ここから本文です

つぶやき・・・

  • 1,211
  • 18
  • 2017/12/09 04:46
  • rss
  • <<
  • 1211 1192
  • >>
  • 1211(最新)

    yam***** 12月9日 04:46

    ショックだった。
    辛い日々で安息の時はない。
    寝られない毎日だけど、笑顔だけは絶やさずに人と接しようとしてきた。
    だけど顔って恐ろしい。
    笑っているけれど
    本物の笑いではないと指摘された。
    心から笑ったことはない。
    息子の後始末のために身を粉にして働いている。
    好きな音楽に浸れる時間もない。
    私の責任と面と向かって言われた。
    不妊期間13年目に授かった息子。
    小姑に苛められ辛い日々の毎日だったから
    子育て楽しかった。
    人生で一番幸せだった。
    過保護にしたことは否定しない。
    愛された分人にも優しくできると信じてきた。
    優しさゆえに人に騙されてきた。
    騙す側ではないからよかったと思った。
    100%完璧な親はいないと思う。
    いつか心から笑える日がくるよね。

  • 今日と明日いまの「悩み」から離れられる。
    2日だけ。
    月曜日から現実の問題と格闘しないといけない。い
    ひとつだけ目先が見えてきた。
    いろいろお金の問題で私を振り回している息子、
    いまの会社の上司に認められて「社員」の道が見えてきた。
    何年間も辛い思いしてきて、息子に当たり、息子も辛かっただろう。
    息子の後始末のために働いているような毎日。
    私1人で抱え込みしんどかった。
    本当に辛かった。
    死ぬに死ねない現実。
    どこか遠くに逃げ出すこともできない現実と戦っている。
    一筋の「明かり」が見えてきたことがうれしい。

  • 辞めさせられたヘルパー。
    新人ヘルパーの指導者だと。
    私はコンビを組んだことはないが、仕事はできない、口答えはするで
    事務所の中はサービス責任者とバトルだったそうな。
    極め付きは
    われわれは利用者宅の用具を使うのが基本。
    彼女「腰がいたいから床拭きが出来ないのでモップを買って欲しい。」といったそうな。
    私サービス責任者に思わずいった。「私正座が出来ないくらい膝を痛めている。車掃除につかうようなミニクリーナーで座り込んで部屋を掃除していたけれど、ミレーの落ち穂拾いのような格好で掃除こなしている。膝がいたいのは自分。利用者さんではない」と。
    レベルが低すぎ。

  • 1人のヘルパーが身から出た錆で辞めさせる。
    考えられないわがままを通したからだって。
    おかげでこちらにお鉢が回ってきて予定が狂った。
    ロングの仕事が30分のデイサービス迎えの30分になった。
    ほかで頑張ろう。

  • 昨日ひさしぶりに笑ったよ。
    同じ家の母と娘さんの各々支援に2回入るため一緒にいたヘルパーさんが事務所で待ったら。と誘ってくれた。
    事務所では代表が手作りの夕食をご馳走してくれた。
    代表とは同じ年齢なので話が合って嬉しかった。
    ひさしぶりに日頃の辛いこと忘れて笑ったよ。
    嬉しかったよ。
    いい事業所に巡りあえてよかった。

  • 今まで利用者さんちの「遺影」についてその人のこと知らないので
    なんとも思わなかったが
    Kさんのご主人の遺影は悲しかった。
    2週間前まで Kさんのデイサービスお迎えにための入室すると車椅子を玄関に出していてくださり
    ご本人はテレビの前に座っておられ、Kさんを迎え入れ、着替えを済ませてご主人の横に車椅子を並べ御夫婦一緒に
    テレビを楽しんでおられた。
    その人が「遺影」になってしまった。
    辛いなあ。

  • K さんのご主人昨日をお葬式。
    Kさん今日ディサービスのお迎えキャンセルと思ったが
    娘さん、色々処理があるのだろう。
    Kさんディサービスに預かって貰った方がいいわな。

  • 昨日立ち上がりに倒れたよ。
    夫が起こしてくれたよ。
    夕方もう1件あるから
    バイク乗るのに怖かったけれど、仕事したよ。
    替わりのヘルパーさんがすぐに見つからないと思い、会社の緊急電話に入れるのをやめた。
    いま倒れるわけには行かない。
    必死で頑張ったよ。
    気力で頑張ったよ。
    新しい事業所での仕事もできるのに
    いま倒れるわけにはいかない。
    息子の後始末まだ続く。
    起き上がらなくては。

  • 私たちは利用者さんが入所したり、亡くなったら縁は終わる。
    ましてご主人とは直接支援には関係がない。
    Kさんのご主人とはKさんより話した。
    危篤状態も目の当たりにしている。
    私たちは告別式には参列できない。
    家の前で冥福を祈りたかった。
    ちょうど車が出発するところだった。
    家族さんの前に行けばスタンドプレーになりあとで問題になる。
    これでよかったんだ。
    次回支援のとき、拝ませて貰おう。
    私、独り暮らしに憧れていた。
    Kさん夫婦のように
    金婚式まで生きようね。
    色々あって恨みの方が多いけれど
    縁あって夫婦になったもんね。
    こんな気持ちにさせてくれたKさん夫婦に感謝だよ。
    心からご冥福をお祈り致します。

  • Kさんのご主人亡くなったって会社の責任者からの1通のメール。
    じつは昨日夕方Kさんの前を通った。
    いつも閉まっているシャッターが開いていた。
    なかはがらんどうだった。
    もしやと思った。
    ご冥福をお祈りします。

  • 命の灯火が消えようとしている人がいる。
    Kさんのご主人。
    人工呼吸器をつけていた。
    娘さんは自宅で看取りをする覚悟。
    病院搬送も管に繋がれるだけ。
    延命処置を望まないのだろう。
    痛みはないから
    呼吸器をつけているけれど
    安らかな顔つきだ。
    ディサービスのお迎えでKさんを室内に。
    娘さんが車椅子をご主人のそばに。
    脳梗塞で話せないけれど
    娘さんいわく「仲のいい夫婦でした。」とのこと。
    話せないけれど
    夫婦にしかわからない会話ができたかな。
    みんないずれは死を迎える。
    理不尽な人生の終わりかたは本人はもちろん家族も納得いかないだろうけれど
    Kさんのご主人、家族の看取りで幸せな人生に幕を閉じられるね。
    今度は来週火曜日訪問だけれど
    恐らく哀しいキャンセルだろう。

  • 間もなく人生の幕を降ろそうとしている人がいる。
    週2回ディサービスのお迎えのサービスにいっているKさんのご主人。
    急激にADLレベルダウン。
    最近まで奥さん用の車椅子を玄関まで出していてくれた。
    リビングのテレビの前に座り、車椅子のKさんとならんでテレビ観賞、奇声をあげていたっけ。
    利用料の集金袋を渡すとKさんがディサービスから戻ってくると、お金を袋にいれてくれていた。
    昨日はベッドで半分意識障害。
    娘さんは「長くない」とあっけんからん。
    ケアマネをしていて私たちには厳しいけれど
    年老いた両親の面倒を1人で見ていた。
    頑固な「お父さん」
    さぞ大変だったのだろう。
    娘さんの表情には悲壮感はない。
    最後まで自分で面倒を見た達成感があるのだろう。
    金婚式を迎え、表彰までされたKさん夫婦。
    やがて
    哀しい別れが訪れる。
    夫婦、親子のあり方を見てきた。

  • 嬉しかったよ。
    誘ってくれた新しい事業所に履歴書を持って登録に行ったよ。
    早速仕事の話があったよ。
    これから寒くなるからとカイロとマスクも渡してくれた。
    その心使いが嬉しいね。
    給料に反映するのは1月だけれど
    とにかく少し「上を向いてあるこう」だよ。

  • 万博のコスモスシーシェルに会えなかったね。
    青空の下咲き乱れているコスモスに会えなかったね。
    時間が取れなかったし台風の影響で倒れてしまったって。
    今の私の気持ちと同じだね。
    倒れても力強く生きているコスモスをみて勇気を貰いに行きたかったけれど
    行けなかったね。
    来年は明るい気持ちで行けるかな。

  • 頑張っているんだけれどな。
    なんにも解決しないなぁ。
    ちょっと疲れたな。
    だれにも言えない辛さ。
    自分1人で抱え込んでいる。
    いつか前が明るくなるだろうと信じて来ている。
    辛いよ。
    逃げ出したいよ。
    でも
    逃げることはできない。
    やっぱり今日も立ち上がらないといけないね。

  • 昨日は息子の誕生日。
    子育て一生で一番幸せな時間だった。
    どこで狂ったかな?
    壮絶な虐めで息子も苦しんだよな。
    誰も理解してくれなかったね。
    誰にも相談出来ず私1人で走り回ったね。
    1人抱え込んだね。
    今も抱え込んでいる。
    老体にムチ打って働き詰めで貰った給料みんな息子の後始末に消える。
    自分の楽しみなんか味わえない。
    夫に頭を下げてお金を借りる。
    「通帳見せろ」と言われたらアウト。
    息子への入金がほとんどだから。
    気を使い、気を使い生きてきた。
    もう疲れた。
    でも
    ここで根をあげるわけには行かない。
    今日も頑張ろう。✌

  • なにかにつけての問題男橋下徹。
    上西小百合が言った。
    「弱い人に強く、強い人に弱い」
    これっていじめっこの根性ではないかい?
    人のことにはものすごい批判をするくせに
    自分が批判されたら猛攻撃する。
    「この人なに?」と思っていた。
    今回のネット上のバトル、
    大人の対応ではないね。

  • もう必要ではないと思っていた履歴書。
    書くたびに何枚も失敗して書き直し。
    そのたびに思う。
    財産はないけれど
    子供大好きな私を短大保育科まで出してくれた兄。
    いまはこの年齢で子供と携わることはできないけれど、
    利用者さんの散歩移動のとき保育園児と出くわすと、子供たちに声をかけ、保育士さんにも声をかける。
    辛いことばかりだけど子供たちの笑顔に癒される。
    保育科に行かせてくれた亡き兄に感謝。
    お墓参りに行こう。

  • 金銭的に苦労させられて、逃げ出したいけれど
    派遣会社の営業部長から名指しで仕事依頼が来る息子。
    親バカの私は苦労していること忘れて嬉しくて涙が出てくる。
    ホント バカな私。
    孫やひ孫がいてもおかしくない私だけれど
    子育てをもう一度したい。
    しあわせだったあの時代に戻りたい。

  • 小池女史
    出る杭は打たれる

    小池女史の後ろにくっついた人たち、選挙後の体たらくはなに?
    なにもかも小池女史に責任転嫁するか?
    彼女を庇う積もりは毛頭ないけれど
    自分のポリシーに合わない人まで受け入れる必要ないし、
    フリー記者の「排除する」に踊らされて、それで落選したと騒ぐほうもおかしいよね。

  • <<
  • 1211 1192
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順