ここから本文です
  • 日本の自衛隊は27万人。中国は30万人減らして200万人にする
    という。
    その分、兵器開発に熱を入れるから、脅威は変わらない。
    200万人というのは、とてつもない数字だ。
    100万人でも、余りある。
    すでにアジアの周辺諸国は、中国の侵略の脅威に怯えている。
    なぜ今どき、こんな時代離れした軍拡を行うのか。
    日本をターゲットにしない、アメリカに対抗するのだというが、
    アメリカは日本の同盟国、日本に要塞を築いているのだ。
    こんな危険な国の軍事力強化を、絶対に許してはならない。
    中国はその暗黒の歴史からしても、100万人の兵力でも危険だ。
    日本のマスメディアは、中国国民に、そして全世界に、中国の
    暴走の危険を繰り返し繰り返し徹底的に発信し、その侵略によ
    る自国領拡大の悪意をくじかなければならない。
    中国国民が、政府の悪意に激しい怒りと煮えたぎる憎悪を抱き
    行動を起こすまで、過去の真実を暴きたて、政府と一体となっ
    て、繰り返し執拗に抗議し続けなければならない。

    下ような倒錯者が、日本にはまだたくさんいることを忘れては
    ならない。



    「抗日戦争勝利70周年」の一連の記念行事への出席のため訪中している村山富市元首相(91)が体調不良を訴えて入院した。中国メディアが3日伝えた。村山元首相は軍事パレードの出席も見合わせた。中国指導部から早期回復を願う意向が示された。村山氏は日本政府とは無関係の立場で訪中した。(毎日新聞抜粋)

  • <<
  • 20 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン