ここから本文です
  • その方が亡くなって、もう一年以上経つのに。詳しく説明するのは難しいのですが、二十歳以上歳の離れた方で、その方には妻子がいて、出会った頃は何とも思っていなかったのですが離婚届を見せられて本気で私と付き合うつもりなのだと分かり、付き合う事にしたのですが、しばらく経って別れていない事が分かり、妻子のいる方とは別れなくてはいけないと分かってはいるのにその頃既に同棲をしていて私も相手を好きになってしまっていました。当然長続きはしません。妻子に私の存在が知られ、結局彼は妻子を選んで帰って行きました。連絡を経ってから3年が過ぎた頃偶然再会し、あれから私の事が忘れられずに結局家を出てしまった事を知ってしまった私は愛情というよりは一人で寂しいだろうという思いで月に何度か会うようになりました。再会してからは男女というより親子に近くなっていたように思います。
    住まいが遠い事もあり一週間に一度くらい電話をしていたのですが、ある日「元気?今日は何食べた?」と電話をすると身内の方が出られて亡くなった事を聞きました。突然死なのか、ずっと病気を患って逝かれたのか、何も知らなかった。重い病気なら何故教えてくれなかったのだろう。何か私がしてあげることはなかったのか。彼は私と出会わなければ寂しい最期を迎える事はなかったのではないか。答えの出ない自問自答を繰り返し一年以上経ってしまいました。いつの間にこんなに心を占める存在になっていたのだろう。このままでは一歩も前に進めない。でもこの苦しみは、はからずも不倫をしてしまった罰なのだと

  • <<
  • 23 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ