ここから本文です

投稿コメント一覧 (872コメント)

  • トランプさんに習近平さん
    どちらもどちらですね。

    ただ、アメリカが中国にこれほど強硬に出る背景は、何もトランプ
    さんの中間選挙対策だけではありません。

    他の案件ではトランプさんに異を唱える政府関係者も
    中国に対して
    ①中国の知的財産権に対する認識の低さ。
    ②主に中国国営企業によるテクノロジー等の情報搾取

    この2点において中国を信用していないということです。
    但し、中国がこれらのことをしているという確固たる証拠は表向きは”無い”。

    また皮肉なことに
    内向きになるアメリカに対して習近平さんは”自由貿易”を主張しています。
    本来アメリカが標語していた貿易理念を中国が主張している形です。

    この中国の主張に対してアメリカは
    ”一帯一路”等の中国の巨大経済圏構想も、また対米、対欧州、そして
    対日貿易においても、まず”国営企業”を芙容させているに過ぎず
    だから、経済開放が進んでも民主化が進まないのだという
    苛立ちも持っています。
    中国の”自由貿易”は自由貿易ではない。

    対中貿易赤字の問題についてはトランプさんと議会は比較的意見が
    一致しているどころか議会は応援に傾きつつあります。

    ただ、報復合戦に行きつくところは米中両国の不利益です。
    アメリカ中間選挙後のトランプさんの出方に注目する必要が
    ありそうですね。

  • >>No. 316

    >逃げ場所はない。

    仰る通りですね。
    海溝型(プレート境界地震)、内陸型(断層型)を含め
    日本国土で地震がないところはありませんね。

    ただ、地方(六大都市以外)の平野部に住まうのと
    六大都市、特に東京に住まうのでは危険度が格段に違います。
    液状化等で家屋が倒壊したとしても、都市部で広域火災等で命を落とす危険は
    地方では十分回避できます。

    人口集中(一極集中)が悲惨な結果をもたらすということです。

    現在、東京臨海部(江東区)では人口が激増し保育所どころか小学校
    も足りない状況が続いています。

    しかし、その江東区。
    殆どが”埋立地”です。
    巨大地震がくれば、液状化等で大変な被害がでるでしょう。
    超高層マンション、、、
    これも建築してから巨大地震を経験したことは皆無です。

    1990年代、僕は”国土地理院”と一緒に測地、測位システムの仕事していた頃
    地理院の研究員の方の中には「江東区、江戸川区等は、元来震災時に避難が
    非常に困難、避難不可能といってもよいくらいだ」と危機感を話していました。

    更に、足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区等の住宅地は道幅が狭く
    震災に見舞われれば、瓦礫等で緊急車両も入れないでしょう。
    間違いなく”街ごと火災になる広域火災”となるでしょう。

    人口の多さからして
    家が焼けた→仮設住宅というシナリオも成り立たないでしょう。
    それ以前に”国家財政破綻”ですね。

    東京の巨大地震被災は未だ人類が経験していない容態を示すことは
    間違いありませんね。

  • >>No. 305

    皮肉なことですが
    これまで、東京一極集中を解消する=地方創生は政治家が実践しても
    実現できていませんね。
    それは
    ①民間企業の企業活動に国が過度に介入できないこと。
    ②中央省庁の移転も反対論が根強く、官僚VS政治家の構図となってしまうこと。
    ③日本人が古来から持つ”都好き”の慣習。

    これらを克服するのは困難ですね。

    1990年代、僕は民間企業で仕事をしていましたが
    当時既にフランスやドイツの大手企業の日本法人は”BCP"=業務継続計画を
    策定しはじめていました。僕はそのコンサル業務をしていました。

    フランス人、ドイツ人は
    ”なぜ日本は重要な国家資産や産業資産を一つの場所に”野ざらし”にするの?
    日本のビジネスはおかしい。と言われました。笑

    彼らは”地震予知はできなくても、必ず来ることはわかっている。
    それなのに無策ってどういうわけなのか?”とも言っていました。

    本当に皮肉なことに
    首都直下型地震、関東大震災の再来で、初めて政府機能、民間企業の
    地方移転が進む=地方創生となるのではとも思いますね。

    東京が震災で被害を受けた場合、社会資本や企業資産、不動産資産等の滅失は
    天文学的数字になると言われています。
    当然国家財政では立て直せないものです。

    僕は世田谷で生まれ現在もそこに住んでいますが、あのバブル期
    狂乱地価で”固定資産税”を払うことができず、どんどん地元の方が去って
    いきました。
    そして、今近くの渋谷では例の如く”超高層ビル”が林立しようとしています。
    超高層ビルも、大型ショッピングモールも全て”融資=借金”で建てられています。
    そしてまた地価が上昇しはじめています。
    超高層マンションも住んでいる方は殆どローンで支払いを
    していることでしょう。

    巨大地震で、不動産価値が暴落すれば、費やされたお金は一瞬で
    消えてなくなるでしょう。
    残るのは、借金だけです。

    国が復興援助不可能となれば、みな東京を放棄してさっさと
    生まれ故郷に戻ることでしょうね。
    一極集中は災害時の人的被害だけではなく、地方を巻き込んで国家を破綻
    させることになります。

    小池都知事は東京の税収を増やすことに躍起ですが
    これ以上一極集中を進めるのは”自殺行為”ですね。

  • >>No. 300

    そうですね。

    石原さんが、首都機能分散に異議を唱えたことがありましたね。

    不安を煽るつもりは毛頭ありませんが

    東京は”首都直下型”以外に”相模トラフ”を震源とする巨大地震。これは大正時代の”関東大震災”と同じ震源域の地震も限りなく近未来に迫っていると言われています。

    要するに、2つの巨大地震の脅威にさらされているということです。

    人的被害は当然、東京に巨大地震が来れば、政治、経済(金融を含む)活動は麻痺状態となるのは明らかです。

    先日、東京銀座のいつものビルの前の地価が”前バブル期”を超えたとメディアは伝えていましたが、地震が来れば”実体のない”不動産など資産価値は暴落。
    地方から東京に出て来ている方も、実家のある故郷に退避するでしょう。
    火災、液状化、洪水で多くの住宅が壊滅的な被害を受け、東北、熊本、北海道等の地震で国が激甚災害に指定し、地方自治体を援助したのとは訳が違います。
    被害家屋の数からしてもおよそ援助などできず、国家財政は破綻。
    ならば、国内、海外に”国債”を発行して。。と安易に考え
    るところでしょうが、今でも1000兆円超えの先進国最悪の財政状況
    そして地震で産業資本も失われた日本にどの国が投資するでしょう?
    疑問です。

    歴史をひもとくと
    あの”関東大震災”の後、政府は首都移転すら考えました。
    しかし時の大正天皇の摂政を務めた昭和天皇は
    首都移転を”否定”。

    しかし、あの大正と現在では比べ物になりません。

    現実的に、財政破綻で復興ができず、”東京を放棄”するシナリオ
    だって僕はあると思います。

    それほど、いびつな一極集中をしてしまったということです。

  • ◆北海道の地震から見える東京の悲劇的結末◆

    北海道の地震では、大規模な停電(ブラックアウト)が起き大混乱しました。

    東京では首都直下型地震が向こう30年以内に70パーセントの確立
    で起きるとされています。
    現在、原発が停止しているため東京の電力のほぼすべてが東京湾
    に沿って稼働する火力発電所が賄っています。

    首都直下型が来れば、東京都心では”震度7”が予測されています。
    当然、発電所はそれなりの被害を受けるでしょう。
    東北、中部電力等から自動的に減った東京の電力を補う仕組みがあるようですが
    ”焼け石に水”だと思います。

    当然”ブラックアウト”の危機に直面するでしょう。

    電力ばかりではありません。
    ①江東区、お台場、江戸川区、足立区、墨田区等
    の液状化、堤防破壊時の洪水
    ②中野区、下町地区の大規模火災。

    北海道とは比べ物にはらない程の惨禍が起きることは
    は明らかです。

    更に、上下水道、ガス、送電、通信等の膨大な”社会資本”と超過密に蓄積された
    民間企業(本社機能等)の産業資本が大きく失われます。

    冷静に考えれば
    先進国の中で、首都が巨大地震により被害をうけるという歴史は
    ありません。
    しかも、他の先進国とは違い
    東京は、”政治””金融””経済(民間企業の本社等)”が集中しています。
    アメリカはワシントン=政治の中心、金融はニューヨークです。

    地震による人的被害は勿論のこと
    巨大地震で一挙に膨大な社会資本が失われれば、おそらく日本の
    国家財政をもってしても復興はできないと思います。
    更に産業資本が多く失われ、経済活動の継続も困難となるでしょう。

    東京の震災=日本の”最貧国”化ということを政治家もメディアも
    全く言わない、気付かない?

    暢気な国民だ。

  • やはり来るところまで来ましたね。
    ”ふるさと納税”

    この”ふるさと”というネーミング自体変~笑

    ふるさと納税制度は、元来”返礼品”は予定していませんでした。

    自分の出身地=ふるさと、あるいは災害や過疎化などで
    自分が”頑張ってほしい”という自治体への”寄付”がその主眼でした。

    当然、寄付されたお金は”税収”としてその自治体の予算に編入されるもの
    です。

    今の”ふるさと納税”は名ばかりです。

    ”返礼品”目当てに、また寄付金が”所得税から控除”されることを
    見越して、”よい返礼品”を目当てに名ばかりの寄付となっています。

    これはもはや”納税”ではありませんね。

    制度そのものを”廃止”するのが一番適当だと思います。

    新たに精度を創るなら”返礼”は排除すべきです。

    そもそも
    ”返礼”をあてにしたのでは”寄付”にはなりません。
    ましてや”納税”ではありませんね。

    もっとも”バブルニッポン”
    バブルが終焉すれば、すぐにふるさと返礼納税の熱も
    吹き飛ぶでしょう。

    大阪泉佐野市。恥をするべきですね。
    寄付金集めに奔走する地方自治体。
    その分、国の補助金を減らせばどうでしょう。

  • ◆~ハラスメント志向の破綻◆

    セクハラ、パワハラ、マタハラ等など
    毎日のように新聞、TVで大騒ぎしている~ハラスメント。

    女性に対する(逆も)セクハラがNGなのは明らかです。
    パワハラも同じです。

    しかし、TVで安物コメンテータ屋が無思慮に言ってのける
    「ハラスメントは受けた側がハラスメントだと思えば成立する。」
    という考え。非常に疑問、いや破綻した理屈だと思います。

    その理由は
    ”人間の感情を人間が”否定する”ことにつながる

    人間は「感情の動物」です。

    メディアは”スポーツ界”といった”括り”でハラスメント
    を報じています。
    しかし、~ハラスメント。特に”パワハラ”と今の世論で騒がれる
    ことなど、およそ社会全体で”行われている”のが現実でしょう。
    偉そうに報じているメディアもその社内でパワハラが存在するのは
    間違いないですね。笑
    僕は、ある東京のTV局で”視聴率”の低下でPD、ADが上司から”恫喝”
    されているのを実際見ました。爆

    人にはそれぞれ、性格、精神力、受忍力、解決力等が異なります。

    もし、人とコミュニケーションを取ろうとする場合、相手の性格等を
    完全に理解することなdおよそ不可能です。

    自分では叱ったつもりが、叱られた方が”パワハラ”と思えば
    パワハラになる?
    馬鹿げた、幼稚な理屈なのは明らかです。
    ここに「ハラスメント志向の破綻」があります。

    メディアは自分たちは「事細かにハラスメントを指摘して意識を高める」
    と思っているのでしょう。

    しかしとんでもない勘違いです。

    人間の感情を強行に封殺する行為自体、非人間的である
    こと、理性=〇、感情=×とばかりに”括る”のは頭でっかちな
    屁理屈だと思います。
    このままで行くと

    社会でのコミュニケーションは

    ①常に当たり障りのないことしか言わない。
    ②叱ることをしなくなる。
    ③一度”パワハラ”のレッテルを貼られれば、最悪
    社会人として”オワル”ことさえある。
    ④ハラスメントの理屈と感情の乖離がどんどん進んで
    ストレス化、非常に”生き辛い社会”となる。
    ⑤叱りも叱られもしないことでどんどん精神が脆弱化する。


    人間が飾り上げる”~ハラスメント”の将来が楽しみです。
    大いなる皮肉で記しておきます。

  • ◆いじめのおかしな理屈◆

    いじめの事案がおこる度に
    TVの”安物”コメンテータ屋などが
    ”いじめは絶対にいけない”と”理想論”をぶち上げます。

    口先三寸、言うのは簡単です。

    しかし、どうでしょう?

    子供の世界ならず、大人の世界でも”いじめ”は歴然として存在します。

    職場に居るちょっと”風変りな人””容姿の悪い人”
    あからさまないじめがなくても
    みな”コミュニケーション”をとらず”適当な無視”となります。

    そんな社会の現状を度外視し
    子供たちにには”いじめは絶対に悪だ!”と平然という
    大人。

    無責任だと思いませんか?

    いじめ対策で”温室”で育った子供たちが実社会に出たらどうなりますか?
    愕然。絶望。ですね。

    大人の責任です。

    偉そうなこと、綺麗ごとはやめましょうね。

    まず自分の足許からきちんと是正しなければ子供のいじめなど
    なくなるわけもなく、なくすこともできないと知ることです。

    僕は、今の社会では
    むしろ、子供達には”いじめは残念ながらある。だからこそそれに
    対して強く生きる”という術、大人がウソを止めて社会の不条理さをきちんと
    子供たちに伝え、
    ”いじめは、子供、自分たち大人共通の問題だ”と
    正直に伝えて、問題を共有することこそ必要だと思います。

  • ◆ハラスメント報道の成れの果て②◆

    言うまでもなくハラスメントは”悪”です。

    一方で

    個人と個人のコミュニケーション、それがスポーツの練習にしても
    仕事でのやりとりだとしても。。。
    周囲が”ドカドカ”と社会常識を振りかざして介入する”。
    今はそんなおかしなことになっていると感じます。

    互いに問題ないと思っていることにハラスメントを当てはめる
    権利はどこにあるのでしょう?

    以下記しておきます。

    セクハラ、パワハラの意識が高まるのは”良いこと”です。
    ただ、それは色々なケースがあることで、ましてや詳細を知らない周囲が
    ”一方的に告発”することは危険です。

    そのうち、話すこともハラスメントになるのでは?
    と僕は思いますね。
    スピークハラスメント(スピハラ)~冗

    人はストレスがたまる一方です。
    そして、人々は批判を避けるために
    ”本音、本当のことを言わなくなります。”
    ”自分を守ることだけに専心する”ようになるでしょう。

    貧弱な世界だ。

  • ◆ハラスメント報道の成れの果て◆

    セクハラ、パワハラ、マタハラ、アカハラ。
    連日連夜マスコミが騒ぎ立てて招いた結果は?

    セクハラやパワハラは”悪です”
    しかし、それは社会的な同意(コンセンサス)であって連日
    のように報道され”強制”され続けるものではありません。

    女子体操の18歳選手。
    昨晩”他の者から”暴力、パワハラを体操協会に訴えられ、その結果コーチに
    下された処分に異議を唱えました。

    これを聞いてどう考えますか?

    セクハラ、男女平等等は当然是認されます。同時にこれは個々の人々が性差を超えて
    ”互いに思いやる”ことから始まります。決して”対峙”ではないはずです。

    体操女子選手は、”あくまでも自分とコーチのコミュニケーション”において、自分は
    暴力、パワハラだとは思わないと言いました。立派ですね。

    個々のコミュニケーションに”あまりにもメディアが叫び、べき論”が強制されること
    の限界、弊害、恐ろしさを表していると僕は感じます。

    たとえ、少々頭を叩かれようと、それをもって外野が喚き散らし
    処分する?おかしな話です。

    社会が、ハラスメントの悪をコンセンサスできていれば良いのであって、もし彼女が
    ”これはハラスメントだ”と感じた時に公にできる社会常識だけがあればよいことです。

    セクハラ!パワハラ!マタハラ”アカハラ!
    いい加減騒ぐのは止めなさいと言いたいですね。

    メディアが彼女を追い詰めたとマスコミは猛省する必要がありそうですね。

    #MeTooも同じです。おかしな現象だ。

  • ◆石破さん崖っぷち◆

    安倍さん一強政治は問題も多いでしょう。
    更に「森友、加計」も未解決。

    一方対抗馬の”石破さん”

    僕は、石破さんがよく勉強されている事。誠実さ等にに敬意を
    表します。

    ただ、リーダーとしては”ふさわしくない”と明言できますね。

    石破さんは、閣僚として”波風立てずに”務めるといった適材なのでしょう。

    他のトピにも投稿しましたが、あの活舌悪く、何言っているのかさっぱりわからない
    喋り方。リーダーとしてまず”致命的”

    更に、石破さんは”決断”ができない方だとも思います。
    「正直公正」を旗揚げしながら、安倍総裁への個人攻撃だと批判されたとたん
    さっさと修正を口にしてしまう。
    石破さんは”外圧に弱い”ということです。

    残念ながら政治は知識や理論だけでは”執れない”ということです。
    外交などはなおさらです。

    更に、石破さんの票を握るのが”小泉進次郎”さんだとか~笑

    そうなのかもしれませんが、これも笑えます。

    小泉進次郎さんは、”発信力””ポピュリズム”しかない男。
    勉強不足もいいところ。
    だからこそ、”変革だ”と叫ぶばかりで中身は何もないですね。
    ”子供保険”とか現状の社会保障制度やその原資を無視した空論を言い放つ。

    小泉進次郎は
    東京都知事”小池百合子”と全く同じ思考回路の男ですね。爆笑

    その小池百合子さん。
    ”希望の党”が失敗し、散々国政を”ひっかき回し”
    現在の野党の弱体化を招き、ご自身は”後ろ足で残った人たちにドロを
    ぶっかけて”自分だけは”都知事”にしがみつく。

    小泉進次郎も同じ結末を迎えるでしょう。
    火を見るより明らか。笑

    安倍さんが勝つのでしょう。
    これも全て後輩が育っていないことが原因。

    小泉進次郎が総理になったら
    この国はオワリ。

  • ◆2020で寿命でしょう◆

    アベノミクスをかかげる安倍さん。
    昨日総裁選に立候補を表明しました。

    ”正直公正”の石破さんも”モゴモゴ”何言っているのかあの活舌の悪さ
    で聞く気になれませんね。笑


    アベノミクス。
    確かに景気は回復し、今やあのバブルを超える好況です。
    東京都心部の地価はバブルを超え、雇用率も最高値です。
    そこに2020の東京オリンピック。
    ”日本!日本!”とTVも大騒ぎ。

    さて、そのオリンピック、パラリンピックなどは1か月程度で終わります。
    その後にくるのが。。。"オリンピック不況”です。
    必ずやっていきます。

    既に、財務省は銀行系カードローンの乱発に警鐘を鳴らしています。

    銀行系、流通系のカードローン、これを使いまくる国民がどれほど多いか。
    それらは、不況と共に一気に”不良債権”となります。
    また、90年代の”多重債務”問題を生むでしょう。

    そして、乱立する”ショッピングモール”
    これらは、不動産融資で次々と建てられています。
    これらのモールも”廃墟”となるでしょう。
    目に見えています。
    高齢化が進み、買い物難民たるものまで出ている昨今、不況になれば
    あの広大で、売り場にたどり着くまでに時間のかかるモールになど
    誰も行かなくなります。

    ダイエーの二の次になるでしょうね。
    しかもあと数年で。

    復活するのは”街の商店街”だと思います。
    あとは”ネット販売”ですね。

    日銀の黒田氏は、インフレターゲット2パーセントを
    ”期限を設けず”続行の構えです。
    これは、日銀が安倍政権に”約束”しているから、旗を降ろす
    ことができないからに他なりません。

    安倍氏、石破氏共に”地方”重視とか。
    それは政策として最もなことかもしれませんが
    その前に、オリンピック後の日本経済を巨視的に見ていないと
    間違いなく”破綻”しますね。

    そもそも論
    消費しなければ、経済が芙容市内
    大量消費に頼る政策。
    観光に偏った経済政策。
    これら他力本願的な思考から抜け出さなければ、日本の
    将来はないでしょう。
    更に、異常は”高コスト体質””低生産性”を改めなければ、、ですね。

    どこまでも給与を上げ、モノの値段を上げる?
    あり得ない思考です。

  • >>No. 390

    >抑圧が過ぎると反動がでる。
    >どこかではけ口ができる。
    >それが凶悪犯罪に結びつくリスクになる。

    そうですね。
    「本音と建て前」という言葉があります。
    いつの時代でもです。

    ただ、建て前ばかりが独り歩きしてバランスを失っているのが
    現代なのかも知れませんね。

    ある論評で、20世紀が戦争の世紀だとすれば
    21世紀は”偽善の世紀、スローガンの世紀”という論評
    を読んだことがあります。

    セクハラ、パワハラ、体罰など、”今はもうそういう時代じゃない”としたり顔で
    ぶち上げるメディアの評論屋さんが多数います。

    セクハラや体罰が悪なのは当然だと思います。

    ただ、”言っている事=スローガン”と人間の感情が激しく
    乖離してしまうとおかしなことが起きてしまうのだと思います。

    科学技術が進歩し、人間は”自分たちが進化している”と勘違いしているのが
    現代の姿かも。。ですね。

    人間の感情、例えば金銭欲、名誉欲、所有欲、性欲などは
    そんなに短時日で進化するものではありません。

    絆だ!家族愛だ!と言いながら
    毎日のように”子供が親を殺す””親が子供を殺す”
    などの一昔前では大騒ぎになるだろう事件が頻発するのも
    言っている事と、人間の感情が全く別々の方向に向いているから
    かもしれませんね。

  • ◆石破さん?◆

    安倍さんの3選は
    安倍1強の弊害があるのも事実ですね。

    石破さん。

    非常によく勉強している政治家だと思います。

    ただ、あの”モゴモゴ”した喋り方。
    何を言っているのかよくわからない。
    国のリーダーとしては”致命的”です。

    マイクには、”ブレスノイズ”ばかりで
    小声で”モゴモゴ”。。。。
    人に話をする振る舞いではないですね。
    意識的に治した方がいいですよね。これは。

    更に、外交。

    石破さんは外交はおよそ”ダメ”だと思います。

    安倍さんでも石破さんでもどーでもいいですけどね。

    そもそも、議院内閣制とは言え
    総裁選で、国のリーダーを決めるやり方自体がもはや時代に
    そぐわないとも思います。

    大統領制?

    一考の余地がありそうですね。

  • 安倍首相の右腕
    ”菅官房長官”が携帯電話大手の利益率の高さを指摘しました。

    僕は、菅さんを散々批判しましたが
    これだけは”その通り”ですね。

    日本の携帯電話(スマホ)の通話、データ料金は異常です。

    携帯電話が普及し始めた90年代後半は、確かに
    ①基地局の増設費用
    ②通信管路の新設
    ③携帯=インターネットの音声、データの複合交換等の設備投入費用

    などで、設備投資、開発費用がありました。

    しかし、現在、3G以降の次世代と言えども、国内には光網が張り巡らされ
    以前に比べれば、設備投資は”格段に”減少しています。

    更に、ドコモ、au、ソフトバンク共に携帯、スマホの端末
    の開発、製造は一切行っていません。

    国内では韓国、アップル、中国の台頭を招き
    ソニーのXPERIA、SHARPのAQUOS等、風前の灯です。

    しかし、XPERIA等はその性能、信頼性の高さは決して他に負けるものでは
    ありません。
    画像処理、通話品質などではむしろ他を俊逸しているとも言えます。

    携帯大手は、”自分では開発、製造を行わず”通信サービスで儲けることを
    考えます。
    そして、原価の安いアジア産の台頭を招きます。

    更には、設備投資、減価償却が終わっていても、”次のサービス”
    を製造メーカーに”押し付け”自社は高額の通信料金で儲け続ける。

    いつまでも、こんなアンバランスな価格体系など続くわけもなく
    結果として国内メーカーの疲弊、アジア勢の台頭を招くだけですね。
    勿論、どの端末を使うかはユーザーの自由ですけどね。。。

    菅さんは”4割は安くなる”と言及しました。
    僕はもっと安くなると思いますね。

    更に、日本の無料公衆LAN(WI-FI)の貧弱さも外国人には
    不況を買っています。

    ”次のサービスを生み出すために利益を確保”というのが
    携帯大手の考えなのは理解できます。

    ただ、サービスには”開発””端末生産”が伴います。
    それを行うのはメーカーです。
    公共の電波を用いて運用できている携帯メーカーが、言いたい放題の
    サービスを次々にメーカーに突き付けるやり方を続ければ
    ソニー、SHARP等の国内メーカーはやがて”見切りをつける”でしょう。
    優秀な技術が犠牲になるということです。

    携帯メーカーで机上論をぶち上げる輩にどれだけその危機感が
    あるか。。。

  • 大阪桐蔭

    2度目の春夏連覇のプレッシャーに
    負けずに見事でしたね。
    おめでとうございます。

    打線が凄いですね。
    得点を重ねてもおごることなく懸命に闘う姿には本当に感動しました。

    そして、秋田、金足農業。

    ピッチャー吉田さん。
    連日の試合を投げ抜き、大阪桐蔭が得点を重ねる中で、段々と
    どう配球したらよいか。。。
    あれだけのピッチング能力をもっていながら、一方で
    人間らしいその姿に手に汗を握りました。

    僕の仕事、音楽仲間の父親が金足農業出身とのことで
    スタジオでレコーディング途中にTVで試合を見ました。笑

    きっと悔いのない試合をしたことと思います。
    一生の思い出、”誇り”となったと思います。

    胸を張って秋田に凱旋してください。
    優勝、大阪桐蔭
    準優勝 金足農業

    お疲れ様でした。
    おめでとうございます。

  • ◆容疑者は大阪にいるの?◆

    当然、大阪県警は、メディアに捜査の全てを明かしていないと
    思います。
    おそらく、広域捜査に出ていると思います。

    3回のスリで得た金など
    あっという間に、食費などで消えます。

    つぎの犯罪。
    おそらく、”万引き””ひったくり”でしょう。

    この男、”自己愛”のかたまりでしょうから
    最後の手段にならなければ、強盗などはしないでしょう。

    そのひったくりを行うのは?
    大阪ではすぐに捕まります。

    あの”フクダカズコ”は、四国松山
    から逃走後、関西を経由し、”金沢”に逃げました。

    この男も、大阪から北陸、大阪以西等に”在来線”
    で行き、そこで”資金稼ぎの”犯行に出る可能性があると僕は
    思いますね。

    但し、フクダカズ子は女性。
    整形手術までして、男を篭絡して逃げましたが

    この男、”あの下衆顔”では無理でしょうね。

    恐らく最後は

    金が尽きて、捕まるか、市民、警察に発見されて
    捕まるのでしょう。

    ただ、往生際悪い男だろうから
    最後に、市民を人質等の犯罪に巻き込むことは明らかですね。

    大阪府警の初動捜査の遅れは
    取り返しのつかない結果を既に招来しているということです。

  • ◆第二の”フクダカズコ”か◆

    ①大阪府警の初動捜査の遅れ。
    信じ難いことばかりですね。

    ②逃走時富田林署は、市の業際防災無線を利用し
    容疑者逃走の事実、検挙への協力を行うことができたにも
    拘わらず、実際に行ったのは事件発生9時間後。

    ③市民への一斉同報メールも事件発生後9時間たってから
    配信された。

    信じられない対応に
    昨日”大阪府警トップ”が謝罪。

    この謝罪内容も信じがたい。

    そもそも、事件発生当初、大阪府警は
    ”捜査を優先した”ので、情報伝達の遅れなどは問題ない”
    と豪語していました。

    そして、昨日も。

    今後、対応を考えたい。

    この甘さ。身内への甘さ。
    大阪府警って組織が”腐って”いますね。
    結局、何をしても、自己(警察)の裁量で、責任はとらず、”今後対策を。。”
    で”済ます”。

    こんな組織は、トップ、幹部を全て一掃すべきですね。

    ”だから”

    大阪府警は
    ”捜査書類”をゴミ同然に段ボール詰めにして”放置”
    窃盗、殺人さえ疑われる捜査もせずに”放置”
    その”改善結果”、”責任の所在”すら公にしない。

    いい加減にしなさいよ。
    大阪府警。


    容疑者が逃走した時、容疑者がまず”行きそうな”立ち寄り場所に
    警官を配備できたわけです。
    それを”していない。”

  • >>No. 308

    >世の中の必用悪かな

    仰る通りですね。
    僕は1990年代前半、知らない人が居ない大手通信機器メーカーに勤務していました。
    僕は営業ではなく、開発畑だったのですが
    ”官公庁向け”のコンサルを任されました。

    やったことは、”談合の親玉”
    談合関連会社の連絡網を創り、年度初めには価格のとりまとめ。
    営業と一緒にやっていました。

    まだ20代だった僕は”これは犯罪だ”と気付いていました。
    当時の建設省の官僚も同じ穴の。。。です。
    正に”官民こぞって談合”でした。

    親にも話せず、とうとう大手週刊誌の直撃を受けることとなり
    会社に”異動申請”をしたら。
    ”君は、ずっと、ここに居るんだ”と本部長から言われました、笑

    ”既設権”を基にした談合。
    しかし、”必要悪”とも言えます。

    なぜなら、通信、殊に官公庁の自営網などは、軍備に次ぐ国家戦略の一つとして
    位置づけられています。それは今も同じですね。

    ここに、”技術的に不安定、未熟な”企業が入ったらどうなる?
    ”既設権利”もそうです。
    機器更新、設備移管など国民の税金を無駄にしない運用は、これまでの既設の踏襲が
    効率性からしても無視できない現実がありますね。

    TVや新聞、前東京都知事”猪瀬氏”などは、散々糾弾sていましたが
    では、彼らがどのくらい”専門的知識”と”現場”を知っているのか?
    所詮、取材レベルで何も知りませんね。

    無用な価格の”釣り上げ”なぢは論外です。

    ただ一方で、同業者間での情報交換や話し合いを一切
    ”悪”だとするのは非現実的ですね。

  • ◆とうとう一週間◆

    大阪富田林署から逃走した容疑者。
    富田林署、大阪府警の不手際から
    既に、4件のひったくり事件が発生。

    3000人態勢で捜査しているといいます。
    警察の皆さんはそれぞれ賢明に捜査していると思います。

    ただ

    ①アクリル板の老朽化を放置
    ②ドアのブザーの電池を抜いていた
    ③容疑者が逃走して市民に知らせたのは逃走から
    9時間も後。

    信じられない対応です。

    それだけ、警察は”自信過剰”だったのでしょう。
    ①”こんなものすぐに片付く!”
    ②”警察に都合の悪いものは隠す”

    富田林署、大阪府警のトップは
    公の場に出て”頭を下げなさい”。

    何をやっても責任をとらない。
    警察組織ってそういうものですか?

    なら、公費を投入している警察組織そのものを
    一新するしかないですね。

    警察組織にも、外部監査が必要ですね。
    大阪府警の振る舞いを見ていると真にそう思います。

    ”捜査を優先させるために、9時間後の逃走の公表。
    謝った判断ではない!”

    大阪府警はこう”言い放ち”ました。

    言い訳にもならない”破綻的な発言”

    はっきり言って”馬鹿”そのもの。

    国民に”詫び”なさい。

本文はここまでです このページの先頭へ