ここから本文です

投稿コメント一覧 (4141コメント)

  • ダウは月足12MAサポートですが、直近の上髭抜けない限り上には行けない。よく見ておくことですね。

  • >>No. 17925

    続いてUSD/JPYの月足移動平均線

  • >>No. 17914

    半力さん、おはようございます!
    USD/JPYはトレンド転換するか否かの分かれ目に見えます。
    1点目:月足に注目して上値抵抗線をギリギリ抜けるか。SBIのチャートアプリは数ヶ月前に引いた線がそのまま自動延長されて残るのですが、ギリ上抜けしてるように見える。この添付のチャートは2月の初めに引いた線です。線の引き方と月末の状態が重要なので断定はできませんが。
    2点目:月足一目が三役好転するか。今のところ遅行線が実線を上抜いて、ローソクも先行スパン1をギリ抜いてます。これも月末の状態により上髭のローソクになってしまえば三役好転とはならないのですが。
    3点目:月足移動平均線で12、24、60月線を全て上抜け、且つ数年前に遡っても24、60が下向きになり難い状況。但し1番支配的な12は下になる可能性もある。
    添付は、月足一目

  • >>No. 17917

    ドッグさん、おはようございます!
    今は東京に引っ越しているので自分は大丈夫ですが、広島では会社の同僚も自宅の周辺が浸水とか泥も凄くてかなり大変そうです。テレビには写されてなくても送られてきた写真見てびっくりでした。
    少し募金して徐々に復旧するの待ちます。

  • 個別チャートを久しぶりにみたらそーせいが反発ライン付近まで落ちてます。
    高値から随分と調整してフィボナッチライン23.6%、移動平均では月足96MAのラインで反発するかな。
    月足のMAは48MAの次は96MAがサポートとしてみてます。逆にこのライン割ると厳しくなる。
    では、また!!

  • >>No. 17845

    まぁ、統計データですからその通りなるか否かはわかりませんがね。必ずチャートをみて判断することが大事ですね。
    中間選挙はトランプ大統領の影響が大きいのでどうなるかよくわかりません。かなり押したところは拾う準備しておくで問題ないようにも思えるし。
    やはり持ちすぎずに利確していくのが基本ですね。

    仕事は来年3月までは全力で頑張って4月に少し落ち着ければいいかなと!!

  • >>No. 17846

    こんばんは!
    ごくたまにしか書けないけどわざわざ返事ありがとうございます。
    ドッグさんのトレードはなかなか好調なようで何よりです。
    頑張って儲けてください^_^

  • >>No. 17829

    お久しぶりです。皆さん好調なのかな^_^
    相場は見てないので来週どうなるかは?ですが、面白いデータがあるので参考に。

    1,985年に米国はドル安に転換し、230円から79円まで円高がすすみました。
    そして、1995年に10年振りに「ドル高政策に転換」したのですが、この1995年からのドル円相場を検証しますと、面白い事が発見できます。
    1995年のドル高政策への転換の余波で1996年の大統領選挙になりましたが、それ以降の2000年、2004年、2008年、2012年、2016年と5つのオリンピックの年は連続で大幅な円高ドル安になっています。
    このオリンピックの年とは米国の大統領選挙の年であり、大統領選挙の年に米国は必ず「円高・ドル安政策」を取っていたと言う事がわかります。
    今年の大統領選挙の年ではありません。大統領選挙の2年後に行われる中間選挙の年です。
    では、中間選挙の年のドル円相場はどう動いたのか
    1998年から6回の中間選挙が米国で行われましたが、円高にならなかった年は2014年一度だけであり、それ以外は例外なく円高になっていました。
    データ統計上より今年後半は円高になる可能性が高いのと、それに伴い株式市場の調整あるかも??
    まぁ、全てはUSD/JPYの年足と月足の上値抵抗線抜けるのか、それとも跳ね返されたままなのかに関わってきそうかな。よく見ておいた方がいいと思いますね。
    では、また!!

  • お久しぶりです!!
    みなさん調子良さそうで何よりです。
    自分は仕事を久しぶりに全力で頑張ってます。
    やっぱりチーム力が試されるプロジェクトの仕事は面白い。

    ドッグさんの写真は懐かしのモンテカルロかな?

    トレードはやってませんが、USD/JPYの年足、月足みて今年は間違いなく分岐点になる年と思います。
    年足と月足の抵抗線を抜けるか否かが全てでしょうね。
    この抵抗線を抜けばかなり時間かかるかも知れないけど上下しながら125円までは伸びていきそう。ダメなら100円割れを試しにいきそう。
    月足では一目の遅行線がローソクを上抜けるか下抜けるかは見ておいた方がよさそうかな。
    パッと見こんな感じのチャートにみえますね。

    また来ます!!

  • ご無沙汰してます!!
    半力さん、お兄さんが亡くなられたいへんな時に何も書き込めず申し訳ございませんでした。
    個人的に今年は約5年ぶりに大きなプロジェクトをまとめなければいけない立場になりました。大きな仕事といっても20億程度ですが。まぁ自分では結構頑張らなきゃいけない。
    トレードはほとんどやらない年になりそうです。中長期でチャート見る限りUSD/JPYは99.08か最低でも100円は試しに行く年に見えます。日経なら前からずっと書いてる通り51月線かな。今すぐそこまで落ちないけど戻し入れながら試しに行くかな。
    トレードされる方は短期売買に徹するか、大きく押しが入り節目のタイミングで買うか。去年は何とか許された中途半端に持ちっぱなしが一番ダメなトレードになる年でしょう。要するに難しい1年てことですね。劇的に変化をもたらす何かない限りはそんな風にみてます。
    では、またたまに来ます^_^

  • 大事なことが抜けてます。
    時価総額と発行株式数。
    まとめると小型の材料株狙い。

  • ダウ24900ドル前後の節目まで戻し。ここを上抜けられるか抜けずに跳ね返されるかは重要。
    夜間では金利高、円安、株高、VIX低状態。
    VIXも来週更に低下するかがポイント。日足大陽線は明確に下抜ければ安心できるけど。
    添付はダウ

  • あまりネガティブなカキコしてもしょうがないので削除。

  • >>No. 17332

    本当に底打ちになるかは、先ず米金利上昇トレンドが崩れないとダメだと思います。日本は金融政策変更してないわけだから。
    ここにきて岡崎さんがイールドカーブコントロール導入当初から言ってた副作用が出始めた。

    チャートを見るならもはや日足ではなく週足を見て判断すべきでしょうね。

  • USD/JPY
    107.31円を割れずに反発できるか要確認。米金利上昇継続チャートだから何れは割ってくると思う。
    107.31円割った時の下値は118円まで上昇時の大陽線の根元までと考えると白い水平線ライン。

  • 米国国債10年利回りの週足
    今週は5MAタッチの陰線引くと考えてだけど高値更新してるとこが安心できない。
    とりあえず米10年利回りの上昇トレンドはなかなか崩れそうにない。

  • 一応今週末が米国SQということは頭に入れておきましょう!!

  • >>No. 17317

    フィボナッチの起点をどこに持ってくるかで変わりますね。起点をリーマン後の安値、アベノミクス前2011年、第1弾終了後の2016年と大きくわけて3点取れる。
    ただダウも同じようにみるとリーマン後の安値からとるべきかもと考えました。というのも今回のバブルって世界的な金融緩和の出発点を起点に長期的に見るべきなのかなと。
    その観点では米は日本より早いので先ほどのチャートのように考えました。
    何れにしろ直近戻ったとこは買場ではなく戻り売りの場面という認識は変わらず。

  • 今回は日経だけでなくダウの調整もよく見ておいた方がいいと思う。
    月足10年チャートでリーマン後の安値からまだ全然調整不足。フィボナッチラインの76.4%にさえ到達していない。
    押したら61.8%も視野に入れておかないとダメ。
    戻しを入れながら安値更新していくことを念頭に対応を考えるべきかな。
    添付はダウ月足

本文はここまでです このページの先頭へ