ここから本文です
  • 1、その戦争が、100%中国の土地で発生した
    2、戦争に伴う人間惨事、たとえば、大都市に対する大規模な空爆、大量的戦争難民の発生、集中的非戦闘人の虐殺(南京事件、平頂山事件)、大量殺害武器の使用(今も日本軍に残された化学爆弾がしばしば中国で発見された)、等々、すべて日本側から一方的に中国に犯した。日本土地での発生ケース(中国軍人参加に限られる)は、丸ごとのゼロだ。

    日本人の皆さん、上記内容を考えた上で、”日中戦争”という名称が、中国に対して、公平だと考えられますか。

  • <<
  • 76 54
  • >>
  • 76(最新)

    qq3***** 7月9日 16:52

    >>72

    このドアホ!
    おまえは、視界が狭いから、
    何もかも歪んで見える。
    左翼論理の陥穽に嵌まっている。
    まったく明白な議論でさえ、
    正しく理解できない。
    脅しや侵略や虐殺なしに、
    大国となった国があるか!
    おまえの中では、国連が
    最高法廷だ。
    しかし、国連などというものは、
    ただ戦勝国が自国を正当化し、
    敗戦国を犯罪国家として断罪し、
    世界のルールにしたものだ。
    地上のルールは、いつでも力、
    銃や原爆の恐怖だけが、動かぬ
    ルールを与えるのだ。

  • >>71

    》》どこの国が悪く、どこの国が良いか、どこの国が侵略者で、どこの国が侵略されたか、などという議論は、意味がない。どこの国も、自国は正しく、敵対した国は邪悪か劣等だったと考えるものだ。

    じゃ、正式に国際社会にこんな偉い論評を出してよ、例えば、連合国安全保障理事会の会議で、または、真珠湾攻撃76年記念式典で、政府高官によって、堂々国際社会に展示してよ。または、政府ワイトペーパーの形で、出してよ。できれば、ドイツと連携でやれば、もっと説得力があると思う。

  • >>53

    おまえには、世界の勢力争いの中で自国や日本が取った国家
    政策を考えようとする広い視点が、まったく欠けている。
    どの国家、どの民族も、かつては自国主義、自民族主義的で
    あり、「自」中心の勢力拡大、国防、宗教・文化内容の優越
    性を主張し、激しい競争を続けてきた。
    どこの国が悪く、どこの国が良いか、どこの国が侵略者で、
    どこの国が侵略されたか、などという議論は、意味がない。
    どこの国も、自国は正しく、敵対した国は邪悪か劣等だった
    と考えるものだ。
    そんな議論を、もう止めよう、過去の民族主義的発想から脱
    け出し、新しい全人類的視点に経って、政治を考え、過去を
    清算しようと言うのが、現代の日本の考えであり、世界の考
    えなのだ。
    安倍首相は、このような世界平和、世界繁栄の理念に立って
    情熱的に融和と共栄の政策を進めている。
    残虐行為に対する怒りと怨念を喚起させ、政治を自国優位に
    導こうとするような姑息な策略に引っかかるのは、いまだに
    自国中心の発想を脱けだせないでいる韓国や中国のような自
    覚の乏しい国家だけだ。

  • >>69

    もし日本が日米戦争で引き分けを実現できていたら、その後の朝鮮半島の分断の悲劇も、中国の共産化による何千万人もの死も発生しなかったであろう。

  • >>68

    >インチキ裁判劇を創作した。これら、歴史を見ただけでも東京裁判がいい加減な裁判か明白だ。

    ま、君の言ってることは当たっているが、
    その極東軍事裁判の結果をもって、今だに自分の先祖が必至で生きた戦前の日本を裁こうとしている日本人がいることの方が問題ですな!

    なぜ戦争になってしまったの原因を分析して、同じ過ちや同じ結果を繰り返さない様にすることは正常な人間の思考だが、戦争の結果をもって戦争に突入せざるを得なかった日本人を裁くことは異常で狂った思考と言わざるを得ない!

    異常で狂った思考の日本人は、もし日本が戦争に勝っていたらを想定することができない単なる間抜けに過ぎない!

  • >>63

    欧米が東アジアを数百年に渡り侵略した事実には触れず日本のみを東京裁判では裁いている。裁判に名を借りた単なる復讐裁判劇だ。インドと香港をイギリスが、ベトナムをフランスが、インドネシアをオランダが、そしてフィリピンをスペインその後アメリカが、日本よりはるかに長い期間植民地収奪を実施した。この歴史的事実を無視して日本の数年間の戦争を侵略として裁いた。しかも日本は戦争をしただけで現地からの植民地としての収奪は行っていない。欧米の数百年の植民地支配は全く触れず戦争に負けた日本だけに侵略という汚名を着せたインチキ裁判劇を創作した。これら、歴史を見ただけでも東京裁判がいい加減な裁判か明白だ。

  • >>61

    >日本の侵略ばかりをいまだに一方的に政治宣伝する中国の主張は、歴史的に見ても大国である中国の品格に係わる実に情けない国家の態度だと思う。中国よ大いに反省せよ。

    「歴史的に見ても大国である中国の品格」? 
    笑わせますなぁ! 歴史的にもて中国に品格があった時代など「ない」でんな! 
    科挙という官僚制度と中国の皇帝による国家に品格など、いまも昔もない! 
    今は 科挙と呼ぶ官僚制度が共産党一党独裁になっただけ、皇帝は国家主席という名に変わっただけ!

    それに大国の定義が間違ってますな! 単に民度の低い人民が無駄に「多く住んでいる国」と言うだけ!

    大国とは、他の国に対して経済的、軍事的、文化的、道徳的に影響力を及ぼす国を言うわけだ!

    中国は数千年前の過去の一時代にそのような影響を及ぼした国かもしれないが、現在の中国は先進国の力を借りてGDPという尺度で経済が少しは伸びた国、軍事的にはロシアの借りもの兵器から少しやよくなった国、
    文化的、道徳的には、いまだに世界の田舎国家からまったく脱していない三流国家でんな!

    かつての帝国を築いたローマ帝国は、軍事力の他にも文化的、道徳的に周辺の国に影響を及ぼし、フランス、ドイツ、イギリス、スペインといった文明国を育てて、彼らに自治権を与え、近代国家に成長する基礎を残した!

    で、今の中国で文化的、道徳的なものと言えば、汚職と不正、言論弾圧、人権弾圧、人のモノは俺のモノの盗人根性とパクり根性。
    そんな国が、マヌケた大国意識を持つこと自体、お笑いでしかない!

  • >>63

    今も昔も国土人口文化から言っても中国は大国、その大国が小国日本にやられていること自体が実に情けない実態だ。侵略と言い続けているが、大国ならなぜ小国に侵略されたのだろうか。日本は侵略をもともと意図して大陸に進出はしていない。本来は帝政ロシアの南下政策への安全保障上の問題上、防衛が必要だったからだ。だから、当時大国中国が国家として自国の東北部と朝鮮半島をしっかり防衛できる実力があれば、小国日本は中国と軍事同盟を結び大陸進出までする必要は無かったのだ。あまりにも戦前の中国は統一国家としてのまとまりがなく、内乱状態で各地で地方軍閥割拠、そのため国際条約は無視する等、全く当時としてひどい状態だったから、日本も自国防衛上朝鮮半島や満州部分まで進出し、結果として最終的に防衛ラインを拡大せざるおえなかっただけだ。だから、東京裁判でも満州事変以前は取裁判でり上げていない。取り上げれば欧米の東アジア侵略の犯罪性まで裁かなければならなくなるからだ。そこまで真面目な裁判ではないということだ。また、中国が最終的に日本に勝てたのはイギリスアメリカの膨大な支援があったからでそれがなければ日中戦争は短期で終了してとっくに講和に至っていたはずだ。日中戦争を長引かせたのは中国の犠牲を無視して自国の利益のため早期講和仲裁より軍事支援継続を選択して戦争を長引かせたアメリカ、イギリスのほうだ。真実の歴史は隠せないということだ。

  • >>61

    >日本は共産中国にとってはまさに大恩人ではないか。大恩人に感謝の言葉すらなく、

    いまの時代を生きる大多数の日本人は大恩人ではありませんな! 感謝される必要などまったくない!
    逆に、今の時代を生きる大多数の日本人は侵略者ではない! 謝罪する必要などまったくない!

    >日本の侵略ばかりをいまだに一方的に政治宣伝する中国の主張は、歴史的に見ても大国である中国の品格に係わる実に情けない国家の態度だと思う。中国よ大いに反省せよ。

    どんな時代のどんな国でも自国が勝った歴史は記念碑や戦勝凱旋門まで作って自国の栄誉を記憶に残そうとする!

    一方、おのれが戦ったわけでもないのにマヌケた中国共産党は、国民軍が日本帝国陸軍の猛攻に南京を守ることができずに人民を捨てて敗走した上に、30万人もの自国の人民が殺されてしまったと嘘八百を並び立ててその責任を日本に押し付け、それを記録に残そうとする! 実にご立派な態度ですな!

    そもそも軍隊ちゅうのは、自国民の生命財産を守るために無駄飯食わしているんじゃないのかね?
    それを南京の人民を残して敗走した腑抜けの国民軍は責めずに、敵である日本帝国陸軍が南京市民を殺したと責めたてる! バカ丸出しでんな!
    敵に攻められたら、敵から人民を守るために人民を避難させ、その護衛をしてやるのが軍隊だちゅうの!

    そんな腑抜けな軍隊が中国国民軍であったことを世界に向けて発信しているマヌケた田舎国家が中国だと思えばいい!

  • >>61

    >>日本が一方的に悪いとされるが、

    また、一点だけコメントする。1931~45のことで、日本を一方的に悪いとするのは、中国だけじゃないよ。当時の国際組織である国際連盟もそうだし、戦後の連合国もそうだし、アメリカもそうだ。だって、そうじゃなければ、日本が極東軍事裁判に被せたと同時に、中国が戦争終わった後、すぐ連合国常任理事国の席を取ることがありえないでしょ?
    ま~、別のスレッドでも言ったけど、歴史問題で、もし日本が何が不公平と感じるなら、アジア隣国に繰り返して傷つけることをやめといて、連合国に極東裁判撤退の公式的申し込みを出してください。アメリカに、原爆に関する政府謝罪の要求を正式に出してください。もしその基本的な勇気もなければ、アジア隣国の前にも、その無罪の顔、正義の演技も、早く収めといたほうがいい、もし人間として最低限の恥をまだ知るね。

  • >>60

    >>また、当時の中国東北部は万里の長城の外であり、清朝の本来の地であったもの。
    中国は、昔から漢民族だけの国ではなく、多民族国である。万里長城が中国の国境である説は、歴史上存在したことがない。東北部土地に対して、満州族人が本当に漢民族以上、その土地の支配権持ってるか、二千年の歴史において見れば、簡単に分る。一言で言うと、中国東北三省が中国に属する理由は、沖縄は言うまでもなく、アイヌ民族の伝統的生息地の北海道が日本に属する理由の以上である。清朝最後の皇族たちも、その事実が分った上で、清朝全体の領土が統一の国家の形式で中華民国の時代に入ると受け入れ、退位詔書を発表した。その返しとして、漢民族も260年くらいの民族虐待で、満州族人に復仇しないと承諾、かつ実施した。

    ほかの論評は、あんまに人間社会の一般的の道理、歴史事実と離れすぎて、反論の価値にいたらないと考える。

  • >>50

    (反論その2)
     
     もし、アジアの最大の大国中国が質的能力的にも大国として当時存在していれば、日本は中国と軍事同盟を結ぶだけでロシアの南下政策の野心的脅威から逃れられたはずだ。そうすればあれほどの苦労をして日本が半島、や中国東北部に進出する必要は無かった。そういう意味で、当時一番の問題は、中国がアジアの一番の大国でありながら欧米の侵略主義から自国を守り抜くだけの、大国としての責任を全うする強力な近代国家を形成できなかったことだ。それゆへ日本は大陸で防衛線を構築せざるおえなかったのだ。そのための大陸への当初の進出が当時の国際情勢の変化等でいろいろと拡大化した結果となったが。

     世界史及びアジアの近代史をしっかり検証しないから、日本が一方的に悪いとされるが、当時、大国のくせに内乱ばかりしていて、国家としてアジアの主導的な近代国家を急速に形成いできなかった中国のだらしのなさが一番の問題だったことを中国人は再認識すべきなのだ。小国日本に大国中国が侵略されたなど、まさに本来なら恥ずかしくて口が裂けても言えないセリフではないのか。それに、中国東北部、いわゆる旧満州の地に大重工業地帯を
    起こしたのも戦前の日本の資本と技術と人材だ。それを戦後の共産中国は無償で継承し今日の大発展を為し得た。

     この地域の膨大な戦前からの産業資産継承と戦後のこれもまた何兆円という日本国からの資金、技術、人材の支援の存在なくして共産中国の近代化は不可であったはずだ。そういう意味では、日本は共産中国にとってはまさに大恩人ではないか。大恩人に感謝の言葉すらなく、日本の侵略ばかりをいまだに一方的に政治宣伝する中国の主張は、歴史的に見ても大国である中国の品格に係わる実に情けない国家の態度だと思う。中国よ大いに反省せよ。

  • >>50

    (反論その1)

    今の国際ルールに問題があるなら常任理事国の実力を持って国連でルール変更を提案すればよい。もし、その意見がまともなら支持する国は多いであろう。否決されても何度か提案してその考えの妥当性を世界にアピールすべきことだ。そのようなこともやらず軍事力で一方的に自分の都合のいいように持っていこうとすること自体が今の時代の国際ルールに反することだ。

     また、当時の中国東北部は万里の長城の外であり、清朝の本来の地であったもの。当時清朝は滅んでいる。従ってあの当時とすれば中国漢民族の地というのは無理があるはずだ。現代は共産中国が勝手に清朝の土地まで拡大して自国の領土と宣言したため拡大区域で中国領となっただけ。本来、永いこと漢民族の地ではなかったはずだ。でもこのへんを別にしても、当時の中国の国力からして中国の力で当時の野心に燃えたロシアの南下政策を完全に阻止できる能力は無かっただろう。ほっておけば中国東北部並びに朝鮮半島は完全にロシアの植民地にされ収奪支配されたはずだ。これは当時の大日本帝国にとってはまさに国家の安全保障上ほっておけない死活問題であり、日本が大陸に出ざるおえなかった、これが一番の理由だ。

     もし、アジアの最大の大国中国が質的能力的にも大国として当時存在していれば、日本は中国と軍事同盟を結ぶだけでロシアの南下政策の野心的脅威から逃れられたはずだ。そうすればあれほどの苦労をして日本が半島、や中国東北部に進出する必要は無かった。そういう意味で、当時一番の問題は、中国がアジアの一番の大国でありながら欧米の侵略主義から自国を守り抜くだけの、大国としての責任を全うする強力な近代国家を形成できなかったことだ。それゆへ日本は大陸で防衛線を構築せざるおえなかったのだ。そのための大陸への当初の進出が当時の国際情勢の変化等でいろいろと拡大化した結果となったが。

  • >>56


    あの時代における過ちは存在しません
    ということに治まっていくのでしょうね

    日本に(実は世界に)未来永劫怨念、
    あの時代以前からのシナ体制は半永久的なのか

    相対的に過度に「鎖きった腐敗権力思想・洗脳国」

    .

  • >>56

    >「過ちを繰り返さない」その主語は誰か?日本でもなければ、ほかの国でもないと心得ます
    >あの時代における主語は、『時代』です。

    「安らかに眠って下さい 『時代』は過ちは 繰返しませぬから」が広島の原爆慰霊碑に刻まれた言葉の意味であるとの主張は、戦争を実体験している者にとってはごく自然な解釈だと思うが、そう思わない人民や国があることが、現代社会の大きな問題点でしょうな!

    そう思わない世界の厄介者としての人民や国の中に、現在の中国は間違いなく入る!
    共産主義と言うカビの生えた過去の遺物から脱却できずに、自国民に思想や真の言論の自由、民主主義による人民みずからの将来の選択を許されない時代遅れの国家!

    絶対的な指導者に判断をゆだねて、膨大な人口を束ねるには狂った共産党独裁の政治体制もやむなしとする極端に民度の低い人民が大半を占める田舎者国家 それが中国でしょうな!

  • >>55


    「過ちを繰り返さない」その主語は誰か?

    日本でもなければ、ほかの国でもないと心得ます

    日米共同取材 
    映像の世紀 第7集 勝者の世界分割 (1995年)
    https://www.youtube.com/watch?v=3Upr3VSH7Zs

    あの時代における主語は、『時代』です。

    これからにおける主語は、『世界』です。

    アクノレッジ

    .

  • 広島の原爆慰霊碑には「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」との一文が刻まれている!
    で、「過ちを繰り返さない」その主語は誰か? 
    原爆を投下されて犠牲になった広島市民か? 戦争をはじめた日本国民か? それとも日本政府か? 原爆を投下した米国政府か?

    一般的な解釈では、「過ちを犯した」のは戦争をはじめた日本政府、日本国民であり、二度と戦争はしない、だから原爆の犠牲になった市民よ、安らかに眠ってくださいでしょうな!
    その背景には、広島市民を米国の原爆投下から守ることができず死なせてしまったとの思いがある!
    B29が来襲しても、帝国陸軍の戦闘機が撃ち落としていれば広島市民は犠牲にならなかったし、原爆が落とされる以前にポツダム宣言を日本政府が受け入れていれば20万人余の広島市民が犠牲になることはなかったとの思いだ!

    一方、南京事件(いわゆる南京虐殺)はどうだ?
    中国国民軍は、南京を放棄し、市民を守ってやることもできなかった!
    要は腑抜けた国民軍のせいで、帝国陸軍に一部の南京市民が正規軍と間違えられ殺されたことを指して、30万人が虐殺されたと騒いでいる!
    要は、国民軍が腑抜けで自国民すら守れななかった「自国軍隊の弱さ、無能さ、マヌケさ」を世界に向けて宣伝して大騒ぎしているに過ぎん! 
    つくづく誇りと言う言葉から無縁の世界の田舎国家 中国でンな(笑!

  • >>53

    >日本は、こんな潔白な歴史を持つ国なのに、なぜ、戦略同盟のアメリカから、70年渡っても、原爆に関する政府謝罪の気持ちがぜんぜん見えないのか、さらに、日本からも、それを要求するつもりもぜんぜん見えないのか?

    日本も戦前は原爆の製造を目指していたことは紛れもない事実だ! もし、日本が先に原爆を完成させていたら、間違いなく、ロスアンゼルスやシアトルに投下していたはずだ!
    マフィアの戦争でもあっても、戦争となれば敵対する相手と同時に家族の命も狙う! それが戦争の現実でんな!

    で、日本は日本の正義を信じて戦争を戦ったからには、その悲惨な結末に対しても責任もとらねければならない!
    だから原爆投下による非戦闘員の大量殺戮に関しても、ジュネーブ協定違反にも拘わらず自己責任として、しぶしぶ受け入れているわけだ! それが敗戦国となった日本であっても、日本人としての誇りなわけだ!

    戦勝国側も多くの戦死者を出したことには変わりはないのだが、勝った側は、民間人に被害が出てもちいち謝罪など互いにしない! それが戦争の現実ですな!

    で、共産党一党独裁の中国は、戦勝国だと言い張っているわりには、敗戦国のごとく南京事件(いわゆる南京虐殺)をいまだに取り上げ「外交問題化するのに必死なわけだ。
    その発想は、弱くて負けた癖に責任を取らない敗戦国そのものの発想でしかありませんな! 
    勝った戦争なのに、いまでも敗戦国そのものの発想は、いかに中国が腑抜けて、弱い国かを言い降らしているに過ぎない!

    ま、極度に民度が低い国で、共産党独裁の人民政府が、いかにも被害者で弱かったかを必死に宣伝する姿は、世界の田舎者国家そのものですな!

  • <<
  • 76 54
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン