ここから本文です
  •   河野談話は、世界に日本人の極悪非道の残忍性を認めた談話であり、その結果「20万人以上の韓国人婦女を強制連行し、薬漬けで性奴隷に仕立て、終戦直前に証拠隠滅の為に皆殺しにした。」との誇大捏造の旧日本軍の行為が朴槿恵の吹聴で全世界に広まり、米国内には9箇所も慰安婦像と上記の記述の石碑の設置の為に米国内の日系人が戦時中に続いて2度目の酷い差別に晒されている。 そして、日本人自身も言われ無き誹謗中傷により著しく日本人としての名誉が傷つき、この事が子々孫々にまで濡れ衣を着せられ続ける事は、絶対に日本人として許せない話である。 

      今日の舛添、朴槿恵会談では、そんな事は無視して、安倍政権の河野談話見直しの動きに対して韓国人の心を傷つけたとの一方的見解を述べた朴槿恵に対して何の反論もしなかった舛添要一の謙った態度は、東京都知事と言うよりも、単に日本に帰化した在日朝鮮人の態度である。

  • <<
  • 29 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順