれば、安重根は溝渕孝雄検察官に、伊藤博文を射撃した理由として「15の大罪」を述べている。
     その中で、「伊藤が孝明天皇を毒殺した」という俗説を主張する一方で、安重根は「明治天皇は『東洋の平和』を訴えた」と、天皇崇拝に似た発言をしている。
     おそらく、翻訳の都合上だろうが、安の天皇に対する発言のほとんどは敬語表現となっている。
     現代の感覚で、そんな彼の口述を読めば「安重根は天皇崇拝者だったのでは?」と思われるかもしれない。
      しかし、当時の環境を知れば、それほど単純なものではないことがわかるはずだ。
      安重根において、明治天皇は「偉大なる名君」であった。彼が伊藤博文を狙撃した五年前、日本はロシアに勝利した。その事実は安重根を興奮させた。白人の列強国家相手に、黄人の日本人国家が勝利したのだ。この知らせを聞き、安重根は「これで、聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」ことを確信したという。

  •  そもそもテロリストを英雄にする民度も理解できないが、根本的に不可解なのは、安重根は日韓併合反対派の最長老で、韓国独立主張派のリーダーであった伊藤博文を・・・いわば韓国の擁護者を・・・殺害したテロリストであるという点だ。

    1909年10月30日の訊問調書によれば、安重根は溝渕孝雄検察官に、伊藤博文を射撃した理由として「15の大罪」を述べている。
     その中で、「伊藤が孝明天皇を毒殺した」という俗説を主張する一方で、安重根は「明治天皇は『東洋の平和』を訴えた」と、天皇崇拝に似た発言をしている。
     おそらく、翻訳の都合上だろうが、安の天皇に対する発言のほとんどは敬語表現となっている。
     現代の感覚で、そんな彼の口述を読めば「安重根は天皇崇拝者だったのでは?」と思われるかもしれない。
      しかし、当時の環境を知れば、それほど単純なものではないことがわかるはずだ。
      安重根において、明治天皇は「偉大なる名君」であった。彼が伊藤博文を狙撃した五年前、日本はロシアに勝利した。その事実は安重根を興奮させた。白人の列強国家相手に、黄人の日本人国家が勝利したのだ。この知らせを聞き、安重根は「これで、聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」ことを確信したという。

  •  そもそもテロリストを英雄にする民度も理解できないが、根本的に不可解なのは、安重根は日韓併合反対派の最長老で、韓国独立主張派のリーダーであった伊藤博文を・・・いわば韓国の擁護者を・・・殺害したテロリストであるという点だ。

    1909年10月30日の訊問調書によれば、安重根は溝渕孝雄検察官に、伊藤博文を射撃した理由として「15の大罪」を述べている。
     その中で、「伊藤が孝明天皇を毒殺した」という俗説を主張する一方で、安重根は「明治天皇は『東洋の平和』を訴えた」と、天皇崇拝に似た発言をしている。
     おそらく、翻訳の都合上だろうが、安の天皇に対する発言のほとんどは敬語表現となっている。
     現代の感覚で、そんな彼の口述を読めば「安重根は天皇崇拝者だったのでは?」と思われるかもしれない。
      しかし、当時の環境を知れば、それほど単純なものではないことがわかるはずだ。
      安重根において、明治天皇は「偉大なる名君」であった。彼が伊藤博文を狙撃した五年前、日本はロシアに勝利した。その事実は安重根を興奮させた。白人の列強国家相手に、黄人の日本人国家が勝利したのだ。この知らせを聞き、安重根は「これで、聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」ことを確信したという。

  •  そもそもテロリストを英雄にする民度も理解できないが、根本的に不可解なのは、安重根は日韓併合反対派の最長老で、韓国独立主張派のリーダーであった伊藤博文を・・・いわば韓国の擁護者を・・・殺害したテロリストであるという点だ。

    1909年10月30日の訊問調書によれば、安重根は溝渕孝雄検察官に、伊藤博文を射撃した理由として「15の大罪」を述べている。
     その中で、「伊藤が孝明天皇を毒殺した」という俗説を主張する一方で、安重根は「明治天皇は『東洋の平和』を訴えた」と、天皇崇拝に似た発言をしている。
     おそらく、翻訳の都合上だろうが、安の天皇に対する発言のほとんどは敬語表現となっている。
     現代の感覚で、そんな彼の口述を読めば「安重根は天皇崇拝者だったのでは?」と思われるかもしれない。
      しかし、当時の環境を知れば、それほど単純なものではないことがわかるはずだ。
      安重根において、明治天皇は「偉大なる名君」であった。彼が伊藤博文を狙撃した五年前、日本はロシアに勝利した。その事実は安重根を興奮させた。白人の列強国家相手に、黄人の日本人国家が勝利したのだ。この知らせを聞き、安重根は「これで、聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」ことを確信したという。

  •  そもそもテロリストを英雄にする民度も理解できないが、根本的に不可解なのは、安重根は日韓併合反対派の最長老で、韓国独立主張派のリーダーであった伊藤博文を・・・いわば韓国の擁護者を・・・殺害したテロリストであるという点だ。

    1909年10月30日の訊問調書によれば、安重根は溝渕孝雄検察官に、伊藤博文を射撃した理由として「15の大罪」を述べている。
     その中で、「伊藤が孝明天皇を毒殺した」という俗説を主張する一方で、安重根は「明治天皇は『東洋の平和』を訴えた」と、天皇崇拝に似た発言をしている。
     おそらく、翻訳の都合上だろうが、安の天皇に対する発言のほとんどは敬語表現となっている。
     現代の感覚で、そんな彼の口述を読めば「安重根は天皇崇拝者だったのでは?」と思われるかもしれない。
      しかし、当時の環境を知れば、それほど単純なものではないことがわかるはずだ。
      安重根において、明治天皇は「偉大なる名君」であった。彼が伊藤博文を狙撃した五年前、日本はロシアに勝利した。その事実は安重根を興奮させた。白人の列強国家相手に、黄人の日本人国家が勝利したのだ。この知らせを聞き、安重根は「これで、聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」ことを確信したという。

  • 匿名口座は、簡単につくれます!!





                  脱税用にとても便利です!!





                         そして、すぐに売れます!!




                    しかも高値で!!





                 犯罪の温床??





                        そんなこと知りません!!




    在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託