ここから本文です
  • <<
  • 572 553
  • >>
  • 572(最新)

    kob***** 10月22日 11:42

    [権力者の特性]、世間ではよくわかっていても、なぜこうも同じことを繰り返すのか。中国の習近平氏、国家権力の中枢に忠実なる部下をそろえ、後継者(できる者)を蹴落とす。いつまでも権力の頂点に居座る手法には、知恵が働き長けている。公には「汚職撲滅」を口実にしながら、内々には対抗勢力だけを排除していく。自立した企業を「大気汚染対策」と称して淘汰し、自身の息がかりの企業を誘致する。他国の資源を吸い取り、自国を豊かにする、他国の領地・了解を奪い取り、自国民へ分け与える、他国いじめするために、自国の軍隊を最強にと。権力者が権力のとりこになるロジックは、昔もいまも不変だ。そのうち、中国の権力中枢に、北朝鮮と同じように奥様、お子様、お孫様、叔父様が、ひな壇のように並んで映る日が来るのかもしれない。トランプ氏も嫁や婿や娘を将来の大統領にともくろまないことだ。

  • 要領だけで育った者が、責任職に就くと、できる人材を遠ざける傾向になることは、世の常である。ある業界の最大手の元社長は、当時、後継者にと副社長に任じたが、「あいつはできない奴」と周りに吹聴し、遠ざけ、退職においやって、社内事情の分からない外人を社長に、自らを会長として君臨した。いまどきの習近平氏も同じく、後継者と目されていた若手を人事から除外し、自ら自画自賛のもと、院政の元締めになろうとしている、ロシアのプーチンしかり、法律を逆手に取り、大統領に君臨している。トルコのエルドアン大統領も法律を変えてまで、権力の地位に延命をはかっている。要領だけで得られた地位(責任職)では、品質を保証するだけの知識も技術もなく、さらに責任感もない。手抜きした者は、手抜きした者の集まり、組織になる。そこで品質検査や管理などできるはずもなかろう。国土交通省や経済産業省から指摘を受けても、手抜きした者の集まりでは、品質管理の仕組みや体制など、理解さえできないのではないか。コンプライアンスを教育した、受講記録があるといっても、実務にはならない。大学で講義を聞いただけ実務ができるなら、卒業すれば即戦力になるなんてことはありえない。

  • もう記憶にもないマンションなど建築強度の計算手抜き、建屋が傾いたり、施工会社や住人の、その後はどうされているのだろうか。マスコミも一過性の報道しか興味がないようだ。表題の中国2酸化炭素を含むPM2.5大量放出の継続は、温暖化の要因であるにも関わらず問題にもしていない、世界的な異常気象による大雨や洪水被害は、温暖化の影響と報道しているだけ。北海道の雪印、小さな会社の牛肉偽装、三菱自動車(2回)、どこかのワクチン、東洋ゴムの免震・防震ゴム、日産自動車、神戸製鋼、など品質問題が次から次へ提示される。「安かろう悪かろう」を「安くていいもの」に仕上げて、国際競争力と信頼を築いてきた世代は卒業し、要領だけ一人前の人物が、会社の代表になると、手抜き組織ができあがる。「努力をおしまず築いた者」、「要領だけでのし上がる者」いずれをくぐってきた者か、手抜きした者は、品質の細部や意味まで理解できているハズがなく、人材を見抜く力もない。

  • 「クローズアップ現代(EVシフト)」、自動車産業界が、電気自動車製造へシフトが急激に始まった、との印象を司会者が最後に語っていた。中国の電気自動車(EV)優遇政策では、「中国産の電池を採用しないと補助金の対象にしない。」、これにより、従来の内燃機関に対する、新たな研究開発が停止するだけでなく、既存の技術も無効になる。ガソリン車のメーカーを頂点として、内燃機関向けの部品を製造していた下請け企業は、軒並み廃業せざるおえなくなる。(No.553にも記載)、自動車産業に新規格を導入し、中国の主導権を得ようとしており、また、国際金融業界も中国主導の構造にするためAIIB(アジアインフラ投資銀行)を設置する、など、金融(新構造)、製造(新規格)、流通(一帯一路/道路、線路、航路)など、中国が根こそぎ乗っ取りを計画し実行している。大企業には、400兆円の蓄えがあり、と主張している政党がある。しかし、日本の経営者は、中国のような新規格に足元をさらわれる不安から内部留保している、ような感じがする。その蓄えは、現金や預貯金ではないので、現金化する過程で、売買先が中国系企業になるやも知れない。

  • 今回の神戸製鋼(グループ)の不祥事に対応するなら、製造側(出荷)の品質(検査)管理の問題であるが、ユーザー(購入)側も原材料の受け入れ時の品質検査もあり、ユーザー側の製品化における品質検査もある。原材料で手抜きがあっても、各製品工程(ステップ)で品質保証できれば、最終的には、なんとかなる、ものだ。単に責任追及することはしないで、国もユーザー側も神戸製鋼内の品質検査体制が整うまで、また、その後の外部監査にも協力する必要がある。

  • 神戸製鋼が、市場から締め出され、企業として地位が危うくなれば、また、中国系の買収対象にされてしまう。シャープや東芝の二の舞になるかもしれない。タバコ(JT),アルコール飲料(サントリー、サッポロ、他)、医薬品(武田薬品、第一三共、他)など、中には1兆円以上を海外投資という名目で、国内社員の汗であぶりだした貴重な財産を散財し、借金をしている武田薬品のよな旧社長もいる。どうも、これら経営陣は、アメリカ的経営手法にかぶれ、販売管理も品質管理も財産管理もできない、潰し屋の世代のような感じをうける。経済対策として3本の矢はどこへやら、いまも積もる1000兆円超えの借金対策なしの自民党安倍氏、自らの主義を捻じ曲げていながら、安保法制は憲法を逸脱しているとする日本共産党志位氏、この政治世代は、経営にはむていない世代のような感じがする。

  • 神戸製鋼(グループ会社)の品質管理の不始末が報道されている、その昔は、いかに品質を上げるか努力に重ねていく世代であった、2次大戦の敗戦時には、当時の技術資料は、海外へ持ち出され、なにもない時代において、欧米の先進技術の物まねから始めた世代でもある。技術と品質の向上が至上命題になる、海外への競争力にもなっていた。話題にも上らない雪印乳業は、一流企業であり最大手(国内の同業社の中で一番大きい会社こと)であったが品質保証を怠り、市場から締め出され、上場企業からも外された。戦後、ホルスタイン種などの乳用牛を欧米から導入し、全国へと繁殖と飼養域を広げ、牛乳の生産量が格段に向上した。ご存知のように、赤ちゃんはミルクのみで育つ、牛乳は栄養的にもバランスのとれた総合食品である。最大手は、その製品の品質をもっとも管理し、保証している会社の冠でなかろうか、先のシャープや東芝のように経営もへったぴなら、日産や神戸製鋼のように品質体制が厳かになる、世代も変わったものだ。

  • 昨日の立会演説(?)、安倍独裁政権、暴走政治とか、聴衆の前にして喧伝している。社会保障やら、東北地震、福島原発、熊本震災やらの復旧財政などもあり、予算を自由に操れるほどの政策選択はない。この制限下において、それを独裁とか、暴走とか、レッテルを公衆の面前で発言することこそ暴言ではなかろうか、この暴言体質の某党に政権が渡るなら、政権に意見すると、公権から暴言を浴びせられ、弾圧されるように感じるのは、私だけであろうか?以前、国会質疑において、防衛省とアメリカとの話合い資料や自民議員の事務所資料が野党側から示されていた、「どうすれば、そのような資料が入手できるのか?」疑問に思ったものだ。我々の個人情報もあーやって、連中にさらけ出されるのであろうか。

  • 衆院選挙がはじまった、相変わらず「原発即時廃止」「原発ゼロ」の期限を含んで、票集めのネタにしている候補者が多い。であるなら、その全国の原発廃炉の処理費用の見積額を算出し、有権者へアピールしてもらいたい。その費用は、だれが、どれくらい負担するのか、公開してもらいたい。そして、2世代以上の長期になるであろう廃炉作業に携わる技術者の養成と作業員の調達、廃炉作業期間などの計画案もあげ、ついで、廃棄場所を特定してもらいたい。そもそも廃棄処理なんてできない、永続的長期保管場所となるので、その設計と保管手法も説明してもらいたい。それが、有権者に対する責任というものだ。片や、きょうも真夏日(10月10日)との報道である、日本を高気圧が覆っている、らしい。隣国、中国のPM2.5を含む大気汚染物質は、中国国土全体から放出され、黄海、東シナ海、日本周辺近海の上空を覆い温暖化の要因になっている、というに。世界中に被害をもたらしているニ酸化炭素放出量は、対策が後手になっており、現状、進行状態にありながら、指摘することもしない。日本は、国として実施した環境船対策により、河川、内海の汚染は、激減し、なんとか自然環境を取り戻した。(環境庁もできた!)、某党がやったのではないことは確かだ。

  • なぜに某党(日本共産党)の批判をしているか?、それは、某党が、その綱領で、「社会主義&共産主義」の敵として、中心的に、かつ一方的にアメリカ批判を繰り返し、日本からアメリカ軍を追出すことが、目的のような扱いだからだ。かつて、「社会主義&共産主義」の共産圏から、誕生した共産党独裁(または労働党)の超管理国家による階層的な格差、かたや、資本家の超自由国家による格差、いずれにしても、主義主張の偏りが生んだ格差である。一方的に攻めることはできない。双方のせめぎ合いのなかで世界が構成されたのだ。存在すらない「社会主義&共産主義」が正義でアメリカが悪なんてことはありえない、実現手法も明らかでない「社会主義&共産主義」体制を国民に喧伝すること、その行為が詐欺であり、悪なのだ。国内に格差があれば、国家間にも格差がある。ただし、日本のように上水道が各家庭に取り付けられ、蛇口をひねれば、飲み水があふれ出てくる、ような国のほうが少ないのだ。トイレも水洗で、下水道から汚水処理され、排水されている国のほうが少ないのだ。(日夜、上下水道設備を見守ってくれている方々には感謝だ。)世界の資源には限りがある、分配からして、後進国が生産力:経済力をもてば、日本も生産量は下がる、将来的に経済力を下がる、必然的な流れである。「原発ゼロ」を安易に叫ぶことは自由であるが、それだけで選挙運動のネタにするのは無責任極まりない、原発の運転継続、または、廃炉であれ後処理(廃棄)までの工程を明確にしないで、「原発ゼロ」はありえないのだ。現実的には、同時に廃炉処理できるほどの人員も確保できないし、経済力が落ち込めば、費用も捻出できなくなる、ことが説明されていない。

  • 安倍暴走とか、横暴とか、独裁とか、いろいろとパフォーマンス言葉で世の中を迷わす某党(日本共産党)、社会保障だけで手かせ足かせの税収で、横暴ができるほどの税収はない。また、わが国は、民主国家だ、独裁が築けるような法律体系にはない。独裁とは、中国や北朝鮮などのように立法、行政、教育、警察、軍隊などを自らの権力維持のため行使できる体制のことだ、軽々にレッテル貼りしてはならない。日本は、民主国家であり、安倍首相に瑕疵があれば、一介の候補者であり、落選させればいいことだ。それから、このアジアの小国をGDP世界第2位(現3位)の国に仕上げたのは、某党ではないことは確かだ。加計だの、森友だのと規制する法律を成立させたのも某党でないことは確かだ。国や地方議会において、公金を他用した議員をあぶりだし、退陣においやる法律を制定したのも某党でないことは確かだ。ともかく、某党が資本主義国と定義する日本経済において、資本主義体制下において某党が「アーダコーダ」と難癖つけること自体が修正資本主義なのだ、なんら「社会主義&共産主義」と関係ない行為であり、現行の「アーダコーダ」は、某党が国家権力を得るための手法であり、実現を保証するものではない、のだ。

  • 朝日新聞は中国系新聞で毎日新聞は朝鮮系の新聞。いずれも、中国や朝鮮の不利になる記事は絶対に真実であっても報道しないよ。彼らは、日本が中国や朝鮮に侵略されることを願っている新聞だよ。

  • 先端技術というのは、1番手技術のことだ、この新規格の流通が、産業界の歴史であり、時代々を構成してきた、と言える。医薬品開発を例とするなら、候補物質の中から万分の一以下の確率でしか医薬品にならない、99.99%以上がはずれであり、その研究者のほとんどは、医薬品として世に出すことなく業界を去ることになる。1番手をピラミッドの頂点とするならば、それまでの下層の研究成果は、歴史であり土台である。多くの否定された研究成果があっての1番手である。蓮舫元民進党代表のような産業界の成り立ちを理解していない人物が、浅はかな判断で制限の手を下すと、研究の進歩が阻まれてしまう。

  • 以前、蓮舫元民進党代表が、民主党政権時に「世界一になる理由は何があるんでしょうか。2位じゃだめなんでしょうか。」とスパコンの性能と予算における事業仕分けで、こんな判断力しかない者(蓮舫議員)が、政権に加わっているのか、と、このバカげた発言に腹立たしく思ったものだ。産業界においては当然のことだが、1番手になるには、新しい機能を組み込まなければならない、そのため新しい発明・発見が必要になる。そのため新しい発明・発見による特許(製法特許、実用新案含む)は、すべて1番手に権限が与えられ、2番手には、まったく権限はないのだ。よって、産業界の研究開発部門は、すべて1番手を目指して日夜努力している。No.553でも触れているように、特許に付随する部品、製品は、新規格となり、市場の占有率を上げることができる。(世界人口の大半を占める新興国・後進国には、機能が果たせれば既存技術の製品でもよい場合や、必ずしも1番手の特許技術を用いた先端製品は必要ない場合も多いが・)

  • NHK討論で「安倍首相を独裁者、独裁政権」と表現している出席者があった、しかし、某党の委員長は、2000年ころから、ずーっとその席に座ったままである。安倍首相といっても4年半(?)そこらで独裁といえるほどの期間でも、独裁を示すほど実績もない。戦後、某党の委員長は、何代目になるか、一度、トップになると、なかなか後継者へ譲らない、これが権力者の特性だ、安倍首相も2期までの内規を変更してまで3期に延命することとなったが、某党の委員長の在籍期間に比較すれば、まだまだとなる。これは、大なり小なり、権力をもった者に生じる特性だ。中国のように「権力者の特性」は、立法、行政、教育、警察、軍力を自己の繁栄のために行使するようになってしまえば、この牙城を崩すことは容易でない。北朝鮮の「金正恩」は、「権力者の特性」の延長線にあり、ながらく3世代目である。NHK討論の某党議員の発言内容は、常に攻撃性(または刺激強い)のある言葉の羅列である。北朝鮮のテレビ放送の女性アナウンサーが、読み上げる口撃姓のある、メッセージに似通っている。北朝鮮のアメリカ非難に同調するかのような、某党のアメリカ軍批判の党綱領もマルクス・エンゲルスに起源を同一にするからかも知れない。某党議員達の攻撃性の論調は、将来、権力の横暴に走る前触れを予兆しているように思えてならない。

  • 東芝が経営破たんし、再建会社となれば、福島原発の後処理の一部分なりが停滞する、可能性がある。たしかに東芝の経営陣に見込み違い、落ち度はあるが、それを追及したところで、遡及して、もとに戻ることはできない。それよりも、いかに存続できるかに知恵を絞ることに協力してもらいたいものだ。「言うは易し、行うは難し」というではないか、東芝は、現在進行形で原発処理を担ってくれているのだ。

  • 福島の原発処理の主要引き受け会社に東芝がある、経営破たんを招いている東芝が、上場廃止となれば、その原発処理の役割分担が危うくなることは、知られている。そのため経営母体の利益部門を売り飛ばし、上場を維持しようとあがいている、といってよい。利益部門を売り、負債部門が本体として残るという、まったく真逆のことが行われている。そして、東芝は、「負の遺産=福島原発」の後処理を、今後、数十年にわたり、続けていかなければならない。某党が「あいつが悪い、こいつが悪い」とよく責任問題として口にする。東京都の豊洲市場問題でも「元知事が悪い、元副知事が悪い」と口にしていたが、単に都議選の票集めの結果に終わり、なにも解決に至らなかった。(というか、都合よく忘れられ、その後は報道もされていない。)もとえ、東芝の利益部門は、国外へ、負債部門が国内に残る、というジレンマは、シャープ、東芝以外にもありうる、ことだ。

  • >>554

    >日本共産党が、「社会主義国の核は平和の道具」とした核は、いま、人類の破滅の引き金を引くかもしれないのだ。国家権力には、法律を変える、ルールをかえる、力がある。

    選挙ゲームを朝鮮の核危機に結ばないほうがいいと思いますよ。
    日本は、今、全政党、一致団結して、核危機に向かわなければならないのですから。

  • 「社会主義への権力」が、中国の一党独裁、また、北朝鮮の独裁者「金正恩」を誕生させたといってよい。そしていま、社会主義&共産主義への迷える道は、常道に反し「太平洋上の水爆実験」を口にするまでになった。広島、長崎の原爆の100倍以上の破壊力をもつ水爆が洋上で爆発すれば、それは実験などといえるレベルではない。地球上の非常に広範囲な惨劇が生じるに違いない。社会主義者&共産主義者達が、構造設計もなく「搾取も抑圧もない共同社会」建設に参加した旧共産圏の国々は、実現手法をもたないがゆえに、ことごとく失敗したことは、ペストロイカで実証されている。日本共産党が、「社会主義国の核は平和の道具」とした核は、いま、人類の破滅の引き金を引くかもしれないのだ。国家権力には、法律を変える、ルールをかえる、力がある。社会主義&共産主義者達が「社会主義への権力」=「国家権力」を手に入れると、蓄財と保身の法律をつくり、国民を弾圧したことは、もれなく旧共産圏の国々で証明されている。いま、言っていること、約束していることなど「社会主義への権力」を手にいれるための虚言といってよい。

  • 仮想通貨「ビットコイン」が、この8月1日をもって、従来の「ビットコイン」と新「ビットコインキャッシュ」の2つに分裂した。「ビットコインキャッシュ」は、中国系の開発者による新しい規格である。ビットコインは、世界的な市場を確保しており、今後、拡大が見込まれている。こうした既存の規格で構成された市場に、互換性を有する新規格をすり替えると、根こそぎ市場を奪い取ることが可能になる。片や、環境問題をネタに電気自動車(EV)が、自動車産業の中心へ移行するような施策が発表されている。タイヤを回転させる構造に変更はないが、駆動系を既規格(ガソリン燃焼)から新規格(電気モーター)へ置き換えるという変更である。新規格(電気モーター)に移行すれば、既規格(化石燃料エンジン)で製造している企業が、蓄積している技術のほとんど適用できないので、企業グループの下請け部品企業群は、職を失うことになる。巨大市場を抱えている中国で新規格を施策とすれば、中国内市場で普及させ、国際規格に採用となれば、安価な生産コストで、競争力ある製品を他国へ輸出可能になる。他国の既存規格の産業界は、市場を根こそぎ奪い取られることになる。中国共産党(幹部)の世界経済を牛耳るための100年施策である。日本の小さな島国では、小さな裁量で内輪もめや、アメリカ追い出しを叫ぶなど、嘆かわしい。

  • <<
  • 572 553
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン