ここから本文です

投稿コメント一覧 (4151コメント)

  • 朝鮮日報: 「韓国の新卒大学生、正社員就職は10人に1人」

    高校生が必死で大学受験勉強をしても就職できない韓国経済の現実だ。韓国人を採用することは、自衛隊機に火器管制レーダーを照射した嘘つき韓国を助けることになり、非韓三原則に反する。韓国人を採用する企業は、売国企業として汚名を着ることになるだろう。韓国人を採用すれば、やがては不平等に扱われたと騒ぎだし、新たな政治問題となるに違いない。

  • 「売国、日韓議員連盟」

    この期に及んでもまだ日韓議員連盟が存在すれば異常だ。額賀は議員辞職し、出家して坊主になれ。

  • 「日本、火器管制レーダー照射討議を終結」

    別の言葉で言えば、「今後はあらゆる事項において、韓国を一切信用しない、韓国を相手にしない。」という事だ。
    更に別の言葉で言えば、日本政府は、非韓三原則を徹底するという事だ。

  • レーダー照射問題 「米国と十分に情報共有」=韓国国防部

    国防部は相変わらず下手くそなお芝居を続けるなぁ。「米国と情報を共有すること」と「米国が情報を認めること」は、全く別のことである。米国が日本と韓国のいずれの情報が正しいと判断しているかは、全世界が知っている。国防部は、米国に頼み込んで、「本当は火器管制レーダーを照射してしまったが、反日で意地を張ったために、日本と泥沼の論争になった。どうか韓国に恥をかかせないで欲しい、知らん顔をして黙っていて欲しい」と頼み込んだに違いない。米国は恐らくコメントを差し控える、米韓軍事同盟はこの程度のことなのだ。韓国人は、恥を恥とも思わない田夫野人であることを自ら証明した。日本は米国とはとっくに真実の情報を共有しており、米国は韓国のバカたれと呆れかえっているだろう。

    韓国の反論には合理的説明は一つもない。
    今回も火病でヒステリーを起こし、感情で反論しているに過ぎない。
    全世界は、韓国が嘘をついていることを知っている。
    こんな国と現実の戦闘で協力すると、後から撃たれるにがいない。

  • 「今の韓国を作った建国世代?」

    その力の源とは、「愛国戦争で鍛えた愛国心だ」と、韓国人は真っ赤な嘘を平気で言う。愛国戦争?北に押しまくられて、半島最南端まで必死で逃げ、米軍を中心とした国連軍が盛り返して38度線ができた。何処に愛国戦争があった?
    経済的な発展は、全て日本のお陰である。終戦時の韓国は世界の最貧国のひとつであった。日本が所有権を放棄した膨大なインフラ設備、日本が提供した莫大な戦後補償金のお陰で、「漢江の奇跡」が生まれたに過ぎない。韓国人の「愛国戦争で鍛えた愛国心」などどこにもない。あるのは昔も今も、ひがみ根性だけである。

  • 「おバカの文罪寅が大統領になって以来、韓国に何か良いことがあったか?」

    対日・対米・対中関係は最悪の状況に陥り、経済も最悪の状況でまもなく破綻する。
    文罪寅の愚かな独り善がりの主張のために、韓国は金正恩に支配され、世界中から軽蔑されている。
    井の中の蛙、韓国人は世界のことが何もわからない。

    文罪寅も積弊精算だろうなぁ。不正に資金をだまし取った歴代大統領よりも、国家を売り渡した文罪寅の罪の方が遥かに重い刑罰、死刑を宣告されるに違いない。

  • 「l掲示板を閉鎖して国民の楽しみを奪うJahoo」

    掲示板で悪徳韓国と悪徳文罪寅と悪徳在日を徹底的に総攻撃されて、逃げに転じた孫正義は誠にオチンチンの小さい在日だ。日本で事業をさせてもらっているくせに、感謝の気持ちがない。ま、いいか、在日の代表みたいな孫が尻尾をまいて逃げた。わたしゃ、ソフトバンクが嫌いだ、野球も、スマートフォンも・・・

  • 「訂正を繰り返す韓国海軍」

    今度は付近にいた「警備艇のレーダー」かもわからんと言い始めた。三流国の知恵は空っぽになったと見える。

    遭難したという北の貧しい漁船に、無線設備などあるわけないのだから、救助を求められるわけがない。でも、能登半島沖に、救援と称して駆逐艦と警備艇と北の小型船舶がいた。漁船から救援信号があったと主張したいのだろうが、救援信号があれば日本でも受信しているはずだが、そんなものは元々ない。海難事故なら、何故日本に救援を求めないのだ?韓国が主張することは全てが非合理で出鱈目である。日本の排他的経済水域だ、大和堆には日韓漁業協定があるのだが、北の密漁を取り締まらず、遭難したと称して、怪しい行動をとる。

    結論は一つ、現場は日本に知られては困る状況にあった。北の漁船ではなく、北の船舶と韓国の哨戒艇と駆逐艦が、公然と「瀬どり」をやっていたのだ。日本のP1哨戒機に現場を見られたので、火器管制レーダーで哨戒機を追い払おうとした。あれは北の木造漁船ではなく、小型船舶であった。

  • 「立憲民主の枝野は外交を無視」

    韓国と文罪寅の度重なる横着に対して、枝野は反論はおろか一言も主張していない。
    余りにも無責任な野党である。
    次の選挙では、売国立憲民主党を徹底的に叩こう。

  • 「日韓外相、ダボスで会議調整」

    太郎君、無駄な会議は必要ない。文罪寅と康京和に「日本と議論している」という無用のアリバイを作ってやるだけで、何の成果もあり得ない。康は外相の器ではない、文罪寅の通訳に過ぎずで何の権限もない。日本がやるべきことは強烈な制裁を加えて、韓国の横着を金輪際許さないことだ。

  • 「人間の思考回路を持つとは思えない韓国人」

    日本・アメリカ・中国・・・、韓国は他国と会話ができず、世界中で嫌われている。
    韓国人は、猿の惑星から間違えて地球に来たと思えば納得できる。
    韓国人は猿の様な生態系を示してきたし、現在のヒステリー症状は将に類人猿的である。

  • 「ダボス会議では、日本と韓国が同じ日に晩餐会を開催するそうな」

    アッハッハッ、きっと日本が仕組んだに違いない。韓国の晩さん会には、韓国人しか出席しない。韓国がいくら反日をやろうと、世界は親日である。韓国の恥晒を嘲笑しよう。

  • 「韓国国防部、在韓日本大使館の武官を呼び厳重に抗議」

    韓国では盗人が大威張りをするようだな。何を抗議したか知らないが、所詮は国内向けのお芝居だ。岩屋防衛相は既にアメリカで国防相代理と、火器管制レーダー照射問題を協議した。アメリカが何方を信用するかは語るまでもない。韓国の嘘は世界中に広まる。やがて世界の人々は、韓国が言う歴史や竹島や慰安婦や徴用工などは、全て韓国の捏造だと理解するに違いない。嘘から真は出ないが、嘘は嘘を呼ぶ。

  • 次の選挙で「額賀落選」

    韓国の横着の源泉は、額賀である。
    日韓議員連盟が文罪寅に横暴を許している。

  • 「弱くてオツムの悪い犬ほどよく吠える」

    火器管制レーダー照射事件のように、韓国人は嘘八百を並べて相手をヒステリックに攻撃し、己の非を隠そうとする。
    韓国人は弱い犬のように激しく吠える、犬を食うからに違いない

  • 「韓国の戦争犯罪を暴く、英民間団体ライダイハンのための正義」

    産経ニュース:
    ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士による現地女性への性的暴行などで生まれた「ライダイハン」と呼ばれる混血児の問題を追及する英民間団体「ライダイハンのための正義」は16日、英議会内で集会を開いた。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発してノーベル平和賞を受賞したクルド民族少数派ヤジド教徒、ナディア・ムラド氏(25)は「性暴力に対して団結し、正義の実現まで行動を」と訴え、韓国の戦争性犯罪である同問題への連携した取り組みを訴えた。

    この団体が韓国を告訴し、全世界的に残虐事件として扱われると面白い。文罪寅はありもしない慰安婦の作り話(実際は戦場を駆けた売春婦)で日本を攻撃したが、韓国軍の戦争犯罪は事実である。文罪寅の顔が引きつるに違いない。

  • 「韓国は無法国家」

    三権分立が聞いて呆れるわな。
    無法、無政府、無行政だろ!
    国際条約を守らず、国際社会で国家を統治できず、売春婦像が乱立する。
    韓国は三流以下の国。

  • 「こんなご時世に、韓国人を採用する会社は頓馬としか言いようがない」

    あらゆる事件を捏造する韓国人、何もなくても差別を受けたと大騒ぎをし、間違いなく獅子身中の虫になる。
    虫は無視する限る。

  • 韓国が「歴史問題」を主張するなら

    朝鮮が平和で豊かな国であったか考えてみろ。大半の家庭はその日の飯にも事欠く赤貧の状況にあった。多くの親は娘を売り飛ばし、売春婦にした。良家の子女が日本軍に強制的に連行されたなどあり得ないことで、己の貧しく惨めな人生を忘却したいがための捏造物語だ。そんな売春婦が、日本軍にくっついて戦場を駆ける売春婦になったに過ぎない。

    韓国人は、韓国はこの世で最も貧しい国であったことを忘れている。韓国のテレビドラマはフェイク・ドラマである。李氏朝鮮にはテレビのような優雅な風景はなかった。韓国人はありとあらゆるところで嘘をつき、余りにも多く嘘をつき過ぎたので、韓国が昔から平和で豊かな国であったと思い込んでいる。

  • 韓国、「日本と価値共有する」削除

    アッハッハ、日本はとっくに削除している。韓国なんかと価値を共有する対象は何もない。韓国との未来志向の関係などあり得ない。わたしゃ、韓国と韓国人が大嫌いだ。

本文はここまでです このページの先頭へ