ここから本文です
  • 当方、数年前、転勤で持ち家を空けることになりました。
    賃貸に出すかは決めかねていた所、私の知人を通して、
    私達の引っ越しを知った現入居者が「貸してください」と希望してきました。
    そこで、地元の不動産業者を間にいれて、賃貸契約しました。
    現入居者側も、全国に名を知られているビデ◯リサーチ社に勤務で、
    法人契約をしました。その窓口になっているのが、
    タイ◯イハウジーという業務委託会社です。
    ネット状の評価も最低の会社のようです。
    契約当初にきちんと知らべていれば良かったのですが。

    さて、当方がまた転勤が終わり、自宅に戻ることになり、
    退去を申し出た所、タイ◯イハウジーから、下のような要求が来ました。
    ●現入居者が退去の際の、原状回復費を支払いたくない。(当方で負担しろ)
    ●現入居者が新たな住居へ引っ越しをする際の引っ越し費用を負担しろ
    もちろん、敷金は返金しろと。

    敷金返金については、契約当初、当方側の窓口不動産業者から言われていたので
    返金可としました。
    また、原状回復費については、大事な持ち家を安易なハウスクリーニングで痛められては
    困るので、当方で負担を了承。
    が、タイ◯イハウジーは自分たちの管理物件から、入居者が退去していく際、
    かなり悪どく、原状回復費を払わせているような会社です。
    自分たちが業務委託している会社の社員が退去していく時は、その費用を払いたくない??

    当方の転勤期間のみの入居であり、いつ退去するかわからないリスクがあるということ
    認識していたのに、なぜ引っ越し費用を要求してくるのか。
    そのような、契約はしていません。
    タイ◯イハウジーは、こちらに勝手に引越し費用の請求書を送ってくるそうです。
    封を開けずに返送しようかと思っています。
    大体、現入居者は、マイホームを持たず、引っ越しがつきものの
    賃貸住宅を渡り歩いているような、自己都合なのに、なぜ社命による転勤でもないのに
    ビデオリ◯ーチ社、タイ◯イハウジーは引越し費用を会社負担するのか。

    少し愚痴になってしまいましたが、大切なマイホームを
    転勤などで、賃貸に出す場合は、良く気を付けて下さい。
    本当に不愉快極まりありません。

  • <<
  • 14 1
  • >>
  • 担当者によって無知識、やる気無しの営業が多くいる。
    タイセーハウジー吉祥寺営業所に賃貸管理契約していて5年間契約の賃借り人が退去があったので、即日募集依頼したが放置され2ヶ月間未掲載、その後私から2回の催促してやっとネットに載せた、専任仲介にも関わらず途中応募状況の報告書も、レントリダクション提案も無く放置された。半年1件の問合せな無く売却することに。4社が即手が上がり一般媒介契約、タイセーハウジーにも本社で売買やっているのに、
    やりませんとのメール一本。
    フルスケルトンからの高級素材使ってのタイセーハウジーでのリフォーム物件で有り、2週間で相場以上で売却成約。
    タイセーハウジー吉祥寺営業所の担当は三本預けてる契約の鍵を一本と解約書だけ持ってきてた、二本は前賃借り人の物ですから!と、
    三本預けてる契約も知らずに謝りもせずに、当社が預かってるのは一本ですから!と 
    弁護士に相談して東京地裁に管理契約不履行と募集放置期間の損害賠償提訴予定を、吉祥寺営業所所長に詳細経過と本社での判断をメールをしたが、担当と貴殿の話両方聞かないと判断できないと。私の主張は詳細メールしたので会わずにそれで本社の返事を求めた、和解か、無視放置か、調停に応じるのか?
    お盆前に求めましたがお盆あけの本日から本社営業日にも関わらず、なしのつぶて。
    だらしない会社だ!

  •  「悪質な不動産管理会社」などには充分気を付けましょう!最近では区役所などで定期的な無料法律相談日などがありますので、ぜひ相談しましょう!

  • ご報告させていただきます。

    こちらで、ご相談させて頂いていました件、
    無事にスッキリ、当方の望む形で、終了致しました。

    当方は、敷金全額返金、原状回復費免除のみ。
    多くの不動産業者が払う方が良いと、進言してくださった、
    いわゆる立退き料は、1円も払わずにすみました。

    入居者が、早期に引っ越しを決めてくださり、
    先日、家の明け渡し立ち会いに、当方側の不動産業者と出かけてきました。

    入居者の方は悪質な方では無く、当方が契約時に、
    入居者の事情を考慮したこと、長い間快適に(ではない部分もあったと思いますが)
    生活出来ましたと感謝してくださり、
    こちらも長い間空き家にせずにすんだこと、
    そして早期の退去に感謝を述べました。

    これから、転勤で、一時的に家を賃貸にしようと考えている方、
    不動産業者が言っていることをなんでも鵜呑みにしないよう、
    に充分気をつけて下さい。

    当方は、賃貸に出すときに、全く不勉強だったために、
    転勤が決まり、相手側に退去を申請してから、
    本当に不愉快な思いをしました。

    定期借家契約と言われますが、やはり、デメリットはあります。
    通常賃貸、とどちらが、良いかは、ご自身の会社の転勤の期間のことなど、
    充分考え納得して選んで下さい。
    そして、疑問に思うことは、不動産業者の考えだけでなく、
    実際に転勤で一時的家主を経験した人の話を聞くこと。

    入居者は、まず法人契約。ただ、相手側の企業のレベルと
    入居者を管理職以上に限定することなど、を気を付けられたらいいと思います。

    そして、その社宅業務代行業者のこと、間に入る業者にも気をつけて下さい。
    当方は同じ転勤族の友人の話を聞いていたので、
    トラブルの起きにくいとされている、法人契約にしていましたが、
    相手側の代行業者のことまで、気が回りませんでした。

    立退き料などは、法的には支払い義務のない費用です。
    これは、本当に、入居者によりけりになると思います。
    きちんとした入居者を選ぶべきです。
    そして不動産業者のいいなりにならないこと。
    納得のいかないことは、何度でも、肝を据え、目を見据え
    対面で話し合うことだと思います。

    電話だと、なんんとなくうやむやに話されているように感じます。
    当方も、途中、相手側から裁判に訴えれるかもしれませんよ、
    などと、脅しとも取れることを言われました。
    絶対にひるまないことです。

    そして、契約時から、全て記録をしておくこと。
    書面と、できれば、レコーダーに会話を全てとっておくことが良いかもしれません。
    口頭だけでは、後々、言った言わないとなってしまいます。

    今回、相手側、そして当方側の不動産業者にも
    散々、不愉快な思いをさせられましたが、
    一件落着となりました。

    俄勉強で賃貸に関する法律の本も読み漁り、
    本当にいい勉強になりました。

    お返事くださった方々、有難うございました。

  • >>9

    以下の見解をお持ちなのでしたら、個人的にはそれは誤りだと思います。
    「お住まいを賃貸に出す=お客様から見ればビジネス」なのではないでしょうか。貴方様はそれで収入を得ているわけですから。

    >>
    ただ、現入居者の引っ越し費用、不動産業界では、立退き料として、
    一般的な商習慣なのかもしれませんが、
    我が家は、賃貸ビジネスではなく、あくまで転勤の間だけの賃貸なので、
    そういったプロの商習慣に則る考えはありません。


    きちんと勉強をしてから賃貸に出すべきでしたね、としか、もはや言い様がありません。

  • >>8

    ご丁寧なお返事有難うございます。
    「法人契約の場合は、定期借家は、無理」というお話、
    有難うございます。一概に賃貸と言っても本当にいろいろな決まりがあるのですね。

    ただ、現入居者の引っ越し費用、不動産業界では、立退き料として、
    一般的な商習慣なのかもしれませんが、
    我が家は、賃貸ビジネスではなく、あくまで転勤の間だけの賃貸なので、
    そういったプロの商習慣に則る考えはありません。

    以下については、個人的事情と言われてしまうことかもしれません。が、
    転勤が決まる前からに、庭や外壁などのリフォームをしていて、
    転勤する時に、リフォームが完成したばかりだったのです。

    現入居者は、当時我が家の近所で戸建てを借りていて、(面識は一切ありません)
    その頃に退去しなくてはいけなかったので、私の知人を通じて、
    貸して欲しいと言ってきたのです。

    私達は、まだ賃貸にするか、空き家にしておくか、決めかねていたのですが、
    知人が「きれい好きな人だよ」という意見と、
    隣近所にも「空き家にされるのは不安」とも言われ、
    賃貸にすることに決めたのです。
    入居時は、私達が貸すと決める前から、自分たちから借りたいと言ってきて、
    家賃も、現入居者が勤務するビデ●リサーチが負担してくれる額以内でという
    現入居者の希望を叶えてあげたのに、(家賃を安くしてあげれば、スムースに
    退去してくれると、思ったのです。)
    そして、入居後は、「綺麗で広い家を借りられて嬉しい」と
    私の知人に言っていたのです。
    そういう恩も忘れているのでしょうか。
    すっかり自分の家と勘違いしているのか。
    退去する時は、「全て会社に任せている」という図々しさ。
    そういった事情もあるので、ますます引っ越し費用を払う気にはなりません。

    現入居者は、「貸主に迷惑がかかるから、早く退去するつもり」と言って、
    (私の知人から聞きました)
    引っ越し業社と引越し先は見つけて来ましたが、
    当方の不動産業者が、引っ越し費用のことなどの事情を、現入居者に話に行ったら、
    タイセ●ハウジーから、一切そういう話は聞いていないようで、
    「会社に任せています」の一点張りの図々しさ。
    転勤でもないのだから、通常、「今まで、自分たちの希望通りに貸してくれて有難う。
    今回の引っ越し費用は、自己負担でやります。」というのが良識ではないでしょうか?
    賃貸を渡り歩いている、現入居者の図々しさに本当に呆れています。
    しかも、今度の引っ越し先も、我が家ある町の隣の地区。
    私だったら、そんな近くに引っ越しする気にはなれません。

    上記のような、事情があり、不愉快極まりないのですが、
    法人契約の場合、まったく考慮されないものなのですかね。。。
    不動産業者、代行業者と言えども、人間的な対応が出来ないものなのでしょうか。

    長々と書いてしまいまして。
    お読み頂き有難うございます。

  • >>7

    そうでしたか…もう日時が迫っているのですね。。

    この段階でアドバイスできるとこがあるとすれば
    ・とにかく管理会社に責任を感じて(とって)もらうよう言い張ること。
    ・引越見積もりを再度依頼すること(管理会社を通じてとなると思いますが)
    くらいでしょうかm()m

    とにかく管理会社の対応が良くないですね。
    管理料を頂いていたのなら、例えば引越しの見積り位は、家主様の為を思って少しでも費用のかからないように折衝しても良いと思うのですが…

    ※最後に定期借家についての不動産業界の認識について
    前回のコメントの際、安易に「定期借家としていれば…」というような事を書いてしまいましたが、定期借家契約とすると借手がつかなかった可能性もあったかもしれません(法人契約の場合は定期借家不可がほとんどです)。また、賃料も2~3割減が相場です。
    管理会社はもしかすると「転勤期間中に賃料収入があっただけでもよかったじゃないか」と言われるかもしれません。そう言われると「確かにその通り」なんですよね…

  • >>6

    有難うございます。
    同じように感じています。
    当方側の地元不動産会社からは、初めて家を貸す私達に、
    今回のような事例がある、という説明はありませんでした。
    今では、言った言わないになりますがね。

    タイセイ側から、現入居者の引っ越し費用について、
    事前に見積もなく、現入居者が勝手に決めた費用(業社&プラン)を
    そのまま請求してくるつもりらしい。
    負担して欲しいなら、事前に数社見積もりを取り、
    または、こちらの指定を聞くなどの対応が、良識あるプロではないでしょうか。
    当方側の地元不動産会社は、そういったことにも、
    きちんと対応出来ていません。
    費用を払うのは当方だから、自分たちはなんの痛みもないと考えているのが見え見え。
    現入居者の引越しは2週間後に迫っています。
    どうしたものか。。。
    当方側の不動産会社の責任についても、強く追求していこうと思います。
    今まで、さんざん管理手数料をとっているのだから、
    そこから支払いをしてもらおうかと。

  • 地元の不動産業者が良くないと感じますね。
    私も同業者ですが、分譲マンションの場合は必ず「お部屋に戻る可能性はありますか?」と家主様へ確認しますので…
    地元の不動産業者へは強く言ってもいいのではないですか。プロなのに説明を怠った落ち度は相当にあると思います(私の思うところですが)。。

    社宅代行会社は、強気に出ると思いますよ。
    言い方は大変失礼かもしれませんが、「取れるところから取ろう」という考えなのでしょう。

  • >>3

    タイ◯イハウジーと関わられたことがあるのでしょうか?
    本当に、しつこく、いやらしいヤ●ザな会社です。

  • >>2

    おっしゃる通りかもです~
    こちらは、初めての経験だったので、勉強不足でした。
    こちら側の地元不動産業社からは、こういうことがありうる、という
    事前説明はなかったのです。
    その上、今は、人が(当方が)払うお金だと思って
    さっさと払ったら?という態度。
    「立退き」というケースで、家主が引っ越し費用を持つのが普通、
    というのが納得理解できないんです。
    まして、こちらの指定した引越し業者や引っ越し方法でもないのに。。。
    現入居者が我が家に入居してくる際、レンタカーで軽トラを借りて
    引っ越してきたのですが、(同じ町内)
    今回は図々しくも大手引越し業者を使うようです。
    今回も隣の町内に引っ越すのだから、今回もレンタカーの軽トラで引っ越ししたら?
    という気持ちです。
    ちょっと感情的になっていてスミマセン。
    世の中こういう理不尽なことが多いのですね。

  • そこの社宅代行業務は、喧嘩腰だったなぁ…。
    会社対会社でも、かなり上から目線だし、内容度外視で金額を下げることしかしてこない。
    こちらが僅かでも値下げしないと、長期戦になるから面倒くさい会社です。

  • 超悪質とは言えませんね。というより、地元の不動産業者も相当悪いと思います。
    なぜあなたは定期借家契約を結ばなかったのでしょうか。
    あなたがマイホームへ戻る可能性があったのならば、期間に区切りのある契約(定期借家)を結ぶべきでした。
    今回のケースは、いわゆる「立ち退き」です。立ち退きの際は家主が引っ越し費用をもつのは普通だと思いますが…
    ※専門用語は、ネットなどでお調べくださいm()m

並べ替え:
古い順
新しい順