ここから本文です

投稿コメント一覧 (3131コメント)

  • 業績拡大、再度の上方修正が大いに期待されます。
    その内容は15日発売の会社四季報で確認しましょう!
    本日2000円超え、年末には2500円でしょう!

  • 12月15日の会社四季報発売まで、アト、2日。
    もう何もお伝えすることは有りません。
    その、前向きな記載内容の確認と、今期・来期の業績拡大を
    再確認できれば、それで十分です!
    静かに待ちましょう!

  • 会社四季報発売は、12月15日です。アト、3日です。

  • 子会社買収により業容変化しており、業績の伸びが期待されます。
    株価は、年末にかけ再度上昇してゆくことは明らかです!
    2500円を目指しましょう!

  • もう何も言うことは有りません。
    12月15日、会社四季報が発売されます。
    その記事内容の力強さと、今期・来期の業績数字の変化に注目です!
    期待して待ちましょう!

  • ここまで執拗な上昇阻止の売り込みは、いったい何を考えているのか
    まったく理解できません。
    ここまでの無駄な抵抗は、もう買い方機関からすれば許しがたい存在。
    来週からの買い方の猛反撃が見ものです!

  • アト、10分を切りました。
    そろそろ本日の仕上げとまいりましょう!
    2200円を超えて終わりましょう!
    売り方よく頑張りました。
    来週覚悟してください!

  • さあ、30分を切りました!
    買い戻すかどうかは個人の自由。
    ただし、来週は上がりますよ!
    最後のタイミングでしょう。ここから上は大きいですよ!

  • この売り機関は、せこい、せこい!
    売り板に売りを入れては消し、売りを入れては消し、
    株価上昇に恐怖を感じ始めています!
    ここが、買い方一機の攻めお時です!
    一気に買いあがりましょう!

  • 2200円の25000株の売りは、三栖板であることが判明!
    せこい売り機関です!

  • 2200円の板に2万株の売りを入れているバカがいます。
    本日は終い、これを軽く超えて仕上げと行きましょう!

  • 一人ぼっちの売り機関がどんなに頑張っても限界。
    もう間もなくプラ転。

    ここからの上昇幅は大きいよ!
    追随売りしてきたデイ、個人は早く買いもどぢて逃げなさい。
    来週持越しで急激に戻すことになれば買い戻す機会を失い
    大損しますよ!

    阿保な機関についていくと、とんでもない目にあいます。
    早く逃げてください!
    本日買戻し時間は、アト、40分しかありません。

    180万株の買い残を上昇しない理由にしている人がいますが、
    この程度の株数なら、いったん火が付けば1日で解消されます。
    来週には間違いなく大幅上昇すると思いますよ!

  • 本日は、すでに70万株以上を売らせました。
    本日出来高は昨日の出来高を上回ることになるでしょう。
    であれば、終いは当然プラスで仕上げ来週につなげることとなるでしょう!
    2時ごろから、我慢してきた買い方が頑張ってあげると思います。
    頑張れ!メイコー!

  • 買い方は一気に上げずに、上昇することを嫌う売り方に必至で売らせて
    いる感じがします。
    というより、いま売り方は機関のみという感じが透けて見えます。
    買い方は、本日は我慢の買い支えで、本格的上昇はらい腫に入ってからと
    思われます。
    できるだけじらせて売り方に売らせようという作戦のようです。

    買い方機関負けるな!がんばれ!

  • NYダウ、ナスダック堅調。
    IT,ハイテク株が買われ半導体の復調相場がスタート!
    タツモも復調するでしょう!
    2500円を目指した動き再開です!

  • 【メイコー、愈々、本格的な上昇相場突入へ!!!!】

    〇本日でMSQ余波も終了。
    〇メイコーの調整も窓埋め完了で終了。(2100円大底確認)
    〇NYダウ、ナスダック堅調。IT、ハイテク株が買われ復調。
    〇円高傾向是正、円安持続。
    〇世界的景気好調持続で、日本株上昇に懸念希薄化。
    〇中東懸念もトランプに対する世界的非難集中で大事には至らず。
    〇北朝鮮問題継続も、平和的解決優先で戦争には至らず。

    など、
    メイコーは、本日のMSQ余波終了、15日会社四季報発売を契機
    に年末掉尾の一振に向けて上昇必至。
    車載、スマホ向け増設後の全工場生産フル稼働化が寄与し今年度、
    次年度決算に懸念なし。
    更なる増産に向けて、国内工場増設、ベトナム工場新設に着手計画。

    年末目標株価は、EPS171円のPER20倍の3500円到達。
    これをステップに、2月の第3Q決算での業績上方修正発表を意識し
    株価5000円水準を視野に入れた、本格的な業績連動見直し相場が
    スタートいたします!

    皆さん、このチャンスに乗り遅れないようにいたしましょう!
    今回の下げの、倍返し相場の始まりです!

  • 会社四季報12月15日発売。
    四季報先取り・新興株50(11月30日~12月13日に1日5銘柄配信)
    四季報先取り・主力株300(11月30日~12月13日に1日5銘柄配信)

    残念ながら、メイコーは上記銘柄群の中には入っていませんが、来週ごろからは
    そろそろ情報が漏れ聞こえてくるのでは?
    インサイダー的に、発売日前にメイコー株が上昇開始すれば、業績順調の記載の
    証拠かと思います。留意して株価の動きを見てゆきましょう!

    楽しみになってきました!

  • 愈々、明日は今年最後のMSQ。
    明日は、昨日、今日と清算対象銘柄は、前場の寄り付き前から相当の動きがみられる
    ものと思います。
    メイコーはJQ銘柄ですから関係ありませんが、機関投資家を含め多くの投資家が
    対象保有銘柄の清算に絡め、メイコー株の売買に影響も出てくるものと思われます。

    失った損失を、ここまで深押しをしたメイコー株を購入し、年末までの株価上昇で
    損失を取り戻し収支をプラスにもっていくということも十分考えられます。

    本日終値、2194円は
    現在のEPS171円に対して、PER12.8倍。
    第3Q決算で上方修正予想EPS200円に対して、PER10.9倍。
    この低評価は驚きの水準です。 よくもまあ、ここまで売り込んだものです。

    本日の2100円が大底でした。ここからはもう年末の大逆転に向け上昇一途となる
    でしょう。少々のことでは、これ以上下押しすることは考えられません。

    機関の過度の売りに追随しここまで売り込みに加担した、デイ、個人はこれから年末
    までにかけ、谷深ければ山高しを字で行く悪夢の状況に追い込まれるでしょう!
    本当によく頑張ってくれました。ありがとう!

    これから、
     〇 来週は、メイコーの業績順調さを裏打ちする会社四季報の発売。
     〇 投げ売りのごとく株価を下げた半導体関連銘柄の大逆襲相場の展開。
     〇 順調に上昇し調整を終えた日経平均の年末に迎えるであろう掉尾の一振。

    年末まで、アト、3週間。メイコーの株価反転が実に楽しみになってきました!
    来ますよ!来ますよ!メイコーの餅つき相場が来ますよ!
    メイコーファンの皆さん。メイコーの株価上昇を一緒に応援しましょう!

  • 11月27日から昨日まで、7営業日連続で、この間合計400万株の
    売り優勢の商いを伴って株価下落を画策してきた売り方もここが転換点
    であることを認識しなければなりません

    2170円は、今期現時点予測EPS171円に対し、PER12.6倍。
    あまりに低評価で、見直し必至!

    工場フル操業の業績が反映される、第3Q決算時の上方修正予想想定の
    EPS200円に対し、PER10.8倍という究極の低評価。

    過剰反応の日経平均並びに半導体銘柄の下げに悪乗りして、メイコー株を
    過度に売り込みすぎた機関、デイ、個人は、これから恐怖の大反動を受ける
    こと必死でしょう。

    明日、MSQ。来週の会社四季報発売の早耳情報が流れ出す今週末から、
    愈々、動き出します。年末にかけて情緒は必至と思います!

  • 昨日終値、2192円。(昨日安値は、2137円)

     〇 現在EPS予想数値171円に対し、PER12.7倍。
     〇 予想される出征後EPS200円に対し、PER10.9倍。

    酷いまでの株価下落、極めて低い株価評価の状況となってきました。

    この原因として言われているのが、

     ① これまで、メイコーの株価は上がりすぎたという個別理由
     ② 半導体のスーパーサイクルに終わりが来るから。
     ③ 設備投資に向けて増資が行われる可能性がるから
     
    などが言われています。しかしこれらはいずれも極端な下げの理由に
    ならないと思います。その理由は、

     ① メイコーの業績は飛躍的に回復し、逆に株価は評価遅れの状況
     ② 半導体製造メーカーではなく、車載・スマホ向け基板メーカー
     ③ 現在のキャッシュ残高、営業利益、減価償却費で対応可能

    であり、結局今回の下げの原因は、上昇しすぎた日経平均株価の調整、
    中でも、半導体銘柄の大幅調整、どうでもいい不動産・金融など内需関連
    銘柄への資金シフト、海外・機関の売りに過敏に反応した個人投資家の
    動揺売りが下げを加速したためと思います。
    恐らく、こうした動きの中で最大の被害者は個人投資家だと思います。

    ここからは、8日のMSQ通過後、米国のクリスマス景気による株価の
    活性化などを受けて、年末までには、日経平均の株価の回復が十分考え
    られるものと思います。

    メイコーに関しては、

     〇 過剰な株価下押し(高値2735円から▽598円、▽21.8%)
     〇 業績は全工場フル稼働状況で第3Q以降への業績寄与への期待大
     〇 海外での北陸電気工業との包括的業務提携の成果も上乗せ期待
     〇 12月14日会社四季報発売、今期・来期の収益数値修正の期待

    の状況であり、年末までに株価再評価、見直しは必至の状況になってきたと
    思います。下げすぎは、買い方の反抗を受け、逆襲を受けると思います。
    年末までに、株価はPER15倍、3000円には到達すると予測します。
    なぜなら、年明け1月は、2月の第3Q決算の業績上方修正を織り込みに
    ゆき、この時点では、株価は4000円超えの水準に至ると思います。

    本日は、NYダウ、ナスダックも低調であることから、恐らく、最後の調整
    局面を迎えるものと思います。
    2100円台は、天与の仕込み場でしょう!今日注目!

本文はここまでです このページの先頭へ