ここから本文です

投稿コメント一覧 (19コメント)

  • >>No. 283

    株主は配当金でスーパーマップルを買おう!
    2役員の退任は引責辞任だろ?
    ガバナンスも大事だが、社外取締役の比率を
    上げても業績は上がらないからね!!

  • 株主は配当金でスーパーマップルを買おう!

    [東京 13日 ロイター] - 産業革新機構や三菱電機など7社は、自動運転向け3次元地図データ会社「ダイナミックマップ基盤企画」に出資すると発表した。政府は2025年をめどに完全自動運転の実現を目指しており、革新機構などは自動運転に不可欠な地図データの整備などを資金と経営の両面から支援する。

    ダイナミックマップ基盤企画が実施する総額37億円の第三者割当増を7社が引き受ける。引き受け後の出資比率は産業革新機構が33.5%、三菱電機が14%、以下、ゼンリンとパスコが各々12%、アイサンテクノロジーが10%、インクリメント・ピーがとトヨタマップマスターが各々8%。

  • ホンダが1981年に世界で初めて製品化したカーナビゲーションシステム「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」。
    地図シートは昭文社製だった。
    今は昔。

    注目の自動運転にはもう関係ない??

  • まあ連鎖倒産はないだろうが、今期も赤字だが役員さんはまだ居座るつもりでしょうか。
    もう応援する気もないが、組織変更しても事業戦略がぜい弱過ぎて笑える。

  • >>No. 201

    昨日の日経に社長の顔写真付きで記事が載っていましたね。

    昭文社 中国人観光客は難しい:日本経済新聞社

    中国でフェイスブックが使えないのは既知のこと。
    8月リリースのこれはどうなったのかな?

    「DiGJAPAN!」は中国で最も使われているSNSサービス微博(ウェイボー)と微信(ウィーチャット)のアカウントを開設し、日本に興味のある中国の方向けに旅行情報の発信を開始しました。」

    そもそも旅行代理店業ではないでしょう。
    どこで売上を稼ぐのでしょうか?

  • >>No. 181

    月曜日は暴落だね。

    RMBキャピタルはターゲットを間違えたのでは?

    エムティーアイはどうするのだろう?


    > 取締役も結局選任されるのだろうけど、ちゃんと仕事してださいね!
    > 慰労金をしっかりもらって、それだけの仕事をしたのか自問してほしい。
    > 長年の業績の右肩下がり。株主や社員のことを大株主は考えているのでしょうか?
    >
    > インバウンドもたかが売上3億円目標を半分も達成できないのでは!
    >
    > 東洋経済 会社四季報から
    > 【急ブレーキ】マップルミニ版、利益率高いカーナビソフトは下げ止まり。ただ前期のような新刊ヒットなく返品負担減の特殊要因もない。インバウンド関連初期負担増。退職給付費用増も痛い。大幅減益。減配も。
    > 【インバウンド】15年度売上3億円目標が1・4億円と期待外れ。16年度は宿泊予約改良、中国企業との提携等で同4・5億円目指す。商品企画会議でムック新企画厳選。

  • 2016/10/29 16:08

    >>No. 206

    業績予想の修正、というタイトルで、これは大幅上方修正か!と期待したら大赤字のサプライズだった!

    売上減をお天気のせいにするのはいけませんね。
    気合いで黒字になるわけないからね。
    経営責任ですから。

  • 2016/09/20 21:44

    上半期の成績は如何でしたか?
    サプライズを期待しています!

    社名変更とかね!

  • 2016/08/18 21:31

    未来のインフラ、デジタル地図に:日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06186850X10C16A8EE8000/

    まあ、昭文社にはもはや関係ないことだけど。いつまでもドーンやゼンリンと比較されたくないねー
    株価は株主総会以降、上がらない。

  • >>No. 180

    取締役も結局選任されるのだろうけど、ちゃんと仕事してださいね!
    慰労金をしっかりもらって、それだけの仕事をしたのか自問してほしい。
    長年の業績の右肩下がり。株主や社員のことを大株主は考えているのでしょうか?

    インバウンドもたかが売上3億円目標を半分も達成できないのでは!

    東洋経済 会社四季報から
    【急ブレーキ】マップルミニ版、利益率高いカーナビソフトは下げ止まり。ただ前期のような新刊ヒットなく返品負担減の特殊要因もない。インバウンド関連初期負担増。退職給付費用増も痛い。大幅減益。減配も。
    【インバウンド】15年度売上3億円目標が1・4億円と期待外れ。16年度は宿泊予約改良、中国企業との提携等で同4・5億円目指す。商品企画会議でムック新企画厳選。

  • 修正動議、したかった!
    いよいよ始まるね!仕事で出席できなくなったので、残念。

    剰余金処分について、配当金40円に修正動議。
    使い道のない金は少数株主に回しなさい。(結局は大株主もうれしいはずだから反対はしない)

  • >>No. 173

    皆さん!議決権行使しましょうね!

  • >>No. 171

    久々に6/29が楽しみですね。
    RMBキャピタルの細水氏は「CFA資格を持ち、1998年に東京大学法学部において学位を取得、2003年にシカゴ大学にてMBAを取得している」優秀な方ですが、その方が「現経営陣の業務執行能力を高く評価」しているわけですから、素晴らしい!

    こういう方の意見は聞くべきですね。
    現経営陣は「指名・報酬委員会」を設置したら、なにか心配することがあるのでしょうか?
    セブン&アイ・ホールディングスみたいな?

    「公開企業である以上、昭文社においても少数株主の利益を保護する仕組みが整えられるべきであることは言うまでもありません。」

    まったくその通りですね!
    異議なし!

    グローバルな会社に脱皮しましょう!

  • 2016/06/10 10:53


    -----------------------------------------
    RMBキャピタルは株式会社昭文社に指名・報酬委員会の設置を求め、監査等委員会設置会社への移行計画に反対します
    June 08, 2016 11:03 AM Eastern Daylight Time

    シカゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --RMB:

    株式会社昭文社の5%超の株主であるRMBキャピタルは現経営陣の業務執行能力を高く評価しています
    一方で、指名・報酬委員会を伴わない監査等委員会設置会社への移行はコーポレート・ガバナンスの観点から極めて不十分と考えます
    創業家が大株主である同社のようなオーナー系公開企業は、少数株主利益の保護を図る仕組みが特に必要と考えます
    経営陣に指名・報酬委員会について再考を促すために、株主総会での関連議案に反対し、他の株主にも同調を呼びかけます

  • 2016/06/10 10:52

    >>No. 169

    (続き)

    各位

    RMBキャピタル(以下「当社」)は、米国シカゴに拠点を置く資産運用会社です。当社は、長期投資の方針のもと、株式会社昭文社(コード番号9475、東証第一部。以下「昭文社」)の発行済株式総数の5%超を保有しています。当社はこれまでの調査・面談を通じて、昭文社の地図・観光ガイドブック事業の競争力の高さ、また、それらを活用したインバウンド事業の取り組みについて、現経営陣の業務執行能力を高く評価しています。

    しかし、当社は、昭文社が本年5月20日に発表した監査等委員会設置会社への移行計画に反対します。当社は、昭文社においてより良いコーポレート・ガバナンスを実現するためには監査等委員会設置会社への移行だけでは不十分であり、過半数が社外取締役からなる指名・報酬委員会を導入することが必要であると考えます。特に、同社のように創業家が多くの株式を保有する企業においては、万が一の事態に際し少数株主が不利益を被るリスクが一般の公開企業と比較し高いと認識しています。しかし、公開企業である以上、昭文社においても少数株主の利益を保護する仕組みが整えられるべきであることは言うまでもありません。

  • (続き)

    このような考えのもと、当社は昭文社の経営陣に対し、
    (1)監査等委員会設置会社に移行する場合は任意の指名・報酬委員会を設置すること、
    また、(2)本年6月の株主総会前の決定が困難であれば、導入期限を示したうえで準備室を設置する等、指名・報酬委員会の導入方針を対外的に明示すること、を提案しました。

    その後、当社と昭文社経営陣の間で数次に渡る協議を行いましたが、残念ながら議論は平行線をたどりました。最終的に、経営陣は監査等委員会設置会社への移行に関する議案を予定通り株主総会において上程する旨決定し、また、将来の指名・報酬委員会の設置方針、期限についても特に示されませんでした。

    さらに、当社より上記のような提案が行われたこと自体も開示されませんでした。当社は、他の株主の皆様にこれまでの経緯を説明し、株主総会における議決権行使に際しての判断材料を提供することは重要であると考え、この度の反対意見表明に至った次第です。

    当社は、昭文社経営陣に指名・報酬委員会の設置について再考を促すという趣旨で、本年6月29日開催予定の同社株主総会において監査等委員会設置会社への移行に関する議案に反対し、また、他の株主の皆様にも同調を呼びかけます。

    以上

    RMB Capital
    Masakazu Hosomizu
    Portfolio Manager of Japan equities

  • >>No. 158

    米運用会社、昭文社の監査等委員会設置会社の移行に反対:日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03441350Z00C16A6DTA000/

  • 【決算速報】
    株探ニュース - 5/13 16:04
     昭文社 が5月13日大引け後(16:00)に決算を発表。16年3月期の連結経常損益は3.6億円の黒字(前の期は8.8億円の赤字)に浮上したが、17年3月期の同利益は前期比69.7%減の1.1億円に大きく落ち込む見通しとなった。
    ;;;;;;;;;;;;;
    ホームページにも同時に載せてほしいです。

    今期が70%減益って!
    (上半期終わったら、上方修正っていうシナリオだよね?)
    あのドーン株は急上昇なのに!
    もう地図屋はやめたからなあ、自動運転も関係ないしー
    と、思ってたらスクリーンマップ分県地図を出すって!
    出版はやめないのだ!原点回帰?!

    てっきり、インバウンドに集中して
    SUBARUみたいに社名変更(MAPPLE)するのかと思っていたが、まだ昭和の地図屋、昭文社でいくようですね〜
    がんばってや〜

  • #業績予想を下方修正、通期見通しは減額したが赤にはならない、って本当?
    とても心配です。

    上半期の赤転の理由を下記に引用してきましたが、これは前期にすでに読めていたのでは?

    #「『マップルナビ』の売上が、スマートフォン等での無料ナビアプリの影響や軽自動車の売上不振の影響等により減少したこと」

    ヤフーやGoogleのナビアプリに勝てる見込みはあるのでしょうか?
    子会社のPNDなどというニッチな製品に期待はしない方がよいのでは?
    10/31の圏央道桶川北本IC―白岡菖蒲IC間開通は、ヤフーアプリで即日反映されていましたよ。

    #「また市販出版物の売上において、最盛期である夏の書店店頭での実売が想定よりも伸び悩む結果となったことにより、当初予想の売上高を下回る見込みとなりました。」

    出版事業からインバウンド事業へ注力するようですが、まだ出版の売上比率が大きいですね。
    旅行需要の多い上半期に売上減となっては、通期で利益確保ができるのでしょうか。

    #「新刊商品の出版等による売上増加見込みや原価削減、経費削減を実施・・・」

    売上増を見込めるどんな新刊を出すのでしょうか? 原価削減するなら新刊を出さない方がよいのでは?
    必ず売れる新刊だと自信があるのでしょうか。まっぷるミニ判ですか??
    経費削減で利益確保が可能なのでしょうか。広告収益はどうなりましたか?

    #爆買い対象商品がない当社としては、インバウンド事業といっても情報提供による広告収益らしいですが、2020年までもう4年ちょっとになりました。目標達成は大丈夫でしょうか?
    中国人の爆買いにいつまでも依存できないでしょう。
    世界の旅行者はSNSによって評判のよい(メジャーではない)観光地や食事の情報を得ています。なにか仕掛けられませんか?(「YOUは何しに日本へ?」ネタですがね)(インスタの #ことりっぷ タグは7000件近いよ)


    あまたある上場会社のなかで昭文社の株を持っているのは、昔からの「地図おたく」か優待や配当金に魅力があるからでしょう。株価がさらに下落したら持っているかどうか・・・

    2年連続の赤字となったら経営責任問題となりませんか。財務体質の強いうちに早めに手を打ってください。

本文はここまでです このページの先頭へ