ここから本文です
  • <<
  • 32 12
  • >>
  • >>31

    >東条がアメリカの戦犯かどうかには関係なく日本人の敵だった、こいつに忠勇な日本人が
    船上や内地で大勢無駄死にさせられたと許せないと、ケチをつける吾輩とは全く正反対の
    認識と思いでいるのだから、

    最後に言いたいことだけ言っとく。
    東條は多くの日本人を死に至らしめる程の独裁者ではなかった。
    他国の元首などは皆、陸海空3軍の指揮者であった。
    ヒトラー、スターリン、ムソリーニ然り、
    自由主義陣営のチャーチルやルーズベルトも然りであった。
    東條は陸相を兼ねた首相で、陸軍に対する権限しかなかったのである。
    ミッドウェーの敗戦も知らず、昭和天皇に教えて貰った程だ。
    こんな独裁者はあり得ない。
    それに独裁者はたいていはクーデターによって殺害されるが、東條政権はサイパン陥落で倒れ、小磯内閣に引き継がれる。その後の内閣もずるずると終戦を長引かせた。もとより米国自体戦争を止める気がなかったのである。
    まあ、貴殿は戦陣訓悪玉論者だから全て東條が悪いとなるのだろうが。
    天皇に忠実な兵士や国民は多数いただろうが、東條に忠実な兵士や国民などさほどいなかったと思うね。

  • >>30

    貴殿の分析やこの男への評価も面白いし、靖国に合祀された東条を拝む方々は彼が日本に
    尽くしたと思い、貴殿と似た彼への憧憬または敬愛の念で参詣されているのだろうと推察
    する、

    東条がアメリカの戦犯かどうかには関係なく日本人の敵だった、こいつに忠勇な日本人が
    船上や内地で大勢無駄死にさせられたと許せないと、ケチをつける吾輩とは全く正反対の
    認識と思いでいるのだから、

    お互いの溝は埋まりそうにないので、時間もエネルギーも無駄で吾輩はこれ以上このトピでこの臆病、卑怯な男の事で言い争う気はない、吾輩がここの言い争いで負けて逃げたなとか、何でも言っていいよ。

    お宅の家の神棚か仏殿に東条の位牌を祀るのもいいんじゃないかな。

  • >>29

    東條真理教とは大げさだな。
    オレは別に東條のファンでもないし、彼の能力が卓越してたとも思ってないよ。ただ彼に対する戦後の評価は不当だと言っている。
    何度も言うが、東條は日米の都合によりスケープゴートにされた。

    もともと東條は昭和天皇のお気に入りだった。
    彼を首相にしようとしたのは昭和天皇と木戸幸一だ。
    「虎穴に入らずんば、虎児を得ずだね」
    木戸日記による昭和帝のお言葉だが、戦争賛成の立場を取る陸軍を
    押さえるには東條しかいないと言う事だろう。
    東條も陸軍を代表して戦争賛成の立場だったが、昭和帝のお考えが米英との和平であることを知り、以後は避戦のために努力した。
    彼は単に小心な能吏にすぎない。
    まともに戦争指導などできないことは、ライバルだった石原莞爾が直接彼に指摘している通りだ。
    能吏にすぎなかった石田光成が、関ヶ原で家康の敵ではなかったことは歴史が証明している。
    だがたとえ東條以外(石原莞爾や山下奉文)が戦争指導しても、対米戦には勝てなかっただろう。生産力、軍事技術、外交、経済力どれをとっても米国の力は日本の比ではない。しかも前の戦争はルーズベルトやコミンテルンの
    罠だ。指導者が誰であろうと、戦争は不可避だった。
    東條にもし罪があるとするなら、日本を敗戦に導いたことだが、それは日本側が裁くことであり、連合国に裁かれることではない。東京裁判が事後法による茶番にすぎなかったことは、貴殿も知っているだろう。
    また昭和帝がA級戦犯が祀られたから靖国参拝を取りやめたというのは、間違いである。すでに昭和天皇はA級戦犯が祀られる前に御参拝を止められているからだ。東京裁判で有罪になった人々は全て赦免されている。もはや戦犯など存在しない。

  • >>28

    この事件も知っているこれもケチをつける材料も出してもよいが、辞めておこう、

    盗人にも三分の理という諺が日本にあるが、三分の十分の一位の理があるとして、にゃんこ先生がここに述べている気持ちをお察ししてケチつけるのは大人げなく辞めておきましょう。

    愛し敬う亡くなった教祖を守りたい東条真理教の信者の教祖崇拝の気持ちを凄いなーと感服
    しているばかりで、これからも教祖の功績のエピソードを教えてください、。

  • >>26

    アンチ東條には何を言っても無駄だが。
    貴殿はオトポール事件をご存じかな。
    ナチスの迫害を逃れてシベリア鉄道を使い、オトポール駅でソ連と満州国から入国拒否され、餓死と凍死を待つだけだったユダヤ難民がいた。
    特務機関長だった樋口季一郎は彼等を憐み、満州国に受け入れ保護するように東条英機参謀総長に上申。東條は人道上当然のことだと判断、樋口に難民の満州国受け入れを許可した。その後同盟国だったドイツから猛烈な抗議が来たものの、東條は八紘一宇の精神から陸軍内の反対を押しきり抗議を撥ね付けた。2万人のユダヤ難民を救ったといわれる。杉原地畝の命のビザの2年前のことだ。満州で絶対的な権力を持つ東條の許可なくして難民保護は不可能だった。
    また東京裁判でも東條は正々堂々と検察に反論、日本の無罪を裁判官に訴え続けた。たたあまり反対弁論を続けると昭和天皇に類が及ぶ。児玉誉志夫にそう諭された東條はその後反対弁論はせず、全ての責任をしょい込んで罪を受け入れた。
    戦後東條を極悪人としたのは、あくまで日米双方の都合によるものだ。

  • >>26

    ついでに追加すると、

    一方立派な歴史の鑑もいたな、徹底抗戦を最後まで主張していたが、天皇にも鈴木首相にも
    愛された阿南陸相は一旦降伏が決まればこの命に毅然として従い、皇居まで入った徹底抗戦
    の軍の反乱の鎮圧でもなだめる側で対策を取り、

    それでも、終戦時に切腹自刃して日本の武士の精神を体現したこの方の生きざま死にざまに
    心より尊敬の念を感じる、

    東条みたいなクズと大違いだ、日本が建国したばかりの満州国で里美を使い、安倍の爺様
    の岸と憲兵隊長だったこの男と甘粕、こいつは反戦論者だった大杉栄一家を赤子を含めて
    惨殺し井戸に放り込んだ甘粕との三人組がアヘン取引で巨万の富を築いたんだぜ。

    ついでに終戦の少し前に東条暗殺を謀る陸軍と海軍の仲間に三笠宮と高松宮が加わって
    いたこともネットで調べてみな、人間の屑の事が判るよ。

  • そういうだろと思っていたよ、

    東条真理教の信者には何を言っても無理だが。

    日本軍のいる場所からはるかに離れたこんな場所からの逃亡事件が失敗するのは誰にも分っているのに欠航した原因が、誰のせいか何のせいかが分ってきていて、あほな戦陣訓と激戦地の
    日本将兵にしつこく宣布したのに、自分には適用しなかった、卑怯で臆病だった東条の事は
    いま豪州人の間でも良く知られて来ている様だな。

  • >>24

    この事件についての文章を読ませて貰ったが、戦陣訓と直接関係あるようには思えない。当時の日本軍全体の空気だったとも書かれているではないか。
    そもそも捕虜になった時点で「生きて虜囚の辱めを受けず」を無視してるし。
    また戦陣訓を無視してたといわれる海軍においても、飛行機や特殊潜航艇による特攻などは存在した。十死零生の戦術である。
    貴殿は東條悪しの先入観だけで発言している様に思えてならない。
    東條は調べてみると分かるが、昭和天皇の意志が戦争反対にあると知り、最後まで戦争を避けるべく努力していた。御前会議で開戦が決まった時、宮城に向けて号泣しながら昭和天皇に詫びている。
    また東京裁判で彼が発言していることも至極まともである。
    日米開戦は、米大統領ルーズベルトの陰謀により開始された。
    戦後東條1人を悪者にしたのは、日米双方の都合によるものである。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>22

    東条英機陸軍大臣が戦陣訓を主導したという通説があるが、岩畔豪雄によれば戦陣訓は前任の板垣征四郎陸相、阿南惟幾陸軍次官の時にすでに作成が開始されており、起草作業が長引き、東条が大臣の時に完成した[7]。

    戦陣訓はたまたま東條が陸相の時に完成したので、すべてこれを出した東條が悪いとされているようだが、これは戦時における訓戒であり強制性をともなうモノではなかったはずだ。戦場で降伏しないというのは太平洋戦争以前からの日本軍の習性で、戦陣訓ができてからのものではない。
    また海軍などは戦陣訓を無視していたという。
    「生きて虜囚の辱めを受けず」というのも戦陣訓の極一部にすぎない。戦後ここの部分のみがクローズアップされたように思う。

    また東條の自決が狂言だったと貴殿は言われるが、助かることを前提に銃を自分に向けて撃つことができるものかどうか。
    あれも治療が米軍医だから助かったものの、日本の医者だったら助かったかどうか。
    どうも貴殿の考えは戦後占領軍から押し付けられた歴史観に覆われているように見えて仕方がない。

  • >>21

    戦陣訓が兵士に命じたものは何か。「生きて虜囚の辱めを受けず」で始める戒めです、

    戦場で必死で戦え、と言うのは当たり前すぎてわざわざ書き物にする必要はありません。しかし戦陣訓はそうではない。捕虜になるな、です。ムチャクチャに負ける戦争で「捕虜になるな」は「死ね」という事。だからあんなに多くの日本兵が無駄に死んだ。捕虜になることは恥だ、分かったか、と。

    自殺同然のバンザイ突撃で敵の機関銃の十字砲火の中に飛び込んで死ぬ、あるいはジャングル奥深く逃げ込んで餓死するまで逃げ回る、、、

    陸軍大臣の時に戦陣訓を出した東條英機本人は、自分が始めた戦争に惨敗したのにその責任を取って自決することもなく、終戦後一か月もして米軍憲兵に踏み込まれて狂言自殺のみっともない姿をさらした。東條の為に無駄に死んだ膨大な数の日本兵たちは東條と同じ神社に祀られて喜んでいますかねえ、、、

  • この男は自分で戦争中に布告し強制した戦陣訓で負傷して敵につかまった日本軍人、追い詰められた
    民間人に自決を強いてすごい数の犠牲者を出した、それなのに戦陣訓を自分には適用せず、
    戦犯として逮捕の米憲兵の前で自決の失敗した上に、敵の憲兵に日本刀を救命の礼に送った
    卑怯億防な男だと言われている。

    戦陣訓の内容を知らない方はネットで戦陣訓の歌などと入れれば動画がユーチュブなどで
    見れる

  • 阿呆右翼たちよく使っている言葉は勝ったが英雄、敗者が倭寇ですね。
    こういうロジックで詭弁するなんて 馬鹿且無恥ずですね。
    なぜなら、奴らは もう一つ言葉は知らないのです。
    これは:正義が何時も絶対に邪悪を勝 のです。
    日本は邪悪国であり、勝ち取るなんて 有り得ないのことです。
    厚顔しでも 無恥ずしでも 今の日本は続けて邪悪国の道に走っているの筈です。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>9

    俺はアメリカは原爆でソ連は不戦条約を破り日本軍将兵を戦後シベリヤに不法に抑留し沢山殺したのでこれこそ鬼畜の戦争犯罪で韓国が慰安婦で世界中に慰安婦の像を立てているが日本は原爆とシベリヤ抑留という二大戦争犯の罪殉難碑を世界中に建てろと言っている、

    東條が連合国から戦犯にされた事だけでこいつを悪者と言っているのではない、こいつは日本人を無駄に殺人した犯罪者で追及しているのだ、

    捕虜になったら自決しろと言って(自分は戦陣訓守らず生き恥をさらした)その戦陣訓で殺した日本将兵の数はすごいぞ、

    こいつは戦陣訓どおり阿南陸相始目多くの軍人などが自決したのに、戦犯容疑で米憲兵が自宅に逮捕に来たら死なないように腹にピストルで撃って米軍病院で命拾い、アメリカ兵士も見上げたものだとサムライの命の日本刀を礼に送った、馬鹿野郎だ、

    敗戦前に総理は鈴木貫太郎に替わってていたが、終戦前まで御前会議に陸軍の重鎮として出席し、昭和天皇に戦争をやめるのを急げば’貴方が危ない、へな猪口の臆病米軍をびびらせて竹槍での本土決戦での九十九里上陸を抑えると脅かせば、降伏条件が日本に有利、陛下の扱いもよくなるはずだと御託を並べてぐずぐずしている間に我慢できなくなった米軍が非人道的な出来立ての原爆を広島、長崎に投下してその威力を見る実験場にした、そして非戦闘員の日本国民の多大な殺戮を許した、この様に鬼畜の敵を助けた馬鹿、

    戦局が有利なうちに交渉して終戦して居れば日本が有利に戦争を終えられた、、開戦後間もなく山本五十六など賢い連中が敵が準備が少なく日本の奇襲で大損害を受けていて立ち直る前に戦争を終結すれば日本が有利になるのだというに、

    へな猪口な米英等はへの河童だと、このアホはいたずらに戦争を長引かせ敵が軍備も補給も強化して反攻され負け始めたら、日本軍に軍事物資も食料の補給も出来ずに例えばガダルカナールなどが餓島と呼ばれたように戦わずして飢えで日本将兵を沢山殺した、

    マッカーサーは戦後、日本はあほな戦争で惨めな敗戦となったが、開戦する時に日本は資源確保が困難になり戦争に追い込まれたという同情すべき面もあるといったが、こいつはその後の日本が連合国の力を甘く見たあほな指導者により国民全体が犠牲になったと言っている、彼が日本の戦争指導者だったらよかったなと冗談も言いたくなる。

    この東條は 日本人の敵で人間の屑、臆病で卑怯な男がこの社に合祀されて昭和天皇も参拝をやめ、今の天皇も行かないで千鳥が淵にもうでている、

    ヒットラーが彼なりにドイツのために頑張った事もいくらかはあるだろうでも、ドイツではこいつはまさにドイツ国民の敵でこいつを賛美することは今も重大犯罪だ、甘いのか、アホカ、曖昧模糊か、日本は良い良いの国なのか、日本人殺しの東條を拝んでも賛美しても犯罪に成らないんだ。ドイツも世界も大笑いだ、

    東京裁判で絞首刑にされたが、こいつは日本と日本国への犯罪者だ、我々日本人がひっとらえて親兄弟身内の敵のこの男を我々が自分の手でひっ捕らえ殺せなかったのが返す返すも’残念だ、このウスノロで判断力なく敵より日本人を大量殺人したこの卑怯な人間の屑を拝むやつも日本人の敵だ

  • 官僚だっがゆえに与えられた世界情勢の中から
    選んだ選択肢は戦争による現状打破だった

  • >>11

    >父の口癖
    「東條は 10回吊るされても まだ足りない」 大正15年昭和元年生まれの友人
     
    ↑自分だけ逃れたいと考えた時に、思いついた卑しい考え方だと思う。
    東条さんに罪があるなら国民全員に罪がある。

  • >>12

    本当にそうですね。

    戦争で勝った国が、歴史を書く。。。。たとえ間違った行いだとしても。

    例えば、将来、50年後、100年後には、

    間違った戦争をおし進めた国が衰退した時に、

    反転しますね。抵抗していた国のほうが、正義だということに正される。


         そんだけの話というけれど、しみじみしました。。。空船

  •  勝てば、何でも 正義なんですよ。

     A級戦犯で、悪人扱いされる 東条英機氏にしても、
    日本が第二次世界大戦で、米英仏路に大勝していれば、
    なんのことはない、国家の大英雄ってだけの話。

     核兵器を実戦しようした アメリカ合衆国なんて戦争に
    勝ったから、今でも核兵器による日本人それも、
    子供、女、老人が主な非戦闘員を数十万人も一瞬にして
    殺戮した悪魔の所行が、「 誇りある正義の行為 」だと
    世界史に無理矢理刻んでいるだけで。

     アメリカが、戦争に負けていたら、普通に悪魔の所行だと
    裁判で判断されて、アメリカの核兵器を使用した連中は、
    死刑で、もちろん超A級戦犯になっていたのかもしれません。

     その根拠になるのかは、わかりませんが、 9.11テロによる
    報復攻撃などを見ても、「 暴力には暴力で対抗する 」
    それが、正義の 今の世の中です。

     大切な事は、 その 暴力を 実行させない 抑止力。

     ただ、1つ言えることは、核兵器の実戦使用と核兵器の
    廃絶へ向けた 世界中の動きは、加速しており、この考え
    方が、世界の主流になりつつあります。

     一部の強硬派を除けば。

     つまり、核兵器を実戦使用して、日本人の子供・女・老人を
    大量に何十万人も殺戮した米国でさえ、今は、核兵器を縮小
    する大きな動きが、止まらない、正しい方向へと流れています。

     しかし、忘れてはならないことは、

     今でも、アメリカ合衆国政府は、
     核兵器を日本に投下して、非戦闘員・民間人を何十万人も
    核爆弾で、大量殺戮した行為は、

     「 誇りある、正しい 行為である。 」 と世界中に発信している
    事実です。

     アメリカ合衆国は、日本国にとって世界で一番重要な国である事実は
    変わりなく、また動きません。唯一の同盟国です。

     しかし、戦争というものは、かように 真実をねじ曲げる その歴史を大きく
    歪ませる、狂気の行為であることも忘れてはなりません。

     今、アメリカ合衆国と友好であれば、その状態を維持し国家の安全を保持する
    ことこそが、肝要です。

     しかし、アメリカが、どのような理屈を言っても、核兵器で非戦闘員を何十万人も
    殺して 良い 理由など  どこにもありません。  そんな理由は、 

     けっして、 ありません。

  • <<
  • 32 12
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!