ここから本文です

静寂の向こうで

  • 2,217
  • 9
  • 2018/07/20 14:15
  • rss
  • <<
  • 2217 2198
  • >>
  • 2217(最新)

    maru 7月20日 14:15

    カザフスタンの英雄
    フィギュア選手のデニス・テン選手が家族と食事中
    駐車していた自家用車のミラーを盗もうとしていた泥棒と争いになり
    刺殺されたと……
    びっくりした
    そんな話がホントにあるのか
    現役のスター選手がそんな目に合わされるなんて
    同じ振り付け師の元、お母さんを亡くしたばかりの真央ちゃんを
    なんとか元気付けてくれるようとしている写真が何枚もあった
    まだ25歳ぐらいだろうか
    なんとも痛ましいことだ……

  • !!!わかります~!
    暑いです!

    お孫ちゃんに会いにいらっしゃるの?
    片言?わぁ、可愛い頃だ💓
    楽しみですね~♪

    それまでお体を労らなきゃですね(^-^)
    私も聴かせ(てやり)たいと宣う(笑)演奏を聴きに週末に行きます

    お互い気をつけてがんばりましょうね📣

    いつもありがとうです😌

  • まるちゃんおはようございます。
    毎日毎日あっついですねー!

    お孫さんがんばってますねー
    スランプの時もあるでしょうに
    毎日厳しい練習して自信をつけたんだ!
    日焼けして元気なお嬢さん、演奏を聴かせたいだって、
    なんか泣けてきそう!

    私もお盆に一年ぶりに孫に会いに東京へgo!
    片言を一生懸命喋るらしいです。
    保育所では初めての水遊びも経験したみたい。
    会うのが楽しみです(^^♪

    暑さのせいかやたら!がついてしまいました。

    体調はどうですか?
    夏はこれから無理しないでくださいね。

  • 上の孫、初めて球場で演奏デビューしました~
    で、終わりました
    相手校は野球強豪高
    コールドゲームだったとか(^^;

    でもね、野球部メッチャかっこよかったよ~
    でね、やばいほど暑かった~

    顔を真っ赤にして帰宅したらしい孫からのLINEが弾んでいました(^-^)

    中学とは違うゆる~い部活の中、やっぱ楽器を吹くのは楽しい~と


    下の孫
    近々あるコンサートにコンクールが楽しみだわとLINEした私に

    早く聴かせたい!

    ですって(^^;
    聴いて欲しいではなく"聴かせたい"って
    自信を持てるほど厳しい練習してるのねぇとママに聞いた

    相当頑張ってるからね

    だそうな

    この暑さ……二人ともそれぞれ学校生活を楽しんでいるのが嬉しい


    被災地の方々、ボランティアのみなさんを思うと
    いたたまれない、申し訳ない、どうぞご無事でと祈るしかない

  • フランスおめでとう💐
    クロアチア感動をありがとう💐
    ベルギー3位になってくれてありがとう💐


    ジョコビッチ久しぶりの優勝おめでとう💐


    楽しませてくれて、どの選手にも、ありがとう💐

  • ささ、さん、こんにちは~
    暑いですね~f(^_^;)

    一人ひとり、いろいろなストーリーを紡ぎなら
    人生の道を歩いているんですよね

    父は外面が良く、家族より自分を重視する人でした
    無学でしたが独学で知識を身に付け、堅気の世界でも成功した時期もありました
    でも、そこもよく私も似ているなと思う破滅型の気質が捨てきれず自ら壊してしまい
    また裏へ裏へ、より暗い道を選ぶ……
    その繰り返しに付き合う私たちはいつも細いロープの上を歩かされているようでした
    急降下する恐怖はいつか身に沁み込み、安定した日々にあっても、これは一時の幻
    どうせまた良くて島の祖父母の元へ置き去り、悪ければお寺や教会に、
    最悪ホームレスだと、あきらめと同時にヘンに度胸が座り、とにかく妹を守らなければ
    そうして半生を過ごしました
    それでもどこか愛嬌があったかなぁ
    妹とよく話します

    お父さんって、ホント、憎みきれないろくでなしだよね~

    と……


    愚痴話を聞いてくださって、聞かせてしまって
    感謝とお詫びをm(__)m

  • こんにちは。

    まるさんとショコさんの会話、感動と驚きで読ませていただいてます。
    私には経験のない気持ちの屈曲と忍耐の世界、ただただ「う〜ん」と感じ入るばかり。
    女性と男性では同じ事でも受け止め方も違うでしょうから、
    お二人の書いてる事をとてもとても全部理解できたとは思えません。

    しかし、そう言いながらあれやこれやを乗り越えて今日までしっかり生きてきたんですよね。
    ほんとにまるで自分とは人生の重みが違うって思います。
    お二人ともまだまだ先は長いし、そうした気持ちの重しが尾を引いてる事でしょうけど
    これから少しは気持ちを楽にできる人生である事を願うばかりです。

    まるさんがお父さんの事を「間違いなくろくでなし」と言われてる所が
    なぜ?と気になってました。
    弱いものいじめを許せない、困ってる人を放っておけない、お父さんなのに。


    私は広島に長く住んでました。
    今回の府中町のすぐそばだったので、今回の洪水は驚きました。
    呉の音戸の瀬戸、音戸大橋にも高校生の頃、自転車で行った事がありますよ。


                          ささ

  • ショコちゃん、こんばんは

    お母さんの心の叫びを汲み取って差し上げられることに
    頭が下がります
    私は二人姉妹で妹は五歳下
    両親がいないときは私しか守ってやれず
    母は田舎のお嬢さん育ちのわがままでジコチュウを地でいく人
    私が盾にでも矛にでもなって一家を守るしかなかったんです
    でも羨んだり妬んだりする相手は妹一人だけ
    他に三人もいたショコちゃんのお母さんは……

    ショコちゃんのお母さん、ずいぶん寂しくて辛い思いをなさったんですね
    屈折する心持ち、失礼かもしれませんが、わかるような気がします
    私にも心の奥底で澱になって固まってしまい、どうにも溶かせない痼があります
    ふだんは静かにしていますが体調が悪かったり何か気にかかる出来事があると
    水を含んだようにふわーと起き上がり、二重三重に私を苦しめます

    お母さんはご高齢でいらっしゃるし、ご両親が亡くなられたことでよけいに
    過去が甦り、負の感情が大きくなってしんどくていらっしゃるかもしれませんね

    ショコちゃんのような良い娘さんがそばにいてくれてること、きっと感謝なさってるでしょう……口には出さなくても……

    ショコちゃんが望まれるよう、穏やかな日々でありますように

  • まるちゃんこんにちは

    父が亡くなって20年
    久しぶりにあんなこと、こんなことを思い出しました。
    父は末っ子で祖母の45歳のときの子供なので、両親兄弟からとても
    可愛がられ、気の良い優しい人でした。

    母方は4人兄弟です
    長女は自己顕示欲の強い祖母のはけ口となり、二女の母は、
    何をしても手早く頼りになる存在であたりまえのようにこき使われる。
    そして長男は文句なく、まるで恋人
    末っ子はとにかく甘やかされかわいい。

    この他にも戦争で義理の間で苦労したり、
    相当屈折したものが母の性格に影響与えているようです。
    80歳になる母ですが、もっと両親からの愛情が欲しかった
    という心の叫びが聞こえてきそうです。

    三つ子の魂百までと言いますが、この時期愛情を感じられなった
    子供はいくつになっても苦しむようです。

    先日相次いで高齢の両親が亡くなってもなおその呪縛から
    逃れられないようです。

    何かにつけて間に合い、頼りされる子供には
    親や他の兄弟にはわからない辛さがあるんだと思います。

    母親の嫌いな所は自分に似ている所だと聞いたことがあります。
    母とは感性が似ているところも多いのですが、時折重く
    感じることもあります。


    最近改めて、母と父の両方のDNAを引き継いでいるんだなと
    感じます。

    母もきっと長寿。どちらが先かわかりませんが、
    できるだけ穏やかな時間が過ごせたらと思っています。

    私もお供えグレードアップしちゃおかな(^^♪

  • ショコちゃんのお父さんのお話を伺って
    頻りに父を懐かしく思い出しています

    体格が良い人で、その道で生きていた人だからそれなりのオーラはあった
    でも本当は小心者で人情に弱く、その道では大成は叶わないだろう気性を
    長女の私は知っていた
    父が亡くなって見つけたノートの一面いっぱいに

    我が長女、我にそっくり、腹が立つ!

    と書いてあった

    一緒に暮らした期間も短く、手が早い人で怖いだけだった父に
    いつからか逆らうようになり、口答えし、酔っては絡みまくるようになった
    言い合えば私が勝ち、父の弱点をつくことも忘れなかった

    でも、父は私を信頼し頼りきっていた
    可愛いのは妹
    便りになるのは私
    両親ともそうだった。最近読んだ本に同じことが書いてあり、うんうんと頷いた

    時代を考えればおかしいのだが、福山に住んでいた時、駅前で軍服姿でラッパを吹く、
    片足の乞食(ホームレスの方とは違う雰囲気)がいた
    見かけるたび、父は必ず幾ばくかのお金を缶に入れていた
    父の父も病気で片足がない人だった

    父は無学だったが読書家で文章を書くのが好きだった

    世間から見ても娘の私から見ても間違いなくろくでなしの父だが
    弱いものイジメは許せない人だった
    困っている人を放ってはおけない人だった
    ショコちゃんのお父さんと並べるのは失礼極まりないけれど
    父もきっとそうしていただろう


    今週末の買い物で、仏壇のお供えを少しグレードアップしようかな

  • ショコちゃん、こんにちは

    そんな怖い思いをしたの?
    お父さん、勇敢な方ね~
    お二人とも無事でよかったこと!

    どこにでも、誰にでも、それぞれ神様も仏様も
    その人なりの何ががきっといらっしゃると信じたいけど
    信じられなくなる災難が続いています
    この暑さの中、二次災害三次災害が心配されます
    何も出来なくて心苦しく思うの、私も同じです
    かすかにでも出来るのはわずかな寄付ぐらいかしら
    出来ることを出来る人がする
    それだけでも集まれば何かしらの役には立てる……
    そう信じたいですね


    疲労困憊で呆然としながらも必死に生きてる人の家やお店に空き巣に入ろうなど
    恥を知れ!

  • まるちゃんこんにちは

    私も子供の頃に一度避難したことがあります。
    台風からの大雨で支流の川の決壊で床下まで水が迫り、
    寝ていると何故か波の音が聞こえ、二階の窓を開けて
    びっくりしました。

    道路と側溝の区別がつかず、様子を見に来た近所のおじさんが
    足をすべらせすごい勢いで流されました。
    下流にいた体格の良かった父がとっさに手を掴み何とか
    引き上げることができ、無事でしたが、おじさんの真っ青な顔と
    ひとつ間違えれば父も流されていたかと思うとゾッとします。

    夜通しサイレンがなり不穏で不安な夜を過ごしました。。

    今回の豪雨で何とか助かった人も、少し落ち着くと
    着の身着のまま、濡れて泥だらけどんなに気持ち悪いでしょう。
    老人・子供・赤ちゃん病気の方どんなに大変でしょう。
    倒壊した家、家族を亡くされた方の悲しみを思うと
    何も役に立つことができない自分が情けなく思います。

    梅雨が明け、暑さとの闘いです。
    何かできることは無いのか、居ても立っても居られない
    毎日です。

    心からお見舞い申し上げます。

  • 呉市には住んだことがある
    音頭町には音頭大橋という橋があり、父が景気の良い時は若い衆を引き連れ
    遊びに行った思い出がある
    府中には名前も忘れてしまったが一緒に遊んだことがある女の子が住んでいた
    安芸には妹の高校の同級生が住んでいて、命は無事だが、お家が倒壊してしまったと……

    ニュースを見るたび被害が増大する

    東海豪雨でたった一晩だが避難経験をした
    近くを流れる川が氾濫しそうだと、夕方だったか地元の消防団が一軒ずつ回ってくれ、
    避難を呼びかけてくれた。班のお年寄りを誘い、確認し、なんとか小学校まで逃げた。
    体育館は蒸し暑く、情報も不足し、不安な夜だった。
    家の中の高い所に置いてきた犬を連れに戻り、駐車場になっていた校庭に停めた車に取りあえず置いた。翌日、彼の声は掠れていた。一晩中吠えていたのだろう。
    避難解除になった午後、帰り道で見た光景。
    田んぼや畑は泥の海のようになり、車がプカプカ浮いていた
    半分泥に埋まった家々
    ぬかるんで歩くのがこんなんな生活道路
    幸い亡くなった方は私の地区ではいなかったが、不幸にも命を落とした方々もいらした


    心からお見舞い申し上げますm(__)m

  • ベルギー勝っちゃった!

    ネイマールとオウンゴールの選手には気の毒したけど
    日本に勝ったベルギー、やっぱ上手くて強いチームだ!


    気の重い出来事もあり、雨に振り回される日々
    少しだけ、息が楽になったような気がする

  • オウム一派の死刑執行か……
    首謀者はまともに会話も出来ない状態だと聞いていたが
    理解して刑に服したのだろうか
    幹部たちの一人でも心から悔いて逝っただろうか

    あんな小汚い品の欠片も見えない男のどこに引かれて
    高学歴のエリートたちがバカげた、出来損ないのSFまがいの説を信じたのか
    その心理や思考、行動の飛躍がわからないままだ
    神と悪魔が並存する西洋とは違う、独特の寛大さと無秩序と懐深い日本の文化
    なぜああした考えに傾倒するのかが私はわからない

    未だに流れを汲む組織がいくつかあると聞く
    先行きの見えない格差社会といわれる今、
    組織の拡大や動向に監視の目を向けなければならないだろう

  • >>2200

    お久しぶりです

    なんとか大丈夫のようです
    取りあえずご報告をm(__)m

    ありがとう(^-^)

  • 瞬間、開きかけた扉
    半身入ってたのに……
    悔しい!
    惜しい!
    残念!
    無念!
    あ~ん!
    選手は誰一人さぼる事なく最後まで頑張ってくれた
    だからこそ勝って欲しかった~
    勝たせてあげたかった

    夢を見させてくれてありがとう
    本当にありがとう

    お疲れさまでした

  • 島にいた子供の頃は、台風がくるとそわそわと嬉しかった
    欠けた茶碗やひびの入ったお皿などのママゴト道具を土間にしまいこみ、
    潮を被りそうな部屋の畳を上げ、ロウソク、懐中電灯、長靴、雨合羽を用意し、
    ウチより海に近いお宅から逃げてくる人たちと身を寄せ会う
    波止から避難する船団を見送った

    日常的な非日常が単調で息苦しい日々のエッセンスになっていたのだろう
    潮がせり上がって押し寄せるぎりぎりの処まで妹の手を引き眺めに行った
    波止を易々と越え、家々を下にしながら押し寄せ、砕け散り、また海に帰る波
    見飽きない光景だった
    風に身体を持ってかれないよう電柱にしっかりつかまりながら
    祖母から叱られるまで見とれていた

    家を揺するほどの風
    荒れ盛る海からの轟音
    屋根を突き破りそうな雨の勢い

    不思議と恐怖は感じなかった
    台風は必ず去るものだと知っていた
    去ればまたいつもの窮屈で身の置き所もない日々が戻ると知っていた

    台風一過
    蒸し暑さと潮を被った後始末の面倒に耐えるうちに
    船が次々に帰ってくるのを迎える安堵の表情に満ちた波止の光景

    祭りは終わった

    私が感じたやるせなさは、きっとそんなことだったのだろう



    また台風が向かっています
    五島はすでに午後からのフェリー欠航が決まっていると

    大事にならぬよう祈念します

  • <<
  • 2217 2198
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順