ここから本文です

投稿コメント一覧 (356コメント)

  • >>No. 12270

    >ラミレスが ・コーチとコミュニケーションをとらず、自分ひとりで決めてきた。
    コーチ、選手、監督の間の風通しが悪かった。っていうけど

    これを額面通り受け取ることはできません。今シーズン優勝を目標に掲げながら,4位で終わったことに対するラミレス監督の責任感から出た言葉です。コーチとはコミュニケーションをとらないなんて,実際にはあり得ないからです。コーチのせいにはしないという彼の男らしさが,こういう実情とは違うコメントになったのです。

     >今のコーチ陣は相手チームの選手の調査すらしてこない

     これもあり得ない話です。私が知る限りでも,小川・坪井・河村・大家・青山の各コーチは,職員の集めた他チームのデータ・ビデオ等を分析してまとめたノートをいつも持っていましたよ。だいたい,IT企業を親会社に持つチームが他チームの選手の調査をしないようなコーチを抱えるわけがないでしょう。

  • >>No. 3807

    私は,そうは思いません。私の言う野球音痴というのは,野球常識にあり得ないことを書いている人のことで,ダブハンとは次元が違います。

  • >>No. 3803

    はい,私もあなたの御意見には賛成です。ただ,それを非難している人自身がダブハンしているのは,何か不思議だなと思っただけです。でも,何で○○と××は同じ人だと,あれほど固執している人って粘着質なんでしょうね。
     傾向としては,これを非難する人って,野球音痴が多いですね。

  • >>No. 3793

    >タブハンなんて言うこと自体、ナンセンスだし、掲示板の投稿内容がすべてではないですか。
    全くそのとおりですね。
     ダブハンとか騒いでいる人自身が,ダブハンをやっていると叫んでいるようなもんでしょう。

  • >>No. 85

     にしんさん,引退試合に関して御同意のコメント,ありがとうございます。
     詳細に解説していただき,改めてあなたの意見が,至極もっともだと感心しています。
     >こういう事情を鑑みないで、安直に球団はクソだ云々と騒ぐのは非常に困ったものですが、DeNAファンのどこにも一定数いるのが残念です。

    そうですね。しかし,そういう人はごく少数です。球場に来るファンは,大半がDeNAの新しい考え方を支持しています。YKHMさんのコメントにもありましたが,あなたのように経験豊富なひとほど謙虚に見ているという傾向は,間違いないです。

  • >>No. 3742

    中畑と遠藤は2年違うので,高校時代の対戦はありません。

  • >>No. 81

    プロ野球に関する根幹的な考え方については,貴殿と私は同じだと思っています。というより,貴殿のコメントを読んで,「なるほど」と感心することが多いです。
     細かいところで意見の違いがあるのは当然ですし,自分と違う意見にも耳を傾けるというのは,当然のことでしょう。その点,今回田代さんのコーチ復帰は,プラス面が大きくなる出てくるでしょう。田代さんの打撃理論とラミレス監督のそれとは若干違いがありますが,選手のタイプによって両者の意見を使い分ければ,いい結果に繋がるのではないですか。
     確かにラミレス監督就任のとき,DeNA内での言い出しっぺは高田さんです。これは中畑監督のときと違う点ですが,まあ「推薦」したということでしょう。でもラミレスさんから見れば「高田さんのおかげ」と考えるでしょうから,言われているとおりニュアンスの違いはありますが,間違っていないと思います。
    >資金に制約があるなかで、長期的な展望を実現させてきた高田GMは評価されるべきだと言うのは
    巨人、阪神を比べても思います。
     そうですね。DeNAスタート時,素人集団の経営陣が,DeNAという会社の考え方を理解した中でチーム作りのできる人という観点から選ばれた人です。高田GMの7年間でチームはいい方向に大きく変化したと言えるでしょう。
     尻の穴の小さい人間の意見というのは,大局観がないからだめです。高橋尚投手の引退試合をしたDeNAの姿勢は,ベイスターズでは活躍できなかったとはいえ,プロ野球全体を考えれば,花道を作ってあげるべき選手だと,拍手喝さいすべきものです。それをやれ中畑の後輩だから依怙贔屓だとか,本当に人間が小さいなあと思いました。

  • >>No. 77

    >DeNAの監督になれて3年間やれたのは誰のおかげって判ってるか
    ってきかれラミレスも反省の弁を述べたんじゃないの

     こういう変な想像をするのは,自分の感覚で人の言動を考えるからなんでしょうね。
     プロ野球人としてここまでやってきた人というのは,野球眼や技術だけでなく,人間的にも優れていなければ,やれません。高田氏がそんな恩着せがましいことを言うはずはないし,第一常識的に判断すれば,何年も前から辞意を表し,慰留されてここまでやってきた人が,もうここまでと宣言したら,余計で下劣なことを言うはずはないでしょう。
     ラミレスのコメントは,「責任は全て自分にある」という彼の男らしさの表れです。
     実際にはコーチに相談しながらやってきていても,そう言ってしまうと,責任の一端をコーチに押し付けていると捉えられてしまうでしょう。だから敢えて実態とは違うコメントをしたものでしょう。

  • >>No. 576

    監督・コーチの人事権は,もちろんGMにありますが,日本という社会はプロ野球に限らず,いくら権限委譲されているとは言っても,トップの意向はある程度斟酌するものです。例えば,DeNA元年には高田GMが初代監督に「工藤氏」を選んだのですが,交渉がうまくいかず,次の候補として「中畑氏」を挙げたのは春田さんです。もちろん春田さんもGMが反対ならしょうがない的な発言はしていました。ラミレス監督についてはGMの提案ですが。きちんとオーナーの了解はとっています。
     コーチについては,GMが決めていますが,監督の了解を得ずに更迭するようなことはありません。 これまで,コーチ人事でオーナーが口を出したということは,DeNAにはありません。
     ドラフトやトレード。FA等の選手補強についても,GMの権限ですが,やはり事前に監督の要望(例えば即戦力左腕がほしい)を十分聴取したうえで編成会議を開いて決めています。

  • >>No. 25788

    > 嶺井をレギュラーで使っていたらCSへは行けてたでしょう。
     嶺井のキャッチング,スローイング,リードでは,レギュラーで使ってたら,最下位転落だったでしょう,

  • >>No. 613

    >他球団に対しては、そんなに成績が良くないのですよねえ。
    巨人戦でもかなり失点することが予想されます。

     そうですか。でもメッセンジャー,今年の対巨人防御率は2.37ですからね。
     かなり失点するとはとても思えませんが。

  • >そう考えると高田さんご自身が何か理由があってやめるのですが、マスコミも
    これまでの功績ばかり記事にして今回の辞任の理由は記事にしない。
    そう本人が黙ってるから記事にはできん。言いにくいんでしょ。

    これは,おっしゃるとおりでしょうね。私はDeNAに知り合いはいますので,マスコミには流れない情報を多少は知っていますが,詳しくは分かりません。知りえた情報から常識的に推論を導いているだけです。

    >ところで一般的に人が会社を辞めるのは
    ①定年退職 ②自己都合退職 ③懲戒解雇 このいずれかじゃないですか?

    一般の会社の場合は,そのとおりでしょう。でも,プロ野球の世界は全く違います。
    まず,労働法的に,GMも監督も選手もDeNAの社員という位置づけではありません。一部の例外はありますが,彼らは基本的に1年契約の請負です。税法でも彼らは「個人事業主」です。ですから本人が継続契約を望んでも,球団が必要ないと考えれば切ることは簡単です。一般の会社ではよほどのことがなければ,首は切れませんよね。

    >それと工藤、中畑そんな話 自分はどうでもいいし中畑を推薦したのが春田元社長
    それも昔話きでん

    どうでもいいと言っても,あなたが「中畑を監督に抜擢した高田GMにも責任あるでしょう」と間違った推測をしていたので,中畑監督就任までの経緯を説明したまでです。

    >その時、俺は知らん 俺には権限を決める権限なんてないよ みたいな大人げない態度

     この報道についても,ちょっと違っていますが,シーズン中に監督の進退を記者から問われれば,GMがとぼけるのは,いたって当然のことです。記者をけむに巻くことが,大人げないということは,この世界にはありません。

    >過去2度は引き留めたけど、今回は引き留めなかった。

     いいえ,今回も慰留しています。しかし,高田氏が今回は断固としてやめるということだったのです。
     その理由は,いろいろあるでしょうが,あなたの言う通り自己都合ですね。GMを引き受けて7年間,観客動員の増加からチーム力の強化,トータル的にみれば成功ですから,彼としても達成感があり,年齢的なことも含め,後進に道を譲るという心境だと思います。

  • >>No. 572

    >残念ながら高田GMがいたのでは人事交代が進まないと思い辞任を了承という形にしたと思う。
     いや,プロは実力の世界です。高田氏もそうした点は,プロ野球人の典型ですから,彼がGMでも人事交代が必要ならどんどんやります。事実,彼がGMになってから,コーチ陣もスカウト陣もスコアラー陣も,結構交代してますよ。
    >中畑を監督に抜擢した高田GMにも責任あるでしょう的
     DeNA元年に,高田さんがGMに就任し,真っ先に監督候補に挙げたのが「工藤」です。しかし,条件面その他で折り合わず,「中畑」の名前を出したのは春田さんですよ。高田氏は内心ではこれに反対だったが,DeNA側の言う興行面のこともあり,「優秀な参謀を付けるなら」という条件で,これを飲んだのですから,高田氏が中畑氏を監督に抜擢したということではありません。
     高田氏はこれまでに2度「やめる」的な発言をしています。いずれもDeNAが引き留めているのは,高田氏の実績が信頼されているということです。

  • >>No. 39

     同感です。あまりにも馬鹿げていて笑えますね。

  • 9月に入ってからの康晃の安定感は抜群だ。最多セーブのタイトルもほぼ手中にしたね。

  • ゴウのダメ押しのスリーランが出た。場外まで飛んで行った凄い当たりだったね。又吉渾身のインサイドのストレート,でも結果はボールはピンポン玉と化した。これで本塁打王も手中にしたね。

  • 宮崎・ソト,逆風をものともしない豪快なホームランでサヨナラ勝ち!素晴らしい試合でした。

  • >>No. 194

    中村紀洋と西武ライオンズは全く接点はありません。また彼はメジャーでは全く通用しませんでした。いずれも間違いありません。

  • >>No. 25455

    そうですね。濱口は良く投げましたが,ストレート中心で1回からめいっぱい飛ばしていましたから,いっぱいいっぱいでしたかね。代打を送った時点で3-1の接戦,救援陣に多少の誤算はありましたが,この接戦を獲れたというのはいい流れになってきましたかね。

本文はここまでです このページの先頭へ