ここから本文です
  • 島崎藤村『破壊』丑松は『金正恩』北朝鮮征伐記

    『破壊』(明治39年[1906])

    冒頭部
    蓮華寺は下宿を兼ねた。瀬川丑松が急に転宿(ヤドガエ)を思い立って、借りることにした部屋というのは、その蔵裏(クリ)つづきにある二階の角のところ。

    第23章(一節)より
    いよ/\出発の日が来た。払暁(よあけ)頃から霙(みぞれ)が降出して、扇屋に集る人々の胸には寂しい旅の思を添へるのであつた。

    田山花袋による小説『田舎教師』は四国海域に広がる南海トラフによる地震などを表現しているものと思われる。