ここから本文です

投稿コメント一覧 (12コメント)

  • 2018/11/08 01:44

    >>No. 783

    ここから下げる力漁は昨日の売り仕掛けた仕手屋さん((´∀`*))ヶラヶラないない。

  • 2018/10/21 01:04



    現在のパートナーシップ: …


    2018/10/20 23:26



    現在のパートナーシップ:





    シンバイオ製薬株式会社

    2011 年 7 月-慢性、シンバイオ製薬株式会社開発・事業化した日本と韓国における rigosertib のコラボレーションを始めました。契約の条件の下でシンバイオ日本と韓国の排他的なライセンスを持ちが開発・事業化これらの国で rigosertib。慢性先行の支払いを受信し、受信が rigosertib 開発、よく営業のマイルス トーン支払いプラス売り上げ印税としての進行状況に関連付けられたマイルス トーン支払い。慢性は、日本で共生によって実施された臨床試験の医薬品を提供します。



    株式会社 HanX バイオ医薬品

    2017 年 12 月 19 日-慢性のそれ以上の開発、登録、および中国での 123300 化ライセンスおよび HanX バイオ株式会社と共同開発契約を結んだ。123300 CDK4/6 + 高度な前臨床開発に現在ある ARK5 の最初のクラスのデュアル阻害剤です。この化合物は CDK 4/6 現在の世代の限界を克服するために潜在的な阻害剤。

    詳細については 2017 年 12 月 19 日のプレス リリースをご覧下さい。



    国立癌研究所・国立衛生研究所

    2018 年 1 月 4 日-慢性は共同研究開発一致 (CRADA) 国立癌研究所 (NCI)、健康国立研究所 (NIH) の一部に入ったCRADA の条件の下で、NCI は前臨床研究を含む研究を実施し、rigosertib 小児がんでの臨床試験関連 RASopathies。

    詳細については 2018 年 1 月 4 日のプレス リリースをご覧下さい。



    パイント製薬

    2018 年 3 月 5 日-慢性は、ラテン アメリカで rigosertib を商業化するパイント ・ ファーマ社とライセンス契約を締結しました。パイント製薬は、ヨーロッパ ベースの開発、登録およびラテン アメリカの市場のための専門を用いた治療法の実用化に焦点を当てた医薬品の会社です。

    詳細については 2018 年 3 月 5 日のプレス リリースをご覧下さい。
    バイオ祭りで買えなくなりますよ((´∀`*))ヶラヶラ



    削除アイコン

  • No.962

    強く買いたい

    2018年10月18日 各位…

    2018/10/21 01:01

    2018年10月18日
    各位
    米国におけるリゴセルチブの新特許取得の発表について
    シンバイオ製薬株式会社(本社:東京都、以下「シンバイオ」)が2011 年7 月に導入
    した抗がん剤「リゴセルチブ」のライセンサーであるOnconova Therapeutics, Inc.(本
    社:米国ペンシルベニア州、以下「オンコノバ社」)が、リゴセルチブに関してUSPTO
    (米国特許商標庁)より米国における新たな特許を取得し、同剤の特許による保護が2037
    年まで延長されてより強固になった旨を2018年10月17日に発表しましたので、お知らせい
    たします。なお、オンコノバ社は、シンバイオがライセンスを保有する日本と韓国におい
    ても同特許の申請を速やかに行う予定です。
    オンコノバ社の発表内容につきましては、同社のホームページをご覧ください。
    https://investor.onconova.com/press-releases
    シンバイオは医療ニーズが極めて高い骨髄異形成症候群(MDS)を対象にリゴセルチブ
    (注射剤及び経口剤)の開発に鋭意取り組んでおります。注射剤については、現在の標準治
    療である低メチル化剤による治療において効果が得られない、治療後に再発した、または低
    メチル化剤に不耐容性を示した高リスク骨髄異形成症候群(MDS)を対象にオンコノバ社
    が実施している国際共同第Ⅲ相臨床試験の日本における臨床開発をシンバイオが担当して
    おり、国内では2015 年12 月に試験が開始され、2018 年9月末時点で37 症例が登録され
    ております。経口剤については、オンコノバ社が米国において初回治療の高リスク骨髄異形
    成症候群(MDS)を目標効能とする第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験(アザシチジン併用)及び輸血依
    存性の低リスク骨髄異形成症候群(MDS)を目標効能とする第Ⅱ相臨床試験を進めており、
    シンバイオは日本での忍容性及び安全性を確認するために2017 年6月に国内第Ⅰ相臨床
    試験を開始し、同年10 月の最初の患者登録の後、現在症例集積が順調に進んでおります。
    以上
    会社名シンバイオ製薬株式会社
    代表者名代表取締役社長兼CEO 吉田 文紀
    (コード番号:4582)
    問合せ先IR 担当(TEL.03 - 5472 - 1125

  • No.921

    強く買いたい

    現在のパートナーシップ: …

    2018/10/20 23:26


    現在のパートナーシップ:





    シンバイオ製薬株式会社

    2011 年 7 月-慢性、シンバイオ製薬株式会社開発・事業化した日本と韓国における rigosertib のコラボレーションを始めました。契約の条件の下でシンバイオ日本と韓国の排他的なライセンスを持ちが開発・事業化これらの国で rigosertib。慢性先行の支払いを受信し、受信が rigosertib 開発、よく営業のマイルス トーン支払いプラス売り上げ印税としての進行状況に関連付けられたマイルス トーン支払い。慢性は、日本で共生によって実施された臨床試験の医薬品を提供します。



    株式会社 HanX バイオ医薬品

    2017 年 12 月 19 日-慢性のそれ以上の開発、登録、および中国での 123300 化ライセンスおよび HanX バイオ株式会社と共同開発契約を結んだ。123300 CDK4/6 + 高度な前臨床開発に現在ある ARK5 の最初のクラスのデュアル阻害剤です。この化合物は CDK 4/6 現在の世代の限界を克服するために潜在的な阻害剤。

    詳細については 2017 年 12 月 19 日のプレス リリースをご覧下さい。



    国立癌研究所・国立衛生研究所

    2018 年 1 月 4 日-慢性は共同研究開発一致 (CRADA) 国立癌研究所 (NCI)、健康国立研究所 (NIH) の一部に入ったCRADA の条件の下で、NCI は前臨床研究を含む研究を実施し、rigosertib 小児がんでの臨床試験関連 RASopathies。

    詳細については 2018 年 1 月 4 日のプレス リリースをご覧下さい。



    パイント製薬

    2018 年 3 月 5 日-慢性は、ラテン アメリカで rigosertib を商業化するパイント ・ ファーマ社とライセンス契約を締結しました。パイント製薬は、ヨーロッパ ベースの開発、登録およびラテン アメリカの市場のための専門を用いた治療法の実用化に焦点を当てた医薬品の会社です。

    詳細については 2018 年 3 月 5 日のプレス リリースをご覧下さい。
    バイオ祭りで買えなくなりますよ((´∀`*))ヶラヶラ

  • は~い((´∀`*))ヶラヶラ 売り枯れS高 連れていって下さい。

  • No.1726

    強く買いたい

    2018/8/14 13:45…

    2018/08/14 15:10

    2018/8/14 13:45日本経済新聞 電子版










    閉じる











    閉じる






























     保存

     共有
     
    その他



    (13時35分、コード4563)大阪大学発の医薬品ベンチャーであるアンジェスが反発している。午前に一時前日比36円(10.9%)高の365円まで上昇し、午後も大幅高で推移している。アンジェスが国内で承認申請中の遺伝子治療薬「コラテジェン」について日経ニュースが14日午前、QUICK端末などを通じて「年内にも承認される見込み」と伝えた。国内初の遺伝子治療薬になるという。将来の業績寄与を期待した買いが

  • 2018/08/14 12:54

    ザラバ終了後の 必ず出るだろうIRお楽しみください(〃艸〃)ムフッ 噂か本当か? 確認出来たらぶっ飛びます。

  • No.1199

    強く買いたい

    Sだとさ((´∀`*))ヶラヶ…

    2018/08/14 12:31

    Sだとさ((´∀`*))ヶラヶラ 買っときなさい

  • 2018年度第2四半期連結累計期間の業績予想
    当社は、本年度上半期に主要な顧客を失ったことに伴い主に北東アジア地域に提供されたメッセージ数の減少によりメッセージング事業の売上高が566千米ドル(63百万円)予想を下回り、顧客からの要請によりヘルスケア事業のハード・ウエアに係る売上高を本年度下半期に225千米ドル(25百万円)繰延べたことにより、2018年度第2四半期連結累計期間における売上高の予想を5,134千米ドル(567百万円)から4,343千米ドル(480百万円)に修正いたします。なお、これに伴い売上原価が予想より316千米ドル(35百万円)減少し、売上総利益も予想より474千米ドル(52百万円)減少します。
    当社は、ヘルスケア事業の売上総利益が予想を下回ったことによる一部相殺はありますが、宣伝広告費及び弁護士等専門家費用が予想を下回ったことを理由として、2018年度第2四半期連結累計期間における営業損失の予想を2,753千米ドル(304百万円)から2,554千米ドル(282百万円)に修正いたします。
    当社は、上記のとおり営業損失が減少することを理由として、2018年度第2四半期連結累計期間における経常損失の予想を3,070千米ドル(339百万円)から2,913千米ドル(322百万円)に修正いたします。
    - 3

  • 100換算で発行単価16万株 恐ろしい株価目標で動くでしょう 現物取引だけに10000円超えてからの空中戦が見もの((´∀`*))ヶラヶラ

  • CHAINA様今日もよろしくお願いします。((´∀`*))ヶラヶラ

本文はここまでです このページの先頭へ