ここから本文です

投稿コメント一覧 (5013コメント)

  • >>No. 1495

    現実は体験で、想像は唯の思考でしかない。

    体験と想像とには大きな開きがあるという自覚が必要なのだ。
    それが有れば謙虚な認識が身の付く筈だ。
    今の時代は想像が先走り、体験による現実が軽く見られている。
    でも夫々の表現力で説得力が決まる。

    体験も色々、想像も色々、、、そしてその理解も色々、、、、

  • >>No. 12

    昔、大阪の養老昆布の切り落としが格安で売られていました。
    それを沢山買って、お茶漬けで家族全員で楽しみました。
    銀座にも支店が出ていて、会社帰りに買っていました。

    塩昆布も色々あって美味しい銘柄を探すのも楽しみでしtら。

  • >>No. 72

    日本人としての道徳の理解と夫々の国々の政治体制や宗教により
    違う部分と同じ部分があるでしょう。

    日本の教育では日本人としての道徳や倫理を同然教え込むのでしょうが
    憲法十九条に従う事が必要でしょう。
    家庭内での教育、学校教育、叉社会の中での教育などで特徴や分野が違う
    のでしょう。例えば、ミッション系スクール、仏教系、新興宗教系などでは
    違う価値観が教育のベースになっているのでしょう。そうした中にも多かれ
    少なかれいじめの現象は起きているでしょう。それをどう教育の場で教えるのか
    難しい問題です。ただいじめを止めなさいでは子供には通じません。何故止め
    なければいけないのか尾の理由を理解できるように説明できるかが問題です。
    ただの禁止でいけないから止めろでは子供には通じません。

    それならば「自分がやられたら嫌だと思う事は相手も嫌なんだから止めなさい」
    とその根拠や理由を自分で理解できる教育が必要です。

  • >>No. 71

    馬鹿だね。言葉の使い方が粗雑過ぎる。
    人間という言葉の概念の内包も外延も非常に広いのだよ。

    自分だけが考えている人間という言葉の理解が他人には伝わりにくいのが
    分からないのかな? 主観的な思い込みが先に立って他人がどう理解するかの
    意識が希薄過ぎる。分かりにくい人の典型だな。悪く言えば頭の悪い人の思考
    形態の一つのパターンだ。

    人間のどの部分の事を聞きたいのかを細かく質問できないのはコミュニケーション
    能力が低い証拠だ。人間を教え込まれていない? 医者なら人間の構造を教え
    込まれる。それも人間を教え込まれる一つのパターンだ。
    もし人間の人格的な問題なのか、身体的な問題なのか、心理的な?人種的な?また別な
    側面や特性を聞くなら、「人間としての何々は???」と質問すべきだ?

    社会における人間? 共産主義や民主主義、また宗教別、国別の文化による価値観の
    相違などなどにより千差万別でしょう? それすら意識していないのでは?
    公私? 会社内?政治家の?それとも文化人や芸能人?公私も色々な側面で使われる。

    貴方自身の頭の中が全然整理されていないのは質問の仕方を見れば良くわかる。
    それこそ人間としての他人への質問の仕方が教え込まれていない。

  • >>No. 1492

    アメリカの会社では普段はアメリカントラッドの服装が求められる。
    例え、金曜日などのカジュアル・デイでもスニーカーやジーンズや
    Tジャツはご法度だ。アニュアル・レポートには役員たちの写真が
    載っているがそうした服装を真似れば良いとアメリカ人に教わった。
    今でもアイビースタイルが定番である。麻生大臣の服装はマフィアか?
    と陰で馬鹿にされている。

  • >>No. 1492

    どの国にも階層がある。貧富の差とか学歴とか出自や職業などで
    平等ではない社会が存在する。
    いくら建前で平等や公平公正をうたっても個人の本音では競争社会
    での差異を意識して夫々の形で度合いは違うが努力をしている。

    アメリカだって建前と本音は違う。アメリカの多国籍企業でも建前は
    平等だの公平だのと社則で言っても、実際は差別がある。マネージャー
    以上の比率は圧倒的に白人が多い。黒人何て一握りだ。学歴社会は日本
    以上にはっきりしている。そしてそれぞれの階層で夫々違うセンス?常識?
    等の価値観の相違がある。そこに差別が生まれる。そうした現実があるから
    建前を強調するのだ。
    幸い日本人は第二白人扱いで、仕事が終わった後に白人たちに飲みに誘われ
    たりするが、現場関係の黒人からの誘いはまずない。

  • >>No. 16595

    お年の割には感覚が若々しいので驚きました。
    特にレッカー車などは若者が書いてもおかしくない作品です。

    アメリカの詩人が青春とは心の状態だと明察したのは本当ですね。

  • >>No. 69

    そいう質問は人間?何て聞かない。
    どこの誰?って聞くのが普通の日本語!!!

    人間って何を聞きたいの? もっと具体的に聞かなきゃ誰にも分らない。
    自分だけが分かっていても他人には通じない。

    どこの誰?貴方は誰ですか?という意味?
    こんな場所で個人情報を聞くのはKYでしかない。ピントが外れてる。
    他人に聞くなら自分から名乗るのが礼儀っていうものでしょう?
    でもこんなところで聞いてもしょうがない!!!

  • >>No. 1490


    それは一時的な評価でしかないだろう。
    「見た目が九割」なんて言うタイトルの新書があったが、
    それは第一印象だけの話で、話をすれば本当の自分が現れる。

    確かに服装でその人の美意識や生活環境の一部が見えてくる。

    そうした事が同じ価値観の人には受けるが違う環境の人には
    疑問符が付くことは避けられない。

    大阪のおばちゃんの服装や鎌倉夫人の服装は生活環境の違いで
    違う価値観が生まれるのだろう。叉最近はテレビの影響で全国的
    な流行が生まれる。しかし地方の人はテレビに映る東京が主流と
    勘違いしているがあれは地方出身者達のテレビ関係者の作った映像
    で昔から住む東京人の姿ではない。つまりトラッドなスタイルでは
    なく一時的な個性という名で作り上げられた奇抜なものでしかない。

    ガングロだの原宿ファッションだのは田舎者の作り上げたファッション
    なのだ。細ズボンの背広姿、黒いボタンのYシャツ、とんがり靴などは
    売らんかなのビジネスが作った無知な田舎者を騙す流行でしかない。
    あんな格好でニューヨークやロンドンの街を歩けばピエロ扱いにされる。

  • 男なのに名前に「美」の付いた人物はどうやらもめ事を起こす人物が
    多い様だ。名付けた親の意識が子供に伝わるのかな?!

    名前だけだと女の子に間違えられそうだ。それが影響するのかもしれない。

  • >>No. 16591

    マフラーとおでん屋とレッカー車は現代俳句らしく
    とても良く出来た作品だと思いました。
    現代の状況を的確にとらえたセンスは秀逸です。
    新聞などの俳壇に応募するには良い作品なのでしょう。

    冬の山や霜夜は凡庸な情緒ばかりを前面に出す古い作風は
    初心者に良く見られるスタイルの様です。

  • >>No. 66

    人間論なんて人の数ほどある。
    個人が人間はこうあるべきだとか人間とはこんなものだとか
    決めつけても、それは冷静な客観論にはならない。

    人種、民族、国家、文化、宗教や政治体制、地域などなど夫々の違いで
    千差万別の人間とはという了解がある。そんな事を論じても意味がない。
    環境は意識を決定すると言われている。

    そういうものから離れて日本での道徳や倫理の教育の方法論や方向性を多角的
    な視点で考える事も必要かと思います。
    今までの日本の教育は採点を容易にし客観性という名の一つだけの正解を
    求めるアチーブメントテスト、○×方式、選択問題などの方式で多様な回答を
    求める議論や記述式などの方法を取って来なかったのが日本人の独善的な思考
    を育ててきたようだ。多様性を認めないので裏があったり表がある状況の認識が
    出来ない傾向にある。多民族国家の米国などは他人にはそれぞれの考えの違いが
    あるのが前提で本音と建前の使い分けで摩擦を避ける技術が身についている。
    日本人は皆が同じ考えで、自分の主張が理解してもらっている前提での甘えた
    意識が蔓延している。島国の単一民族の特性でもある。多様性を良く理解できず
    すぐ統一的なコンセンサスを全体に求める傾向が強い。
    例としてはそうした傾向が日本企業の強みでもあり弱みでもある。
    EUのような多様なインターナショナルではなくアメリカや中国のような統一価値
    のグローバルを求める。

  • >>No. 61

    どうやら夫婦で飲めない体質の様ですね。

    私なら、

    「居酒屋で、妻と分け合う、燗酒の、残り僅かで、
    もう一本」っていう処かな? 

    まことにお粗末でした。ただの飲んべいの戯言です。

  • >>No. 141

    どうやらこのサルは平塚の方から北上した
    らしい。つまり湘南の猿の様だ。

  • >>No. 140

    血圧を下げる為に、末梢血管拡張剤を処方されると
    グレープフルーツジュースなどは飲まないようにと
    注意書きがある。よく処方されるのがアテレックとか
    シルジニピンには注意書きがある筈だ。

  • >>No. 66

    人間? 生物で動物で色々な人種や多様な民族がいる。
    夫々の国や民族で多様な価値観がある。

    ここでは日本の道徳や倫理を中心にこれからの教育の方法
    や目的などを多角的に考えてみる場にしたいと思います。

  • >>No. 186

    高英男、美輪明宏、石井好子、島崎雪子、深緑夏代など
    恐ろしくフランス語の発音が下手で聞いては居られなかった。
    銀座の銀巴里、御茶ノ水の深緑夏代の部屋、など学生時代に
    覗いてみたが聞くに堪えない日本人歌手ばかりだった。
    あれで金を取るなんてまるで詐欺師の様だ。恥ずかしさを知らない。
    日本人は日本語訳のシャンソンしか歌えないだろう。

  • 最近は知らないが、昔の日本人シャンソン歌手は酷いものでした。
    それが大御所などと呼ばれて、レベルの低さが呆れる程でした。
    まず、フランス語の発音のお粗末さは小学生並みでした。
    日本語で歌った越路吹雪のムードは良かったが、フランス語?で
    歌った他の歌手は皆ヘタッピでした。鼻音やリエゾンも出来なく
    口や喉からストレートに声を出していました。

    最近でもたまたま日本人のシャンソン歌手のコンサートに行きましたが、
    皆が日本語で歌い、誰一人フランス語で謡わなかったのには驚きました。
    多分、自信が無かったのでしょう。

  • >>No. 3769

    サミュエル・ウエルマンというアメリカの詩人が言っています。
    「青春とは人生の期間をいうのではなく、心の状態を言う。」と
    明察しています。

    好奇心、想像力、それに向上心などなどを持ち続ける柔軟性と
    多様性を大切にすることが必要かと思います。
    .

  • >>No. 3759

    えっ、S22?、まだまだ若いな。じじなんて名乗るのはまだ早い!

    こちらはとっくに喜寿を超えている。別に偉くはないが、戦争の時代の
    雰囲気を体験している。酒は年齢ではないかもしれないが、昔の拙い酒
    も知っている。その分今の美味い酒との比較ができる。

    酒は量と味と雰囲気で皆が夫々で自慢している。

本文はここまでです このページの先頭へ