ここから本文です

投稿コメント一覧 (141コメント)

  • 先月15日に付けた高値の1,323円と16日の安値の窓を見事に埋めました。
    これからクリスマス商戦になり、「ダンシングストーン」の掻き入れ時。
    ここからの一段安を狙いましょう。

  • 分売価格は現在の25日移動平均株価よりはあまり大きく離れず、1,580円台
    くらいになるのでしょうか。
    分売は100株ずつで少ないので、今日の押しは新規買いでも絶好の機会かと。
    どう見ても株価を抑えている様子が見えます。
    明日の分売狙いの100株売りが出ているなら、逆に1,620円台は指値買い。

  • ツイッターの呟き上げですが、イナゴはすぐに売ってくるので押し目買い体制。
    高値を買い上がらないで押し目を買い、買い増し。
    本格的上昇の前に買い集めが良いでしょう。

  • 良い感じの相場になってきましたが、この銘柄は油断禁物。
    時折、とても大きな売り物が出てきます。
    機関投資家の空売りか、経営者や創業者の売りには注意が必要となります。
    発行株数が598万株と表示されていますが、潜在株を合わせると700万株以上
    なる事は頭に入れておいて下さい。

    買いは押し目です。

  • どれだけ売り煽っても、来年の大ヒット商品になる可能性は高い。
    早めに買わないと、ぶっ飛ぶかも。

  • 怖くて買えない銘柄ほど騰がるもの。
    また怖がっている人ほどスッ高値で買ってしまうもの。
    今のスターティアは今日の高値が明日の安値になるかもの動き。

  • まさに大爆発大高騰寸前の状況。
    窓閉めも好感。
    ピロコさんが必死に売り煽りすればするほど高騰するでしょう

  • 株価はまだ出遅れ段階。
    今年の高値が1,436円なら、現在の株価がどれだけ低いか理解できます。
    来年の大ヒット商品になる可能性が高い「ili(イリー)」
    更なる材料が発表される前に、ここは買いの一手でしょう。

  • 「世界中で話題」
    「プロモーションの再生回数一億回」
    これだけでも、どれだけ凄い製品なのか理解出来ます。

    インターネットの接続不要で使用出来るので売れるでしょう。
    株価がまだ反応していないのが幸い。
    もっと話題になったら・・と思うと身震いします。
    日本だけでなく世界中で売れる製品であれば・・・言わなくても理解できます。

  • 分売は株主数の増加と浮動株の増加が目的。
    しかも終値より約3%のディスカウントで買えます。
    またも1,600円割れで買いチャンスとなっています。
    分売開始日まではこの動きが続きそうです。

    2018年の大出世銘柄と思っていますが、この株価で買えるのは
    実に喜ばしい事です。
    分売では100株しか買えませんので、今も買い時と考えます。

  • これから一週間は良い事を投稿しても、「そう思わない」が付くと思います。
    それが掲示板の面白いところです。
    分売時の株価1,600円、分売価格1,550円くらいと想定しています。
    分売では100株しか買えないので、現在の1,600円前後は買い時と思われます。
    後場も無理して株価を下げる動きがあるなら、喜んで買ってみましょう!!

  • 実際に使用すると、双方向だと相手が使用方法を知らなかったり、端末を持ち逃げ
    されたりするリスクがあります。
    海外では9割以上が一方通行使用で充分と言われています。
    また双方向の翻訳機の使用は殆んど無かったそうです。
    つまり伝えたい事を伝える事に特化したのでしょう。

    まだ認知度は低いですが、これは売れるでしょう。

  • 立会外分売のお蔭で、1,600円前後で買えるものと判断しています。
    株価抑えもあと一週間ではないでしょうか。
    2018年の出世銘柄であると予想していますネットマーケティング。
    12月末までに株主数を増やし、現在の時価総額を来年には大きく増大
    させての東証一部上場を狙うのでしょうか。

    今日も買い板が厚いので、売り込まれる局面もありそうですが、確り
    と買い姿勢で参りましょう。

  • 半年前の6月中旬の株価は1,200円台もありました。
    その期日売りも出ている様で、まだ800円以下で売り物が出てきます。
    これだけ素晴らしい製品の発売が発表されたのに、株価への反応はまだまだ。
    800円以下で買い。

  • 今は立会外分売が控えているため、株価は抑え気味。
    25日移動平均株価の推移から見て、15日には1,530円前後になりそうなので、
    今の株価水準なら売る理由は見つかりません。
    連日の下落で不安になるよりも、少しでも安く買っておきたいところ。

    数々の銘柄を調べてみましたが、2018年の大きな成長を示すであろう企業と
    して、ネットマーケティングを挙げてみます。
    上場基準を見たし、東証への上場を果たせばこれだけの成長企業を機関投資家
    や投信が放っておくはずもなく、相当な高値まで買われると推測します。

    時価総額111億は、これだけ増勢を続けそうな企業では考えられません。
    今日から一週間は1,600円以下を徹底的に薦めていきたいと思います。

  • 立会外分売を控えて、そろそろの価格になってきました。
    分売は一人当たり100株なので、複数枚数保有している人はこの下落局面で
    慌てて売る必要は無さそうです。
    また価格を下げ過ぎても、分売で取得した人が売ってしまっては株主増加に
    ならないでしょう。

    12月末現在の株主数が増えていれば良いでしょう。
    東証上場に向けて準備は進むはずです。
    恋活や婚活に限定されず気軽に相手を探せるデーディングは5年後には3倍
    も市場が拡大すると言われています。
    少子化や晩婚化などの社会問題解決でも注目されるでしょう。国策銘柄です。

    それは有料会員数の増加につながるでしょう。
    異次元の成長力が発揮される2018年になると思われます。
    2018年には配当も開始予定。
    これだけの成長企業の時価総額がまだ僅か111億円台。
    買い時はまさに「今」であると思います。

  • それでも、やはり無配でしかも売ってしまうのは関心出来ません。
    今は好調ですが、まだ無配で成果など出ているとは言えないでしょう。
    会社を食い物にしていると批判されても仕方がない動きです。
    今回の大量保有の報告から、やはり経営者は信用出来ないと感じます。
    それでもサイバーステップの成長性に魅力を感じます。

    とても悩ましいです。これが相場の面白さなのでしょうか。

  • NKさんの投稿の通り、すぐには影響は無いかと思います。
    しかし、今回の発表も報告義務発生は9月6日なのに、提出は三ヶ月後。
    以前に創業者が保有株の売却報告を二年も怠っていた事もありました。

    みの虫もん太さんの様に5月まで放置出来るなら大丈夫かと思いますが、
    現在の状況であれば、売上げは爆発的増加。
    但し、利益は経営者次第であると言えましょう。

  • 創業者と経営者の売りの懸念がサイバーステップ相場の難点です。
    大量保有報告が出ていますが、新株の行使をすれば発行株数が増えるので、
    持分の割合は減ります。
    ここの創業者や経営者は保有株を売ってくるので、相場の足かせになって
    います。

    まだ行使していない潜在株は1,155,000株もあり、これらが行使を実行す
    ると発行株は710万株にもなります。
    夜間取引の売りも、この事を悲観したのかも悲観したのかもしれません。
    今は上昇局面ですが、上値を買う時ではないでしょう。

    買っても機関投資家が空売りしてきます。
    そして、いつ創業者や経営者が大量の売りを出すか分かりません。
    何度も投稿していますが、買うのは急落時だけで良いのかもしれません。

  • 分売開始一ヶ月前の終値とその後の高値終値の中間価格の大体1,530円前後が
    分売価格になるかもしれませんが、今日は相場全体も大きく下落しているので、
    思わぬ安値を拾えそうです。
    1,600円以下の買い下がりで対処。

本文はここまでです このページの先頭へ