ここから本文です

投稿コメント一覧 (56コメント)

  • バーチャルが確定した嘘リア充の投稿は無視。
    少し寄りで力を入れ過ぎましたが、ここからヤレヤレ売りが出るでしょう。
    420円までは慌てずに押し目を買うだけ。
    410円以下なら喜んで買わせてもらいましょう。

  • 含み益自慢の板汚し投稿者さん。
    本当に二万株持ってますか?持っていないのではないですか?
    本当に持っているなら、寄りで二万株売りを出してみて下さい。
    全部買い取りますのでよろしくお願いします。
    二万株売りを出さないなら、バーチャルと認定させて頂きます。

  • たかが30万の利益で騒ぐアホ。
    板汚しになるから消えて下さい。
    買う気を殺ぐ悪質な売り煽りの様ですね。

    そんな事は関係なしに来週からの大相場を演じるでしょう。
    板汚しのアホは無視リストに入れるか、そう思わないを徹底的に
    打ち込んで追い出しましょう。

  • あまり連呼しなくても良いです。掲示板が汚れます。
    今日の売りはゴッソリ買わせて頂きました。
    380円などの小さな株価で叫ぶのは恥ずかしいです。
    言われなくても400円以下は全部買い。

  • 逃げた人売ってくれて有難う。
    来週から凄まじい相場になるかも。
    売ってくれて嬉しいです。

  • そろそろ上向く気配です。
    初動では利食い売りも出ると予想されます。
    400円以下で利食い売りや焦れ売りを拾いましょう。
    出来高も前場で15万株に達する勢いです。

  • 経営者とモルガンの策略ズバリな展開。
    朝の気配でストップ安に見せて、投売りを誘う。汚いやり口です。
    売る人は早めにドンドン売りましょう。後々に後悔すると思いますが。
    そして経営者を糾弾しましょう。

    大きく下落して寄らせて、一部買戻しをさせて反騰。
    機関投資家ならではの大商いで、上下乱舞。楽しい相場になるでしょう。
    それでも儲かるのは機関投資家と経営者だけ。
    どこまで腐りきった経営者なのだろうか。

  • 糞ゲームと思っていたQ&Qがジワジワとランキング上昇しています。
    これは良い傾向でしょう。

  • これは空想の作り話です。

    4月17日300円台で行使した株を1,903円で売却した経営者は、高騰している自社株
    に悔しい思いでいたのでは。
    そこでモルガンに空売りを依頼した。
    後方支援として、広告宣伝費をたっぷり使用した出鱈目な決算予想を発表。

    目論見どおり株価は下落し、社員のための新株予約権の発行も決めた。
    しかしモルガンの買戻しは終わるどころか、更にその数量を増やしていた。
    そこで第一四半期の決算をギリギリの赤字にして、株価の下落を画策。
    下落したら買戻し、下落しなかったら渡し株にて対処。
    どちらにしても、モルガンと経営者の思惑通りの展開か。

    明日は安く始まっても、時を待たず戻す展開ではないでしょうか。
    これは妄想空想の作り話ですが、株主軽視の経営者なら有り得るのでは。

  • 今、必死に売り煽りしているのは明日買い戻さなくてはならない人と、安く仕入れたい
    人と常連の賑やかし売り煽りの人と思われます。

    実際、言うほど悪くもないのです。前期に比べて改善しているのです。

    「サイステップ、6-8月期(1Q)経常は赤字縮小で着地
    サイバーステップ が10月13日大引け後(15:00)に決算を発表。
    18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常損益は2400万円の赤字(前年同期は9300万円の赤字)に赤字幅が縮小した。
    直近3ヵ月の実績である6-8月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-6.2%→-1.1%に急改善した」

    韓国子会社は二ヶ月分だけの決算計上。
    会社側は第一四半期だけでは上方修正の発表をしない慣習。
    真価は中間決算発表で問われるでしょう。

    しかし、株主軽視の企業であるのは間違いありません。最低の経営者です。
    結論は、昨日投稿した様に三ヶ月待てるなら買い、待てないなら売りの姿勢で。

  • h ttp://karauri.net/

    空売りネットを見て下さい。
    こんな事で嘘など投稿するはずがないでしょう。失礼ですよ

  • >>No. 177

    既に不信感は増しています。
    経営者は言葉は悪いですが、株主を財布にしか思っていない節があります。
    それは新株予約権行使株の売却の件や、創業者の大量保有報告の怠りなど
    過去を見れば分かります。

    おそらくですが、一昨日のストップ高でさえモルガンは空売りを増して、
    実に384,700株の空売りをなりました。
    機関投資家合計で、発行株の12.83%が空売りされており、これは全銘柄
    の中でもナンバー1なのです。
    経営者が貸し株をしているという推測が当て嵌まるのではないでしょうか。

    好意的に見れば、全ては従業員に対する新株予約権を成功させるためには、
    今期より来期を見据えているのかもしれません。
    また経営陣に不信感を増したとしても、好決算ならあまり関係ないでしょう。
    要するに株価が上下すれば良いと考える人が多いからです。

    結論として、三ヶ月待てる人は買い、待てない人は売りで良いのではない
    でしょうか。

  • 牛乳さんの疑問ですが、買い方としては売上げ15億以上で利益2億は堅いと
    思っていたのです。
    従って、短期狙いの人は売り、売り切ったところは三ヶ月以上待てる人が買っ
    てくると予想します。

    前期の第一四半期も赤字でしたので、黒字にしてしまうと単なる「黒転」と
    表示されインパクトはありません。
    第二四半期では前期の営業利益が黒字であった事から、仮に2億2千万円を
    営業利益で計上すると、「前期比10倍」と表示されインパクトは大きくな
    ります。

    第二四半期は携帯型音楽制作デバイスの売上げも加算され、好調なトレバと
    合計すると、中間決算で売上げ30億は軽く超えてくるでしょう。
    年内リリース予定の「ゲットアンプド」が揃えば、第三四半期は前期比で
    とても大きな増加となり、株価にとって大きなインパクトになるかも。

    しかし、何度も投稿します様にこの事が明らかになるには、ここから三ヶ月
    は要しますので、あくまでも三ヶ月は我慢できる人が買っても良いかと判断
    しています。短期では波乱状況が続くのではないでしょうか。

  • spaさんやyutさんにお褒めを頂きましたが、私はサイバーステップが株主軽視が
    甚だしい企業と思っております。
    それはIRに質問をしても一度も返事が無い事です。
    たとえ答えられなくても、何かの返信はするべきでしょう。

    そして経営者が300円台という安価で新株発行権を行使して、売却している事。
    また創業者は大量保有報告を怠っていた過去もあります。
    従って、この企業を信用してはおりません。
    第一四半期決算もギリギリ赤字にするなど、穿った見方をすれば機関投資家に
    買戻しの機会を与えるためのものと考えてしまいます。

    しかし株価の上げ下げは別の話。
    この企業の考える事は、おそらく中間決算黒字化と上方修正の発表。
    それは今年の一月と同じ事を目論んでいるものと思われます。
    通期では相当の業績を上げるでしょう。それは社員に対する新株予約権発行から
    想像が付きます。

    結論としては、三ヶ月以上保有できる人だけが買い、我慢できない人は売りと
    いうのが今の状況ではないかと思います。

  • 今回は損益計算書も見ていない人が多いので下落を予想。
    株主軽視の企業に嫌気しての投げと、信用の投売りが多くなるでしょう。
    アルゴ発動で徹底的に売らせる動きも見られるでしょう。

    投げ切って落ち切れば買われる動きも。
    それは第二四半期以降を見越した買い。機関投資家の買い戻しなど。
    損益計算書を見ると、売上げ13億6千万で原価は僅か2億。
    売上高利益率は実に85.2%にもなっています。

    中間決算が黒字化すると、通期では大幅な利益増になる可能性も高い。
    しかし、それが判明するのは年明けです。
    従って、残念ながら経営者と機関投資家の目論見通りの動きになるでしょう。

  • この銘柄は仕手株というより機関投資家の玩具になっている様です。
    一昨日のストップ高などその例でしょう。

    140万株まで脹らんだ信用取引の投げは、70万株以上に脹らんでいる
    機関投資家が受け皿になるでしょう。
    今、「ストップ安は確実」と必死に投稿している人はハイカラなどで、
    週初めに買い戻さなくてはならない人と思えます。

    寄ってから下落し、そこから急上昇して買い気を誘う展開でしょうか。
    強烈なアルゴ発動で、株価は上へ下への大騒ぎ。
    結局儲かるのは機関投資家と経営者になる展開ではないでしょうか。
    株主軽視の企業はとても嫌な気分になるものですが、売買が上手い
    皆様はその間隙を突いて利益を出して下さい。

  • >>No. 70

    CM制作、オンエア契約等を調べてみて下さい。
    株価の上昇要因になりそうなので控えます。
    株主軽視の企業でなければ、広告宣伝費の第一四半期集中を説明するはず。

    ここで論じても仕方がありませんが、これは機関投資家と経営者との策略
    であると疑っているので投稿しました。

  • 広告宣伝費を第一四半期に計上していての、赤字決算発表は機関投資家の空売り
    買戻しの機会を与えるチャンスと言えます。
    やはり経営者と機関投資家がグルであると言えるでしょう。

    販売管理費や発送料などを差し引いても、トレバでは利益は出ているはずです。
    あくまでも広告宣伝費の第一四半期の一括計上が、見掛け上の赤字決算でしょう。

    しかし、株主軽視の企業はまた何度も株主を裏切るので、一応売りが正解。
    株価の上下は取れる銘柄なので、割り切り売買が良いでしょう。

  • アルパカ3世さんへ
    広告宣伝費は四半期をまたぐ契約であれば、第一四半期中に計上しなくては
    いけない様です。

    株主軽視甚だしい企業なので、この事をちゃんと説明していないのでしょう。

  • モルガンがどうして膨大な空売りを買い戻ししないのか。
    しかも売り増しすらしています。どう考えても不自然です。
    これは経営者が、第一四半期は赤字ですと教えていたのではないかと
    どうしても疑っています。
    自分の保有株を貸し付けて株価を下げさせているとも思えます。

    株主軽視甚だしい経営者は、今度こそ株主総会で糾弾されるかも
    しれません。

本文はここまでです このページの先頭へ