ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 347 327
  • >>
  • 347(最新)

    yoh***** 8月15日 19:33

    「日本復活するCR-Vは8月30日発売」
    奇抜過ぎるデザインよりはましだが今の日本車のテイストが薄まっただけといった微妙なデザイン
    個性的過ぎるCX-5、ジューク、フォレスターよりは好き嫌いは別れないかもしれないが端正なデザインとは言いにくい。
    鉄モノコックの5ドアパッケージングというのも新鮮味がない理由の一つだがヴェゼルがあるのだから何か特色を持たせる事が必要だろう。

  • 最近、車雑誌ではやたらに昔の車の特集をやっている。
    やはり、当時のデザインの方がいいってか?懐かしいってか?
    自分は平成生まれであるが、確かにそう思う。当時のデザインの方が良く思える。
    外観はそのままで、環境面、安全面、電子面を整えて、ホントに再販してもらいたいものである。
    オートバイでも同じような傾向があるね。

  • CVTが全盛期だが、ATが多段化してきて自動車各社は迷ってるのかな。
    CVTは1500cc位までで、それ以上はATのパターンが多い。
    どうも出力トルクがネックのようだが、いち早くCVTを出したスバルは、高出力対応CVTで頑張っている。
    ただしスバルのCVTでも、サーキットなどの全開走行は15分程度しかもたないようだ。
    CVT特有の出だしのかったるさは、我慢できん、やっぱりATだね。

  • 「トヨタ 新型 TJクルーザー FJクルーザー後継モデル 2019年発売」
    メタボのコバンザメのよう 何かの悪い冗談としか思えないデザインだがこのまま市販したなら勇気だけは評価したい

  • 最近のセダンは後部座席レッグスペース確保のため、その分トランクリッドが小さくなったね~。
    いっそのこと、全て5ドアにしてはどうか。責任取りたくないヤツばかりの会社にできるかな~?

    しかし、デフレの影響で中身の目減りした製品ばかりだね~。
    上げ底、包装ばかり立派で中身スカスカ。

    ISO認証制度の導入以降、職場環境は殺伐としてしまった。カッコばかりで中身の無い仕事が出来てしまった。
    企業はイメージアップばかり躍起になり、現状維持を良しとして安穏としていた。
    いわゆる勝ち逃げの団塊世代は、自分たちの保身だけに動き、改革を嫌った。

    ISOなどは、世間を攪乱させる、欧米の作戦だった。日本は踊らされた。
    IT分野は特に手が込んだワナが張られている。

    日本よ、技を磨け。イメージアップより実力アップだ!!

  • 「検査違反、スズキ・マツダ・ヤマハの3社で6480台分」
    日産、スバルに続き排ガスや燃費を測定する検査にて不正発覚
    利益最優先主義は信用とか信頼は重要視しないようである。
    販売数が見込めない車種はとことん削り、廉価グレードは割高で嫌でも上のグレードを選択するように仕向ける
    利益を優先するのは企業として当たり前の事かもしれないがユーザー側の不満は目に見えない形蓄積されていく
    若者は車から離れ 売れる車は軽ばかり

  • トヨタ「ユーザーにひと目見てかっこいいと思ってもらえるような魅力あるデザイン」
    あまりにも好き嫌いの激しいデザインが多すぎる。きつすぎる先進性アピールとガラの悪さが気持ち悪い。
    男のくせに光物のアクセサリーやたらにつけてる奴のような下品さ、黒をチョイスすると完全に893
    かっこいい思わせるようなデザインを目指しているから、今のデザインになってしまっている。
    カッコつけるのはカッコ悪いのである。

  • 駐車場で 後方確認せず? 勢いよくバックしてきた
    スズキエスクード(70代ばあさん運転)に
    駐車寸前の我がプリウスが オカマを掘られた!

    さすがに 最新のセーフティセンスを備えた我がプリウスも
    後方からオカマ。。には 無防備。

    昨日 弁護士に 
    周囲や双方の車の傷画像を見せつつ
    我が方 過失ゼロで 交渉をゆだねた。

    ドラレコを載せようとして
    機種選定していた矢先にやられてしまい
    悔いが。。。

    トヨタさん
    せっかくバックカメラ付きナビなのですから
    常時 前後画像を常時録画したり
    運転操作情報
    (ブレーキ、アクセル、ハンドル、ワイパー、方向指示・ヘッドライト、バックランプなど)
    を 記録できる”改善”を
    大至急進めてもらえませんかね?

    保険で賄えるが
    弁護士へ 着手 10万円+成功報酬を払うぐらいなら
    その費用をナビに投資して
    保険料値下げとか トラブル迅速解決や
    煽り運転検挙情報提(有償)供料など
    前向きな費用にしたいもの。

    情報料とか多少は 報酬があればさらに普及させやすいでしょう。

  • >>325

    「新型ジムニー&ジムニーシエラ試乗 世界に自慢したいニッポンのオフローダー」
    ベタ褒めで必死感が伝わってくる。メーカーから委託されたのだろうか?
    まああのデザインと燃費性能で多くの受注を受けているようなのでファンはありがたいものである。
    オープン、幌モデルの復活もないし燃費も向上しないデザインは先祖帰りとモデルチェンジしなくても良かったのではないだろうか?

  • リヤバンパーが無い乗用車ってどうなんでしょうか?ワールドカーは輸出先の法律?でリヤバンパーが付いている。ヴィッツやアクアを見れば良くわかります。対してドメスチックカーは付いていません。ノアやアルファードを見れば分かります。
    もっと言ってしまえば、軽自動車はフロントバンパーもありません。ホンダがN-BOXでバンパーに見える飾りにラヂエーターを張り付けてヒットしたため、スズキ、ダイハツも右習えしました。衝突時はエンジンを落として衝撃を吸収するものと思われます。しかしそれは廃車を意味します。「ちょっとの衝突 でラヂエーターが破損し、多額の修理費がかかる」と聞いています。
    私がリヤバンパーを問題にするのは、そこに硬い物が載っていた場合、追突されると押されて後席乗員の凶器になると心配だからです。エンジンは落とせますが、荷物は落とせません。後席背もたれにライトバンのような鉄板が入っているのでしょうか?
    あっ、登録車のフロントはバンパーに見えないだけで、中に衝撃吸収機構が入っています。リヤはすぐ荷室。

  • ドメスチックカーは5ナンバーにしてほしい。ドメスチックカーの雄クラウンは「幅1800を守った」と言うが、日本では邪魔。たしかにベースのレクサスGSは高いけどさ、ならカムリがあるでよ。
    今やポロの幅が1750だから、ワールドカーしか造れない弱小メーカーはしょうがない。「カローラより小さいクラウン」にも抵抗があるだろう。幅だけじゃない、日本で200馬力だの300馬力だのはムダ。事実98馬力しかない(システム出力122馬力)プリウスが飛ぶように売れた。プリウスは1360kg~1460kg(Eはカタログモデル)。プレミオ2.0Gは1270kgで、FRでも100gは重くならない。ならば2.0NAエンジンで狂ったように飛ばすプリウスより速い。そもそもクラウンは静々と走る車だ。
    トヨタさん、クラウンの名がダメならクレスタで5ナンバーFR高級車を復活しませんか?「売れない?」そうだろうね。

  • >>335

    ジムニーシエラ新型:WLTCモード13.6km/L(4AT)
    ATはこっちの方がカタログ燃費が良い。
    参考までにマツダCX-3ガソリン4WD15.2km/L(6AT)ただし、市街地モードはどっこい。本格オフローダーが市街地ではシティー派SUVとどっこいなのだから、良しとしよう。

  • >>334

    燃費性能は上がっているのでは?
    旧型:JC08モード14.8km/L(5MT)、13.6km/L(4AT)
    新型:WLTCモード16.2km/L(5MT)、13.2km/L(4AT)
    WLTCモードはJC08モードより数字が低くなるから、ATも燃費は向上していると思われる。エブリーワゴンターボ4WD4ATがJC08モード14.6km/Lで、タイヤが違うエブリー(バン)は15.4km/L(ジョインターボハイルーフ4WD)。より大きく重いタイヤのジムニーはエブリーワゴンより劣る。
    やはり軽のターボで重量級(1040kg)は、ATではカタログ燃費を稼げないのかもしれん。

  • >>333

    20年ぶりのモデルチェンジで燃費性能を落とすというのは技術力に疑問を持つ。
    偽装工作するよりはましだが、日本の自動車メーカーにプライドはなくなってしまったのか?

  • >>325

    「ジムニー納車は1年待ち?」
    あまりの燃費の悪さに心配したが売れているようである。他に面白みのない車が多いという事だろう

  • 最近の自動車 特にスズキの数車種にA/Cクレーム(リコール)問題が多過ぎる 5年くらい経過すると故障する傾向が 特に室内ユニットからのガス漏れ コストダウンが過ぎて材質、構造にも私は問題が有ると思えてならない 漏れはアルミの問題その溶接の問題かと思いますが あとその室内機の部品交換時が大変な作業 10年くらい前までは室内器は助手席グローブBOX奥に取り付けタイプ(交換が比較的楽に)今のセンター取り付け方式は車に依らず大体ダッシュボード全外し場合によってはハンドルも外さないと出来ない 組み立てコスト材料効率の点からそうなったのでしょう それならそれで良いのですが 部位が昔より弱い(コスト)のみ追及の付け スズキ以外でもこの傾向は見られる でもホンダやダイハツではあまりこの手の話は聞かない どうですか貴方の車は、 メーカー設計者に言いたい センター方式で是からも行くなら室内器(エバポ)は材料アルミ厚くし溶接技術に神経を注いでもらいたい。

  • 「ダイハツ、新型軽のミラ トコットは無印的なシンプルデザイン」
    4ドア定員4人のパッケージングが既にシンプルではない。ほとんど使用する機会のない後部座席と後部ドアを装備する意義があると思えない。
    軽自動車の最軽量モデルは定員2名後部はカーゴスペースのみで十分である。
    同社のラインアップにオリジナリティーを感じない。他社と競合しないモデルがあってもいいのではないだろうか?

  • S社のTVCMを見たが、「愛」とか言ってるが、生垣に向かってバックで駐車してた。
    何か、今の企業体質を表している様だね。

  • センターのメータークラスタって誰のため?
    法的に、いろいろ責任を取らされるのは、最終的には運転者なのに。

    ハイブリッド車などのシフトパターンは事故のもと。
    最近の誤発進事故で、高齢者を取り上げているが、車の欠陥ではないか。
    そもそも、ATが出た時、Pの次がRになっているのは、どうしてか考えてみたのか。
    アメリカなど前進駐車が前提をしくみを、そのまま日本に持ってきて押し付けている。
    似たようなのが、冷蔵庫の右開きドアが基本になっている点。
    これも左利きの国のものをそのままだ。

    よく日本のモノづくりを褒めているが、昭和、平成は何をしてきたんだろうね。
    最終的には消費者にシワ寄せが来る。諦めムード。
    国民がモノを買わないのは、こういったことに気づいているのでは?

  • エアバッグが搭載されはじめて20年以上になるのだが、
    最近、エアバッグ警告灯が点いた車は車検が通らないルールとなった。
    (点灯から消灯までを確認するらしい)
    自車は22歳でエアバッグ搭載の第一世代、耐用年数からして誤爆が怖い。
    運転席だけでも何とかしないと事故が増えるぞ。
    誤作動しそうな部品をいつまでも付けさせるのではなく、更新できるシステムにしたらどうか。
    アフターマーケットのネタかな~。
    自車もスパイラルケーブル断線により点灯してしまい、メーカー確認したが、案の定部品が無い。
    オクで部品を運よく入手でき修理したのだが、こんなに苦労しないと
    気に入ったクルマに乗り続けられないのかと。自動車税の重加算も納得できない。
    良いものを長く大事に使ったほうがエコではないのかな。

  • <<
  • 347 327
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順