ここから本文です
現在位置:
  • 最近日本車は維持に金がかかるとの声が囁かれ始めた
    若者の車離れ・台数が売れない結果として今までなかったような消耗品・寿命を縮じめ有料サービスを増やしてユーザーがそうせざるを得ない状況を作っているサービス手法
    ここ十数年同じ排気量の外車と国産車を比べたら国産車の方が割高だったのには驚き
    外車の方が部品単品が高いのでおそらく外車の方が維持費は割高と思っていたら、ここ十数年数台比べてみたところ国産車はこまごました消耗品の寿命が短く付随保険までかかるので全体の維持費が結果的に外車の方が割安だった

    世界で日本製品は質が良くて割安といわれていたのは過去の話になりつつあるね

    過度な企業優先理論が国産を衰退させた原因と歴史で語られるのはそう遠い未来ではないね

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ