ここから本文です

投稿コメント一覧 (382コメント)

  • >>No. 316

    忘れてました。
    P ピークから
    K ここまで3割
    S しっかり株
    H ほんとに魅力の
    A ある会社だね

  • >>No. 306

    てるてるちゃん、皆さん、一週間お疲れ様でした。
    今週も地合に押されて弱い動きでしたが、12200円近辺で底堅い展開となっています。

    日足チャートは上値は一目雲下限が抵抗ラインとなっていますが、下値はフィボナッチ(-38.2%)と三角持合い下限、NISA買い需要が意識されていると考えられます。
    週足、月足でも同様の事が言えますが、ラーメン大王さんのご指摘とおり、上場後8ヶ月もの間、高PERの上に、殆どIRも出さないにも拘わらす、高値から38%しか低下していない事は他のIPO銘柄にはあり得ない安定性だと思います。これが現物ホルダーの中長期目線でのホールド力の強さを表しています。

    株価が調整中はどうしても売り煽り、メンタル弱の投稿が増えてくるのは仕方ないですが、ここの常連の皆さんはビクともしていないことも良く分かります。

    さて、SBI証券(だったかな)に続き、楽天証券でも貸株金利が9%に上がってきました。
    昨日の出来高も174枚と過去最低となり、機関の大量売りも小口となってきて、さらに株不足が目立ってきました。
    現物ホルダーが手離さない、貸株もしないとなると、流動性の低さは経営層も考慮せざるを得ない状況にそのうちなってくると考えています。
    一周年まであと4ヶ月ですので、楽しみに待ってましょう。

  • てるてるちゃん、約1名の心ない投稿で、落ちこまないでね。
    ここの掲示板の皆さんはどれだけ、てるてるちゃんの投稿で癒されていることか。。
    これまで通り、明るい投稿を続けて下さいね。

    bhnさん、チャートに着目、話題にして頂き、ありがとうございます。
    株価チャートはその銘柄に関与する市場関係者の需給売買の結果を物語っていると言えます。

    一方、その分析方法、パラメータ、指標やそれに基づく解釈や今後の見通しについては、個人の独自性があり
    様々な分析を持ち寄って議論することでより有益な情報となればと思っています。
    ただ、中長期に及ぶ見解を示すときには、日々の値動きに惑わされない事が信頼性が得られるポイントだと思っています。

    例えば、4月23日 21:22の私の投稿
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/9d622747dbf895a853c517642ba715ae/26/805
    におけるPKSHAのフィボナッチ分析による節目(サポート、レジスタンス)の価格帯

    初値    4890円
    第1ライン 9400円前後
    第2ライン 10900~11000円
    第3ライン 12200~12300円
    近い将来には以下のラインで反発、サポートを繰り返しながら、上げて来るのではと思います。
    第4ライン 13000~13100円
    第5ライン 14500円前後

    は全く変更するつもりはありませんし、昨日投稿の日足、週足、月足同士俯瞰チャート
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/9d622747dbf895a853c517642ba715ae/27/789

    についても同様に私の中長期の見立てには確信があります。
    少なくとも、株価の節目第2ライン、第3ラインは現在のbhnさんの見たてと同じと判断しております。

    今後も機関の方針や地合、IRなどで乱高下するかとは思いますが、乱高下の後に戻るであろう価格帯を認識しておくことは冷静さを保つ上で必要と思っていますので今後も議論をお願いします。

    添付は週足のボリンジャーバンドですが分析期間が十分経過してきました。
    センターの21週平均は上向きとなっており、今後-1σ、センターラインを超えて上昇トレンドとなることを期待しています。

  • 銀マスクさん、昨日公開の特許を早速紹介頂きありがとうございました。
    市販特許検索ツールによってはまだ収録されてないので特許庁のデータベースで調べられたんですね。

    補足として本特許の発明の効果に関する部分を抜き出しました。
    デザイン業務までAIがアシストして省力化に貢献する内容で、上野山さんらしい特許ですね。
    取締役の山田氏が弁理士資格を持っておられるので、登録、権利化までもっていって欲しいです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【0010】
     そこで、本発明の発明者は、広告画像をパラメータで表現し、パラメータから広告画像を生成することで、従来人間の行ってきたデザイン活動を、コンピュータを使って低コストかつ高速に実現できることに着目した。
    【0011】
     加えて、本発明の発明者は、上記画像や画像の特徴量と、クリック率を初めとする主たるKPIとの関連性を解析するにあたり、機械学習等を用いた学習を行うことで、最適なパラメータを動的に算出し、それを用いた広告画像を生成することで、広告配信を続けるだけで、広告画像がより効果の高いものに高速に自動で置き換わっていくシステムを実現できることに着目した。

  • てるてるちゃん、遅くなってすいません。
    今週は調整が続いていますが、どうしても売り煽り、ネガ、弱気コメントが増えてきますね。

    以前から指摘していますが、空売り機関は決算後や地合など、適当なきっかけさえあれば仕掛けてきて
    これに耐えれない主に個人の信用買い玉が次々と刈り取られていっています。
    この結果、信用買いが減って、下で拾う現物ホルダーが増えることは望ましいと思っています。

    ここの現物ホルダーの皆さんはラーメン大王さん、銀マスクさん(お元気ですか?)などの貴重な投稿により
    安定ホルダーとして株価安定、下値支えにに大きく寄与していると考えています。

    チャートは皆さんに大局を見て頂きたいため、日足、週足、月足を組み合わせてみました。
    どれも、上場以来の大三角持ち合いの頂点付近で、本日は最高値からたったの38.2%ダウンの12207円にもまだ余裕がある状態です。
    確かに、一目雲の抵抗帯で上昇阻まれ、3連続陰線と弱い状況ではありますが、週足、月足含めた大局では下値を切り上げ、IPOらしからぬ安定性を保っており、現物を中長期で保有する意味が良く分かると思います。

    今後、この三角持ち合いの頂点時期までに、上限辺を抜け、さらにいわゆる逆三尊を形成するためのネックライン13700円程度を超えれば次のフィールドへ以降していくと確信しています。

  • ここ終日、中間決算発表前の様子見の価格調整が続いているようですが、最近この板が静かなのは常連現物ホルダーは多少の下げや、決算内容でバタバタしないという方が多いからだと思います。

    チャートは一応トレンド観察のために記録していますが
     ・一目雲下限サポート、三角持ち合い上限レジスタンスの攻防
     ・ボリバン中心線は日足、週足ともに上向き
    週足、月足をみれば、他のIPO銘柄とは異なり、PKSHAを中長期で持っている意味が分かるということですね。

    てるてるちゃん、長めのGW休暇で失礼しました。

  • リアルタイムチャートでもきれいな形ですね。
    スマホからの初投稿です。

  • 今週もお疲れ様でした。
    どこかと違ってたまには静かな掲示板もいいですね。

    本日もほぼ陽線高値引けで快調です。日足の平均足も陽線連続となっています。
    一目雲にも突入し、雲抜けは5月上旬を期待したいですね。

  • ラーメン大王さん
    またまた、出張お疲れ様です。お気をつけて行ってらっしゃい。
    いつも先見性あるコメントありがとうございます。
    5月には鯉のぼりのように青空にはためくPKSHAが目に見えるようですね。

  • 本日もお疲れ様でした。
    陽線高値引けで良かったですね。
    ここ数日終盤に買いが入り、地合に負けない強い傾向を示しています。

    ただ、陰陽線を繰り返して上値が重いのはフィボナッチ第4ラインが抵抗線として意識されている可能性があります。
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/9d622747dbf895a853c517642ba715ae/26/805
    一気に上昇するより、この価格帯で出来高実績を積むことも重要だと考えます。

    チャートは久しぶりに一目均衡表の日足と週足です。
    日足は何度目かの雲突入直前ですが、以前より雲の厚みも薄くなり、遅行スパンも実体足の上に出て好転してきました。
    日柄周期的にも近日中に雲抜けが期待できますね。

    週足は基準線を越え、転換線も水平となり、遅行スパンも実体足の上に来ましたので、日足と同様に今後が期待できます。
    てるてるちゃん、赤帽先生がこの板の品質とユーモアを保ってくれていますのでありがたいです。

  • HEROZ、及びその銘柄に投資する人に関心がおありなら、堂々とHEROZの板であなたの意志を伝えればいいでしょう。

  • >🎵明るく🌈希望の有る パークシャには それにふさわしい投稿が欲しいです👌

    てるてるちゃんに同感です。
    掲示板は自由ですが、気に入らなければ虫かご入れろというなら、何の為に投稿されているのか。

    低く買いたいなら、その意志を表明されればよろしい。
    ここは、売り煽りには動じないホルダーが多い事が分からない方ではないでしょうに。

  • そうですね、明日の移動平均値は本日の25日前の3/19の大陰線の終値が捨てられ、明日のサラバ値(終値)が加算平均されるので、25日線自体も平行か上向きに変る可能性が高いですね。
    一目均衡表も4/18以降、基準線、転換線の上を行き、遅行スパンも明日は日足を越えるほか、ボリンジャーバンドもプラス領域を維持し、センターラインも上向きに成りましたので、好転のサインが増えてきました。

  • ラーメン大王さん、お帰りなさい。
    お忙しい中、コメントありがとうございます。
    ここのホルダーの皆さんはラーメンさんに救われている方が多いと思いますので、お時間が取れる時、差し支えない内容で結構ですので、今後もよろしくお願いします。

    チャート的には確かに厳しい状態が続いていますが、ご指摘頂いた通り明るい兆しも見えてきていると思います。
    添付日足チャートは上場来の高値下値の組み合わせで4パターンのフィボナッチを引いたものです。
    先回も「複数価格帯で重なる部分があり、プロが意識する強いライン」と書きましたが、改めてこのラインは大口によって作られていて、中期(数ヶ月~半年)で下値を計画的に上げているのではと理解できます。
    初値    4890円
    第1ライン 9400円前後
    第2ライン 10900~11000円
    第3ライン 12200~12300円(本日下値)
    近い将来には以下のラインで反発、サポートを繰り返しながら、上げて来るのではと思います。
    第4ライン 13000~13100円
    第5ライン 14500円前後
    勿論、中間決算、IRなどで短期の上下波があるでしょうが、これらの大きなストーリを頭に入れて現物ホールドすればいいと確信しています。

  • 最近ホルダーになられた方のために、再掲です。

    PKSHAの役員 松尾豊氏 のインタビュー記事
    経済産業省 METI Jounal 政策特集 2017年11月01日より
    https://meti-journal.jp/p/122
    ......
    「その答えの一つが若いAIベンチャーとハードウエア大企業の連携だ。また連携に“レバレッジ”という概念が必要だ。ベンチャーなどが大企業のデータや資産を使って、サービスを改善し、その資産を増やすことができたら、その利益の何割かをベンチャーに支払う。ベンチャーだけでハードやデータ独占競争を戦うのは難しい。すでに市場や顧客を抱える大企業の資産を活用できれば、規模のメリットを受けられる。ベンチャーが1兆円事業を立ち上げるのは難しいが、5兆円の事業を10兆円に伸ばしたら1兆円もらえるとなれば、世界から人材が殺到する。ベンチャーと大企業だけでなく、若者と高齢者など世代間での連携も同じだ。すでに人口が多く、増え続ける高齢者の課題を解いたら、若者に還元されるのであれば、本気で社会課題に挑戦するだろう」
    ......

  • 訂正です。
    10960円を安値とした23.6%戻し越えの13200円を突破し

    10960円を安値とした38.2%戻し越えの13200円を突破し

  • 週足を意識しておられる方もいますので、ついでにアップしました。
    少し見にくいですが、フィボナッチは上場来の初値を加えた3種類引いています。

  • 色々な見方、分析があっていいと思います。
    私のチャートでは本日高値引け終値12950円は25日移動平均値12922円を上回っています。
    一目基準線、転換線も越えて、ボリバンもプラス領域に入りました。

    https://textream.yahoo.co.jp/message/1835700/9d622747dbf895a853c517642ba715ae/26/391
    >空売り大口投資家はこの損切ライン、返済期限を狙って、仕掛けてきます。
    >逆指値などで自動損切指定している信用組が予想外の下値で売らされる羽目になります。
    >この個人の信用組が損切ライン割れで投げた後、大口の空売り機関が底値で買い戻すことで高利でありながら、
    >高金利に有り余る大きな利益を得ています。

    本日の大陽線は昨日前場までの機関の空売りで個人の信用組の損切り、狼狽売りを刈り取り後、彼らの買戻しに誘発された買いの急増でしょう。
    3月26日の大陽線もそうですが、浮動株の少ないPKSHAはこれまで何回も繰り返してきてます。

    フィボナッチリトレースメントは高値と安値をその比率で分割したラインですが、同じ高値でも異なる安値で2種類のラインを引いてみました。
    2種類のライン中でほぼ重なっている価格帯があり、これらはプロの機関がサポート、レジスタンスの節としてより意識していると考えられます。

    明日以降、9400円を安値とした50%戻し、10960円を安値とした23.6%戻し越えの13200円を突破し、ダブルボトムのネックライン13500円辺りを越えてくれば、戻り基調が確実になるといえます。期待しましょう。

  • 昨年10月半ばまでと、年末から1月末までの上昇トレンド中の信用買いが多いと考えられますから、その6ヶ月後の期限として、1回目はそろそろ終了、2回目が6月末からではないかと。
    信用組の方は言わずもがなですが、期限まで持つと、値嵩株だけに返済時の利息が手数料含め1枚当たり2万円位になりますので、出来るだけ短期の手仕舞いがいいでしょうね。

  • ネット証券会社の主たる収益は信用制度による株貸出の金利収益です。
    株貸出し先は個人の信用取引と大口機関への空売り玉です。
    8%の金利をで仕入れた株を、個人向け一般、制度信用の金利2~3%で貸出しても利益がありませんから、大口にはかなりの高金利で又貸ししているはずです。

    ではなぜ、大口投資家はその高金利を払ってまで、空売り用の株を借りるのでしょうか?
    当然、儲かるからですね。

    PKSHAは現物ホルダーの握力が強く、現在の売買主体が信用売買中心になり、その信用買残はいまだ565400株と高い状態です。
    これらの個人信用組は短期売買で利益を上げるため、利確ライン、損切ラインを設定している人が多いと思われますし
    制度信用であれば、上場後からの信用組がそこそろ6ヶ月の返済期限を向かえます。

    空売り大口投資家はこの損切ライン、返済期限を狙って、仕掛けてきます。
    逆指値などで自動損切指定している信用組が予想外の下値で売らされる羽目になります。
    この個人の信用組が損切ライン割れで投げた後、大口の空売り機関が底値で買い戻すことで高利でありながら、高金利に有り余る大きな利益を得ています。

    特に出来高が細ってきた時がより少量の資金(売玉)で、効率的に価格を下げられるため、空売り用貸株需要が高まり、株不足から8%以上の高利又貸しが成り立っています。
    ネット証券の貸株金利が上がってきた時は、このように大口の売り仕掛けの需要が高いからということも念頭におく必要がありますね。

本文はここまでです このページの先頭へ