ここから本文です

投稿コメント一覧 (2390コメント)

  • イデアの優待でランタンを注文していました。

    正確に言うと、我が家用のランタンはすでにライザップ優待でもらっていました。
    今回のイデア優待は、先日の北海道地震時のヨシムネさんレポートを踏まえ、私と妻の双方の実家に贈ったものです。

    先ほど、私の実家から、イデアからランタンが届いたとの知らせがありました。もう少し先だと思ってましたが、早い到着でした。

  • >>No. 65829

    ミルクさん
    ありがとうございます。
    「なるほど…。」と思うところがあります。
    後編が楽しみです!

  • >>No. 65797

    だいずさん
    お久しぶりです。
    ここでの買いが後々に効いてくるかもしれませんね~!!

  • >>No. 65763

    今朝の夢は何の成果もなく、ただの日常のランチタイムを過ごしました(残念)。

    ライザップの法人向け健康プログラムが順調に拡大しており、累計で500社・5万人
    を突破したそうです。
    2018年9月末で46000人だったのですが、これを2019年3月末には10万人達成を
    目指すそうです。
    各事業が順調に拡大していますね~!
    株価もいつの日か後追いすることを希望します。

  • おはようございます。

    今日、某所でランチを食べていたら、偶然に瀬戸社長もいました。
    社長が私を見つけ、「やぁ北斗星さん、一緒に食べましょう!」と声を掛けてくれたので、同席しました。

    という夢で目が覚めました。(社長と私は面識ないけど)。夢占い的には何でしょうかね~?

  • >>No. 65746

    araさん
    「ヤフーニュース」→「2928」→「ニュース」
    で見られるかと…。

  • >>No. 65711

    読みました。ありがとうございます。
    1は、基本的に社長が総会で説明した内容の通りです(年収と貯金の例えの説明はなかったはずですが)。
    2も、どこかで社長が説明していたような気がします。
    3は、初見です。

  • >>No. 65698

    にゃごさん
    そんな連中に関わらなければ良いだけですよ。
    関わること自体が、そんな連中と同じレベルに自分自身を堕している
    事になります。

    世の中のことは大別すると、
    ①必要的事項
    ②有益的事項
    ③無益的事項
    ④有害的事項
    があります。

    ①の必要的事項は、
    生きていく上で不可欠・義務的なことですから、やらざるを得ません。
    ②の有益的事項は、
    不可欠・義務的とまでは言えませんが、やっておくと有益なので、可能な限りやっておきます。
    ④有害的事項は、
    重大犯罪を犯すなど、これまで築いた人生を強制終了させる結果になりかねない事柄ですので、
    やってはいけません。
    ③無益的事項は、
    有害とまでは言えないが、やる必要もメリットもない事柄です。

    普段の生活で④有害的事項をやることはまずないので、特に気にする必要がないでしょう。
    問題は③無益的事項です。
    お金はもちろん、自分の時間・エネルギーは有限です。
    その有限な自分の時間・エネルギーを無益なことに充てるのは馬鹿馬鹿しいです。
    そんなことをするぐらいなら、①必要的、②有益的な事柄に注力すべきですし、
    ③無益的に労力を割くことは、①必要的、②有益的な事柄を減らしてしまう意味では
    有害だと思っています。

    例えて言えば、板上のくだらない連中に労力に割くことです。
    こんな連中に時間を割いても何の意味もないですし、そんな時間があったら、勉強したり、
    好きなDVDを見たり、酒飲んでひと眠りしたりする方がはるかに良いと思っています。

  • ライザップG
    2Q決算発表は11月14日(水)だそうです。
    楽しみですね~!

  • 湘南ベルマーレ
    ライザップGが今年4月にJリーグの湘南ベルマーレを参加に入れたとき、
    2020年までに①J1、②天皇杯、③ルヴァン杯のどれかでタイトルを取る
    ことをコミットしていました。

    今日③ルヴァン杯の準決勝があり、湘南ベルマーレが決勝に進出することが決定。
    10/27の決勝がどうなるか分かりませんが、楽しみな展開となってきましたね~!

  • >>No. 65653

    これまで犬次郎さんの名作をたくさん見てきましたが、
    その多くが暴落時の作なんですよね~。
    名作は読みたい、でも暴落は困る、といった心境です。

  • >>No. 65632

    株主総会に出ておくと、投資をする上で物凄くメリットがありますね。

    総会に出て社長たちの話を聞いておけば、その後の出来事の意味合いがよく分かります。
    ここに限らず、総会に出ていない方は、各場面を正確に理解できずに思い悩み、時には流言飛語に引っ掛かったり、会社を過大評価したりするのを散見します。

    諸事情から総会に参加できない方もいるでしょうから、ここ4年ほどライザップの株主総会レポートを書き、多少のご好評をいただいていますが、すべての話を書くのは無理ですし、息づかいや間合いなどはなおさら無理です。

    その意味で、可能な限りの調整をして、株主総会に参加なさることをお薦めします!

  • こんにちは。

    毎週末に『犬次郎株日誌』を読んでいます。
    普段も楽しみですが、暴落があった時の犬次郎さんの切れ味が何とも言えません。
    暇な方はどうぞ!

  • >>No. 65640

    ミルクさん
    ライザップの場合
    最初に現金一括払いのとき、
    トレーニングを実施した分だけ売上計上し、残りは前受金です。
    ですので、毎回のトレーニングの度に売上計上し、前受金が徐々に減っていきます。
    割賦のときは、
    割賦の支払いペースよりトレーニングのペースが早いはずなので、サービスの提供が先で、支払いは後払いになるはずです。

    マルコの場合
    現金一括払いのとき
    全額が売上です。掛けはゼロ。
    割賦のとき
    代金は売掛金

    という処理なのかなぁと思っています。

  • >>No. 65638

    マルコの決算短信は見ていませんが、
    売上が立ったが、(決算基準日現在で)未回収の部分(割賦の部品など)は、売掛金として計上されているのではないでしょうか。

  • >>No. 65636

    ありがとうございます。
    今日は休みです。先ほどまで寝ていました。

  • >>No. 65630

    まあね。
    終電後にタクシーで帰ってきたから。おやすみなさい。

  • >>No. 65628

    なんか盛り返してきたみたいだよ。

  • ハップさん
    利息が27万円との計算はね…

    30万円を年利18%だと、1年間の利息は5万4000円。
    で、5年だと、5万4000円×5年=27万円ということです。
    つまり、1円も払わなかったら5年後にどうなるかという計算ですよね。

    直感的に、たぶん上記誤解をしているのかな~と思ったので、
    本当に計算してみました。

    なお、私の計算ソフトは裁判所でもそのまま使われています。

  • 【リコーリース】(8566) 
    本日10/12終値3505円

    普段ここで見かけないですが、今日はリコーリースをひとつ買いました。
    基本的に、配当&優待目的枠での購入です。

    リコーリースは、18年くらい連続増配中(リーマン・ショック時にも増配しています)で、
    今期の配当は年80円です。
    優待は、100株でクオカード3000円です。1年後には4000円となり、3年以上だと5000円に。

    3年後の配当は年90円は堅いでしょうから、配当年9000円+クオカード5000円=14000円です。
    つまり、3500円で買えばその頃は年利回り4%以上です。

    目先の配当利回りも大事ですが、連続増配による将来の高利回りも大事だと思っています。
    で、ここに長期優遇の優待があるといっそう魅力的です。
    その意味で、以前にご紹介した【興銀リース】や【KDDI】と同じ視点で買ったこととなります。

    もうひとつ。
    リコーリースはリコー系列ですので、当然ながら事務機器・情報機器のリースが主力でした。
    そのため、先々の成長は??と思っていた時期もありました。
    ところが…、
    私は、仕事柄、介護業者と契約することもあります。
    その際、利用料の集金代行でリコーリースが活躍している場面を目にすることがありました。
    気になって調べると、介護事業者向けのファクタリング事業に注力していることも分かりました
    (って、前号の四季報にも書いてあるけどね)。

    ※ファクタリング事業
    簡単言うと、介護サービス提供の結果、介護事業者が将来受け取る介護保険給付金相当額を、
    リコーリースが一括前払いをし、後日の支払われる介護保険給付金から回収するというもの。
    中小の介護事業者の資金繰りを円滑化し、資金が潤沢でない事業者のビジネスを支援し、かつ
    リコーリースは所定の手数料を得ることが出来ます。

    ということで、将来的に少し面白いかも…とも思っています。
    はてさて、どうなることやら…。

本文はここまでです このページの先頭へ