ここから本文です
  • JTBの「旅物語」でインドネシアに行ってきました。王宮を訪れるとき、バスではなく乗用車に分乗しました。JTBでは2台のセダンと1台のライトバンを準備しました。15人の参加者の内8人は2台のセダンに、残りの7人は1台のライトバンに乗せられました。両者の間に差があるのではないかと苦情を告げました。初めは根拠もなく差がないと言っていましたが、理由を聞きましたところ、「失礼ながらこれは単に乗り心地などの問題かと存じます。当該旅行につきましては、お客様には予め乗り心地までをお約束するものではありません。車両の整備不良や、乗車定員を超すような安全上の問題が認められる場合は当然看過することは出来ませんが、今回はこれに該当するものではございませんので、悪しからずご理解のほどお願い申し上げます。」との回答がありました。これが、顧客を不平等に扱った(差別した)企業が、不平等に扱われた顧客に言う言葉かと唖然としました。不平等や差別の問題を乗り心地の問題にすり替えています。JTBは問題をすり替え、開き直っているようです。
     JTBでは客の間に差があったり、客の扱いが不平等であったりしても、安全性の問題等がなければ構わないと考えているようです。
     あまりにもひどい対応だと思います。
     皆様はどう思われますか。

  • <<
  • 45 19
  • >>
  • 45(最新)

    ramkhamhen 5月29日 16:51

    おとといエジプトから日本に帰国いたしました。
    大変に人の良いエジプト人ガイドでいい思い出ができたと思いましたが、
    帰りのカイロ空港で添乗員に怒鳴られました。周りのツァー客にも聞こえていました。
    私が悪ければ怒鳴られて当然ですが、突然のことで意味が分からないので反応することもできませんでした。
    もし、こちらが怒鳴り返したら他のツァー客の旅の思い出を壊すようで我慢をしました。
    周囲の人も、なんでこの添乗員イラついているのかと言っていました。
    人それぞれ気分が悪い時はありますが、絶対やってはいけないことです。
    その後、いろいろ調べましたが、私を探してすぐに見つからなかったそうです。
    私はチェックインしてる最中で出国カードをもらっていないので空港職員に質問をしている最中でした。
    その出国カードを渡し忘れていたのが添乗員でカッコ悪かったんでしょう。
    せっかくの楽しい旅が最後で嫌な思い出となりました。
    どのツァーに参加しても添乗員にはあまり期待しないようにしています。
    私は40年ほど販売業をしていたので接客には大変気を使っていました。
    なので同じ接客業の人から怒鳴られるとは思いませんでした。驚きです。
    成田に到着して、添乗員さんにその態度と出国カードの件を聞くと、
    「何のことでしょうか」との返事でしたので、話を止めて帰宅いたしました。

  • 一台のライトバンと二台セダンに15人が分乗されたようです。当然乗り心地には差異が生じることになるわけでしょう。
    一番目に批難されるべきは添乗員の説明不足でしょうね。あなたの場合、説明に納得されなかったようですね。この事態において添乗員の説明に納得した場合、15人の内の誰かが、貧乏くじをひくことになりますね。自分だけがその「くじ」を引きたくない、そのように聞こえるのですが・・・。あなたが「不平等」をその場で主張することで、他の参加者がどのような思いに至るかを考えると、どうかな??と思いますがね。その後のグループ内の気まずい雰囲気が感じられ、その些細な問題(捉え方は千差万別でしょうが)の現場での解決をその場で図ることはそれほどの意味をもたないと思われます。途上国においては、日本国内並みのサービスを期待すること自体がお門違いであり、そうした間違いを含めての「海外旅行」の楽しさ、驚きを与えてくれるのではないでしょうかね。それが嫌なら、自宅で4Kか8Kで旅番組を観れば何らの「不平等」も「不公平」「差別」も感じることなく目の保養になること間違いないですよ。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>32

    こんにちは。JTBは航空予約を頼むことが多いですが、最近は謎の手配があって困っています。
    海外ハブ空港での乗り継ぎ、余裕はなんと50分!とか。←当然、クレームしますが。
    手配する若い社員の中には海外旅行の経験が殆ど無い人もいます。泣けてきます。
    いろいろ改善しないとココはダメでしょうね。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 私は別の意味で、JTBに怒りを感じる体験をしました。
    GW前日の4月28日のワルシャワ空港での出来事です。
    15人ほどのJTBのツアー客が自分の列の進みが悪くなり、中年の女性添乗員が乗り継ぎ時間が迫っているとか言って隣の列に強引に割り込んできました、こちらの列も同じルートの人は大勢いるはずなのに強引に割り込み、列の先頭の人のみに、いいですか?とおざなりのお願いをして、いいですと言われない前にすでに割り込んでいました。列の後方からは文句が出ていましたが完全無視です。最近は海外で日本人のマナーが褒められることが多いですが、模範を示さなければいけない日本を代表する旅行会社がこのような無礼な行動をとるということは会社の教育に問題があるのではないでしょうか。

  • >>7

    クレーマーはJTBの方だと思います。
    乗り心地を要求しているのではなく、不平等に対しその理由を聞いたのです。
    JTBはそれには答えずに、乗り心地の問題としています。

  • >>33

    どらちゃん

    JTBは一度だけしか利用したことがないのですが、運悪くひどい目にあったなと思っています。
    いつもはトラピです。 添乗員は今まで外れたことはありませんでした。
    HISも一度利用したことがありましたが、それほど悪くはありませんでした。
    クラツーは国内旅行だけですが、添乗員はただ付いてくるだけで観光地の説明もほとんどなく、少々がっかりでした(やはり観光地の説明を添乗員に求めるのは難しいのかも)。

  • >>32

    JTBは 国内の 
    お金をかけた 大名旅行向きかな?(笑)

    海外のパックツアーは 
    全体的にはトラピが 比較的よさそうな気がします。
    それぞれのツアーに相応しい 添乗員や
    現地スタッフが用意されています。

    クラツーの海外 大名旅行の中には
    それなりに 食指を揺さぶられるツアーもありますね。

    欧州のトレッキングツアーなどです。

  • >>31

    私もJTBは今まで使ったことはなく、初めて使って悪い思い出ばかり。
    最近はトラピばかりです。 添乗員も比較的よさそうに思いました。
    クラツーは添乗員が今一の感じです。

  • >>1

    こんにちは
    海外旅行で
    JTBは使ったことがなく
    大半はトラピです。
    添乗員は基本的に個人事業主らしい。
    かなり彼らとの関係をじょうずにマネジメントしているトラピでも
    添乗員によるバラツキはありますね。
    クラツーはそれに次ぐかな?
    安物ツアーは当たり外れが大きい。
    まあ基本的に他所の国ですから
    周りの環境的に
    日本的なサービスは期待しちゃダメです。
    不便さを楽しめる位の心の広いツアーメンバーとともに
    添乗員をもりあげて旅を楽しめたら最高です。
    なのでツアー選びは
    特に応募しそうな客層を考えて慎重にします。
    安さだけでなく
    ツアープランとか
    ある程度企画者の意図を良く考えて選びますが
    どうしても仲間入り出来ないメンバーがいますね。

  • >>23

    Aki様

    今まで、英語が通じないホテルはほとんどありませんでした。
    フランスでもそうでした。フランスに行ったとき、何かの拍子にフランスの人と英語で話したことがあります。フランス人はフランス語に誇りを持っているので、英語を話されないと聞いたことがありますと言いましたら、フランスの方はフランス人は英語がそれほど得意でないだけですと言っておられました。(謙遜かもしれませんが)
    そういえばドイツ人の英語は分かりやすいですね。日本で習った英語に近く最も聞きやすいと思いました。ドイツ語もリエゾンがなく、一語ずつはっきり発音するので、英語を話す時も同じように話すからだと思います。

  • >>24

    Lov様
    JATAは知りませんでした。
    JATAでは旅行業者に誠実な対応をするように指導してもらえるのでしょうか。
    乗り心地の問題ではなく、不平等の問題であるとの指摘を旅物語にしましたが、何の返事もありません。
    (格安でも皆が同じであれば良いのです。同じ料金で差別をされるのが嫌なのです。)

  • ちょっと勘違いしていました。
    セダンとワンボックスカーに分乗したのかと思っていました。
    旅行会社はワンボックスカーをよく使いますので。

    ライトバンは本来、貨物車ですからね。
    貨物車に客を乗せること自体が旅行会社としてはアウトです。
    客は荷物じゃないんですから。
    私ならライトバンの乗車を拒否してタクシーを用意させたかもしれません。

    ですから「乗り心地を保証するものではない」という回答はダメですね。
    問題のすり替えです。
    うちは格安ツアーなんだから文句を言うな、そんな意識が透けて見えます。
    そんなのはお客様相談室とはいえません。
    JATAに苦情を言ってもいいレベルの対応です。
    (JATAは信頼できます)

    JATA(日本旅行業協会)
    03-3592-1266
          月〜金 9:30〜17:30

  • gan様
     私も大して英語が上手い訳でもありません。必要な言葉を必要なだけ知ってる程度です。日本語でも相手に自分の意志を伝えるのが上手い人と下手な人がおります。gan様も私位の年のになったらきっとそれが上手くなってると思います。

     今は英語が国際語になっておりますが、以前はフランス語でした。今はフランスに行くと大体の人は分かって居ても英語は使いません。英語覚えていても何にもなりません。

     子供の時に中国に行くのに南北朝鮮を縦断しましたが、以後行っておりません。韓国は如何でした。でも聞くだけで今の韓国や中国には行こうとは思いません。

  • >>20

    aki様
    もう少し英語ができれば、自分自身の旅を企画できるのでしょうが、宿の予約まではできるとしても現地でバスや電車に乗ることは困難か時間がかかり過ぎると思っています。先日韓国に行ったときも地下鉄の切符を買うのにも苦労しました。
    早く旅行が上手になり、気ままなツアーができるようになりたいと思います。

  • Lovさま
    コメントありがとうございます。
    どうしてこのような差があるのかの説明は全くありませんでした。
    機械的にセダンとライトバンに分けさせられたものと思います。現地の人がどの程度の権限を持っているのか分かりません。ライトバン3台に5人ずつであれば、安いツアーだからと納得するのですが、不平等に扱われるのには我慢ができません。
    日本に帰ってから旅物語にこの件を告げると、お客様相談室の室長から、乗り心地を保証するものではないとの趣旨の手紙をもらいました。不平等を乗り心地にすり替えあたかもこちらが不当な要求をしているような言い分です。再度抗議しましたが、今度は何の返事もありません。
    今まで、トラピックスもクラブツーリズムにも参加したことがありますが、不愉快な気分になったことはありませんでした。初めて「旅物語」に参加し、ツアーで初めて不愉快な経験をしました。お客様相談室までが喧嘩を売るような対応なんてひどい会社と思っています。

  • ここで色々ご意見を聞いてツアーについて色々知りました。先にお話しした通り私は滅多にツアーには入りません。朝から晩まで予定がギッシリではとても付合い切れません。自分の趣味に合わない所はサッサと通り過ぎる。気に要った所には何時間でも居る。自由気ままで勝手な私にはツアーは合いません。

                  アキ

  • 「旅物語」は、いいですよ。
    金額のわりに内容は頑張っていて今までハズレはありません。
    安いツアーしか行きませんのでトラピックス、クラブツーリズム、旅物語の3社をいつも比較するのですが大抵「旅物語」に落ち着きます。
    今までが良かったから次もまた、となります。


    ご指摘の件、お気持ちは分かります。
    2台のセダンと1台のライトバンが用意され、ライトバンに乗せられたら不公平だと感じるのは当然だと思います。
    添乗員だか現地ガイドだか分かりませんが説明の仕方がまずかったのではないでしょうか。
    頑張ったのですがどうしても、もう一台の乗用車がご用意できませんでした。ライトバンの方でもいいよというお客様はいらっしゃいませんでしょうか、と切り出せばいいですよという人がきっと何人かでてくれると思うのです。

    torさんのように観光バスが故障したからといって別行動をとる人がツアーにいたら
    私はいやだなあ。

  • <<
  • 45 19
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順