ここから本文です
  • 洗脳されたキチ○イ相手にはどう言ったところでキ○ガイの反応しか返ってこないんだから「適切ではない」などと日本人どうしの会話で使うような表現はやめろよ!

    南京大虐殺の犠牲者30万人は不適切との日本からの申し立てに「確かに少なすぎる」「中国に対する挑発だ」の声―中国ネット
    Record China 1月16日(金)0時14分配信

    2015年1月14日、中国メディアの新浪は、昨年12月の南京大虐殺追悼式典で習近平国家主席が、犠牲者の数を「30万人」と発言したことに対し、日本政府から「適切ではない」との申し立てがあったことを伝えた。

    新浪によると、日本側の関係者はこの申し立てについて、「中国に対する抗議と理解してもらっても構わない」とも述べている。

    中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でこのニュースが伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

    「日本人の恥知らずめ!」
    「何が申し立てだ。こんなにも多いんだから謝罪しろ」
    「どんな顔して数字を問題にするんだよ。無恥も極みに至るという感じだな」
    「(犠牲者の)数が減れば、犯した悪行が変わるとでもいうのか」
    「南京大虐殺で30人万人の犠牲者ということは絶対にない。29万人ちょっとのはずだ」
    「確かに適切ではないな。少なすぎる。30万人よりずっと多いんだよ」
    「小日本の言っている意味は、30万人どころではなくてもっと多いです、ということだろ」
    「(犠牲者の)人数にこだわっても意味がない」
    「絶対に妥協してはダメだ。日本は軍国主義のもとに犯した罪を直視すべきだ」
    「中国に対する挑発と理解してよいということですね」
    「小日本とは一切の関わりを断つべき」
    「習兄貴、日本を接収する時が来たようですぜ」(翻訳・編集/山中)

  • <<
  • 301 276
  • >>
  • >>296

    南京進軍の兵士の手記はいろいろ読んだ。一日に10数時間重装備で進軍したそうだ。部隊に遅れないよう付いていくのがとにかく必至でとても近隣で余計なことをやっている暇などないというのが実際だったようだ。それに、日本軍が南京を目指して進軍しているなか、わざわざ南京に逃げ込む住民はいないだろう。皆、安全を考えれば、ひとまず違うところに避難するはずだ。当時から南京は国際都市だ、いくら日本軍でも報道管制を仕切れるものではなく事実なら当時から世界中にニュースはたちまち広まったはず。日本の上層部も国際問題の観点から、当然、ほってはおかなかったはず。

  • >>296

    あ~あ、またまた中国共産党のプロパガンダや朝日、赤旗の受け売りそのままのこと言ってる。
    事実だというなら根拠、証拠を示せよ。
    >そこに中国軍の軍隊も入り込んで、当時の南京市の人口は分からない状態です。
    20万人は正確な人口ではないのです。<????
    人口は分からない状態???
    >20万人は正確な人口ではないのです。<?????
    ではもっと少なかった可能性もある。
    1万人か?5千人か? 百人か? 五人か?
    結局、おまえも自ら言ってるように当時の南京の人口すらはっきり分かってないありさまだ。
    なのに、なぜ「大虐殺」があったと断言できるのだ?
    根拠、証拠を挙げ、納得のいく説明をしてくれ。
    >兵隊が市民に紛れ込んでることもあります。市民も捕虜もいつ日本軍に向かって刃向かってくるかもわかりません<
    そう、それが便意兵だ。
    国際法上、一般市民でも正式な軍人でもない。
    捕虜の資格もない立場であるのに、戦闘行為を仕掛けてきたらその場で排除しても勿論国際法上全く問題はない。
    何度もおまえに教えてやったが、これは虐殺ではないので、虐殺の数には入らない。
    >手当たり次第市民を連行、捕虜も連行してあの事件が始まったのです。<???
    あの事件ってなんだ?
    市民を日本軍が殺害したという証拠もないし、証明もされていない。
    証拠を示し、証明してみろ。
    >日本の従軍記者は事件を発表できないように箝口令が敷かれていました.<???
    その証拠は?今すぐ示してくれ。
    >話によれば、当時の信濃毎日新聞は報じていたらしいです。
    探して読んで下さい。<???
    らしいです????
    そんないい加減な話をなんで俺たちが探さねばならん?
    言ってるおまえが、探してここに示すのが筋だろ。
    それとも・・・できない????
    嘘吐き反日偽日本人のooppuutt(モーニング)の毎度お馴染みの、中国共産党、朝日、赤旗の受け売り投稿でした。
    いつもながら・・・アホらしい・・。

  • >>296

    上海に上陸した日本軍は南京を目指して戦闘を繰り返して進撃しました。
    当時の日本軍には輜重兵という兵科があって食料は輜重特務兵が運んでいました。
    ごく稀に、生鮮食品が欲しくて農家や住居から「徴発」という名目で食料を調達することがあったかもしれませんが、経理が適切な対価を支払ったり、不法行為は憲兵が厳重に取り締まっていたのでそのような事案は極めて少なかったのです。
    農民達は当然、支 那兵のように軍紀が弛緩していない日本軍を歓迎。そこに支 那兵が行っていた略奪、虐殺、強姦などは全くなく、支 那軍は自ら証拠隠滅のため民家を焼き払って日本軍のせいにしたのです。
    それを見ながら行軍する。支 那軍を恐れて農民は南京から逃げたのです。
    南京市から逃げ込む人もあったので人口は減少しています。
    そこに潰走した自称支 那の兵隊も入り込んで、当時の南京市の人口は20万人以下でした。
    20万人は正確な人口ではないのですが30万人もいなかったのは確実です。
    楽な戦闘ばかりで日本軍は戦争ほど楽なものはないと口笛を吹きながら潰走する支 那兵を全く疲労なくあたかも散歩しているかの如く追撃しているのです。
    軍規は厳正に保たれています。
    支 那の兵隊が、国際法上交戦権も捕虜となる資格も喪失する便衣に着替えて市民に紛れ込んでることは支 那兵の常套手段です。市民を装った捕虜となる資格の無い潰走した元兵士が時折、野壺の中から当然手榴弾を投げつけてくるので臭くてかないません。
    手当たり次第野壺や便槽の中にしかいない支 那兵を連行、その途中日本兵の銃を奪おうとしたりする数名の犯罪者が暴れて自衛のためやむなく発砲したのです。
    日本の従軍記者は南京で自由に取材して、虐殺などという事件が一切無い事を目撃しているのです。
    しかも、それは従軍した全ての新聞社です。地方新聞にも南京事件を報じた新聞など全く存在しないのです。
    モーニングの世迷言によれば、当時の信濃毎日新聞は報じていたという絵空事があります。
    あるというのなら、探してその年月日を示して下さい。

  • >>294

    上海に上陸した日本軍は南京を目指して戦闘を繰り返して進軍しました。
    当時の日本軍は食料は現地調達主義で軍票などを発行していたが、そんなものは中国の農民は信用しない。
    自然、農家や住居を挑発という名目で強制的に食料を強奪することになるのです。
    農民達は当然、抵抗します。そこに略奪、虐殺、強姦、証拠隠滅のため家を焼き払う。
    それを繰り返しながら進軍する。それらを恐れて農民は南京などに逃げるのです。
    南京市に逃げ込む人もあれば逆に危険だからと南京から逃げた市民も居ます。
    そこに中国軍の軍隊も入り込んで、当時の南京市の人口は分からない状態です。
    20万人は正確な人口ではないのです。
    戦闘に明け暮れた16師団など日本軍は疲れているのです。
    軍規は乱れています。
    兵隊が市民に紛れ込んでることもあります。市民も捕虜もいつ日本軍に向かって刃向かってくるかもわかりません。
    手当たり次第市民を連行、捕虜も連行してあの事件が始まったのです。
    日本の従軍記者は事件を発表できないように箝口令が敷かれていました.
    しかし、それは大手新聞社です。地方新聞には南京事件を報じた新聞もあります。
    話によれば、当時の信濃毎日新聞は報じていたらしいです。
    探して読んで下さい。

  • >>290

     東京裁判で証拠として採用された証言の1つに、日本軍の追跡をかろうじて逃れて洞窟に隠れ、そこから日本軍が57,418人の中国人を虐殺するのを見た、というものがある。そんな目撃が可能か。

    ーーーーーーーーーー

     南京事件の際、朝日は八十余名という世界最多の記者が現地にいた。にもかかわらず、当時、南京大虐殺を一行も記事にしていないのは不可解だと首を傾げるのは、南京問題に詳しいジャーナリストの水間政憲氏だ。「大虐殺派は、報道規制と反論するでしょう。しかし、後に自民党幹事長という要職に就く橋本登美三郎さんは、当時、朝日の上海支局次長で、取材班のトップとして南京城に入った。その彼が阿羅健一さんのインタビューに“虐殺なんでなかった”旨、答え、報道規制についても、“見聞したことは自由に報道できた”と語っています。

    ーーーーーーーーーー

     報道班員としてやってきた作家の石川達三は、その後に執筆した「武漢作戦」でその時の南京の風景をベースにしたこんな下りもある…

     野口伍長が一等兵に声をかける。
     「ち んばをひいとるな。全快したのか」
     「もう二、三日すれば全快します」
     「今までどこの病院にいたのだ」
     「南京にいました」
     「南京は賑やかになっとるか」 
     「はあ、もうカフェでも何でもあります。ネオンサインがついております」

    ーーーーーーーーーー

  • >>290

    当時20万人の街の人口しかなかった南京、どうして30万人を虐殺できるのだ。また、占領後2か月ぐらいで街はまた元の賑わいに戻っている。どうしてそんな大虐殺の街に住民がすぐ戻るのだ。恐怖で近づく訳もない。戦争中はその後すっと日本が占領支配した地区だ。それに住人も含め何十万人も市民、軍人を虐殺するには現地司令官の命令だけでは絶対無理だ。南京占領当時の日本軍はまだ日中戦争開戦当初。精鋭日本軍そのもの。軍規も整然とした統率のとれた組織そのものだ。命令なしで大規模な虐殺などあり得ない。当然、大本営の許可なしでやれば現地司令官自体軍法会議だ。下手をすれば階級はく奪、銃殺者だ。そのような単純なことも理解せず共産独裁政権の政治プロパガンダに乗せられるバカな日本人、左翼系組織が後を絶たない。これは、戦後年の洗脳汚染教育の被害そのものだ。この事件がもし事実なら、蒋介石、毛沢東が生前あらゆる場でこの大事実を取り上げその都度、日本の暴挙を非難したはずだ。しかし、まったく一度としてそのような演説も記録も痕跡はない。なを占領の便衣隊(=今でいう軍服を私服に着替えたゲリラ、この時点でジュネーブ協定の捕虜取り扱い規定の対象外となる。スパイ、ゲリラとして即処刑されても文句は言えない存在。)等に対する処刑が行われたことは私自身否定はしないが、それはせいぜい数千人とかその延長の単位であろう。何十万人など全くのでたらめの作り話だ。いい加減な政治宣伝に惑わされてはいけない。反日国に対する利敵行為だ。自分の頭で合理的に検討していくとこの嘘が見えてくる。今だにこのような思考能力さえ、持ち合わせないお粗末な左翼史観の日本人が多いことは実に情けないことである。

  • >>290

    「ooppuutt(モーニング)は以前、日本軍は南京で30万人を無差別虐殺したと断言していました。
    ところが、最近になって「捕虜」を数万人虐殺したと内容を突然変えました。
    >30万人というのは多分、上海から南京に至るまでの日本軍の略奪行為、虐殺行為の数も含めての数字だと思います。<???
    上海から南京に至るまで・・・それが30万人・・・それが南京30万人虐殺???
    話の内容がもう全く変わっているし、勿論この話の根拠、証拠など全くない。
    勝手に話をどんどん変えているのです。
    >数万の捕虜達は川原に集められ、夜になって全てが処理されたのです。
    翌朝、川の水が真っ赤に染まっていたという記者が感想を述べています。
    揚子江です。あれだけ広い川が真っ赤になっていたのです。
    南京事件の証言者はたくさんいます。<????
    捕虜の殺害?
    便意兵はその場で処刑されても国際法上何ら問題はない。
    したがって、便意兵の処刑は「虐殺」の数には入らない。
    殺された捕虜が不当に殺されたという証拠は全くない。
    あるなら今すぐ示してくれ。
    民間人の殺害?
    日本軍に殺されたという証拠は全くない。
    戦闘に巻き込まれて死亡したのなら、虐殺の数には入らない。
    あるなら今すぐ示してくれ。
    中国軍兵士が督戦隊に殺された数も虐殺の数には入らない。
    敗残兵を排除するのは通常の戦闘行為であるから、虐殺の数には入らない。
    要するに、「大虐殺」など全く証明されていないのである。
    ついでに言えば、「目撃者者の証言」とやらも嫌になるくらいあるが、どれ一つ検証されたものはない。
    あるというならぜひ披露してくれ。
    本だの、映画だの、TVだの・・・検証されたものはない。
    全て「らしい」というほのめかし程度である。
    >私たちも親や先生から聞かされています。<
    これまたいい加減そのものである。
    おまえの祖国のことなど俺たちは知らない。
    嘘はいつまでたってもウソなのである。
    おまえが以前言った、広島への原爆投下は嘘だった。日本人の捏造だった。・・等というまがい物の話なのだ。
    真実の歴史を歪曲できないのです。

  • >>290

    大躍進での餓死、文化大革命、チベット、ウイグル、天安門での虐殺が一切なかったことを証明してください。

    また、モーニングが人 糞ではない証拠を提示してください。

  • >>290

    根拠も証拠もなければ、検証もされてない。
    おまえの作り話はもう飽きた。
    もういいから、俺の質問に早く答えろよ。

  • >>281

    日本軍の南京攻略には大変な苦戦を強いられたのです。
    それだけ中国軍、民間人の抵抗が強かったとも言えます。
    ために、日本軍側にも大変多くの犠牲者が出ています。
    戦友を殺されたり負傷させられて、その恨み辛みが南京入場後の日本兵を残虐行為に走らせたのです。
    勝利した日本軍には大量の中国軍捕虜を抱えることになったのです。
    放っておくと暴動が起きます。いつ刃向かってくるかわかりません。
    捕虜達に与える食料、収容する場所もありません。
    捕虜はせぬものと判断、処理してしまえと言うことです。
    数万の捕虜達は川原に集められ、夜になって全てが処理されたのです。
    翌朝、川の水が真っ赤に染まっていたという記者が感想を述べています。
    揚子江です。あれだけ広い川が真っ赤になっていたのです。
    南京事件の証言者はたくさんいます。
    日本兵の中にも戦後本を出したり、映画のドキュメンタリーなどで放映されています。
    私たちも親や先生から聞かされています。
    それが戦後も70年もたてばその記憶も忘れ去られていくのです。
    そこにタイミング良く南京事件はなかったなどという本が出現したのです。
    これは、ヒットラーが南米に生きていて再起をはかるかも・・・
    等と言うまがい物の話です。
    歴史は修正出来ないのです。

  • >>284

    南京30万人虐殺は戦後の中国共産党や朝日のデッチ上げである。
    何かいろいろ書いてるが全てに根拠も証拠もない。
    あるなら示してみろ。
    おまえに以下の質問をする。
    そんな残虐行為が行われていたのに、当時存在していた赤十字はなぜ日本政府に抗議しなかったのか?
    この当時日本に対し、この残虐行為を批判、非難した国は一国もない。なぜだ?
    蒋介石は、この後200回以上外国人記者の取材を受けているが「南京虐殺」には一言も言及していない。なぜだ?
    毛沢東もこの「南京虐殺」には一言も言及していない。なぜだ?
    当時の中華民国の公式文書に南京虐殺の記録は一切ないし、国際連盟理事会の決議記録にも南京虐殺の記録は全くない。なぜだ?
    戦後証拠写真なるものが出回ったが、検証された信憑性のあるものは一つもない。
    なぜだ?
    中国共産党公認の教科書にずいぶん長い間、南京虐殺の表記がなかった。
    なぜだ?
    まだまだあるが、これくらいにしておいてやる。
    答えろ、偽日本人。
    根拠も証拠もない嘘、捏造ばかり吹聴するのはもう止めておけ。
    分かったか?

  • >>284

    >中国の軍隊は南京戦で日本軍に負けて捕虜になったのです。<
    この時、中国軍(国民党軍)は負けて当然だった。
    日本軍の総攻撃の3日前に蒋介石は敵前逃亡し、陥落直前には南京防衛司令官の唐生智も敵前逃亡している。
    人民を守るなど微塵も考えてなかったことは明白である。
    当時の南京は高くて頑丈な城壁で囲まれており、城門を閉じると誰も外へ出れなくなる。
    国民党要人や金持ちはすでに脱出しており、一般人民が多数残っていた。
    脱出し損ねた中国軍兵士は便意兵となり、外国人が租界していた「安全地帯」に逃げ込んでいた。
    要するに、国民党は人民などとっくに見捨てていたのだ。
    いかにも中国人らしいやり方だよな。

  • >>284

    支 那の軍隊は南京戦以前から日本軍に連戦連敗で司令官が逃亡したり便衣に着替えて潜伏したので南京で集められた元自称兵士は国際法上、捕虜になる資格が全く無かったのです。
    その多数の(捕虜になる資格の無い)自称元兵士をかかえた日本軍は、民家から突然射撃されたりして処置に困っていたのです。捕虜ではないのだから一切の権利を有しないのです。
    捕虜など存在しないのだから、師団長が「捕虜は処置してしまえ」などと命令するわけはないのです。
    河原に連れて行って機関銃、銃剣で殺し、死体は焼却したり川に流したという絵空事を戦後のサヨクが考えだし、モーニングがそれを妄信しているだけなのです。
    それが架空の南京事件なのです。その数 多くて数人。自称元兵士と誤って殺害された民間人の数です。
    もともと無かったことを日本に帰ってしゃべっても軍法会議に処されるわけがないのです。絶対にそんな事実はない。とマスコミやカメラマン、兵士にも箝口令などしかれていなかったのです。
    しかし、東京裁判で支 那により捏造され、司令官の松井石根将軍が無実の罪で処刑されたことはご存じのはずです。
    8,500万人というのは多分、大躍進での餓死、文化大革命、ウイグルからチベットに至るまでの中共軍の略奪行為、虐殺行為の数も含めて最小限の数字だと思います。

  • >>277

    それよりも、日本軍が大虐殺したというのなら、その間、シナの軍隊は何をしてたのかね?
    軍隊ちゅうのは、人民を守るためにあるのに、人民を見殺しにして逃げ回っていたというのなら>>>

    中国の軍隊は南京戦で日本軍に負けて捕虜になったのです。
    その多数の捕虜をかかえた日本軍は自分達の食料もないのに捕虜に与える食べ物はない。捕虜の中には女子供まで含まれていたのです。
    そしてある師団長は「捕虜は処置してしまえ」と命令。川原に連れて行って機関銃、銃剣で殺し、死体は焼却したり川に流したのです。それが南京事件なのです。その数 数万人。大虐殺です。
    このことは日本に帰ってしゃべったら軍法会議に処される。絶対に秘密である。とマスコミやカメラマン、兵士にも箝口令がしかれていたのです。
    しかし、東京裁判で全国民に明らかにされ、司令官の松井石根将軍が処刑されたことはご存じのはずです。
    30万人というのは多分、上海から南京に至るまでの日本軍の略奪行為、虐殺行為の数も含めての数字だと思います。

  • 嘘八百のでたらめを良く考えたものだ。占領後数か月間は支配を完全にするための気配りで余計なことをやっている暇などない。何十万の虐殺の大仕事をやるにはどれだけの準備と資源が必要かわかるか。人力中心の当時の日本軍に、とてもそんな資源を占領後短期間で余計な仕事に振り向ける余裕などない。この一つを見ても、この事件がねつ造創作嘘物語だということが明らかだ。占領統治はそんな簡単なことではないし、また占領後すぐはそんな余計な仕事に貴重な人員資源を割く余裕などないということだ。でたらめすぎて話にならない。これがいまだに中国社会の実態だ。食い物、建物、乗り物、あらゆる製造物が安全性に疑問の手抜きのでたらめ製品。お国柄、国の創作物語も信ぴょう性に欠けるけるというものだ。

  • >南京大虐殺の犠牲者30万人は不適切との日本からの申し立てに「確かに少なすぎる」「中国に対する挑発だ」の声―中国ネット Record China 1月16日(金)0時14分配信

    論理的な思考能力が欠如した馬鹿丸出しのシナ人がいかに多いかですな!
    広島原爆の犠牲者数ですら約14万人だ! そんな死体をどう処理したのか、考えもつかんと見える!

    それよりも、日本軍が大虐殺したというのなら、その間、シナの軍隊は何をしてたのかね?
    軍隊ちゅうのは、人民を守るためにあるのに、人民を見殺しにして逃げ回っていたというのなら、まさに今の人民解放軍と同じではないか!

    人民を犠牲にして膨大な賄賂で私腹を肥やしまくっている人民解放軍!
    そんな姿を指摘されると答えに窮するので、大ウソををついて逃げ惑う姿が丸わかりのシナの間抜け共産党!

  • <<
  • 301 276
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア