ここから本文です

投稿コメント一覧 (833コメント)

  • 個人的意見だが。
    今村劇場、中崎劇場も驚ろかなくなった。
    福井をどこまで先発要員として期待するのか? 勝ち試合の中継ぎ、
    あわよくば抑えの適正も試してみたら? 
    福井にはこのまま終わってほしくない。

  • 捕手としての石原、会澤。周りがいうほど大きな差はないでしょう。
    カープが弱かった3年前までは、正捕手石原で5回コールド、7回コールド試合を
    どれだけ見たことか。カープ投手が立ち直ったのは捕手ではなく、黒田の加入。
    去年はまだ黒田効果があったが、今年はそれも賞味期限切れ。元に戻ってしまった。
    打つ方も、「次に繋ぐ気持ち」とは口ばっかり。
    畝、東出カープ生え抜きコーチ陣が黒田、石井コーチの格言を思い出して基本に
    戻らんと、暗黒時代に戻るだけじゃないかな。

  • 去年から思っている菊池に関する個人的思い。
    菊池は、ああして、こうして、という動きが苦手な感性タイプの選手。
    本来持っている感性に逆らって、練習から無理やり右打ちを身体に覚え込ませ
    ようとしてるように感じる。だから、一度バランスが崩れると気持ちと
    身体がバラバラになってしまう。
    もっと菊池には自由にボールを引っぱたく打順を与えてほしい。
    そうすれば、ものすごい成績を残すような気もする。

  • 選手も人間。必死にやっても身体が付いてこないこともある。
    ただ、それを観察してお頭を使ってどうにか勝利に繋げる努力をするのが監督。
    申し訳ないけど、緒方は去年の後半から同じ失敗をするケースが多すぎる。
    薮田をボロクソに評価しとる場合じゃないじゃろ。自らを反省せんと。

  • 去年の横浜での初戦に野村引っ張って大逆転食らって、がぜん元気の出た
    DeNAに3タテ食らったのと同じパターン。
    あれ以降、DeNAは完全にカープ組み易しになり、今じゃ負けてても逆転できる
    空気が一杯。
    カープ側から見れば「次、切り替えていこう!」だけど、相手が勇気100倍に
    なったらいくら選手が頑張って「切り替えていこう!」でも止められない。
    緒方はDeNAでの痛い経験から何も学んでいないのか。
    中日が第2のDeNAにならぬよう祈る。

  • 間違えて送信ボタンを押してしまいました。
    再送です。
    ************
    今回の結果は、8月22日~のDeNA3連敗の時点から不安材料として予測できた。
    初戦に投手交代の隙を見せて落としDeNA、相手を調子づかせ3連勝のはずが3連敗。DeNAは対戦成績も一挙に優位となりカープ組み易しのムードを与えてしまった。
    CS第3戦でも懲りずに、石原を引っ張りゲッツーオンパレードで零封負け。
    とにかく隙の多い采配が最後まで尾を引いた。そういう雰囲気になると選手がいくら
    頑張って気合いを入れても、相手が120%の力を発揮するのだから流れを簡単に変えれる
    ものじゃない。

  • 今回の結果は、8月22日~のDeNA3連敗の時点から不安材料として予測できた。
    初戦に投手交代の隙を見せて落としDeNA、相手を調子づかせ3連勝のはずが3連敗。DeNAは対戦成績も一挙に
    優位となりカープ組み易し

  • 今の阪神は本気でひっくり返す気力に溢れている。
    カープのDeNA戦の失態で余計に加速がついた。
    今のチーム状況「阪神 >> カープ 」は、去年終盤の「カープ >> 巨人」と似ている。
    カープの選手が必死なのは判っているが、今の阪神を止めるのは難しい。
    残り試合、新井は出たり出なかったりじゃなく全試合4番固定で頑張ってもらうくらいの
    腹くくりが必要と思う。

  • 大瀬良のやさしさはプロではマイナスにしか働かない。
    春先には通じても、相手も生きるか死ぬかの本気モードになる終盤戦では、
    内角攻めで相手バッターと喧嘩するくらいの魂がないと、通じない。

  • DeNA初戦の投手采配、きのうの新井や石原のズッコケなど、去年に比べてチームと
    しての緊張感が今一つなのか、って思い。自ら流れを手放してるケースが最近は多過ぎ。
    阪神はヤクルト・中日と甲子園6連戦。カープはビジターで6連戦。
    阪神が4試合多いことを考えると、リベンジカープに燃える巨人戦次第じゃ、あっという間に
    考えたくもない結果になる。 この期におよんでは、流れがカープに転がるようひたすら祈るのみ。

  • 石原が出てくると、何故か昔の弱かった頃のカープ野球を思い出してしまう。
    肝心なところで、誰かがチョンボして勝ち切れんかった。
    申し訳ないが、彼らの時代は終わらせんと。

  • >>No. 486680

    まったく同意。
    緒方コメント見た時にびっくり!
    あれだけ球場半分を赤く染めて応援してくれてるハマスタや神宮の熱いファンを
    を前に、しょせんビジターゲームじゃからホームとは違う・・・と言ってるようなもの。
    本音が出たね。
    ま、関東のファンは気にしてないかもしれんけど。

  • 阪神、ピッチャータイムリー。
    流れは完全に阪神。強い!

  • >>No. 486280

    安部は左Pに対して、どんどん悲惨な状態になってる。
    観てて痛々しいくらい。今日の試合は厳しい!

  • >>No. 486132

    DeNAの強力打線、今季の対戦成績、ハマスタの狭さ。3点リードで頭は何がなんでも取らねば
    ならぬ! など考えればもう少し1勝の重みを真剣に考えてほしかった。もう戻らんけど。
    シーズン終了後に初戦の投手起用がターニングポンイトになったと評価されないよう祈るのみ。

  • 今村はあきらかに球もヨレヨレだったけど、一岡も中崎もジャクソンもブレイシアも
    まだまだ強い球が投げれている。中崎なんかセットアッパー時より球速上ってる。
    問題はメンタル。
    無失点を続けていた一岡さえも、負の流れに呑み込まれた。
    去年の黒田のような精神的支柱があれば違うだろうが無い物ねだり。
    マツダで、落ち込んだメンタルを如何に払拭できるか、それに尽きる。
    中日戦の頭を取れば復活すると思うが、引きづって頭を落とすと本当にやばい。

  • 昨日の負けは大瀬良はじめ個々の選手の問題じゃない。
    一昨日の逆転サヨナラでDeNA選手に乗り移った「勝てるぞオーラ」に球場中が
    呑み込まれただけ。すべてが、カープにとって負の連鎖になってしまった。
    1996年のメークドラマ食らった時も、一つの試合での転機でその後はどうにもこうにも
    ならなくなった。プロと言ってもそんなもの。
    今の阪神はアンラッキーな取りこぼしはあるが選手全員が本気モード全開の勝負顔になっている。
    一昨日の緒方・畝の極楽トンボ的な采配を大反省して、かつ選手は本当に一つに
    纏まって弾丸にならないと、負の連鎖を断ち切るのは難しい。

  • しばらく前に広純が、ある試合の投手采配で投手と野手の信頼関係が薄れることへの
    危惧をコメントしてたような気がする。
    今は優勝へのモシベーションと琢朗コーチらの努力で、その都度ギリギリのとこで
    我慢できてるが、最近の誤采配の頻発で信頼の糸が少しづつすり減ってないか心配。
    一度切れたら戻らんよ。 とにかくプチっとならないよう祈るしかないが。

  • DeNA協力打線は他のチームとは違う。過去あれだけ痛い目にあっているのに、緒方は
    まったく学習能力なし。
    今村もばててるし、追い上げられて無死1点差の緊急登板じゃ厳しいじゃろ。
    「監督の責任」で野村、今村、選手みんな不幸になる。
    先日の満塁で薮田を降ろして中田緊急登板での満塁ホームランなど、緒方の空気読めない
    意固地采配も一緒。投げた薮田・中田、そして野手などみんな悲しませる。

  • 去年も8月3日からの4連敗で、冷汗と脂汗が混じりまくった毎日を経験。
    そういう意味では、昨日の8回タイガース高橋がストライクが入らずバタバタ
    してる時に、そのまま石原を送った采配は「油断」というエアポケットに
    入った瞬間に見える。
    初戦はどうにか勝利したが打線は下降気味、明日は石田ー高橋樹の先発で分は良くない。
    選手の踏ん張りを期待し応援したい。

本文はここまでです このページの先頭へ