ここから本文です
『無と平穏』の部屋

『無と平穏』の部屋

  • 6,002
  • 19
  • 2017/12/14 10:01
  • rss
  • <<
  • 6002 5983
  • >>
  • 6002(最新)

    ばーば 12月14日 10:01

    >>6000

    おはようございます

    アッサムさん 良く当たりますね
    取引き再開したころ 申し込みましたが 当たらないのでやめました
    売り出し価格と その会社の価値とか全く分かりません
    過去が有る物の動きで 予想するほうが楽しいです

    ホントに今年は寒さが早いですね 一年が過ぎるのも早いです 
    頭の中は 年取らないってか 子供に戻っていくようなんですけどねw
    若い頃は(この位の年に成ったら もう少し大人のばーちゃん)に成ってるつもりだったのですが

    お茶うがいして 風邪ひかないように 気をつけます^^

  • 日経平均テクニカル:いったん下方シグナル発生か

    続落。小幅に反発して始まったが、その後はこう着感の強い相場展開が続いており、5日線の攻防となった。連日で陰線を形成しており、戻り待ちの売り圧力が意識されている。もっとも、5日、25日線を支持線として意識したもち合いレンジが継続している。一目均衡表では転換線、基準線が支持線として機能している。遅行スパンは実線を割り込んできており、下方シグナル発生が近づいているが、現在のもち合いレンジをキープすれば、来週にも再び上方シグナルを発生させてくる。まずは5日、25日線での底堅さを見極めつつ、リバウンドを意識した押し目狙いのスタンスになろう。ボリンジャーバンドでは+1σを挟んでの推移。MACDはシグナルとの乖離を保ちつつ、陰転シグナルが継続している。

  • こんばんは🌇

    ばーばさんお久しぶりです😊
    今年は寒さが、いつもより厳しい気がします。
    もうすぐクリスマスで、今年もあとわずかですね。。。

    今日は唯一もらえたSGHD上場で、ケーキ代ゲットしました笑

    これからIPOしばらくラッシュですね。良い銘柄にインできるといいのですが。
    今日のヴィスコもいいみたいですが、初値つきませんでしたね。

    インフルも流行ってきてるようです。
    風邪に気をつけて過ごしましょうね。

    『無と平穏』の部屋 こんばんは🌇  ばーばさんお久しぶりです😊 今年は寒さが、いつもより厳しい気がします。 もうすぐクリ

  • >>5996

    こんにちは^^
    自分に言ってるんですかー

    今月も楽しいじゃないですか

    寒く成りました 皆さん風邪ひかないようにね

  • IMF、中国の銀行に資本増強勧告 2800億ドル不足の可能性

    国際通貨基金(IMF)は7日、中国の銀行は与信拡大ブーム後の景気の落ち込みに備えて資本バッファーを充実させるべきだと指摘した。

     IMFは2011年以来となる中国の金融システムに関する包括的な評価で、「段階的かつ的を絞った銀行の資本増強」を勧告した。最悪シナリオでは不良債権が膨らむとともに、中国の16年の国内総生産(GDP)の2.5%に相当する約2800億ドル(約31兆4830億円)の資本が不足する可能性をストレステストが示唆した。

     IMFがストレステストの対象とし、中国の銀行システム資産の約4分の3を占める33行のうち、27行が少なくとも1つの指標で資本不足とされた。資産規模で世界最大手の中国工商銀行を筆頭とした4大銀行の資本は十分だと指摘したが、個別の都市に軸足を置いた銀行など規模が小さめの金融機関は「脆弱(ぜいじゃく)に見える」と分析した。IMFは資本増強が必要な具体的な銀行名には言及していない。

     一方、中国人民銀行(中央銀行)は7日、IMFのテスト結果の全体像を示していないと反論した。中国の金融システムはリスクに対して「比較的」強いほか、銀行は不良資産を処理する取り組みを強化しており、不良債権比率は過小評価されていないとした。

  • ソニーのゲーム機「PS4」7000万台突破

    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は7日、「プレイステーション(PS)4」の累計実売台数が7000万台を突破したと発表した。2013年11月の発売から4年たつが人気ゲームソフトが充実し、販売を伸ばしている。仮想現実(VR)機器「プレイステーション(PS)VR」の累計実売台数も200万台を超えたと発表した。

    今回の発表とは基準が異なるが、PS2は2000年の発売から12年で1億5500万台出荷した。PS3は7年で8000万台ほど出荷し、PS4は4年でPS3に並ぶ勢いだ。

  • ビットコインに過熱感 1日1000ドルペースで上昇

    仮想通貨ビットコインを巡るマネーゲームが過熱している。1ビットコインのドル建て価格は日本時間7日夜に一時1万5000ドルの大台を超え、前月末からの上昇率は約5割に達した。時価総額は2500億ドル(28兆円)を超え、日本企業首位のトヨタ自動車(約2010億ドル)を抜いた。機関投資家の参入期待が支えだが、急ピッチな上昇には危うさもある。

     ビットコインの時価総額は年初の16倍に膨張。調査会社コインデスクによると、1ビットコインの価格は12月5日から7日にかけて1日あたり1000ドルを超えるペースで上昇した。10月までは1000ドルの上昇に半月ほど時間かかっていた。

     現在のビットコインの売買の大半は個人だが、機関投資家も取引が可能な環境が整いはじめた。米シカゴ・オプション取引所が10日、米シカゴ・マーカンタイル取引所が18日にビットコイン先物の上場を予定。米ナスダックによる18年の先物上場計画も報じられ、国内でも東京金融取引所が意欲を示す。機関投資家マネーの流入期待が新たな個人を呼び込み、価格を押し上げている。

     企業の稼ぐ力が価格の裏づけになる株式とは異なり、ビットコインには価格の合理性を判断する投資尺度が存在しない。それだけに値上がり期待の投機資金が価格を際限なく押し上げている。

     マネックス証券の広木隆氏は「先物が始まれば機関投資家は現在の価格が根拠のないバブルと判断し、先物を売り建てる可能性がある」と話す。

     価格高騰で低い送金コストという利点も薄れてきた。取引所の送金手数料はビットコイン建てのため、円建ての手数料が上昇。送金コストが銀行を上回るようになった。

     例えば大手取引所ビットフライヤーの送金手数料は一律0.0004BTC(BTCは取引単位)で、円建てに直すと約700円(7日時点)。一方、みずほ銀行ではATM経由の他行宛の振込手数料は3万円未満が432円、3万円以上が648円のため、ビットコインの方が割高だ。

  • 官房長官「直ちに邦人の安全に影響ないが必要な準備」

    菅官房長官は記者会見で、アメリカの上院議員が韓国に駐留するアメリカ軍の家族の退避を訴えたことに関連し、直ちに日本人の安全に影響がある状況ではないとしたうえで、さまざまな状況を想定してアメリカや韓国と連携し必要な準備をしていると強調しました。
    この中で、菅官房長官は、アメリカの上院議員が、アメリカと北朝鮮との軍事衝突が近づいているとして、韓国に駐留するアメリカ軍の家族を退避させるよう訴えたことに関連し、「現在、直ちに日本人の安全に影響がある状況ではなく、韓国への渡航や退避に関する危険情報を発出する必要があるとは考えていない」と述べました。

  • >>5990

    おはようございます

    この頭でも解りやすかったです
    早とちりで 飛ばし読みとかしちゃうから 
    何回も読み返して ちゃんと理解する様にしますw

    有難うございました^^

  • >>5991

    需給イベントでは先物・オプション特別精算指数算出(メジャーSQ)がある。そのため先物市場では限月交代に伴うロールオーバー中心の売買になりやすく、全体としては方向感に欠く展開になる可能性がある。一方で、SQ値で23000円乗せといったムードにもなりやすく、先高観が高まりやすい相場展開が期待されそうだ。メジャーSQ通過後は、海外勢はクリスマス休暇となるため、師走相場本格化で個人主体の売買に移ることも考えられる。

    ■為替市場見通し

    来週のドル・円は引き続き米税制改正法案の審議の行方が焦点となりそうだ。4日までに上院本会議で税制改革法案を採決し、可決された後に両院で法案を一本化する作業に入ることになる。8日に暫定予算が期限切れとなるため、議会は8日までに予算案を承認しなければならないが、再度暫定予算を組むことで政府機関閉鎖などのリスクは回避されるとみられる。

    両院の法案は、法人減税の実施時期以外にも違いがあるものの、水面下での調整は行われている。両院での調整は難航するとの見方は少なくないが、クリスマスまでの法案可決・成立への期待は後退していない。トランプ政権による経済政策の進展への期待は再び高まり、株高・ドル高の相場展開となる可能性がある。

    ■来週の注目スケジュール

    12月4日(月):消費者態度指数、ユーロ圏生産者物価指数、米韓合同演習など
    12月5日(火):中財新総合PMI、英総合PMI、ユーロ圏小売売上高など
    12月6日(水):豪GDP、独製造業受注、米ADP全米雇用報告など
    12月7日(木):景気動向指数、独鉱工業生産指数、米消費者信用残高など
    12月8日(金):GDP改定値、独貿易収支、米非農業部門雇用者数など

  • 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米税制改革法案、米雇用統計、メジャーSQ
    ■株式相場見通し

    予想レンジ:上限23100-下限22400円

    来週は米国の米税制改革法案の行方に左右させられる相場展開になりそうだ。米税制改革法案の年内可決へ向けた動きとしては、11月30日の可決は見送ったが、米共和党のマコネル上院院内総務は1日、税制改革法案の上院通過に必要な票数を確保したとの認識を示した。財政赤字の拡大などに与党・共和党内からも懸念が出ており、楽観視できる状況ではないものの、法案の詰めの作業が続くなか、可決となれば相場の押し上げ要因になりそうだ。

    一方で、ハイテク株については、上昇トレンドの中での利益確定による調整とみられる。しかし、先週後半にはアップルやアマゾンなどに買い戻しの動きがみられたが、世界的に相場をけん引してきた半導体関連には相当な資金が向かっていただけに、明確な反転を見極める必要があろう。

    その他、米経済指標の発表も多く、雇用統計に向けて良好な内容が先高観を強めるなか、翌週に控えているFOMCでの利上げは織り込んでいるものの、来年の利上げペースへの思惑につながる形で上昇基調が強まる可能性がある。流れとしては金融セクター等に資金が向かいやすいだろう。また、中小型株は今後12月のIPOラッシュに向かう中、短期の値幅取り狙いの商いが活発化するとみられる。

    物色対象に広がりは見られていないが、足元では小売や外食など消費関連のほか、人材関連の一角といったセクターへの物色は根強い。師走相場で年間上昇率上位の企業に対する一段高も意識されやすいだろう。4日から8日まで米韓空軍による合同演習が予定されており、北朝鮮の地政学リスクを背景とした防衛関連銘柄の動向にも関心が集まりそうだ。

  • >>5986

    経済学ってマクロとミクロってあるんだけど、
    あれは全体的な価格水準や景気変動に関してのマクロ(巨視的)の記事なのだよね。
    マクロ経済の貨幣市場が関係する話。
    簡単に言うと
    マクロ経済学では「時間軸」を考慮に入れるので
    周期性、サイクルの話が出てくるんだよ。
    景気循環論的な話だな。

  • ばーば、あの記事は俺も読んであるよw
    日曜頃、時間取れたらメールしておくよ

  • >>5984

    こういう内情があるのかもだよね(-"-)
    かも?だけどもねー


    白鳳の相撲の取り方もおかしい。
    張り手、かち上げが、横綱の割には多いんだよ、てっか多すぎるんだよw
    小技が多いのだけど、格下の方が綺麗な相撲を守るって
    変な話だろw」

  • 米国務長官、数週間以内に更迭か 米報道

    米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は30日、ホワイトハウスがティラーソン米国務長官を数週間以内に更迭する計画を立てていると報じた。後任はポンペオ米中央情報局(CIA)長官が候補で、次期CIA長官にはトム・コットン上院議員(共和党)が浮上しているという。

    ケリー大統領首席補佐官を中心に長官交代の計画を検討しており、交代時期は年末から年明け早々になる可能性がある。コットン氏は受諾の意向を示しているという。

     ティラーソン氏は北朝鮮やイラン政策を巡ってトランプ大統領とたびたび対立してきた。外交による対話路線を進めるティラーソン氏は、軍事行使など過激な発言を続けるトランプ氏と政権内でぶつかっていたという。

     ティラーソン氏は非公開会合でトランプ氏を「ばか」と呼んだと10月に報じられ、緊急記者会見で「辞任を検討したことはない」と異例の釈明をしていた。

  • <<
  • 6002 5983
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順