ここから本文です

投稿コメント一覧 (310コメント)

  • >>No. 179998

    捕手としての求められる要素としてリードは最下位ということ。

    礒部はスローイングに致命的欠陥があり盗塁阻止率プロ野球ワースト記録になる1割が原因。
    近藤もほぼ礒部と同様。

    決してリードを最大原因に挙げたのではありません。

  • チームの勝敗は捕手如何という論調が最近多いが、リードっていったい何だろう。そんなに試合の重要なファクターを握っているのだろうか?じゃあ、2線級でもリードのいいという捕手なら勝てるのか?エース級でもリード悪ければ負けるのか?

    ラミレス監督はリード、配球はベンチがやると一石を投じ、また以前にここで書いたが下柳さんは
    セリーグということもあったが捕手選考は間髪入れずに打てる捕手と言った。セリーグで9人中投手と捕手の2人が打てなければかなりのハンディだと。

    里崎さんの理論を下記載せておく。私の考えはほぼこれに近い。さらに加えるなら人間だから好き嫌いもあるわけで気持ちの問題もあるのでその点での投げやすさも考慮して捕手を選びたい。
    http://news.livedoor.com/article/detail/11140394/

  • 打開策はいつも言ってることだが徹底した実力主義と信賞必罰。

    成績悪ければ下の好成績のものと入れ替える。前の試合で殊勲打を打ったり、好プレイしたら次の試合は相性とかデーターに関係なく必ずスタメンに入れる。宮崎、西村、伊藤、坂本(早く支配下登録を 27歳ですよ)を上げてとにかく目一杯現有勢力を使ってみる。一軍の今の連中の調子が上がって来るのを待つというのがこの監督の今のスタンスらしいがもう2か月近く経過。待ってたらシーズン終わってたともなりかねない。

    とにかく待つのが大好きな監督のようだがもう動かないといけないのでは。帰阪させる特定投手がいたり、ミスプレーで罰するのはいいけれどその後はいくら頑張っても挽回のチャンスを与えない特定選手やら。懲罰もやるなら公平に! 金子でも帰阪させてみろと言いたい。内部事情はもちろんわかりませんがとにかく公平に、平等に! 大相撲の番付のような徹底した実力主義に徹して現有勢力の能力を最大限に生かすよう試みるしかない。

  • >>No. 178989

    私は逆だと思いますね。うちの打線の伝統の勝負弱さ、爆発力のなさに加え根本的に打力のない野手が多すぎる。外国人中心のHRによる得点に頼りきったのがここまで。GWで少しつながってきたと思いきや未勝利の辛島やぼこぼこに打たれた則本を見事に復活させる体たらくさ。

    うちの先発投手の内心は、せいぜい6回まで2失点前後に抑えないと勝利はないぐらいと思っているのではないですか。だからコースを狙いすぎて四球も多くなるしバッテリーの呼吸も長引く。ブルペン陣はもっと気の毒でそこそこ先発も頑張るので勝ってても負けてても僅差。だから毎試合のように投げなくてはいけない。まあそのうちこの中から故障者が出るでしょう。第二のサトタツや比嘉が出ないことを祈るだけです。

    もちろんあるバースのように制球力がいい投手はいいのですが、金子などは明らかに2年ほど前からストレートに威力、キレがなくなり変化球に頼るからどうしてもテンポが悪くなる。彼が全盛期の時はストレートがビシビシ決まるし七色の変化球も面白いほど空振りしてくれテンポがよく完投能力球界一だった。

    加えて監督の相手先発投手が誰であろうとかまわずのバント多用作戦でどんどん相手にアウトを献上していく。粘っこく球数を放らせるような打者もなく、この低打率打線では相手チームからはオリックス戦では僕に投げさせてくださいと言う希望者続出状態で気持ちよく投げているのではないかとすら想像します。もちろん私の妄想ですが。

    誤解なきように申し上げますが、もちろん投手陣にも責任はあると思いますが比較論で言えば打撃陣の方に責任があると思います。
    少し早いですがオールスターでうちの野手陣は誰が出るのでしょう? 現状ではお情けで監督推薦で正尚ぐらいでしょうか。

  • いろいろ昨日のスタメンに批判が出ているようですが、間違っていたらごめんなさいですが
    たしか、私の記憶では辛島に対して大城、武田が昨年打っている印象があります。

    まあ、昨年打っているから今年も打てるという保証はないですがおそらくそのデーターからの2人の起用だと思います。しかしながらマレーロを外すほどの理由にはならず、私なら変幻自在の辛島に対してTを外してマレーロを一塁に使います。Tはああいう変幻自在の軟投派には苦しいと見ます。
    マレーロも決して調子いいとは思いませんが、思いもよらぬところでの一発はやはり魅力です。

  • ここで。またチキンー岡田。ほんま、頼むで~

  • 予想通り。こんな簡単な予想はないな。

  • 金子はアップアップの状態でボールが全体に高くストレートも戻っていない。

    球数の多さももう毎度のことで驚かない。せいぜい5回、もしくは6回まで。
    変に色気を出すと毎度のことだが集中打を浴びて大量失点の急転直下型といえる。
    エースの復活を期待するなら気心知れた光を昇格即組ませればよかったものを。

    打線が援護しなければ今日も又勝ち星は望み薄。

    宗はもうボール球への見極めというか対応が悪すぎる。
    チームの将来とか育成とか優先するというのはわかるが優先と固執は違う。
    守備も何人かの方が指摘されていたが雑になってむらっけが出て悪い回転になっている。
    将来のチームの顔と誰もが認めるところだがもう固執する理由は見当たらない。

    山足と福田 宗と武田、宮崎等など公平に競わせてこそチーム力が上がり、足腰のしっかりしたチームになる。

  • ホークスファンの掲示板の投稿 拝借させてもらいます。
    他球団のファンながら見事にオリックスを分析しています。

    オリックスは福良監督の采配がかなり悪い
    送りバントさせたら失敗する。送れてもチャンスに弱い
    ロメロ、マレーロ、今日は打ったけどT-岡田もあまり打てなかった
    1番にしてた宗とか大城とか安達とか若月とかがあまり打てない
    金子が先発したら良くても6回3失点はする
    9回に同点のランナーが1塁に出て盗塁させて失敗あっさり試合終了とか
    西が120球超えても引っ張ってホークスに負ける
    勝ってても負けてても黒木とか近藤とか投げさせて壊しかける
    外野とサード、セカンド、安達ではない時のショートの守備が悪い
    早めに守備固めを入れて追いつかれて打てなくて延長でよくて引き分け
    などなど

    オリックスの後ろのピッチャーは良いでしょう
    少なくとも今のホークスよりは上です

  • 福良監督について時間あるので私なりにまとめてみたい。

    第一 ゲームプランをしっかり立てているとは思えない。
    高校野球でも必ず事前インタビューがあって今日は○○君相手だから打てそうにない。何とか低スコアで接戦に持ち込めたらとか相手チームからいって打ち合いになるでしょうとか。
    相手のチームの特徴、先発が大エースなのか今季未勝利、あるいは不安を抱えている投手なのかだれでも考えること。
    明らかに投手戦が予想され低スコアなら初回からバントもありでしょう。十亀は西武ファンからも金子同様不安あるという相手、せっかく初回先頭ヒットで十亀は今日もかと不安を感じたはず。それを考えれば選択肢はいろいろあるでしょう。
    攻撃重視か守備重視とかスタメン構成。継投プラン。特にブルペン陣の疲労度、調子、ブルペンコーチからの見極め報告。
    極論すればトーナメントではないのだから、長丁場のペナントレースなんだから捨てゲームすらあってもいいはず。あえて絶好調エース相手にこちらもエースをぶつける必要性はないとも思える。もちろん
    ペナントレース終盤やら大事な試合ではトーナメントのつもりやらないとお行けないと思うが。

    孫子の兵法 彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。

    第二 作戦の選択肢が少なすぎ。画一的。
    バントと決めれば2ストライクまでバント。だから相手チームは安心して1、3塁手が思い切って突っ込
    んでこれる。バントする方からしても突っ込んでこられてプレッシャーがかかりますますバント失敗の確率が高くなる。
    逆に、バスターなりヒットエンドランなり、単独盗塁なり何をやってくるか読みにくければ相手も簡単に突っ込んでこれない。逆にそういう状況であればバントする方も気楽で成功率も高くなる。
    バント技術の稚拙さもあると思うがこういう部分も無視できない。

    攻撃の作戦の多様性が必要。相手にその作戦を読みにくくするのは勝つために絶対必要なこと。

    第三 延長戦の想定と守備固め。
    追いつかなければ延長戦はないのだからというのは当然のことでおそらく福良監督は追いつくため代走とかを出す、あるいは1点差などで守備を固めて逃げ切る確率を上げるため守備要員を出すという考えに凝り固まっている。2死2塁でヒット、ホームでクロスプレー 代走生きた! あるいは際どいプレーで守備要員のおかげで勝てた! もちろん可能性はあるのだがデーター上その確率はごくごくわずかなものだろう。であるならば走るだけ、守備だけの要員をベンチに置く余裕はないはずである。
    ましてやルール改正でホームクロスプレーもランナーにかなり優位になっている

    レギュラー野手陣が大砲は並んでいてもアベレージの低いこのチームでは控えもそれなりの打てるものを置かなければいけないチーム状況ではないのだろうか。
    他のチームの守備固めの時期も注意深く見てきたが1点差などで延長戦も想定される中で主力打者交代などほとんど見かけない。3点差以上とかある程度の余裕を見られるときにやってきている。

    おそらくこんな程度のことはプロの監督、コーチなんだからわかっていると思うが福良監督に異を唱えると数人の特定選手と同様干されるからとコーチ陣も黙っているのかと思うことさえある。

  • 大反対! 澤田でしょう! 山本は金取の後継として先発!!!

  • やっぱり、ブルペンで大好き黒木がスタンバイしてる。

    クソ采配第2幕。

  • 又、クソ采配が始まった。西武相手にこの点差でチキン逃げ切り戦法が通用するはずがない。

    ロメロももっと真剣に走れよ!

  • 初回から記録に残らないミス連発。得点差詰められてきて終盤いつもの大好き黒木を出して逆転負けの気がしてきた。

    先生、大変なのはわかっているが今日勝つか負けるかはG/W成績に大きく影響する。
    何とか打たれ始めたが頑張って完投目指してほしい。

  • ミスが多い。守備妨害なんて最低。

    何を練習してるのか。

  • 超強力打線だから3点差ぐらい屁でもない。追加点をどんどん取らないと勝てない。

    このぐらいの点差なら先生に完投してもらうしかない。 タイミングが合ってない初対決だからこそ。
    下手に黒木や吉田などではちょうど打ち頃の投手として一気に逆転されそうな気がする。

  • 安達の調子が上がってきたな。T-岡田もさらにここで打てばチキンー岡田を返上、打線全体が活気づく。

本文はここまでです このページの先頭へ