ここから本文です

投稿コメント一覧 (3020コメント)

  • 2018/02/25 09:34


    <三菱電機>タイ軍の入札に参加 国産防空レーダー


    2/25(日) 8:30配信

     三菱電機は3月に実施されるタイ軍の防空レーダーの入札への参加を決めた。複数の日本政府関係者が明らかにした。航空自衛隊の警戒管制レーダー「FPS3」を基にした固定式レーダーを提案する。米国や欧州の企業も参加する見通しだが、三菱製が落札すれば、国産の防衛装備品では初の大型輸出案件となる。

     タイ軍は防空レーダーの更新を進めており、今回は北西部のラオスやミャンマーとの国境付近のレーダーについて入札を行う。調達規模は10億円以上とみられ、タイ政府は今月中旬に三菱電機など関係企業に3月の入札実施を通告した。三菱電機はタイ軍が求める仕様に合わせて、FPS3よりも能力を落としたレーダーを提案する。

     政府が2014年に防衛装備移転三原則を定め、防衛装備品の輸出解禁に踏み切ったのを受けて、三菱電機はタイへのレーダー輸出を検討してきた。政府関係者は「防空レーダーは防御的な装備であり、地域の安定に資するものだ」と語っている。

     FPS3は空自が1991年から運用する国産レーダーで、弾道ミサイル防衛機能を付加した改良型が国内に7基配備されている。三菱電機が落札すれば、政府は国家安全保障会議(NSC)で輸出を承認し、タイとの防衛装備品・技術移転協定の締結も急ぐ。

  • 2018/02/23 16:25

    今日でさえ出来高280千株やで・・・
    インパクトなさすぎ↓

  • No.920

    強く買いたい

    近々2,000円越え↑

    2018/02/23 07:23

    近々2,000円越え↑

  • No.304

    強く売りたい

    1,800円割れ↓

    2018/02/23 07:22

    1,800円割れ↓

  • No.710

    強く買いたい

    2018/02/21 17:0…

    2018/02/23 07:07


    2018/02/21 17:01
    <開示>AI: 村田製(6981) 保有増加(5.00%→6.04%) ブラックロック・ジャパンなど[変更報告]
    提出書類:変更報告書(特例対象株券等)
    対象:株式会社村田製作所
    提出者:ブラックロック・ジャパン株式会社
    提出日時:2018.02.21 17:00

    発行会社 村田製作所 6981

    報告義務発生日 2018.02.15

    共同保有 今回割合(%) 6.04
    共同保有 前回割合(%) 5.00
    保有株数(株) 13,606,123

  • No.699

    強く買いたい

    2018/02/05 17:0…

    2018/02/22 10:01


    2018/02/05 17:02
    <企業価値研究所>アナリストレポート要約:村田製作所


    【村田製作所(6981)】
    ◇新型スマホ向け落ち込みの影響吸収し、従来予想を据え置き
    「主力のコンデンサの受注は6四半期連続増」
     収益の柱であるコンデンサの受注高をみると、直近の18/3期3Qは6四半期連続で前年同期を上回った。4Qは、北米大手メーカーの新型スマートフォンの生産縮小の影響が懸念されるが、旧型製品向けの販売堅調、通信モジュールの回復持続、電装化や電気自動車の需要増による自動車向け拡大などで吸収する。企業価値研究所による18/3期連結業績予想は据え置き、売上高が1兆3520億円(前期比19%増)、営業利益が1750億円(同13%減)とする。4Qの想定為替レートは1ドル=113円で変わらず。為替レートの変動が営業利益に与える影響額はレート変動幅1円当たり35億円(年間)と試算。
    「18/3期3Q累計は19%増収、12%営業減益」
     18/3期3Q累計の連結売上高は円安に加え、スマートフォン向けや自動車向けなど幅広い用途での拡大が寄与し前年同期比19.3%増の1兆331億円。利益面ではコストダウンに努めたが、販売価格の下落、新製品の歩留まり悪化、研究開発費や販管費の拡大も響き、営業利益は同12.2%減の1445億円になった。
    「リスクファクター ~販売価格の下落など」
    「アナリストの投資判断 ~来期以降の利益成長映し、株価は中期的には上昇を予想」
     全社の受注高は4四半期連続で増加。北米大手メーカーの新型スマートフォンの生産縮小の影響があるものの、順調な拡大が続きそうだ。ただ、新製品である樹脂多層基板「メトロサーク」の歩留まり悪化が響く。当研究所による18/3期営業利益は前期比13%減の1750億円を見込む。自動車向けをはじめ他用途の拡大もあり来期は増益に転じるとみている。今後の利益回復に合わせ、株価は中期的には上昇すると予想する。

  • 2018/02/21 08:17

    [ニューヨーク 20日 ロイター] - 仮想通貨のビットコインが20日の取引で3週間ぶり高値を付け、2月初旬に付けた年初来安値から約倍の水準に上昇した。

    韓国の金融監督院(FSS)が仮想通貨に対する考えを緩和させたとの報道で買い安心感が広がった。

    ルクセンブルクのビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>でビットコインは一時3週間ぶり高値となる1万1722.58ドルまで上昇。その後は3.4%高の1万1555ドルとなっている。2月初旬には年初来安値となる5920ドルを付けていた。

    アナリストによると、韓国FSSのChoe Heung-sik院長が「通常の取引」が行なわれるなら政府は仮想通貨を支持すると発言したと聯合通信が報じたことが材料視されている。ロイターは聯合通信の報道を確認できていない。

    オンライン証券UFXドットコム(キプロス)のマネジング・ディレクター、デニス・デジョン氏は、「ビットコインを巡っては厳重な規制の下に置かれたり、完全に禁止されたりするのではないかとの観測がここ数週間出ていたが、韓国政府がスタンスを緩和している可能性があるとの報道で買い安心感が広まった」としている。

    韓国政府はこれまでに国内の仮想通貨取引所の閉鎖を検討していると表明、ビットコイン価格の急落につながった。政府当局者はその後、全面的な禁止は検討されている措置の1つに過ぎず、最終的に何も決定されていないと釈明している。

    ビットコインは回復したものの、他の仮想通貨はまちまち。コインマーケットキャプ・ドットコムによると、2位の規模を持つイーサリアムは1.3%安の935.02ドル、規模が3位のリップルは1.6%安の1.13ドル。一方、5位の規模を持つライトコインは9.3%高の246.03ドルとなっている。

  • No.143

    強く買いたい

    2018/02/08 17:0…

    2018/02/21 08:14


    2018/02/08 17:00
    <企業価値研究所>アナリストレポート要約

    【三菱電機(6503)】
    ◇FAなど設備投資関連需要が強く、従来予想を増額
    「事業部門全般に好調に推移」
     直近の18/3期3Q3カ月の連結売上高は3四半期連続で増加。全事業部門で増収になるなど、事業全般が好調。国内外メーカーの設備投資意欲は依然強く、高採算の産業メカトロニクス部門の好調が続くほか、全社的なコスト改善なども貢献する。加えて円安もあり、企業価値研究所による18/3期通期の連結業績予想は、売上高が4兆4200億円→4兆4300億円(前期比5%増)、営業利益が3400億円→3450億円(同28%増)に増額する。4Qの為替前提は、1ドル=113円は変わらずだが、1ユーロ=130円→135円と円安に修正。19/3期、20/3期も増収増益が続くと予想する。
    「18/3期3Q累計は6%増収、32%営業増益」
     18/3期3Q累計の連結売上高は前年同期比5.7%増の3兆1150億円。原材料価格や人件費の上昇を工場稼働率の向上、円安、コストダウンなどで吸収し、営業利益は同32.4%増の2324億円になった。財務健全性も向上。借入金比率は7.6%と過去最低、株主資本比率は53.9%と過去最高の水準になった。
    「リスクファクター ~コンシューマー向けビジネス」
    「アナリストの投資判断 ~利益成長力の高さを評価し、株価は上昇基調継続を予想」
     当研究所による18/3期の営業利益は、円安や、産業エレクトロニクス部門の好調を映し、3期ぶりの増益となり、過去最高を更新する見通し。今後も成長に向けた積極的な設備投資や研究開発費の計上を計画しているが、財務健全性は高水準を維持。加えて、収益性を示す売上高営業利益率も高水準を維持。高シェアを背景に収益性が高いことや、中期的な利益成長力の高さを評価し、株価は上昇基調が継続すると予想する。

  • No.856

    強く買いたい

    落ち着けば必ずまた来る↑

    2018/02/21 07:50

    落ち着けば必ずまた来る↑

  • 2018/02/21 07:50

    「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題を受けて、交換会社などでつくる2つの業界団体は、ことし4月をめどに統合する方向で調整を進めていて、今後セキュリティー対策の基準を自主的に整備するなどして、仮想通貨への信用を高めていきたいとしています。

    仮想通貨の大手交換会社「コインチェック」から580億円相当の「NEM」が流出した問題では、外部のネットワークにつながった状態で大量の仮想通貨が保管されるなど、セキュリティー対策の甘さが指摘されています。

    この問題を受けて、交換会社などが加盟する2つの業界団体「日本仮想通貨事業者協会」と「日本ブロックチェーン協会」は、ことし4月をめどに統合し、新たな「自主規制団体」を設立する方向で調整を進めています。

    両団体では、仮想通貨の普及拡大を図るには、自主的な規制を強化することが必要だとして、今後、連携してセキュリティー対策や不正なアクセスの監視体制についての基準づくりを進めるほか、顧客から預かっている資産の管理や財務状況の開示などのルールづくりも進めていく方針です。

    また、統合後は業界として、自主的に定めた基準やルールを加盟する交換会社が守っているかをチェックする監査部門を設けることも検討するということで、仮想通貨をめぐる問題が相次ぐ中、信用を高める取り組みとなるのかが問われることになります。

  • 2018/02/21 06:27

    落ちると見せかけて今日からまた復活↑2,000円越えは早いよ↑

  • No.818

    強く買いたい

    昼から来るね↑

    2018/02/20 11:31

    昼から来るね↑

  • No.817

    強く買いたい

    2018/02/20 11:17

  • No.128

    強く買いたい

    2018/02/20 10:34

  • No.813

    強く買いたい

    昼から戻るよ↑

    2018/02/20 10:19

    昼から戻るよ↑

  • No.812

    強く買いたい

    今日2,000円つきそうやね↑

    2018/02/20 10:00

    今日2,000円つきそうやね↑

  • No.781

    強く買いたい

    今日2,000円ワンタッチ↑

    2018/02/20 06:19

    今日2,000円ワンタッチ↑

  • No.771

    強く買いたい

    明日2,000円越えるかもね↑…

    2018/02/19 16:35

    明日2,000円越えるかもね↑早いよ↑

  • No.749

    強く買いたい

    週末には2,000円越えて来る…

    2018/02/19 11:21

    週末には2,000円越えて来るよ↑

本文はここまでです このページの先頭へ