ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • TKCはFinTechサービス「TKCモニタリング情報サービス」が日本政策金融公庫(東京都千代田区)に採用されたと発表。
    「TKCモニタリング情報サービス」は、TKC全国会会員(税理士・公認会計士)が、月次巡回監査などを通じて作成する信頼性の高い決算書などの財務データを、顧問先企業からの依頼に基づき金融機関に無償提供するクラウドサービス。日本政策金融公庫では、小規模企業向け融資事業である国民生活事業で同サービスの利用を開始し、決算書などをデータで受け付ける環境を設ける。

  • SPKは2019年3月期第1四半期の経常損益が344百万円で、業績予想は通期の経常損益を前回予想を据置き、2.5%増益の1,920百万円を予想している。

本文はここまでです このページの先頭へ