ここから本文です

投稿コメント一覧 (579コメント)

  • >>No. 21477

    岩国キズナスタジアムの正式名は、「愛宕スポーツコンプレックス野球場」で、「キズナスタジアム」は愛称のようですね

    両翼100メートル、中堅122メートル、外野は天然芝、スコアボードはフルカラーのLEDと、かなりお金がかかってますね

    wikiによると、所有者は米軍となってました

    行ってみたいですね

  • 話題が無いので、県内の球場について少し

    岩国キズナスタジアムが完成し、今年から高校野球の公式戦で使用されるようです

    すでに、広島カープの2軍がキャンプしていますし、ファームの公式戦も開催の予定です

    2軍本拠地である由宇球場より立派ですね

    周囲の公園も立派で、米軍岩国基地関連の見返りとして建設した施設なので、予算も青天井なのかな?

    現在由宇球場は改装中みたいです

    岩国、柳井周辺の野球ファンは、高校野球を観てから、由宇でのファームの試合に行き、夜はズムスタと、野球のはしごが出来る環境ですね

    それから、命名権売買、ネーミングライツの為、西京スタジアムの名前が変わるようです

    新しい名前は、「山口マツダ西京きずなスタジアム」です

    ここでも「きずな」という単語が出てきますね

    一時期「きらら」という言葉を推してましたが、今の山口県は「きずな」推しなんかな?

  • >>No. 21474

    ベースボール・マガジン社の『センバツ2018』のほうは、練習試合を含めた打撃投手成績が掲載されてます

    それによると、下関国際のチーム本塁打王は鶴田君、首位打者は吉村君、打点王は鶴田君となっています

    練習試合の結果も掲載していて、他のチームのページに、山口県の高校の名前がチラホラ見えますね

    それと、ベンチ外の選手も名前と出身中学、ポジション、身長体重、投打の利きが掲載されてましたけど、下級生が上級生になった時、エースは誰になるんかな?って、少し気になりました

    夏の大会の時、yabの中継で元宇部商監督の玉国さんが、その辺りの事を言及してたような気がします

  • >>No. 21473

    復刊した『輝け甲子園の星』を購入しました

    公式戦の通算成績が掲載されてましたが、チームの打点王が一年生の佐本君なのには驚きました

    9番打者の佐本君の打点が多いという事は、下位である7番8番の出塁が多いと推測します

    センバツでの打順はどうなるかわかりませんが、新二年生・佐本君の打撃に注目してみます

    ちなみに、公式戦でのチームの首位打者は、6番の川上君でした

    一年生から中軸を担っている川上君も期待しています

  • >>No. 21472

    以前は高校野球雑誌で、練習試合も含めた勝敗がわかったのですが、今年はすでにネットで練習試合の勝敗が出回ってますね

    それによると、下関国際はあまり練習試合の勝敗に拘ってないのかなって思います

    練習試合で、広陵、瀬戸内、関東一等の強豪チームと対戦してるようです

    そのうち、広陵戦だけスコアが掲載されてました

    1点差の接戦との事

    試合内容も気になりますね

  • >>No. 21468

    高校野球雑誌では、『輝け甲子園の星』が復刊するようで、これが来月5日に発売されるとの事

    これが一番早い選抜関連の雑誌かな

    『ホームラン』は9日ですか

    僕は近年『ホームラン』をよく買ってます

    ベースボールマガジン社のセンバツガイドが6日で、『報知高校野球』が7日みたいですね

    楽しみです

  • まずは下関国際

    甲子園出場おめでとう

    26日は、yab等の夕方のローカルニュースを観てました

    ネットニュースでは、冬場はボート競技のトレーニングマシンを使って、全身を鍛えてるとか

    ホント選抜大会が待ち遠しいですよね

    来月発売の高校野球雑誌も楽しみです

  • >>No. 21465

    僕も補欠校にも入っていない事には驚きました

    午前中にプレゼンがあったみたいで、そこでのアピール等々、他のチームほうが優っていたのかな

    膳所高校は、春夏と結構甲子園に出てますが、それでも選びたくなる理由があったのでしょう

  • >>No. 21464

    内規では、一般選考で同一都道府県から3校は選ばないとなっているので、21世紀枠を含めての3校ならば可能という事なのかな

  • >>No. 21459

    ちと調べてみますと、発表は15時で最初に21世紀枠から言うようですね

    選考は11時からとの事で、今揉めている最中かな

    ホント2校ダブル出場を期待してます

  • >>No. 21457

    いよいよ今日ですね

    下関国際は、ほぼ出場間違いなしですけど、注目は下関西が21世紀枠で出場出来るかどうか

    例年だと、昼過ぎに決まってたような

    懸念されるのは、下関国際と同じ市だという事

    でも、確か先に21世紀枠から話し合ってたと思います

    なので、過去どこの地区が21世紀枠多いとか、神宮枠がどことか同一市内とか、あまり関係ないような気がします

  • 今年の夏の山口県代表は下関国際と睨んでるんやけど、ライバルは一応前原君覚醒時の高川学園かなって考えてます

    前原君は、以前より名前をよく聞いており、直球のマックスも140オーバーとか

    秋は登板がありませんでしたけど、全快で臨んだ時、高川学園の今の代の野球が見えてくると思います

    あとは、早鞆がどのくらい冬場でレベルアップしてくるか楽しめ

    早鞆・畑村君、下関国際・鶴田君の投げ合いが楽しみですね

  • >>No. 21453

    青学・原監督は、陸上弱小チームの青山学院大を僅か10年で箱根駅伝優勝へ導いて、更に今年4連覇しましたよね

    それと、箱根駅伝予選敗退校の中から有力選手を選抜する「学連選抜チーム」が参加してるんやけど、毎年最下位近辺の成績なんよ

    しかし、原監督が学連選抜チームを率いた時は、4位という学連最高の成績を残しています

    選手を乗せるのも上手いし、適材適所を見極める能力が凄いと思います

    案外畑違いの高校野球でも通用するんじゃないかと思ってます

  • >>No. 21452

    高校バレーは、山口県は男女とも結果を残していますが、選手は越境入学なんでしょうか?

    それと、男子は宇部商ではなく高川学園が大活躍ですが、今の勢力図は高川学園のほうが流れがあるのでしょうか?

    高校サッカーも山高から多々良へ移りましたし、今回1勝しました(しかも相手はサッカーの強豪・静岡県代表)

    高校駅伝の順位は、いつもの感じですけど、箱根駅伝は毎年走ってランナー多いですよね

    上手く育てていく事が出来れば、山口県もそこそこやれる、、、

    そんな気がします

    青学の原監督辺り、畑違いでも指導に来ないかな?

    問題の根っこを見つける能力が凄そうなので

  • >>No. 21448

    県岐阜商という事は、“母校に恩返し”って意味なのかな?

    県岐阜商は、岐阜城北を選抜ベスト4へ導いた藤田さんが務めていると思ってたけど、数年前に辞めてたんですね

    正直山口県にも野球強豪校の元監督が来てくれたらなぁ~って思った事あります

    でも、それは学校側のしっかりとしたバックアップがあってこそ、その監督の意味が生きると思います

    今の山口県で、そこまでして野球の強豪として有名になりたい高校があるのかどうか

    中途半端が一番怖い

    全く監督経験のない下関国際・坂原監督が、一回戦コールド負けが当たり前の弱小校を強豪校に変貌させたのを見てると、どっちが良いのか考えさせられますね

    それと、これは何回か指摘してるんだけど、今後下関市の有望野球少年が、下関国際を進路先の選択肢としてあるのかどうか

    これだけは、学校全体で取り組まなければならない事だと思います

    僕ら下関市民としては、下関市の中学野球少年は下関市の高校へと考えているので、その受け皿になって流出を防いでほしいなって

    今回話しがまとまらず、何回も削除しました

    すんません

  • >>No. 21444

    将来の監督候補ですかね

    母校に戻り、監督のやり方を継承するって良い話しですね

    そう言えば、ロッテの宮崎投手も坂原監督への感謝の言葉が有りました

    本気で体当たりしてくる監督なんでしょうね

  • >>No. 21443

    あの日は、南陽工・岩本君、広島工・石田君のドラフト候補同士の投げ合いもあり、面白かった4試合でした

    あの試合で、南陽工の打撃力が課題として挙がりましたけど、結局甲子園でも打てずに負けてしまいました

    中京大中京先発の左腕投手が攻略出来ませんでした

    この石田君しかり、夏の決勝戦での防府・田辺君しかり、左腕を苦手にしてた印象がありますね

    あっ、春も前橋商・野口君、PL学園・中野君、花巻東と、左腕との対決が多かったですね

    岩本君の好投が光った大会でした

  • >>No. 21441

    華陵や高川学園、宇部鴻城、早鞆辺りは、なかなか甲子園に行けなかったのですが、下関国際は割りとアッサリ決めましたね

    僕の予想より1年早く甲子園出場を決め、さらに選抜出場も濃厚

    坂原監督の指導が身を結びつつありますね

    仙台育英の件を考えると、ガチガチを日常生活を縛るやり方も有りなんかな?

    選手がある程度大人でないと、自由な部活も成立しないような気がします

    自由というのは、腐敗する自由も有るわけやから

    坂原方式で、何処まで成長出来るか興味あります

    何事にも徹底させるのは、悪い事ではないような気がします

    ルールを守るとか、時間に厳しいとか

    社会に出た時、ホント役立つと思います

    話しはズレましたが、下関国際が一過性であるのか、継続して強豪校の位置にいるのか見守りたい

    前にも言いましたが、下関市の中学生から見て、下関国際への進学というのは、以前は敬遠がちでした

    球児の人気は、下商、関工辺りやと思います

    この流れが変わるかどうか

    注目したいです

  • もう一度観たいあの試合

    第4位

    2010年6月5日
    宇部市野球場
    岡山東商
    000 000 010 1=2
    010 000 000 0=1(延長10回)


    バッテリー
    岡山東商:人見、星野―小林
    光:岡本―古川

    これは、山口県開催の春季中国地区大会ですね

    この試合、岡山東商・星野君の漫画ばりの投打に亘る活躍ぶりをよく覚えています

    試合は光が押し気味に進めていましたが、星野君が登板してからは一変しました

    1対0、光リードで迎えた7回裏に、岡山東商は先発の人見君から星野君へ交代

    岡山東商・星野君、雑誌で名前は知ってたので、どんなピッチングをするのかなと観ていましたら、ストレートが凄く早い!

    でも、この手の投手は制球が良くないだろうなと思って観てましたら、ビシバシストライクを決めるという、、、

    結局、4回打者12人に対し、被安打0与四死球0奪三振7のパーフェクトピッチング!

    光打線はストレートに対し、空振りのオンパレード

    ここまででも凄い話しなんですが、これだけでは終わりません

    星野君、延長10回にレフトスタンドへ決勝のホームランを叩き込むのですから、唖然呆然でしたね

    ホント漫画みたいな展開に、山口県勢が負けたにも関わらず、良い試合を観たなと感謝しました

  • もう一度観たいあの試合

    続いて第3位

    宇部市野球場
    2007年 7月23日
    下関中等教育
    000 001 000=1
    000 103 00×=4
    西 京

    バッテリー
    下関中等教育:友成―住岡
    西 京:荒木、田中(皓)―藤本

    これは、夏の2回戦になるのかな

    あの頃は、一日4試合とかやってましたよね

    あの年は、序盤雨に祟られ、確か1回戦から3回戦まで3日連続で試合をしなければならない日程になったと記憶してます

    つまり、同じくらいのチカラを持つ投手が複数いるチームが有利で、エースと心中タイプのチームには不利となる日程になったわけです

    当時の西京は、確かエース格三枚看板で、下関中等は雑誌にまで紹介された左腕・友成君の一枚看板のチームでした

    ちなみに西京は、この試合後の3回戦で、これまた一枚看板である豊北・平田君(現ベイスターズ)と対戦するのですから、この日程は西京にとって、良かったと思われます

    話を元に戻しますと、西京、下関中等共に1回戦は大差の5回コールド(西京は宇部西、下関中等は萩相手に)で勝ち上がりました

    秋準優勝の西京は当然の事、下関中等も好左腕・友成君を中心にまとまっており、シード校に匹敵するチカラを持っていました

    試合前から、この試合は面白いと思いました

    試合は予想通り、中盤まで互角の展開

    1対1で迎えた西京6回の攻撃

    簡単に2アウトとなりますが、西京はランナー無しから満塁までもっていきます

    苦しくなった友成君は、青木君に対してフルカウントからストレート勝負!

    結果、左中間真っ二つ!走者一掃タイムリースリーベースとなって4対1、決勝点となりました

    その後友成君、キレる事なく、淡々と投げていました

    何か吹っ切れたようなピッチングで西京打線を塁に出させませんでした

    確かこの試合、テレビ中継があり、宇部から帰って映像を確認したのですが、カメラワークに痺れましたね

    件の満塁での勝負の場面

    何かの映画のワンシーンのようでした

    心に残る名場面だと思います

    yabに、まだこの場面の映像有るのかなぁ~?

本文はここまでです このページの先頭へ