ここから本文です

投稿コメント一覧 (659コメント)

  • >>No. 1455

    ありがとう。

    ワタシに気を遣う方もいてはるんですね。

    おおきにどすえ!

  • ワタシは掲示板スレッドそのものを削除したい。
    方法がわからない。

  • たちあげたスレッドを削除するにはどうすればいいのか、教えてほしい。
    コメントは削除できますが、スレッドそのもは削除できない。

    事由
    1・嫌がらせの「そう思わない」が多い。

  • きょうも、やっぱ、あつかった。 


     地元kスーパーの警備員は70を超えたお年寄り五名が担当してる。駐車場への案内と自転車などを並べ通路に乱雑に置かれたカートや自転車を並べている。かたずけも仕事なのであろう。きょうも暑かった。炎天下のなか、タオルをほほかむりしていた。汗の流れをぬぐっているのだろう。少しは涼しくなるのだろうか。

     このおじいちゃんはいつも気さくにハナシかけてくる。以前、ATMでお金を引き出した際、バイクのヘルメットを置き忘れ、それを保管してくれていた。

    「タオルでほほかむりすると風にあたらないので、もっと暑くならないの」
    「暑くなったらクーラ―の効いた店内に入って休む」
     と、前歯が一本抜けた口をもごもごと動かしていた。飲料水がよく売れて自販機では買えないと言う.爺さんは一日三本も飲んでる。

    「おっちゃんは70年生きて、70回の夏をむかえてることになるけど、今年の夏が一番暑いと思うの」
    「そうかもしれへん、このままでは40度、50度が当たり前になりまっせ」
     と、的中するかもしれない予報をされていた。70の高齢者には、きびしい夏であり、酷な労働だ。

     車を一時ストップさせワタシのバイク走行を優先してくれた。
     おおきにどすえ。

  •  凛としんしゃい!

     船橋女子ちびっこ、豊島区、江東区のこども相撲をYouTube動画で楽しんでると、国際女子相撲大会というものがありました。英語と中国語でアナウンスされてる。大人の大会です。迫力がある。優勝はロシア。中量級というが大きくて重そうだ。

      九州に「おんな戦」というもが江戸時代にあり、おんな同士が髪を引っ張たり、殴ったりけったり、相手の女中屋敷を壊したり、かまどを粉々に粉砕する大ケンカが一年に一度はあったという。時に薙刀を使っての死闘もあり死者もでるほどの騒ぎであったそうだ。

     九州といっても、熊本、大分と領域も広い。どの藩の出来事であるのかは調べないとわからない。永井路子さんの小説のなかで描かれていたものと思う。藩としては黙認し不問に付していたようだ。

     女子相撲が国際大会までに広がっている。底辺が拡大してるのがわかる。その動画を見てると、「九州のおんな戦」を思い起こされる。九州は相撲が盛んな故郷がらでもある。情が深く人を裏切らないと聞く。世界チャンピオン誕生の土壌がある。東北の岩手、山形、青森、福島も女子相撲が盛んだという。世界チャンピオン誕生の土壌がある。

    おとこどもよ、凛としなはれ!
    と、思いましたで御座候

  • 儲かってまっか?

     ブログ訪問者数が上位にあるのでとヤフーからポイントが送ってくる。一ポイント一円なので、これで10円もらったことになる。練馬ボーイ君は30万+α=Xなので所得では負けてまんがな。追いつけそうもないが嬉しい。

     小説家や詩人が多いブログと掲示版なのだが如何ほどの所得があるのだろうか?お仕事のノルマを果たすかのように分刻みで投稿されてはる方もいますね。原稿料が発生しないので生計はなりたつのであろうか?お金に不自由しない資産家階級のじいさんばあさんたちであろうか。

    他人の懐事情を知ったところで何にもならないが、年金も破綻するであろうし株価も落ち円安が始まっている。プライマリーバランスを健全化しなければ貧困の連鎖はとどまらない。一部御用学者のみがアベノミクスを称賛するのみで実体経済は沈下してる。サラリーマンの賃金があがらないのも当たり前だ。中小企業が潤わねば消費も伸びない。学生でもわかる初歩的な経済学じゃないの。国債も信用を失くすであろう。アベノミクスが失政であった証しでもあろう。

    なんで、こんなことになってしまったんだろう?!
    一千万円ほどの所得があれば、モノ書きも潤うと思う。
    んじゃ!

  • 悲しくなってしまう。 

     安部政権へ「NOを突き付ける」運藤は拡がっている。マスコミは取り上げないかもしれない。東京、名古屋、大阪にもデモ行進があった。名古屋では右翼団体の街宣車が軍歌を鳴らしデモ隊に向かって、ひき殺すぞ、そこどけ、ぼけアホと拡声マイクで威嚇してる。横浜では排除されまいと座り込みに入っている。

     現場の状況はわからないが高齢者も多く女性も多かろう。女子大生風の学生も見られる。YouTubeを開くと、やはりフェイクニュースも多く流れ、意見はわかれている。


    安部さんの述べる「美しい国」の姿はない。
    「悲しい国」になってしまった姿が映る。

  • ゴムボールすくいも遠くになりけり。

     魚屋の大将は西宮から自転車通勤をしてる。元アメフト選手でもあり自転車愛好家でもある。さすがに今年の夏はクーラーつきの自動車にしてる。顔が黒く日焼けしてた。飛騨高山へ行き、その帰りに海水浴を楽しんだという。その健康そうな大将がワタシを見て、
    (アンタもきれいに日焼けしてまんがな)
     と、お褒めいただきました。ワタシのはバイク焼けで海で優雅に夏の太陽と戯れたものでは、おまへんという挨拶を交わした。会社の慰安旅行だと言ってた。

     地元K スーパーの駐車場では毎年、徳島から阿波踊りの披露があったのに今年は見なかった。中止ではなく終えていたという。楽しみにしてたのにじゃむねむむねん無念無想でござる。

     練馬ボーイ君のメールによれば、会社の帰りに、こじんまりとした盆踊りがあり金魚すくいもあったとある。ほっとする新宿情報であった。高齢者が多いわが街の盆踊りはどうなんだろうか?


    金魚すくいならぬゴムボールすくいも遠くになりけり。


    イメージ 1

  • どこへ向かっているのやら、?

     政府の御用聞き新聞、読売も産経も安部政権退陣の国民の怒りと声の高まりを黙しておくことは不可能になっているのだろう。いつも高い支持率があると嘘のデーターを流し印象操作をしてたのが停まっている。(NO)を突き付けてる国民が多いのに高い支持率があるかのように報道するのは報道倫理が崩壊しジャーナリズムは安部に身売りしてしまったかのようである。

     どこへ向かっているのやら、?

  • 訪問拒否の理由


     すでに訪問拒否を告げてるのに侵入してくる。
    お金は欲しいが、株やFXといった金儲けは好きではない。訪問拒否の理由でもある。

     三度のメシが食え、月に一度か二度ほど、めいっぱいのおしゃれをして外食が楽しめれば、それで良しと思ってる。それが訪問拒否の理由でもある。

    eye*****さん再度訪問拒否をします。

     タダでできるものに信頼信用などおまへん

  • かっこつけんじゃねーぜ!

     えーごがいつしか業務のメインとなり会議と称して旅行ができたしホテル代が無料であった。振り返れば美味しい思いをしたかもしれない。外人さんとの電話対応もワタシがしてたし、わが社に訪れる個人・団体の外人さんのお相手をさせられていた。本社からきれいなねーちゃんと進入社員らしきヒトが通訳として出向して来たが、ワタシとは挨拶も交わさなかった。 必要以上のプライドがプンプンしてた。外人さんもそのことがわかったのだろう。

     会議が終えると、ささやかな立食パーティーが行われる。くつろぎ、くだけた雰囲気があり誰もが饒舌になる。
    <ごちそうさまでした>
     とは何を意味してるのかという質問が多かった。お酒の場になると日本人は
    「とりあえず、ビール」と言うのかという質問もあった。質問者は(とりあえず)という特殊な酒が日本にあると思っているのである。文化の違いであろう。笑いがこぼれるように面白おかしく説明すると意気投合し、give and takeのハナシも出てくる。W社と東芝のことは東芝の社員よりも早く情報を知り得た。ワタシは機器品質管理課に配属されていたが、全く違う仕事をしてたのである。お遊びのような仕事でお給金をいただいていたことになる。自慢できる手柄もなければ学び得たこともあんましと無い。

     しかし、「半音階のズレ」が生じせしめる人間の悲喜劇が面白いことを学んだ。
     カッコつけてるモノほど中味は無く、んとこどっこいしょ!、で御座候どしたえ。

  • でんがなまんがな、てな気分どすえ。


     ハーレーダビッドソンほどの大きなバイクになるとサイドスタンドをたてている。倒れると一人でおこすとなるとたいへんなこである。そのサイドスタンドをおもちゃのような50ccのバイクに付けてもらうことにした。駐車と発進が楽になるからでござりまする。月曜日に取り付けてくれる。お買い物が楽になりまんがな。そのことが嬉しくてタイピングしてる。別に無くても支障がないだけに無駄な出費かなとも思ってまんがな。


    でんがなまんがな、てな気分どすえ。

  • 恋患いとアホにつける薬はおまへんえ。

     恋患いという病気がある。落語の枕詞でよく使われる。恋や愛を話題にすることが多い。賢い人のハナシの展開は文化的であり種族保存の形態を論ずるが、賢くない人が恋や愛をろんずると下卑て低俗なモノになってしまう。論証するための体系たった学識がないからかもしれない。

    恋患いとアホにつける薬はおまへんえ。

  •  背伸びしてた読書かな~?

     高校生時、お弁当時間になれば運動場の片隅にクラスメート幾人たちと集まりパンをを齧りながら雑談するのが楽しみのひとつであった。そのほとんどはスケベなことか、どうでもよい世間ハナシで、自慢話をするのが目的で集まった。ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだか、トルストイの『戦争と平和』は読んだか、といった文学談議もあったがクラスメートたちが何を話し合ってるのか理解できず輪のなかに入れなかった。耳にのこった罪と罰ちう強烈な言葉とトルストイをもおめ書店へ出かけたものだ。おかげでトルストイ作品はほとんど読んだと思う。

     このころ生物の授業で進化について教わり、チャールズ・ダーウィンの『進化論』(evolution)もとても興味深く読んだ。読んでみると、ヴィーグル号に乗船し調査探検に出かけるわくわくする冒険旅行記であった。

     友人たちが読書量を誇り自慢してたので、ワタシもチトばかし背伸びをしてみるkとにした。
    「マルクス著『資本論』を読んだか?」
     とね。めっちゃ得意げになって自慢してみた。エッヘン!、てな気分だった。

     ほんとうのことを書いておかねばならない。資本論を開いたのは第四巻だけで、しかもドイツ民話のメドウラサーの挿絵の説明文だけである。経済学書物であることは理解できそうであった。
     読書慮を誇ったところで何になろうかと思い書き込み始めたが、アホなことをしてるなーと思う。

    背伸びをすると、やっぱ、しんどい。ここらで終える

  • あれはゴキブリかカブトムシか?

     近在のホームセンターへ行ってみた。
     入口付近にミツバチとカブトムシのニールガス風船が浮かんでいた。小学一二年生のおんなの子がそれを見て、
    「おねーちゃん、あれってゴキブリじゃないの?」
     と妹は五六年生の姉に言ってた。

     それを聞いたワタシは、
    「あれはゴキブリじゃなくカブトムシじゃないの?」
     と、やんわりと否定した。殺虫剤の宣伝画像が流れており、
    「ほら、ゴキブリでしょう」
     と、姉がやや勝ち誇ったかのようにワタシに面と向かって言いました。少し悔しいので、カブトムシにも見えるよと全面降参はしなかった。

     少し離れたところで、この子供たちのおばちゃんがワタシたちの頓珍漢なおしゃべりを聞いていた。おばあちゃんは笑ってた。連鎖反応か子供たちもワタシも笑ってた。

     笑うと心が晴れやかになり楽しくなっていくのが嬉しかった。

  •  温度差

     天気予報は正規の情報で聞くことにしてる。
     朝です、夏です、暑いです、との天気予報をしてるブログもあるようだ。なんのために報じようとしてるのか行動原理を考えてもみるがバカらしくなってやめた。考えないようにしてる。子供であろうか大人であろうか。世の動きも社会の流れには興味も関心もないのがろうか。

    YouTubeでは、新宿、国会周辺をデモ行進する主婦やおじさんおばさん、じいさんばあさんが同じ暑い夏を過ごしている。その生活の温度差に驚いている。

     練馬ボーイ君は新宿の「よしもとエージェンシー」にお勤めしてる。映像から流れるr新宿の街並みは十年前とは違う。時は流れてる。

    きょうはよい洗濯日和。
    MR.ラウンドリー君に頑張ってもらわなきゃ。

  • ワタシのわりきり方どすえ、でんがなまんがな

    「日記」という類のブログ、掲示板が多い。兼好法師を真似たのか「つれずれなる日記」と文学的なものを期待させるものもある。私的でプライバシーなものを公にするのもおかしいが、必然性があると判断されているのだろう。歴史に名を遺した偉人著名人の日記は研究対象になり時代の深層を解き明かす歴史史料としての価値も高いが、その偉人たちの日記も眉唾なものとして歴史は取り上げることが少ない。

     ワタシも、そんな投稿をしてるが、朝5時に起きました、夏です、暑いです、セミが鳴いています、と公にするのは他に動機や目的があってのことと思われる。誰も、そんなことを知りたいとは思えない。


    タダで自慢できるからじゃないの?
             ワタシは、そのように割り切ってまんねん

  • https://youtu.be/ITXBjDTXS90

    「四月になれば」

     貼り付けtのは『四月になれば』というsimon and garfunkelの曲。高校生の時に覚えた曲。
     two fingers演奏です。今でも演奏できるし歌える。人前で歌うことはおまへんけど歌ってみたい。

    四月になれば恋がでkるものと思い必死になって覚えました。

  • んだ、んだ、んだべや!

     新しいキーボードでタイピングしてる。左の手の平にのっけて右手でタイプ。膝の上で作業ができる。当初は小さすぎて買い仕損じたかな、と思っていた。コンパクト設計を売りにしてるのだろう。


     病院の待合室や電車内で携帯電話でメールを打ってる方を見かけるが、あんな小さなものを器用に操れるものだと感心してたが、今の無線キーボードならワタシでも可能であろう。

     リクライニングソファーを倒し、ポンポンの上にのっけてタイプしてるんよ。かたてで作業ができまっせ。dele)と(Insert)が横に並んでいたが、今回のミニキーボードは分離されておりDELEは右端におかれタイプミスがなくなってる。きょうも一日が終えようとしてますなー。怠惰な一日でがんした。 んとこどっこいしょですWA.。もうちとばかししっかりしきゃの一日やった。

    んだ、んだ、んだべや!

  •  
    送料配達込みで4.105円でした。

     アマゾンから商品が届きました。無線マスとキーボード、そしてノートパソコン用の台座。左が無線マウス、右が100円ショップで買った300円マウス。値段の違いはありますが機能は同じで遜色ありません。

     コンパクトなキーボードですが、ちっちゃくないか?と思います。場所をとらない目的で製造されてるのかも知れまへん。使い勝ってはいいが、あんましと使わないと思う。

     台座は不安定なソファーやベッドの上で役にたちそう。

    送料配達込みで4.105円でした。

本文はここまでです このページの先頭へ