ここから本文です

投稿コメント一覧 (156コメント)

  • この掲示板で買い方にとっての吉兆はCATさんの登場です。
    初め見た時は精神が異常になった方と思いましたが、不思議に上にも下にも
    大きな相場になる銘柄に登場しています。
    unh社長もソロソロ腹をくくって、サイバーステップを買う時が来た様です。
    しかし、まだ細かな売り仕掛けがありそうなので突っ込みを待ちましょう。

    クレーンゲーム「トレバ」に注目している間に、大型ゲームや更にそれを
    上回るかもしれない材料も、ソロソロ出てくるかも。
    佐藤大先生の買戻しや貸株の返済がされるまでの間が買い時では。

    トレバの売上げ予想としては
    6月が平均稼動台数47.6台で5億弱。
    7月が40.8台で4億強。
    8月は現在67台なので7億弱が見込まれ、第一四半期はトレバだけで
    16億の売上げが計算出来ます。

  • この銘柄はアベノミクス相場で騰がったものとは違うので、荒唐無稽な売り煽り
    は無用。
    昨年12月は300円台で推移しており、今年に入って急騰。
    5月には2,805円まで高騰し、この高騰局面で佐藤大先生は売却したと思われます。
    株価高騰の背景にはストックオプションを行使させる目的もあったでしょう。

    その後、株価は7,980円までの大相場になったので、保有株を減らした佐藤大先生
    も焦ったのではないでしょうか。
    それが好調な決算を帳消しにするどころか、株主をガッカリさせるCMに10億も
    使って増収効果ゼロの予想を発表したのでしょう。
    あくまでも推測ですが、株主軽視の大先生なら考えられる事でしょう。

    更にそのCMがとても稚拙であったため、ますます投資家の失望を誘い株価を崩落
    させたと考えられます。
    株価は5月の高値を一時的に下回るまで下落し、ここからの売り崩しは終焉に向か
    うと思われますが、マザーズ市場の低落傾向と北朝鮮リスクなどで株価は上がり辛
    くなっています。

    まだ辛い展開が続きそうですが、押し目現物買いで参ります。

  • 掲示板でどう言い争っても、佐藤大先生と機関投資家の策略相場には適わない。
    5月末現在で55万株まで保有数を減らしている佐藤大先生には、株主軽視しか考え
    られない。創業者の大和田大先生も同様。大量保有報告を出さない大株主など厳罰
    にするべきでしょう。

    ストックオプションでの行使株を貸し出しているとすれば、売却分と合わせると
    約100万株の需給悪化になっています。
    その貸し出していると思われる株も返済が始まるとすれば、少しでも安くと考え
    るのは当然であり、経費をフルに使用しても増収効果が無い決算予想を出してき
    た事は、まさに買い方からすると株主軽視の極みであったと思います。

    東証マザーズ市場の低落もあり、買戻しは容易に進みそうです。
    株主総会までに、ある程度の買戻しにより需給改善が期待出来そうです。
    まだまだ株価の上下はありそうですが、そろそろ売り飽きが近そうです。
    押し目をなるべく現物買いで参りたいと思います。

  • 今回の総会では保有株を売っているから大演説などしないし、させないでしょう。
    株主の怒りは結構なものであると思えるからです。
    佐藤大先生は変人なので、予想外の事が起きるかも。
    それにしても今の時間でトレバが100台近く稼動しています。
    今月の平均稼動台数が67台。先月より約70%も増加しています。



  • エリザベス大先生がどれだけ売り煽りしても、売上げと利益は爆発的に増加
    するでしょう。
    いずれ業績の向上が明らかになれば株式分割もするでしょう。
    それがモルフォの3分割前の状況と似ていると思えるのです。

    7,980円からの大崩落は、佐藤大先生のまさかの保有株売り。
    行使株の貸付による(と思われる)機関投資家の空売り。
    38億というとんでもなく低い業績予想。
    38億で11億の利益が出せるのに、10億の広告宣伝費で帳消しにした。
    10億の広告宣伝費と言いながら呆れるほど酷いとC思えるCM展開。

    これらの事で投資家の怒りに火を付け、株主総会では大炎上になる事も予想
    されます。
    それでも佐藤大先生の思惑通りに事は運んでいると思われます。
    最終的に株価が騰がれば良いと考えているからではないでしょうか。
    従って、今週の株価動向には大いに注目でしょう。

  • unh社長へ

    ここは3分割前のモルフォと同様の相場になると注目しています。
    株主総会を間近に控えているので、ここからの突っ込みはあまり無いと
    考えておりますが、突っ込みを待っているのも事実。
    個人投資家がどれだけ騒いでも、株価には殆ど影響がないのですが、
    もし3千円以下の局面があれば更に買ってみたいです。

  • 「トレバ=売上70億見えて来た、既存入れて売上80億超え、会社予想売上38億の倍だ」
    この事はトレバの稼働状況からみて、ほぼ間違いないと思われます。
    会社予想ではトレバの平均稼働台数は27台とも言われています。
    機関投資家の空売りが、ここまで膨らんでいる事が何かスッキリしない要因です。

    株主総会では様々な質問が出ると思います。どうしても聞きたい事。
    ①佐藤大先生の保有株が93万株から55万株に減少しているのに、どうして大量保有
     報告を提出しないのか。
     経営者の保有株売却は一番の売り要因になるのです。
    ②ストックオプションの行使により発行株総数が65万株ほど増えていますが、この
     行使株を機関投資家に貸し出した事実はあるのかないのか。
    ③年間売上げ予想をなぜ38億という、考えられないほど低くしたのか。
     また11億の利益を想定しながら、10億の広告宣伝費はどの様な考えでしたのか。
     またCMも稚拙と思われますが、全国放送はテレビ朝日だけなのはなぜか?

    様々な疑問は出てきますが、どうしても株価を崩落させたかった事が見え見えです。
    株主軽視である事は明白で、どの様に株主総会で説明するか注目です。

    個人的には、トレバの稼働状況だけで相当な売上げ増加は確実で、その事が明らかに
    なる第一四半期決算の発表までに、株価は回復していると考えます。
    大量の資金を擁する機関投資家には敵うはずもないので、淡々と押し目突込みをなる
    べく現物で買う事をお勧めしておきたいと思います。

  • 60台の稼動で少ないでしょうか?
    会社側の想定は27台とか。
    計算してみて下さい。

    稼動台数はまだまだ増える見込みです。

    29日の株主総会までは佐藤大先生の
    シナリオ通りの展開になりそうです。

  • 29日の株主総会まで、佐藤大先生のシナリオ
    通りの展開になりそう。

    とにかく現物買い。

  • 29日の株主総会に向けて、いよいよ準備開始。
    続かない?
    続きます。暫くは続くでしょう。
    但し、株価の上下はあるでしょう。
    時価総額が200億以下など、今のトレバの状況だけで考えても低過ぎるからです。

  • イナゴに飛び付かせ、そのイナゴが売ってくるのを買い戻す機関投資家では。
    29日に向けて、佐藤大先生の思惑通りの展開になってくる動きです。
    本命のゲーム「ゲットアンプド」の発表がある前に、更に買戻しの動きは強まる
    と思われます。

    まずは発行株の4.45%空売りしているモルガンと急に空売りを増加させたOXAM、
    ゴールドマンサックスの動きに注目。
    売り買いの板が厚くなってきたので、まだまだ株価がブレるでしょう。
    買いは現物で。

    売買報告は無用。
    淡々と利食い売買すれば良いでしょう。

  • たこやきさんへ
    特別に投稿しておきます。
    460台の増台を完了してから、プロモーションをすると予想。
    韓国や中国は日本のキャラクターグッズが人気で、特に韓国はクレーンゲーム
    のブームです。
    80台などの低い稼動台数ではないかもしれません。
    一ヵ月後には分かってくるでしょう。

    空売りの買戻しは一気にはしないので、株価は3千円を挟んで上下か。
    買うなら押し目か突っ込みのみに。

  • 今の瞬間ではなく、一日を通してみて下さい。
    トレバログを見れば分かります。
    昨日は一日平均で80.4台です。

  • 一時は60万株を超えた機関投資家の空売りも、佐藤大先生に返済しなくては
    ならない時が来ているのかも。
    目立たない様に徐々に買戻しをしているのかも。

    いつもと同じ動きと思ったら買い損なうかも。
    時価総額160億など、今の状況なら低過ぎます。

    朝の9時台で70台稼動中のトレバ。
    予想を遥かに超える期待。

  • たこやきさんへ
    決して妄想ではありません。
    一台当たり年間で1億を超える計算になります。
    勿論、無料プレイや今後の稼動台数にもよりますが、これはトレバによる
    景品獲得数からも予想が付きます。
    従って、80台が稼動しての時価総額150億はとても低いと考えられます。


    中国や韓国には既に配信しているでしょう。
    景品獲得のリプライを見れば分かります。
    プロモーションをして、更に稼働台数が伸びると予想しています。

  • 時価総額は150億しかないと考えるのが良いでしょう。
    何しろ、トレバだけで100億を超える売上げが見込める動きになって
    きたからです。
    まだまだ株価を上下に振らせるでしょう。
    買いは現物で。

  • トレバ稼動台数は売上げ面では大いに関係があるでしょう。
    何しろ80台稼動は年間にすると100億にもなるからです。
    しかもトレバだけでの事です。
    会社想定が27台であるならば、昨日はその3倍。
    CMもメジャーな放送局はテレビ朝日だけで、この活況です。

    今は株価の上下に注目が集まっていますが、佐藤大先生も29日の
    株主総会に向けて準備をしてくるでしょう。
    総会まであと2週間を切ったので、今日は仕込み場とみます。

  • トレバの一日を通しての平均稼働台数が昨日は80台を超え、順調に稼動台数を
    伸ばしています。
    メンテ台数が多いのも、増台分の接続が終わっていないと思われ、じきに接続
    されるでしょう。

    発行可能株式総数の増加は、株式分割を考慮しているのでしょう。
    やはり株主総会で問題にして頂きたいのは、93万株保有から55万株に減らし
    ている佐藤社長の保有状況であり、なぜ大量保有報告をしないかが大いに問題
    であると考えます。

    推測ですが行使して増加したおよそ65万株を貸株として利用したであろう事。
    年間売り上げ38億という、ほぼフェイクな決算予想は株主軽視であり、株価を
    わざと崩落させているであろう事は明白であろうと思われます。
    短期的に強引に株価を3分の1にさせた事を株主総会にて追求して頂きたい。

    しかし、トレバだけで年間売上げ100億が見えてきた事は喜ばしい事。
    稼動が最も少ない5時から6時台でも40台以上稼動しています。
    そろそろ本格的な株価反発の時でしょう。

  • 一日の景品獲得数が4,000個~4,500個くらいの時に1,800万円ほどの売上げで
    あった事から、おそらく4,000円前後(20~25回プレイ)で景品を獲得出来る
    のではないでしょうか。

    本日は19時台から現在の23時台まで、平均稼動台数が100台を超えています。
    無料プレイを考慮しても、一日の売上げは過去最高と思われます


  • ここからは上下しながらも予想に反しての反発の動きになるのでは。

    本日のトレバの平均稼動台数が過去最高となります。
    初めて一日を通しての平均稼動台数が80台に乗せそうです。
    一過性のものか、明日以降も続くのか。
    一日を通しての平均稼働台数が100台を超えると・・
    フェイク決算予想など吹き飛ぶほどの状況になってくるでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ