ここから本文です

投稿コメント一覧 (2939コメント)

  • 本日の終値、2021円は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER12.5倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER10.3倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍
     
    為替、業績ともに順調なら、第2Q決算は上方修正の可能性極めて大です。
    全ての工場が本格稼働を迎える第3Qでは更に業績が拡大され株価は5000円を
    目指す展開となるでしょう。

  • 世界一を目指す同業種、6787メイコーの業績・利益拡大が注目
    され始めています。株価は5000円を目指す動きも!

  • 10月に入りました。
    昨日の終値、2154円は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER13.4倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER11.0倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍

    2470円を超えると、青天井相場突入です。
    第2Q決算発表に向けて本格的上昇開始と行きましょう。

    9月末の為替レートも、112.4円で、メイコーの決算にとって有利な状況で
    第2Q末を終えました。 
    為替、業績ともに順調なら、第2Q決算は上方修正の可能性極めて大です。
    全ての工場が本格稼働を迎える第3Qでは更に業績が拡大され株価は5000円を
    目指す展開となるでしょう。

  • 2017/10/03 10:31

    6787メイコー

  • ここよりも業績拡大が優れ、今後株価上昇が大いに期待されるのが

    6787メイコーです。

    過熱感は全くありません。
    会社四季報でも、独自増額、アクセルの評価です。
    来期EPS予想200円の評価に対し、株価は現在2140円という
    状況(PER10.9倍)です。

  • ここよりも業績拡大が優れ、今後株価上昇が大いに期待されるのが

    6787メイコーです。

    過熱感は全くありません。
    会社四季報でも、独自増額、アクセルの評価です。
    来期EPS予想200円の評価に対し、株価は現在2140円という
    状況(PER10.9倍)です。

  • 【メイコーのトピックス】
    ー生産能力の拡大、生産性向上を図るー

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)

    昨日の終値、2140円は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER13.3倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER10.9倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍

    2470円を超えると、青天井相場突入です。
    第2Q決算発表に向けて本格的上昇開始と行きましょう。

    9月末の為替レートも、112.4円で、メイコーの決算にとって有利な状況で
    第2Q末を終えました。 
    為替、業績ともに順調なら、第2Q決算は上方修正の可能性極めて大です。
    全ての向上が本格稼働を迎える第3Qでは更に業績が拡大されます。

  • 【メイコーのトピックス】
    ー生産能力の拡大、生産性向上を図るー

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)

    先週末の終値、2107円は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER13.1倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER10.8倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍

    2470円を超えて、第2Q決算発表に向けて本格的上昇開始と行きましょう。
    上記トピックスのとおり、中国、ベトナムの向上が本格稼働についていれば、
    第2Q決算での業績拡大と利益の伸びが大いに期待されます!

    今日からからは、愈々10月に突入です。
    9月末の為替レートも、112.4円で、メイコーの決算にとって有利な状況で
    第2Q末を終えました。 
    為替、業績ともに順調なら、第2Q決算は上方修正の可能性極めて大です。
    全ての向上が本格稼働を迎える第3Qでは更に業績が拡大されます。

  • 【メイコーのトピックス】
    ー生産能力の拡大、生産性向上を図るー

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)

  • メイコーの会社四季報の記載内容です。

    【業績】   売上高  営業利益  経常利益  純利益  1株益(円)  1株配(円)

    連17. 3    95,911  5,788  2,981   1,767     54.1    10
    連18. 3予  105,000  7,200  5,500   4,200   160.5   20~25
    連19. 3予  113,000  8,200  6,700   5,100   194.8   30~40

  • 17年度想定為替レート:110円/ドル。
    17年第2Q末(9月末)の為替レート実績:112.43円/ドル。
    為替差益も味方し、第2Q決算数値は極めて順調であると予想します。
    10月に入ると、決算数値確認でき次第、上方修正発表の可能性もあると
    予想しています。
    月曜日からは、愈々、10月突入、その瞬間が次第に近づきつつあります。
    実に楽しみです。

  • 【メイコーのトピックス】
    ー生産能力の拡大、生産性向上を図るー

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)

    本日の終値、2107円は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER13.1倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER10.8倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍

    2470円を超えて、第2Q決算発表に向けて本格的上昇開始と行きましょう。
    上記トピックスのとおり、中国、ベトナムの向上が本格稼働についていれば、
    第2Q決算での業績拡大と利益の伸びが大いに期待されます!

    来週からは、愈々10月。
    9月末の為替レートも、112.5円程度と、メイコーの決算にとって有利な状況で
    第2Q末を迎えそうです。 第2Q決算と上方修正の発表が待たれます。

  • 本日9月28日(9月最終営業日)で第2Q末の業績が確定します。
    為替レートも、メイコーにとっては大変状況となっています。
    第2Q決算発表数値は、きっと上方修正を伴う素晴らしい内容となる
    ことを想定しています。
    来週から、愈々10月入り、実に楽しみです。

  • 【メイコーのトピックス】
    ー生産能力の拡大、生産性向上を図るー

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)

    昨日の終値、2148円は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER13.3倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER11.0倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍

    2470円を超えて、第2Q決算発表に向けて本格的上昇開始と行きましょう。
    上記トピックスのとおり、中国、ベトナムの向上が本格稼働についていれば、
    第2Q決算での業績拡大と利益の伸びが大いに期待されます!

  • 本日の、2148円という株価は

        ①会社四季報のEPS160.5円    :PER13.3倍
        ②会社四季報の来期EPS194.8円  :PER11.0倍

    の水準。利益に対し株価が低すぎるでしょう!まだまだ序の口、これからです!

    節目となる、2470円を超えたとして、
        ①今期EPS予想に対しPER:15.3倍
        ②来期EPS予想に対しPER:12.6倍

    メイコーの業績拡大基調から判断し何ら問題となる株価ではありません。
    2470円を超えて、第2Q決算発表に向けて本格的上昇開始と行きましょう。
    下記の通り、工場稼働が順調に行っていれば第2Qの業績拡大結果が楽しみです!


    【メイコーのトピックス】
    ー生産能力の拡大、生産性向上を図るー

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)


  • メイコーのトピックス

    生産能力の拡大、生産性向上を図る

    中国武漢工場とベトナム2工場においてビルドアップ基板の増産投資を行っており、
    18年3月期第2四半期(17年7~9月)の稼働を見込んでいる。
    生産分野においては、全工場で生産性を10%向上するための取り組みを実施している。
                                 (2017年9月5日更新)

  • メイコーへの投資判断

    車載用、スマートフォン向けともに電子回路基板の売上が好調に推移している。
    今後は、中国武漢工場とベトナム2工場での増産の効果も貢献してくる見通し。
    中長期的にも自動車の電装化の流れが追い風になるとみられるため、株価に割高感はない。
    投資判断は「強気」とする。(2017年9月5日更新)

  • メイコーの3ヵ月業績の推移【実績】

       決算期   売上高   営業益   経常益   最終益   1株益   売上営業損益率
    △12年7-9月期~15年4-6月期を表示
        15.07-09  24,901  1,223   -91     -681   -26.0    4.9
        15.10-12  24,531   1,529   848     176    6.7    6.2
        16.01-03  23,405   1,220  -1,031   -1,379   -52.7    5.2
        16.04-06  22,318   929   -1,284   -1,494   -60.5    4.2
        16.07-09  23,423  1,734   1,426    1,111   62.0    7.4
        16.10-12  25,160  1,498   1,713   1,167   29.6    6.0
        17.01-03  25,010   1,627   1,126    983    30.1    6.5
        17.04-06  25,528   1,511   962     564    18.2    5.9

    前年度の16年度では、第2Q・3Qの業績が好調となっています。
    特に、営業利益、経常利益、最終益、1株利益が大きくなっています。
    今期もこれから発表される第2Q・3Qの業績の大きな伸びが期待されます。

本文はここまでです このページの先頭へ