ここから本文です

投稿コメント一覧 (642コメント)

  • >>No. 9227

    「Galmed 非アルコール性脂肪性肝炎薬のPh2b試験で一貫した効果示せず」
    ttps://www.biotoday.com/view.cfm?n=83338

    2018-06-13 - Galmed社の肝臓脂肪代謝調節薬aramcholで非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者を治療したプラセボ対照Ph2b試験(ARREST)で高用量(600mg)ではなく低用量(400mg)投与のみ主要目標・肝臓脂肪の有意減少を達成しました(P値は高用量ではp=0.0655、低用量ではp=0.0450)。

  • ナスダックの「Galmed Pharmaceuticals Ltd.」(GLMD)が、NASH患者に対するフェーズ2b治験でエンドポイントを達成したとのことで、プレマーケットで株価が暴騰してます。
    ライバルたちも着々と結果を出してきてますね。
    ttps://finance.yahoo.com/news/galmeds-600-mg-aramchol-achieved-110000752.html

    Galmed Pharmaceuticals Ltd (GLMD)
    ttps://finance.yahoo.com/quote/GLMD?p=GLMD

    19.20ドル  +12.15 (172.34%) Pre-Market: 7:36AM EDT

  • アスピリアン社もこの「アメリカ臨床腫瘍学会」で、ポスターセッションに参加していますが、「費用」の面からも「光免疫療法」の注目度が高まるかもしれませんね。
    「Rakuten Aspyrian」と名称変更したことで、楽天からの正式発表も近いのでは…?
    ttps://meetinglibrary.asco.org/record/163296/abstract

    NHKニュース
    「がんの世界最大学会 免疫療法に関する発表に注目集まる」 6月3日 10時34分
    ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180603/k10011463021000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_008

    「がんの治療や研究に関する世界最大の学会「アメリカ臨床腫瘍学会」がシカゴで開かれ、がんの新しい治療として注目されている患者自身の免疫の働きでがん細胞を攻撃する「免疫療法」に関する発表が相次ぎました。」

    「一方で、免疫療法は患者1人当たりの医療費が年間数千万円かかるものもあり、費用に見合う効果を検証する研究報告も行われていました。

    薬の費用と治療効果との関係を分析しているエール大学のスコット・ハンチントン博士は「免疫療法が患者に提供されるのはすばらしいが、費用が高い状態が続けば維持できなくなる。どれくらいの負担でどのような効果を得られるか議論する必要がある」と話していました。」

  • <参考>
    田辺三菱製薬
    「世界のALS患者さんへ 日本発のALS治療薬を届けたい 欧州医薬品庁(EMA)がALS治療薬(エダラボン)の申請を受理 」(2018年5月28日発表)
    ttps://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=../release/nr/2018/MTPC180528.html

    田辺三菱製薬は、欧州でedaravoneを筋萎縮性側索硬化症(ALS)用薬として承認申請したと発表した。フリーラジカル・スカベンジャーで、2001年に日本で脳梗塞急性期治療薬として初承認された薬が14年後にALS治療薬として再誕生するという、正に定年延長の時代を象徴する薬と言えよう。欧米での開発は脳梗塞試験がフェールしたまま滞っているが、FDAは日本の試験データに基づいて17年5月にALS治療薬Radicavaとして承認した。
    ttp://overseaspharmanews.blogspot.com/

  • >>No. 9178

    現在、NASH適応の治験は48件で、その内の14件がフェーズ1、30件がフェーズ2、4件がフェーズ3の段階であるとのことです。市場が巨大なだけに、熾烈な開発競争が展開されていますね。
    下記の記事の一番下段に治験中の薬剤名がでてます。もちろんメディシノバの「MN-001」もフェーズ2の欄にでてます。まさに時間との戦いですね。
    ttps://www.biopharmadive.com/news/nash-drug-pipeline-market-liver-disease/523492/

  • >>No. 9167

    昨日、ナスダックの「Madrigal Pharmaceuticals, Inc.」 (MDGL) がNASH適応のフェーズ2のエンドポイント達成とのことで、株価が前日比144.96%アップと暴騰しましたが、日本語のニュースがでてます。

    「Madrigal THRβ活性化剤Ph2試験でNASHが4人に1人以上の割合(27%)で解消」
    ttps://www.biotoday.com/view.cfm?n=83196

    「 Madrigal Pharmaceuticals社がRocheから手に入れた1日1回経口服用の甲状腺ホルモン受容体β(THRβ)活性化剤MGL-3196のPh2試験36週(9か月)時点生検解析で非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)解消が4人に1人以上(27%)の割合で認められました(プラセボ群では僅か6%、p=0.02)。 」

    「Madrigal Pharmaceuticals, Inc. 」(MDGL) NasdaqCM 
    ttps://finance.yahoo.com/quote/MDGL?p=MDGL

    265.61ドル +157.18ドル (+144.96%) At close: 4:00PM EDT

  • >>No. 9167

    ナスダックの「Madrigal Pharmaceuticals, Inc.」 (MDGL) の株価が前日の約2倍になってます。昨年の9月中頃の株価が18ドルぐらいですから、そのころから10倍以上になってますね。

    「Madrigal Pharmaceuticals, Inc. 」(MDGL) NasdaqCM 
    ttps://finance.yahoo.com/quote/MDGL?p=MDGL

    +103.40 (+95.36%) As of 9:40AM EDT. Market open.

  • ナスダックの「Madrigal Pharmaceuticals, Inc.」 (MDGL) が、NASH適応のフェーズ2のエンドポイント達成とのことで、プレマーケットで株価が暴騰しています。



    「Madrigal Pharmaceuticals, Inc. 」(MDGL) NasdaqCM 
    ttps://finance.yahoo.com/quote/MDGL?p=MDGL

    173.50 +65.07 (60.01%) Pre-Market: 7:53AM EDT

    「Madrigal’s MGL-3196 Achieves Liver Biopsy Endpoints in Patients with Non-alcoholic Steatohepatitis (NASH) at 36 Weeks in Phase 2 Clinical Trial」
    ttps://finance.yahoo.com/news/madrigal-mgl-3196-achieves-liver-105000656.html

  • 「楽天が英フィンテックAzimoに追加出資「65兆円市場」視野に」
    ttps://forbesjapan.com/articles/detail/21334

    「英国のデジタル送金サービス「Azimo」が、楽天の投資部門「楽天キャピタル」が主導するシリーズC資金調達ラウンドで2000万ドル(約22億円)を調達した。

    Azimoの累計資金調達額はこれで5000万ドルに達した。世界のクロスボーダー送金市場は6000億ドル(約65兆円)規模とされ、Azimoは事業拡大を加速させる。」


    「楽天は2015年11月に1億ドル(約109億円)のフィンテックファンドを設立。2016年5月にAzimoに1500万ドルを出資していた。Azimoの主要なサービスの1つが、モバイルアプリを使って海外で働く人々が母国へ送金できるオンライン送金サービスだ。

    同社の送金プラットフォームは80以上の通貨に対応し、190カ国以上で資金の受け取りが可能になっている。」

  • 光免疫療法の開発を進めている米国ベンチャーの「アスピリアン社」が「Rakuten Aspyrian」と社名変更しましたので、楽天の子会社となることは決定しているのだと思います。あとは楽天による出資の正式発表を待つだけですね。

    楽天のホームページの「Rakuten Innovation」のトップは、イニエスタ選手の記事と光免疫療法の小林久隆氏との対談記事が交互に表示されてますから、楽天がいま一番アピールしたいことがこの二つなのかもしれません。「正式発表」も近い?
    ttps://corp.rakuten.co.jp/innovation/

    下記の記事が光免疫療法の現時点での最新の進捗状況でしょうか。これを読めば「光免疫療法」がとてつもないポテンシャルを持っていることが実感できます。
    楽天としては当然、近い将来のナスダック上場も視野に入れていることかと思いますが、どれだけの時価総額となるのか想像出来ないです。(^^;)

    「【続報】「がん光免疫療法」の開発者・小林久隆医師に聞く――転移がんも再発もなくなる究極の治療の実用化を目指して 」
    ttps://www.mugendai-web.jp/archives/8462

    「米国アスピリアン・セラピューティクス社が2018年1月16日(現地時間)に発表したプレスリリース」
    ttps://rakuten.today/wp-content/uploads/2017/09/PressRelease_JP.pdf

  • 本当だ、米国の「アスピリアン社」の社名が「Rakuten Aspyrian」に変わってますね!!
    ttp://www.aspyriantherapeutics.com/

    昨日のイニエスタの会見のバックボードに「Rakuten Aspyrian」を見た時、楽天本体として本気で光免疫療法に取り組むことを確信しました。
    イニエスタの会見は、全世界に配信されており、ある意味「Rakuten Aspyrian」の全世界へのお披露目会でもあったのかと思います。

    楽天による出資の正式発表も近いうちにありそうですね。(^^)

    「会見には、海外メディアも含めて211社、348人が駆け付けた。日本語、英語、スペイン語に同時通訳され、世界的な注目度の高さを示した。」
    ttps://www.kobe-np.co.jp/news/sports/vissel/201805/0011288669.shtml

  • 本日、アスピリアンジャパン社に何らかの変動がありました。
    昨年11月1日付以来の変更です。

    「アスピリアンジャパン株式会社は2018-05-17にがなされ、2018/05/24にデータの更新が行われました。」
    ttps://updated-today.com/kanto/tokyo/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/

  • 来週の水曜日に、「未来世紀ジパング」で光免疫療法も取り上げられますね。
    楽天によるアスピリアン社への出資のアナウンスを心待ちにしているのですが…

    テレビ東京系「未来世紀ジパング」 5月16日(水)夜10時00分
    『大きく変わる がん治療最前線』
    ttp://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

    また、アメリカで注目されている最新治療法も紹介。
    「がんのロボット支援手術・重粒子線治療の様子・光免疫療法の開発現場」

  • <参考>
    2018年5月9日 田辺三菱製薬

    「ALS治療薬「ラジカヴァ」承認から1年、米国における投与患者数が2,500名を超えました。

    当社の米国販売子会社であるミツビシ タナベ ファーマ アメリカが、ラジカヴァの承認から1年を迎え、投与患者数が2,500名を超えたことについてプレスリリースしました。」

    ttps://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=../release/topics/2018/info180509.html


  • 【#日経チャンネルマーケッツ で配信中】4/27(金)他で放送した「 #山中伸弥 × #小林久隆 医療フロンティア 常識を超えて」を配信中。これまでの常識を揺さぶるようながんや難病の治療法の確立に向けて奔走する日本人科学者2人の挑戦に迫る。視聴は→ttps://channel.nikkei.co.jp/m/watch/vod/?topfol=archive&topfile=201804271901

  • <ナスダック・バイオでメディシノバ予習>

    昨日、ナスダック上場の「Integrated Media Technology Limited 」(NASDAQ:IMTE)の株価が暴騰しました。一日で約20倍!ナスダックの醍醐味ですね。

    前日終値:2ドル→21.95ドル、高値は39ドル(1850%アップ!) でした。
    そして今のプレマーケットが、
    Pre-market: 41.00 +19.05 (86.79%)  May 3, 8:35AM EDT

    ttps://finance.google.com/finance?q=NASDAQ%3AIMTE&ei=mALrWoG-FdKS0gSq6qWwBg

  • <参考>

    <第IIb相の肯定的な臨床結果で承認申請をする>とのことです。
    メディシノバのイブジラストにとっても心強いニュースですね。(^^)

    「Karyopharm社、多発性骨髄腫を対象としたselinexorの承認申請をすると発表し、株価高騰。」
    ttp://pharma.insights4.jp/archives/9486

    「Karyopharm社が、先日発表された肯定的な臨床結果(第IIb相STORM治験)をもとに、難治性の多発性骨髄腫を対象としたselinexorの承認申請をすると発表した。この発表を受けて同社の株価が22%上昇と高騰した。同社の発表によると、今年の後半にはFDAに対して承認申請を、欧州では来年2019年の早い時期での申請を目指すとしている。

    Karyopharm Therapeutics社は、4月10日、同社の多発性骨髄腫を対象としている開発品Selinexor(KPT-330)がFDAからファストトラックの指定を受けている。」

    「Karyopharm Therapeutics Inc」(NASDAQ:KPTI)
    ttps://finance.google.com/finance?q=NASDAQ%3AKPTI&ei=0KnpWsnJM8zW0wSr0I74Bg

  • 「【ジェネシスヘルスケア】遺伝子情報を新薬開発に活用‐58万人のデータから日本発創薬へ 」
    ttps://www.yakuji.co.jp/entry64781.html

    「遺伝子解析専門の検査会社「ジェネシスヘルスケア」は6月から、国内最大の遺伝子情報58万件を保有する強みを生かし、製薬企業の新薬開発に遺伝子情報を活用するプラットフォーム「ジェネシス・ゲノムバンク」の提供を開始する。個々の患者に最適な治療法を提供していく個別化医療が本格化する中、製薬企業に日本人の遺伝子情報を提供することで、新薬開発スピード向上やコスト削減をサポートしていく。」

    2017年8月21日
    「楽天、遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケア社に出資」
    ttps://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0821_01.html

    「楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 バラン 伊里、以下「ジェネシスヘルスケア社」)から約14億円の第三者割当増資を引き受け、同社に出資いたしましたので、お知らせします。なお、同社には当社の三木谷 浩史が社外取締役として就任いたします。」

    2018年4月25日
    「楽天、研究機関として新たに「楽天技術研究所 遺伝子ラボ」を新設
    - ジェネシスヘルスケアと、遺伝子データ分析を通じたマーケティングを共同研究 -」
    ttps://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0425_01.html?year=2018&month=4&category=corp

  • メリルリンチは、4月26日には「2,394,900株」を買い戻して、空売り残が「11,414,985株」に減ってますね。
    ttps://karauri.net/kikan/22/?date=2018-04-26

  • 「[特報]楽天が伊藤忠とアパレルECで提携へ、ゾゾタウンに対抗」
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00412/

    「楽天がアパレルEC(電子商取引)事業で伊藤忠商事と提携する方向で調整に入ったことが日経コンピュータの取材で2018年5月1日までに分かった。年内にも共同出資会社を設立し、衣料のECサイトを共同運営したり、物流を支援したりする。「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの牙城を切り崩すことを狙う。 」

    「楽天はインターネット関連、伊藤忠はアパレル関連のノウハウを持つ。両者の強みを持ち寄ってアパレル関連のECサイトを運営する。伊藤忠が得意とする衣料品の商品企画や生産、物流を支援する構想もある。ECサイトには国内外の有力ブランドなどの参加を募る。 」

本文はここまでです このページの先頭へ