ここから本文です
  • <<
  • 73 47
  • >>
  • >>71

    >71でタンギング吹法は基本動作的に不自然であると書きましたが、厳密には、【放圧法】のみが不自然であって、基本動作の流れを妨げない【アシスト法】は何も問題はないと考えられます。

  • >>47

    <吹き矢タンギングの方法>
    >吹矢タンギング1:しっかり舌で入り口を閉じて頬を膨らませてから舌を離す。
    >吹矢タンギング2:舌を軽く入り口にあてて吹くと自然に舌が外れて高圧空気が筒に入る。
    >吹矢タンギング3:舌先をすこしパイプの中にいれて入り口を狭くして吹くと矢が出口を通過する まで空気を吹き込んで矢を加速させることができる。
    >吹矢タンギング4 : 舌の面でパイプの入り口を半分くらい塞ぐと息を長く吐くことができるので矢が出口で加速されてよく飛ぶ。

    吹き矢タンギング1は、最も簡単で特別な技術をしない方法です。しかし、頬が不自然に膨らむことと、エイミングの時間が異常に長いことが特徴です。基本動作的にも不自然さが際立ちます。吹くのではなく、圧縮した空気で矢を打ち出すので、以後【放圧法】と書きます。
    吹矢タンギング2は、滑らかな基本動作の中で、ごく自然に取り入れることができるので、矢のスピードが出ない方は試されても良いのではないでしょうか。ただ、舌の外れるタイミングによって矢の飛翔方向が変化しやすいことは否めませんので、得点につながるまでには、時間が必要かも知れません。以後、【アシスト法】と書きます。
    吹矢タンギング3は、理論的には理解できますが、タンギングの目的は“瞬発力で矢を飛ばす”ことですから、この方法は全くナンセンスと言えます。空気の通路を狭めれば、空気の流速が低下し、矢のスピードも低下することは容易に理解できます。また、2の【アシスト法】で、筒口から自然に舌が外れると書いていますが、自然に外れようとする舌を、ずっと同じ状態に保ち続けるのは至難の業でしょう。以後、【狭窄法】と書きます。
    吹矢タンギング4 も、3と同じで、“瞬発力で矢を飛ばす”といタンギングの目的からすれば、ナンセンスな方法と言えます。3と同様に、以後、【狭窄法】と書きます。

  • >>68

    さて、日本スポーツ吹き矢協会の基本動作に照らしてタンギング吹法が馴染むかどうかについてですが、私もkob****さんと同様に違和感を感じています。私はタンギング吹法で六段(上級指導員)を持つ方を身近に見ていますが、舌先で筒口をふさぎ、口の中の空気圧を高め、舌先を外して空気圧で矢を飛ばされているようです。横で見ていると、筒を咥えた四~五秒後に頬が大きく膨らむので、よく分かります。
    日本スポーツ吹き矢協会の現在の昇段試験は、六ラウンドの点数と基本動作の点数で評価をされますが、タンギング吹法の場合、矢を吹いておらず、空気圧で飛ばしているだけですから、基本動作は失格又は、大きく減点されるべきものと思います。
    しかしながら、現実として、前述の方は六段を取られているのですから、日本スポーツ吹き矢協会がタンギング吹法を公認(放任)していることになります。遠くない日に、タンギング吹法の七段が生まれるかも知れませんが、日本スポーツ吹き矢協会のトップの面々はどう考えられているのでしょう。

  • >>68

    こんにちは
    このスレは、ほとんど休止状態ですので、果たして訪問者が現れるか疑わしいところですが、「タンギング」について日頃から感じていることがあるので投稿させていただきました。長い文章は苦手ですので、思いついたことを気ままに書きこませて頂きます。

  • >>60

    所詮、吹矢は採点結果で順位、昇級、昇段が決定される。
    また高段者や優勝者がどのように吹いているのかを判別することは困難である。
    タンギング法で吹いているかも知れないし・・・
    それに段位と命中率が一致しない場合が多く見られる。
    所詮スポ-ツ吹矢とはそういうもので命中率や順位よりも健康増進の体操的要素が強いと考えるべきである。
    たくさんのお金をつぎ込んで、身銭を切っても上達しなければストレスがたまる。
    この時に高段者や指導免許者が適切なアドバイスを与える事が出来るか?と言えば、はなはだ疑問が残る。

    > スポーツ吹矢を初めて5年目です。先日タンギングのことを知りました。3日間ほど練習してみました。たしかに楽にスピードのある矢が吹けます。あまりに簡単にすごいスピードで矢が吹けるので少し考えました。これなら腹式呼吸もなにもいらないと思うようになり、本来の吹矢の目的の呼吸法が生かされないのではないでしょうか。ただ単に高得点が出さえすればそれで満足ということに疑問を持ちました。今はもとの腹式呼吸での射法にもどしています。
    > タンギング射法を3日間やっただけで普通の射法に戻したときに、矢が失速して的に届かないこともありました。みなさんはタンギングについてどうお考えでしょうか。

  • 吹矢のゴルフボール落としルールを考案しました。30本の矢でスポンジゴル
    フボールを何個射落とせるかを競います。ボールはU字型のピンをスポンジマット
    の的板に刺して止めその上にボールを載せておきます。ボールに釘を埋めて釘に
    糸をつけてボールが落ちたらぶら下がって揺れるようにしておくと便利です。
    矢がボールに擦過して落ちても有効です。このルールで2ケは落とせます。5ケ
    落したのが現在の最高得点です。Uピンの幅は2cm的板の左右にUピンを止め
    左右のUピンの間隔は18㎝で高さは160㎝です。info-sportsfukiya-net

  • 吹矢でゴルフボール落としをすると吹矢の面白さが分かります。先端がとがっていない矢ではボールに
    刺さりませんからボールが落ちて矢も床に転がります。やはりとがった矢の方ならボールに矢が刺さっ
    てボールがゆらゆらと揺れますから面白くて便利です。

  • 吹矢ゴルフボール落としビデオ世界初公開します。
    飛距離10mで平均約45発で10ケのボールを射落とせます。名人は12か13発で
    落とせます。ボールが一発で落ちると快感が沸きます。
    https://youtu.be/5E4QeTF9dz0

  • 吹矢でゴルフボール落としを毎日やっています。一発で矢がボールに刺さって落下しボールが揺れるととても気分が良くなります。スポンジボールにワイヤを通して端を輪にして
    U字ピンにかけておきます。Uピンに段差がありボールが落ちやすくなったいます。
    私は170点程度のレベルですが10ケのボールを平均で50発くらいで落しています。
    34発が最高点ですがまだ安定した得点数になっていません。ぜひおすすめします。
    吹矢ゴルフボール落としの全国大会があれば190点クラスの名人がたくさん参加して
    ニュースになると思います。

    スポーツ吹き矢を始めたが 吹矢でゴルフボール落としを毎日やっています。一発で矢がボールに刺さって落下しボールが揺れるととても気

  • スポーツ吹矢を初めて5年目です。先日タンギングのことを知りました。3日間ほど練習してみました。たしかに楽にスピードのある矢が吹けます。あまりに簡単にすごいスピードで矢が吹けるので少し考えました。これなら腹式呼吸もなにもいらないと思うようになり、本来の吹矢の目的の呼吸法が生かされないのではないでしょうか。ただ単に高得点が出さえすればそれで満足ということに疑問を持ちました。今はもとの腹式呼吸での射法にもどしています。
    タンギング射法を3日間やっただけで普通の射法に戻したときに、矢が失速して的に届かないこともありました。みなさんはタンギングについてどうお考えでしょうか。

  • >>54

    フランスでは日本より古くから吹矢が行われていた資料があるので伝統的に吹矢に
    違和感がないようです。各地に吹矢クラブが出来ており盛んに大会が行われています。
    障害者にもできるのでハンデスポーツ吹矢にも力をいれています。また自然の中で
    行う野外吹矢にも熱心な人がおります。フランス語で吹矢はサルバカンと言います。

  • 吹矢が普及したので各地に奇蹟適な高得点を出す名人が続々現れています。
    一般の人は174点まで行ければ満足する人が多いようですが、190点を毎回記録
    できる人もおります。そのような人たちとレベルの低い人たちとの格差が生じて
    しまうと低レベルの人は脱落してゆきます。格差社会にならないようにするには
    ルーレット吹矢など格差が生じない吹矢を行う事がよいと思います。

  • スポーツ吹矢で180点以上を出せる人が増えてきています。一般の人が努力しても、そのような名人にはなかなかなれません。そういう人は天性の吹矢の素質があると思います。名人はその技を自慢するだけでなく、講習会を開いて秘伝を公開しスポーツ吹矢の楽しさやスポーツ性能を普及しなければスポーツ吹矢は普及発展しないでしょう。
    吹矢タンギングは私の秘伝です。国際吹矢道スポーツテキストに記載されております。

  • >>49

    吹矢は昔からあった子供の遊びですがルールを作ってスポーツ競技になってから急速
    に発展しました。特に日本では銀座に本部がある(社)日本スポーツ吹矢協会の発展
    が目覚ましく世界最大の吹矢団体です。(社)JSFAでは吹矢とヨガを組み合わせて
    吹く前に筒を上げ下げする基本動作という所作を取り入れたことが受ける要因にも
    なったようです。フランスにもヨガと吹矢を結合させて行う団体があります。けっし
    て悪いことではないのですが、この所作には時間がかかりすぎるのでJSFAの大会で
    は1ゲームを20本にしています。
    またJSFAではすべての用具を認定販売品に限定しており先端がフラットまたは球形
    の矢を販売しています。

  • スポーツ吹矢とスポーツ競技吹矢はほとんど同じですが、スポーツ吹矢はいろいろな
    制約があります。後者は世界共通ルールで参加自由、用具の手作りも自由です。
    前者は商標登録で勝手に広告することは禁じられています。IFA HH

  • 直径3mmのアクリル棒1mを5cmにカットしてヤスリで尖らせ、極薄のメタルフィルムで巻いて 直径11mm長さ21cm重さ0.6gr以内の矢を作っている。先端の矢じりが太いせいか、先端の矢じりで空気を切り裂き真空の傘の中で矢の尾部に空気抵抗がかからないので矢がよく飛ぶようだ。とても気に入ったいる。

  • 吹矢タンギング1:しっかり舌で入り口を閉じて頬を膨らませてから舌を離す。
    吹矢タンギング2:舌を軽く入り口にあてて吹くと自然に舌が外れて高圧空気が筒に入る。
    吹矢タンギング3:舌先をすこしパイプの中にいれて入り口を狭くして吹くと矢が出口を通過する まで空気を吹き込んで矢を加速させることができる。
    吹矢タンギング4 : 舌の面でパイプの入り口を半分くらい塞ぐと息を長く吐くことができるので矢が出口で加速されてよく飛ぶ。

  • <<
  • 73 47
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!