ここから本文です

投稿コメント一覧 (2783コメント)

  • >日経10,000以下で、
    日本の上場会社の全株保有出来たら、

    一万円以下になって安いと思ってもその時になるともっと下がるかもと思う人がほとんどだし、買い進む勇気がある人はほんの一握りの人たちだけでしょうね。
    実際に9000円、8000円と下げていきましたし、損切で投げ売った人たちも多かったことでしょう。意志が弱い人はその時その時の雰囲気に流されてしまうということです。
    でも現実的にはあの時買ってれば大正解なんだよね。
    あの当時で3000万、4000万と買い進んで投資してた方なら今頃はほとんど億超えの富裕層なのでしょうね。私も買い進んできた一人ですが。

    たらればを言うのは簡単なのですが。

  • 今から来年ことを言うと鬼が笑うけど
    株主総会でのこの電池の件の話が楽しみだよなあ。
    進捗状況や特許のことも聞かなくちゃね。

  • <kaz*****
    11月17日 21:55
    >>607
    3割の人が貯金していないし、ローンや借金、株の含み損失などを差し引けば、残り半数の方は貯金は、0円かな。。。>


    同じことを何度も書いては消し、また書いては消し
    ほんとに痴呆症になってきてるのではないの。

    こんなところで書き込みしないで治療に専念してくださいませ。

  • 最近は株式併合でどんどん低位株だったのが株価の桁が違ってきて
    むしろニプロはまだ千円台で安いという印象も出てきてるのかもです。

    2000円付けたって高いという印象はなくなるのではないでしょうか。

  • 前の投稿で今回の決算後は四半期の時とは違うなんていう発言したけど、やっぱり同じような推移になってしまったなあ。訂正ですし、違ったと思えば素直に謝るという姿勢が今後に生きてくるのかもね。

    あの時のパターンと同じならそろそろ調整も終了という感じになってくるのですけどね。

  • いちようこういうコメントも貼り付けておきましょう。

    「 他に全固体電池の開発を進捗させている企業としては、グループ会社の技術を活用して電解質と電極を粉体の原料のまま成型する技術を確立している日立造船 <7004> や、富士通研究所と共同で高電圧・大容量の全固体電池の開発を進めるFDK <6955> [東証2]、酸化物系固体電解質を開発しているオハラ <5218> 、新たな有機ポリマー電解質材料でゲル状の電解質を開発した積水化学工業 <4204> 、電極構造体および集電体、セパレーターのすべてを樹脂で構成する新型電池の商業化を検討している三洋化成工業 <4471> などが挙げられます。

    ●オハラ、カーリットHDに物色の矛先

     特にオハラはその全固体電池実用化の前段階として、現行の電解液を使うリチウムイオン電池の性能向上に効果が見込めるガラスセラミック素材を利用した添加剤を独自開発しており、引き合いが旺盛。全固体電池でもキーカンパニーとしての位置づけが株価の頑強ぶりに反映されています。

     直近では、カーリットホールディングス <4275> が異彩の値動き。同社は固体電解質分野での研究開発に注力しており、全固体電池への取り組みにも思惑があり、悪地合いのなかで短期資金の攻勢がひと際目立っています。」

    こことカーリットはホールドですからガンバよ

  • これだけマイナス思考の方が
    儲かるはずないよなあ。
    人生もう終わってるじゃん。

  • 決算後大きく売られましたね。
    といっても今の株価でも旧株で1124円ということだからまだ健闘してるよなあ。
    そろそろ落ち着いてはきそうだとは思うのですが。

    私的にはどうしても電池関連の事業が気になってます。

  • ここって第二の田中化学研究所 (4080)なんですか~

    株価も追い抜いちゃえ。
    だってこっちは配当も優待もあるんだぞ!

  • おうおう、5015が高値更新で上場来の新高値を付けてきた。
    5020は600円割れは安いという感じになってきたのかな。
    今後に期待だなあ。

  • <kaz*****
    11月15日 20:52
    多分、多くの人は今年の株価の高騰の恩恵は受けていないだろうな。結局、皆さん高値掴みさせられて、ドスンが来て喜んだだけで今年も終わる。相場なんてそんなもの。競馬の方がまだまし。普通は株では儲からない。>



    自分がこうだから他の人もきっと同じだと思い込みたいのでしょう。
    可哀そうな方です。 
    同情するから、早く株からもこの掲示板からも引退しましょう。
    競馬で儲けてね。

  • ヤマダコーポ、全自動フロンガス交換機など寄与

     自動車整備機器・工具と給油・塗装用などの産業機器を手掛けるヤマダコーポレーション <6392> [東証2]は7日、18年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高を93億円から97億円(前期比5.2%増)へ、経常利益を8億5000万円から12億円(同43.9%増)へ、最終利益を5億8000万円から8億円(同48.7%増)へそれぞれ増額した。外国為替市場で円相場が当初想定に比べて円安で推移していることに加え、全自動フロンガス交換機や、主力製品のダイアフラムポンプの売上高が好調に推移したことが寄与している。

  • 確かにねえ。
    どこでこつんと底を打つかでしょう。
    あとはタイミングの問題か。

  • あらら
    いろんな株下がっているけど4275のカーリット 高値で約定してるよ。あちゃー

  • 短期で大儲けをという取引では確かにリスクも大きいということでしょうね。
    信用取引も駆使して自分の持ち金以上の資金を動かすということならなおのことだ。

    きっとKazさまもそれをして失敗したのでしょう。その後遺症で短期、短期と言い続けて、儲けも少し、そしてすぐに損失での見切り処分というのが今のやり方で、いつまでたっても資金は増えないのでしょうね。
    そう、アベノミクスでの恩恵がまったくないというみじめな方の一人なんでしょう。

    そんなやり方で大きく損失出してしまったが、配当や優待を重視という方法に切り替えて有名になったのが桐谷さんでしょうけど、そういうやり方をずっとしてきてる方はこの恩恵はたっぷり受けているということだ。
    どちらかと言えば私もその一人かもね。

    金融資産と配当金は切り離して考えてます。
    日頃は貸株制度の利用で毎月ある程度の利息みたいなものは受け取ってはいるけど、配当金とか優待は手元に届くようにして自分で現金化して楽しんでます。
    1億円もあれば年間200万円ほどにはなるでしょうし、+優待品受け取りでの恩恵はありますよね。月にして17万ほどです。
    自分の安月給の肉体労働とは別にこれだけを受け取れるのです。毎年これだけが小遣いとして遊んで楽しんでも証券会社にある金融資産は別物だ。
    だからたこの資金をある程度取り崩してということは家を買ったときぐらいしかありません。(まだ若い時は車を買う時もですが)
    ローカル地域のマンションだから安い所ですが、キャッシュで買えたというのも株式投資をしてきたからこそです。
    現物のみでの小さいことからコツコツがやがて大きくなってくると、同じ利益率でも額が大きくなります。
    だから、皆さんもまだ大きな額にならいうちに勉強して自分なりの投資方法を確立してほしいと思います。それが将来大きな成果に跳ね返ってくることでしょう。

  • あらら、突っ込みどころ満載の方は今日は元気がよいんだねえ。
    書き込み見てるだけでどれだけ今まで儲かっていないか。投資で良い思いしたことがないという方だというのがよく分かるよね。
    これだけ毎日株式投資欄に書き込みしてて、自分がみじめになりませんか。現金のみ握りしめてはやく株から引退した方がいいよ。税金も払わずひっそりと暮らしてください。

    目先では調整色かもしれないけど、これだけ日経平均もJXTGも上がってます。
    儲からないという方が不思議なんだよねえ。

    私はちゃんと税金も納める代わりにアベノミクスの恩恵を享受しています。
    画像は特定口座の今現在の税金支払い額です。
    不良債権株という感じの株はここ2,3年で税金対策での処分もして、今年は損失処分だそうというものはないのですよねえ。これくらいで終わらせたいけど、またどこかが急騰すれば・・・

  • >>No. 382

    たびたびレスしていただきありがとうございます。

    私は若い時 高卒で就職し、次の年には証券会社に出向いて口座を作り取引開始でした。そう19歳の時からです。仕事での収入より少し貯まった資金での取引開始です。仕事柄平日の休みが多いというのも良い環境だったですね。そして貯めては一つ買いということで一つ一つ増やして今日にいたってますし、その間一度も持ち株は0になったことはないです。多い少ないは別にして毎年いくらかの配当金はずっと受け取って良い小遣いになりましたよ。今は50歳代後半ですのでかなりの期間ということになってます。
    特にアベノミクスと言われだしてからの金融資産増加には目を見張るものがありました。リーマンショック時頃の安値で大分新規買いも増えたことも大きかったです。

    仕事の年収ではほんとに貧乏人の低所得者層という感じだけど、金融資産に限っては富裕層の仲間入りにもなってきてます。このギャップがまたいいのですけどね。
    バブルの全盛期、その後の急落、失われたウン十年とかも経験してきて打たれ強くもなってます。まあ、バブルの時は持ち株も少なくそんなにも恩恵はなかってですけどね。それでも2倍3倍は当たり前に増えていました。その後はトホホという日々も多かったけど、どこかが人気化で利食いもコンスタントでまた買ってということもけっこうあり、それなりに楽しんできましたし、趣味の一つしての位置づけが長続きした要因でもあるのかもね。

    これからはリタイヤ後の安心、余裕のある生活をしていくためにと少し投資方法、投資先も変化をさせているところでもあります。買付資金も今年の売りでかなり多くなってますがまだ様子見で大分残してます。
    NISAではもちろん枠いっぱいは購入していくつもりですけどね。
    5020も1000株は安い時にNISA購入で画像のようになってますよ。
    毎月ある程度の仕事外での収入が安定的に入って来るようになって、+年金でということですがね。

    今月は8月決算分、後半から12月初旬は9月決算分の配当金や優待品がまたどんどん来るので楽しみです。

  • 本日はここと同じように年初来高値銘柄を少しばかり売り処分でした。
    特定口座だから税金を26万円も取られました。
    5020はまだ売ってませんよ~~
    ガチホールドだ。

  • 400円前後といい値段になってきたから商いは100万株とか出来て当然なのに
    この低商いはなんなのだろう?

    いや、大商いが出来るのはまだまだ上の方へ行ってからということかもしれないね。

本文はここまでです このページの先頭へ