ここから本文です

投稿コメント一覧 (2979コメント)

  • 6月20日に合わせて噴火エネルギー充填中じゃな。

    頑張れ!国際垂直統合、共創!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • 日本電産、来年中国でEV車の駆動用モーター量産!
    株価右肩上がりじゃな。
    さあ、シャープも頑張れ!
    景気に左右されない新事業頑張れ!

    頑張れ!ホンハイSHARP !テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • タイ国政府観光庁と”Amazing Thailand Amazing 8K” プロジェクトのMOU(覚書)を締結!

     世界初の8Kディスプレイを開発し、2011年にスタートしたシャープの8Kの歩み。2017年12月には70型の8K対応モデル「AQUOS LC-70X500」を発売し、世界初の民生品化を実現した。「ここからは第2章」。TVシステム事業本部の喜多村和洋事業本部長は5月16日に開催したテレビ事業懇談会で、8Kを「製品化」から「市場拡大」へとフェーズは移行すると説明。年内には8K対応テレビの新ラインアップを投入、関連カテゴリの対応製品群を展開し、新たなエコシステムを構築する計画を明かした。

     民生品8K対応テレビの1号機「LC-70X500」は、発売時の税別実勢価格で100万円前後だったが、喜多村本部長は次に投入を検討する60V型について「半分程度の価格になれば」と意気込む。まだ市場は立ち上がったばかりだが、市場の広がりと他社への牽制のために、早くも価格でも勝負に打って出る。
     今年の12月1日には新4K/8K衛星放送がスタートするが、コンテンツの充実も普及には欠かせない要素だ。シャープはチューナー、レコーダー、ホームシアターシステムなどの関連カテゴリを8Kに対応させることで、自社単独でも消費者の需要を喚起していく。
     展開は日本だけにとどまらない。親会社である鴻海精密工業の販売網や開発リソースをフル活用し、中国、台湾、東南アジア、欧州、ロシアといった地域にも8Kを広げていく。すでにタイでは政府の観光庁とMOUを結び、“Amazing Thailand Amazing 8K”のプロジェクトを開始するなど、積極的に「シャープ=8K」というブランディングを進めている。
     米大手調査会社IHSは、20年度の全世界での8Kテレビ需要を300万台と予測する。喜多村本部長は「関連カテゴリも含めた8Kワールドで3000億円の売上高を目指したい」と、中期的な目標を示した。(BCN・大蔵大輔)

    頑張れ!世界最先端8Kでタイ観光国の美を発信!テリーゴーHAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!

  • シャープ株価頑張れ!

    頑張れ!業態転換!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • 載社長の一発コメントがほしいなぁ。

  • ペット事業で犬、猫国内ペット1800万頭。
    うち、屋内で家族同様のペットは、8割。
    1440万頭でAIoTトイレ販売推進頑張れ!
    体重、室温、尿の量、尿の回数、トイレ滞在時間のクラウド管理(3匹まで)
    ココロペットアプリ月額300円、IoTトイレ24800円
    屋内ペットの方3割で月額300円で100億以上の事業

    頑張れ!ペット事業!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • テレビ用か医療用かは、わからんが、50型8Kを出すようじゃ。アップコンバータで2Kを8K並みで見れると言うことかいな。

    頑張れ!8Kエコシステム!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • シャープがペット用IOTのトイレで尿の量、尿の回数、トイレ滞在時間、体重、室温を自動計測しクラウドに自動送信する。最大3匹まで。トイレ価格は、24800円。ココロペットアプリ月額300円。

    頑張れ!ペット事業!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • 今の日本は、いったいどうなってるんだろう。
    中小型の生産量世界一のJDIが、赤字から脱却できず。
    JDI海外資本提携うまくいかず。(中国メーカーなど)
    シャープがホンハイ傘下の時は、技術が盗まれるとか、さんざん売国奴と言われたのに、JDIは、官製企業であり、もう盗まれる技術は無い企業と言うことなのか。

  • いよいよ、JDI官製企業(109円)との共創開始するのかな。それとも、傘下にするのかな。

  • 大型TVは、8K液晶が優れ大型有機ELTVは、性能、消費電力でIGZO液晶より衰えている。韓国の大型有機ELTVを無力化する8K液晶andマイクロLEDで壊滅させてくれる事でしょう。

  • 単に四角い形でOLED出しても、意味ないよね。

    Be Originalで、出さなきゃね。

    頑張れ!リーディングカンパニー!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • ホンハイ傘下のFII(フォックスコンインダストリーインターネット)の中国本土上場のテクノロジー企業としては最大の時価総額7兆円に迫る。
    テリー会長、調達資金で、FII事業での5G技術分野に投じる方針。

    頑張れ!ホンハイSHARP !テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • ホンハイIT子会社上場売上高6兆円は、恐るべし。
    東芝PC事業買収IT技術者400人。
    テリー会長のロードマップ順調に進行。

    頑張れ!新天皇、新時代!テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • 東芝PC事業(法人市場で根強いコアユーザーを保持)買収から、IoT、人工知能部隊強化による、ゲームチェンジが始まるのは、楽しみです。

    頑張れ!東芝IT➕ホンハイSHARP =共創曲
    テリーゴーHAYAKAWATOKTJI 親衛隊!!!

  • シャープ、再建モードから成長へ 親会社と歩調あわす

    シャープが成長へとかじを切る。5日には最大2千億円の公募増資を実施、主力2行が保有する優先株を買い取る方針を表明した。“負の遺産処理”にメドをつけたシャープは、高精細の映像技術「8K」テレビやAI(人工知能)などで攻めの姿勢を鮮明にする。親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業が苦戦するなか、親子で成長戦略をどこまで実らせることができるかに注目が集まる。

     「会社経営の自由度を高めるうえで大事だと考えてい…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31454200W8A600C1TJ1000/

    頑張れ!成長戦略SHARP!テリーゴーHAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!

  • A種類株を買い取るためで、残金残れば、研究開発費に回すと言ってたな。
    10月の公募増資は、お得感を出すには、限りなく株価が高値になっているのが良いと言うことかのう。

  • 遠藤教授を迎えて講演会を開催
    社会実装をゴールに技術開発に挑戦しよう!

    福山事業所で、STTーMRAM(スピン注入磁化反転型磁気メモリ)の第一人者である遠藤教授を迎えて、教授の研究成果や最先端の研究テーマに関する講演会を開催しました。福山・天理事業所の従業員400名が聴講しました。

    本部長の森谷さんより、背景と趣旨説明
     遠藤教授とは、3D(3次元)フラッシュメモリの最初の試作をこの福山工場で一緒に行った縁があり、17~8年ぶりに起こし頂いた。
     今回は、技術的な素晴らしさだけでなく、社会実装というゴールを描き、研究をされている先生のマインドも学んでもらいたい。
     MRAM等の連携で半導体の新時代を創りたいと考えている。この技術でどんな事ができるか、自ら考えて提案してくれることを期待している。
    ーー遠藤教授の講演格子ーー
     モバイル機器は、バッテリー容量が限られ、デバイスの高性能化追求だけでなく省エネも重要。目的のアプリケーションに向け、ユーザー目線で挑戦し続けることで、新市場が創出でき社会実装につながる。
     最初の挑戦であるNANDフラッシュメモリはストレージからの置き換えを目指し、その時代のアプリケーションに適応しながら、10年を経てSSD(Solid State Disk)にたどり着いた。
     2D(平面型)メモリでは容量に上限が来ると見越し、3Dメモリを考案した。ここ福山事業所で試作と基礎技術検討を行い、データで実証したことがきっかけとなり、現在の主流になっている。
     直近の挑戦であるSTT-MRAMは半導体と磁性体という二つの異なる技術を組み合わせた。DRAMと同じ性能で電源供給不要のメモリが実現でき、パソコンの全てのメモリ置き換えの可能性を持つ。このぎじゅつをアプリのシステム全体に適応すれば、超低消費電力のパソコンやスマホなども実現できる。

    出席者からは、「東芝時代に経験された話がわかり易く、ぶれない技術開発への姿勢を見習いたい」「私達のデバイスの消費電力を下げる事ができるという点で、非常に興味深かった」といった声が聞かれました。
     また、翌日には、遠藤教授tp関係者でディスカッションを行い、私たちが保有するデバイスへのSTT-MRAM活用について、活発な意見を交わしました。
    *STT-MRAM;Spin Transfer Torque-Magnetic RAMの略。電源を切ってもデータが消えない性質のメモリ。同じ性質のフラッシュメモリより低消費電力・高速読み出しが可能で書き換え回数に制約がないことから、次世代メモリとして注目されている。

    遠藤教授は、3Dメモリを発明し福山工場で試作と基礎技術検討してたなんて、金があったら今頃SHARPが3Dフラッシュメモリ量産していたかもな。次世代メモリ連携で半導体の新時代をぜひ実現してほしい。

    頑張れ!新時代半導体!テリーゴーHAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!

  • 東芝PCに続きJDIも50億円で買収出来たら、いいね。

  • スマホのラインアップ拡充してほしいですね。
    5G➕8Kライセンスでインフラ、医療、映像配信、ビックデータ、遠隔操作で成果をだしてほしいものです。

本文はここまでです このページの先頭へ